<   2016年 06月 ( 34 )   > この月の画像一覧

綿紬麻の葉模様

今月最後のお稽古日ということで、
まだ着ていなかった木綿にしました。
ごく始めの頃に買った浴衣です。
おとなしい柄で評判も良いので
他の浴衣を処分してもこれだけは残してあります。
c0021551_19013339.jpg
帯は昨年セールでつい買っちゃったポリの京袋帯
重宝しています(クリック)

一階の改装、キッチンセットが入って
いよいよ完成間近となってきましたが・・・・
やっぱり食器戸棚がないですよ~
どこに食器を入れろと言うんですか。
お料理作ってあげないからね!
え?あの食料庫かと思った場所が食器戸棚なんですか?
う~ん、しょうがないですねぇ
取りあえず、食器をあそこに入れてみましょう。
使えるかどうか・・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2016-06-29 19:12 | 着物 | Comments(2)

ムクゲとマンリョウ

今日見つけた花

c0021551_22450722.jpg
ムクゲ

c0021551_22454994.jpg
小さな小さな マンリョウの花

そして今ギボシの花が咲いていますが・・・

c0021551_23001299.jpg
c0021551_22595186.jpg
葉はそれぞれ違っても
花はどれも同じです。

寒河江だけが違うんですね。
c0021551_23034419.jpg
花がぎゅっと詰まって付いてます

[PR]
by yamamotoyk | 2016-06-28 23:17 | 園芸 | Comments(0)

自家製ベーコン

引っ越しまであと一週間になってきました。
ぼちぼち使用頻度の少ない食器から箱詰めしましょうか。
ずっと台所の作業になるので、この時間を利用して
ベーコンを作ろうと思います。


c0021551_21255575.jpg
先週(19日)クレージーソルトと塩を半々にしてバラ肉の5%、
三温糖も同じくらいの量をまぶして、
c0021551_21253326.jpg
リードペーパータオルにくるんで
冷蔵庫のチルド室に入れておいたのを
c0021551_21252201.jpg
桜の枝で燻す予定です
古い中華鍋に桜の小枝が入れてあります。
煙が出てくる最小限の火力で
c0021551_21251113.jpg
もう一つの中華鍋をかぶせてます。

c0021551_21250401.jpg
箱詰め作業の間ずっと燻していたので
いつもよりしっかり茶色くなりました。
火を消してから冷めるまで蓋をしたまま放置
冷めたところで新しいリードペーパータオルに包んで
冷蔵庫に入れました

これで当分、炒め物の味付けには困りませんね。
週末の朝食にはベーコンエッグを作りましょうか♪~

クレージーソルトには塩以外のハーブが入っているので
塩分濃度が低くなります。
塩だけの5%では塩辛くなりすぎるので
水につける塩抜き作業が必要ですが
面倒だし汚染されそうだし
塩抜きの程度も難しそう。
だから最初から少ない塩を使うことにして
さらに風味付けが一度にできるクレージーソルトの使用は
一挙両得です

一方砂糖を使うのは
砂糖水分保持作用に期待するからです。
ただの塩漬けの肉から滑らかなハムの様な食感になるのです。

それと塩分を減らした分、
砂糖の保存性に多少でも期待できるかな、
というのもありますが、保存性を云々できるほど
砂糖も塩も濃くはないので
なるべく汚染されない様な注意が必要ですね。
今のところ問題は起きていません。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-06-27 23:01 | 食べ物 | Comments(0)

シマウマこさん

今日はご近所お友達のマンドリンコンサートです。
今年は天白文化小劇場
c0021551_23121259.jpg

では、っと
c0021551_22475628.jpg
まだ箱詰めしてなかった綿紬のコレにしました。
シマウマこさんと名付けた浴衣着物です。
シマウマだけあって
このヒョウ柄帯を合わせることが多いです。

ただ長さ不足の帯なので
手をごく短くした丸いお太鼓(引っかけ結び)にしましたが、
どうにも中途半端な感じですねぇ
お太鼓結びならちゃんと帯枕(ネコ)をして
お太鼓の上辺をもう少し高くした方がいい気がします。
今回は、ちょっとだらしない感じがします。
幅もやや狭いのかしら?

少しラメの入ったステキなヒョウ柄なので
もしこれからも使うなら
仕立て直した方がいいかも・・・・

今日はマンドリンということで
帯留めは動物系から離脱して
しゃれた雰囲気にしてみました
c0021551_23160536.jpg
大ばあちゃんのビーズのブローチをちょっと拝借

[PR]
by yamamotoyk | 2016-06-26 23:25 | 着物 | Comments(0)

長唄演奏会

私の流派の長唄の会は毎年色々趣向を凝らした会になっています。
昨年は落語とコラボしていました。
今年の第一部は生け花とコラボしました。

c0021551_17154653.jpg
花にちなんだ曲目が5曲
うち3曲は菊がテーマです

その3曲が演奏される間に
舞台の下手(しもて)客席から見て左側に
テーブルがしつらえてあり
小原流の先生が花を生けられる
という趣向
c0021551_23440219.jpg
こちらが完成後、ロビーに飾られた生け花です。
ビワ、菊、斑入りのススキ

次の曲、あやめ浴衣にあわせた舞台では
カキツバタとアジサイの盛られた生け花が
山台の前に飾られていました。
c0021551_17321456.jpg
ずいぶん端っこですね
c0021551_17323708.jpg
アップです

次の梅の栄は題名だけでしたね(^^;)

ここで、休憩 後半になります
残念ながら私はここで次の会場に向かいましたが・・・

後半の趣向は雨乞い・・・?梅雨のシーズン物?
というかめったに演奏されない曲シリーズです
2010年は三国妖狐物語の上(クリック )
(下はおなじみの那須野)

虎・少将道行き
虎とは虎御前、曽我十郎の彼女
少将は化粧坂の少将(けわいざかのしょうしょう)、
曽我五郎の彼女です。

曾我兄弟は赤穂浪士の前の仇討ち物の一番人気
今でも歌舞伎や長唄ではよく登場しますが
その兄弟の彼女連合チームが
仇討ちを成功させるために雨乞いをするというお話

予定されていた富士の裾野の巻狩が中止になり
頼朝ら一行が帰ってしまうことになったので
雨乞いをして帰るのを阻止し
仇討ちを決行させようということで、
無事大雨になり巻狩の一行がとどまるなか、
仇討ちが成功したという。

以来旧暦の5月28日は当地では必ず雨が降るという
それを虎が雨、ということですが、
ネットで調べると
虎御前が十郎が仇討ち後、落命したことを嘆いて泣く雨
と、もっぱら書いてあります。
いずれにしても旧暦の5月28日は
梅雨のさなかで雨が多いとのこと。
今年は7月2日がその日です。

名古屋では初演、以後もまず演奏されないであろう曲が聴けないのは
残念至極
この日の着物は(クリック)

[PR]
by yamamotoyk | 2016-06-26 18:09 | 三味線 | Comments(0)

ポリ絽訪問着

今日は予定が二つあります。
最初は三味線の会とそれに先だって皆さんとお食事会。
次にちょっと緊張する立食パーティー

さて、そんな会なので、
そうですね、昨年見つけたアレを着る良い機会です☆
ポリ絽の訪問着(クリック)
c0021551_22120218.jpg
夏向きのうまこ袋帯も良い仕事してくれてます。
切り接ぎをして結びやすくして正解でした。

色が白飛びしていますが
こんな柄です
c0021551_22143676.jpg
前日試着したときはかなり蒸し暑く
いくら麻の長襦袢を合わせてもやはりポリはツラいと思ったのですが
今日は会場の空調がしっかり効いていたので快適でした。
途中外を歩くときも曇り空で、助かりました。
それに汗をかいても洗えば良いと思えば大変気楽です。
もちろん麻の訪問着が一番楽ですが、
雨の日は泥はねがあったり、タクシーの汚れが付いたり、と
不安要素がいっぱい。
上品な堀出し物ポリ絽訪問着
お役立ちです♪~

[PR]
by yamamotoyk | 2016-06-25 22:40 | 着物 | Comments(0)

減塩甘梅干し

先日から、梅干しのことが気になっています。
それはさしす梅干しのこと。
さ:砂糖
し:塩
す:酢
を使って漬ける少し甘い梅干しで
NHKきょうの料理に出ていたものです。

一度試してみたいと思い、ネットで調べると
梅1kgに対し塩100g、砂糖300g、酢800ml使うのだそうですが・・・
え!800mlの酢?
そんなに酢を入れたら塩も砂糖も濃度が変わるでしょう。
全体の量が増えますからね。

と言うわけで、さらに色々調べ、
塩10%、砂糖20%というレシピを発見。
これ以上砂糖が多いと梅がしぼんでしまうそうです。
確かに梅シロップは梅がしっかりしぼみますからね。

数日迷って・・・・
c0021551_21553579.jpg
買っちゃいました。
かなり黄色くなっていた梅1kg
容器に不安があったのでジップログで漬けることにしました。
c0021551_21555496.jpg
塩100g、グラニュー糖200g
洗ってへたを取った梅と一緒に袋に入れました。
袋ごと秤に乗せ目盛を見ながら塩と砂糖を入れられるので
便利ですね。

時々もんだりしていたら
6時間ほどで水が出てきたので
空になったビンをラム酒(アルコール40%)で洗い
移し替え、
一緒に買ったシソも入れることにしました。
c0021551_21561903.jpg
シソの葉をちぎって量ると
270gもあります☆
必要なのは100gだけなので
とりあえず、100g2袋と70gに小分け
塩もみして・・・
c0021551_21560960.jpg
早速ビンに一緒に入れちゃいました♪~
1日で梅干しっぽくなっちゃいました。

とはいえ、ぢつは・・・
シソを揉む過程でちょっと失敗したので
やや不安・・・ですが、
色がちょっと赤くなりゃイイサ
くらいに思えばいいか。

あとはシソにカビが生えない様に
時々ビンを揺することかな?
これで、美味しい梅干しができれば、簡単ですね♪~

[PR]
by yamamotoyk | 2016-06-24 22:51 | 食べ物 | Comments(0)

味付けタコ

このところスーパーで手のひらサイズの生ダコを見ます。
ちょっと買ってみました。

イカは内臓を抜くのに足を引っ張りますが、
タコはいわゆる頭の部分を手袋の様に裏返しにすると
内臓がくっついて来るのでそれをナイフで切り離して捨てます。

塩を振りかけもみ洗いし、
とくに吸盤にゴミが付いているのでそこは熱心に、
流水でしっかり洗い流します。
(テキトーに洗ったら塩辛かったことがあります)

熱湯に酢を入れ、そ~っとタコを足先から入れていきます。
酢を入れて茹でるとタコが一層赤く茹で上がるんです。
しばらく茹でると、まさにゆでだこ♪~
c0021551_11192020.jpg
裏返してみました

c0021551_11194193.jpg
どちらがフォトジェニックかな?
ってそういう問題ではないかも・・・・
頭のてっぺんがちゃんと煮える様に・・・ということで・・・

☆☆☆

さて、今まではそこまででしたが、
いいことを思いつきました。
c0021551_11195387.jpg
ほどよい濃さの麺つゆをあらかじめ熱くしておいたところに
(容器で薄めて、レンジでチンしました)
茹で上がったタコを投入☆

冷めるまで放置すると・・・・
(夏はずいぶん時間がかかりますが)

味付けタコの完成!
キュウリの甘酢和えにタコを入れても
味の付いたタコだと又美味しいです(^_^)v
c0021551_16084285.jpg

[PR]
by yamamotoyk | 2016-06-23 16:09 | 食べ物 | Comments(2)

アナスイ浴衣で

単衣の季節に浴衣を木綿の着物として順番に着よう思い、
今日の着物を考えていました。
今日は大先生なので上品な組み合わせで行こうか・・・・

しかし今日は朝からどんよりとしたお天気で
ちょっと降ってみたり、いつの間にか止んでみたり、
空を見上げればいかにも気が滅入りそうな重苦しい暗さ・・・・
九州では恐ろしい大雨なんですか?あら、それは大変。
その雲がこちらに来ている?ちょっと太平洋にそれた?

もう少しぱ~っと楽しい着物で気分をアップさせたくなってきました。
そうなれば、もうコレしかありません!
c0021551_19004418.jpg
アナスイ浴衣です。
素材は綿絽です
雨ですから帯はポリの紗献上

コレはシビラの浴衣を東北支援に送り、(クリック)
その代わりに買った物(クリック)
赤い色が目立ったシビラの浴衣よりは着易いです。

今日は気温は低めでしたが湿度が高く蒸し暑かったのですが、
これは薄くてなかなか涼しく良い感じでした。
おまけに、多分、裄が合っていないのですが、柔らかい素材で
あまり気にならなかったです。

やっぱり気分をアップさせる着物も必要ですね♪~
コレ大切にしようっと☆

自分でリンク先を見ていて気づいたのは、
まだ同じ東北支援が有効なんですね!(クリック)
処分した着物、送れば良かった・・・
というか、まだ送れる着物あるんでないかしら・・・・
引っ越しが終わったら、また考えてみましょう。
(既に箱詰めしちゃったので今は見つからない)

[PR]
by yamamotoyk | 2016-06-22 19:20 | 着物 | Comments(0)

夏至の満月

今日は夏至。満月は昨日。
今日は月齢16日だから、ほぼ満月って言ってイイ?
今日のお月様は赤いんだそうでより地平線に近いからだそうですが、
ストロベリームーンとも言うそうなので
ちょっと眺めてみました。
c0021551_23262783.jpg
何しろカメラがアレなので・・・(^^;)
全くわからない写真
おまけに曇り空で笠がかかってまして・・・

目で見るとなるほどほんのり夕焼けっぽい色ですが、
全く反映されていない写真です m(_ _)m

取りあえず、記録と言うことで・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2016-06-21 23:30 | 園芸 | Comments(0)