<   2017年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

型紙なしでフレアーギャザースカートを作る

家ではよく長めのスカートを穿きます。
普段着なので、簡単に作ろうと思い、ギャザースカートを作りましたが、
着姿がイマイチ気に入りません。
また以前に作ったフレアーギャザースカートは
こちらの方法で作ったのですが、(クリック)
あまりにテキトーに作ったせいでバイアス部分の裾が伸びてきて、
みっともなくて、伸びた裾を切って修理したんですが、
こうならないように、もう少しちゃんと作ることにしました。

ギャザースカートの縫い目をほどいてアイロンを掛け、
8枚はぎのフレアーギャザースカートを作ることにしました。
布の縦横を測ると150cmx100cmなので、
やや短め丈で75cm(150cmの1/2)にすれば50cm幅の布が4枚採れます。
75cmx50cmの長方形の布を斜めの台形2枚に切れば、
8枚はぎにできます。

ギャザースカートにするためには
ウエストがヒップサイズ+ゆとりの長さ必要です。
でないと脱ぎ着できませんからね。
8枚はぎなら縫い代込みで15cmと35cmの斜めに切ることにしました。
(15+35=50)
図の中で*同士は同じ角度、△同士は同じ長さのつもりです。
c0021551_10191573.jpg
予定としては、上のようになるはずだったんですが・・・
c0021551_20570232.jpg
50cmx75cmに畳んだ布をさらにこんな風に折って
c0021551_21064545.jpg
まとめてザクザク切りました。

短い辺の角度が台形になっていないので
板を載せて
c0021551_21080502.jpg
左右の角度を同じくらいにすれば
台形の上の辺が決まるので、そこをザクザク。

裾は長さを同じ(約75cm)長さになるよう測って印をつけ
c0021551_21095229.jpg
ザクザクチョキチョキ

次に布目がまっすぐな脇と斜め(バイアス)の脇を縫い合わせます。
ぱっと見ただけではわかりにくいので
光に透かせて慎重に決定。
洗濯ばさみで仮に合わせておきます。
c0021551_21121065.jpg
設計図通りに、もっとよく考えて裁てばよかったんですが、
まとめて折りたたんで切ったので、
どうしても斜め(バイアス)同士縫うことになった箇所が出現(>_<)
しかたがないので伸び防止にリボンを一緒に縫うことにしました。
c0021551_21152257.jpg
長さを確保したかったので
ウエスト部分(ゴムを通すところ)は別布を使いました。

普段着ということで、裾もミシンで縫っちゃいました(^^;)
c0021551_21170255.jpg
丈が短いので、この季節には寒いのですが、
形は良いですね☆
ウエストすっきり、裾ゆったり。
ほどよいひだで満足満足♪~

普段着にはこの形が作りやすく形も素直でいいです。
ウエスト別布も作りやすくて良いです。
でないと台形なので折りたたんだときに長さが違ってきて、
上手く合わせられないんです。
(軽率に縫おうとするとうまく行かなくて挫折する)

次回もこれでいきましょうか。
裁つとき注意ですけどね。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-02-07 21:37 | 手芸 | Comments(0)

文旦ピールもう一度

八百屋さんに文旦が並ぶようになりました。
しばらく迷って買いました。
冷蔵庫の中でまた暫く温めて・・・いえ、冷やして(?)
文面がおかしいです。意味が通りません。気を取り直して・・
何日か経ってから、やっと仕事に取りかかりました。
c0021551_19475177.jpg
週末なので中身の方は朝食のフルーツになります。
いわゆる皮を剥く、という方法は分厚い皮の文旦では扱いにくいので
6つ割りに切ってしまいます。
皮と身を分け中の袋を切って実を出しますが、
小袋の皮がしっかりしているのでさほど難しくありません。
タネが沢山ありますが、小袋を切ってしまえば出すのも簡単。
ヨーグルトと甘酒と蜂蜜をかけました。
さっぱりして美味しい果実です。

さて、今回必要なのは皮の方。
表面をピーラーで薄く剥こうと思いますが、
ピーラーが大分へたってきているので
あまり薄くむけませんが・・・一度茹でてから剥いた方がよかったかな。
で、水に入れて煮ます。
タイマーを15分にセット。便利ですね。
沸騰してから10分では見張っていないといけませんからね。
1個分くらいなら水から15分で大体OK。
c0021551_19480410.jpg
煮えたところで、のんびり湯切り。
それを3回繰り返します。
(忘れていたので途中で重さを計ります)
3回目は湯を捨てずにそのまま一晩放置。
(実際は朝なので夜まで放置)

その後、食べ易いサイズに切って、
ほどよいサイズの鍋に入れ、分量の8割ほどの砂糖をまぶしますが・・・
計量に自信が無くて、ちょっと多かったかも・・・
c0021551_19481905.jpg
そのまま忘れて放置したら、ずいぶん水が出てきました。
弱火で煮詰めます。

煮詰まったところで、
オーブンペーパーに移し100℃のオーブンで10分、そのまま朝まで放置
(夜中なのでそうなってしまった)

朝見ると良い感じに乾燥していたので
グラニュー糖を適当に掛けてまぶしました。
c0021551_19483565.jpg
もうちょっとかけてもヨカッタかな?
でも自家用なのでコレでいいとしましょう。
c0021551_19492193.jpg
柚子ピールとはまた違った味と香り、それに食感です。
優しい色合い、優しい柔らかさ、苦みというよりかすかな舌の痺れる感じ。
もしジャリジャリするほどグラニュー糖を掛けると
このジューシーさが損なわれそうな気がします。(負け惜しみ?)

実は今日また八百屋さんへ行って
更に安くなった2個を買ってきました。
週末の朝食用に1個ずつ切って、作りましょうか。
文旦は大きいので1個でちょうど作りやすい量ですね。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-02-06 22:27 | 食べ物 | Comments(0)

海老フライ寿司

我が家では節分の恵方巻きはしないので、
代わりに海鮮太巻き寿司パーティーをしようと思います。

今日は節分の2日後ということで
スーパーではお寿司関連の見切り品でいっぱい。
ついつい買い過ぎちゃいました。
そして、今回はマゴ君のためにちょっと変わった寿司ネタを考えました。

それは・・・海老フライ巻き。
テレビで見た海老のサラダ巻きの改良版です。
でも、ほんの数匹の海老だけをフライにするのは、
卵がもったいないので・・・

c0021551_21452676.jpg
やっぱりいつものマヨネーズ衣で行きます。
海老のワタを取り、まっすぐ伸びるように筋切りをして
小麦粉をはたき、マヨネーズを塗ったくり
c0021551_21453541.jpg
パン粉を付けます。
今回はちゃんと油で揚げます。(^_^)v
コンロに温度設定があるので便利☆
c0021551_21454546.jpg
でも・・・丸まっちゃいました(>_<)
考えて・・・
c0021551_21461517.jpg
最後の一匹は串を刺しました。
クシを抜いても、まっすぐ!(^_^)v

c0021551_21463074.jpg
冷めた海老フライにマヨネーズをちょっと乗せてレタスで巻きます。
レタスで巻けば、丸まった海老もまっすぐ矯正できるので便利

c0021551_21471159.jpg
そして、卵など他の具材と一緒に海老を巻いたレタスも載せますよ♪~
手前の長い棒は、この時期出現する太巻き用カニかま

c0021551_22002870.jpg
巻くのは夫の係です。

c0021551_21475308.jpg
年季が入っているので、ほらこんなにうまく巻けました☆
私の父親仕込み(^_^)v
これは私が持ち込んだ我が家の伝統です。
でも、息子にはまだ教えてないね。
そのうちバトンタッチするかな?
c0021551_21483626.jpg
もちろん他の具材でも色々巻きますが・・・

c0021551_21542393.jpg
良い写真がありません(T_T)

いつもは巻きながら、切りながら、食べながら、巻きながら・・・
と、のんびりいきますが、
チビちゃん達がいてせわしないので
10本、先に巻いてしまい、
食べながら、切りながら、食べながら・・・・
という手順になりましたが、
チビ君だけ先に慌ててたくさん食べておなかが苦しくなって・・・
なかなか巧くいきませんね・・・・

今日は次男家も一緒のはずだったのが、
インフルエンザで来られなくなってしまったんですね。
残念ですが、
人数が増えるとかなり大変そう。
今日のことを参考にして、またなんとか巧く考えたいです。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-02-05 22:26 | 食べ物 | Comments(0)

うまこのお勝手(レシピ集)

カカオマス(100%チョコ)も買ったし、
そろそろまたブラウニーを焼く練習を・・・
オーブンもまだ慣れていないし・・・

と思って自分のレシピを探しにかかりましたが、
自分のホームページのレシピ集がこのところお手入れ不足で
広告がやたらうるさく、これはマズい、と思えてきました。
このところはブログ内の検索機能がなかなか優秀なので
もっぱらそれを利用してきましたが、
だんだん似たような記事が増えてくると
検索結果の中からお目当てを探すのが大変になって来ました。
レシピを考える途中の記事なのか
一定の結論が出たレシピなのか・・・・

そこで、ついつい、最近のまとめ作業に入ってしまい・・・
気づけば、あら、もうこんな時間、というわけで
一日があっという間に済んでしまいました。
でも、ブラウニーの最近のレシピもわかったし、(クリック)
最近の新しいレシピも盛り込めたし。
よかったよかったということで・・・・
こちらが少し直したうまこのお勝手(クリック)です。
追加した分はNEWの印をつけました。

広告が出てしまう前に時々お手入れが必要ですね。
できれば、これぞレシピ、という記事を書いたときに
ついでにアップできると、と良いんですけどね。
忘れちゃうんですね。
それと古くなったレシピ(改良された)の削除も必要かな。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-02-04 20:30 | 食べ物 | Comments(0)

節分お化けを探して

今日は2月3日節分です。
今年の恵方は名古屋で言えば甚目寺です。
でも、大須観音は中心なので毎年豆まきは大々的。
そして午後2時には七福神が宝船に乗って大須観音に到来し、
その後、鬼追いの儀式が行われるのです。(クリック)

さて、大須での豆まきや鬼追いの儀式は見たことがありますが、
宝船でのパレードはまだです。
節分の午後に自由時間が取れなかったからでしょうか・・・
なんと、今年も・・・・(こんなに自由時間が増えたのに)
午後1時半までに職場に入る仕事が入ってしまいました。
でも、今までよりは時間が遅いので多少自由時間がある?

ということで、昼食を一生懸命早く済ませて
宝船の出発地点、栄小公園へ行ってみました。
c0021551_21205628.jpg
おぉ~、宝船がスタンバっています☆
ぐるっと回って・・・
c0021551_21210218.jpg
後にはこんな立派な・・幕?緞帳?何というのですか?
宝船の向こうにテレビ塔が見えています。

c0021551_21211237.jpg
少し離れたところにはオープンカーもスタンバイ

でも、ここで時間を浪費することは出来ません。
宝船を確認できたので、
急ぎ、大須へ!

さて、今日の節分では
和髪隊の皆さんがお化髪(オバケ)行列をされるはず。
節分お化髪というのは
年齢も衣装もいつもと違った姿をして
鬼をだまして難を逃れようという江戸時代の風習

さて、大須に着きました。
いつにも増して人の多さ・・・
お!着物の一団が居ますよ
c0021551_21212139.jpg
う~ん、知った顔が一人も居ませんね。

あ、豆まきも始まっていますが・・・
c0021551_21213532.jpg
観音様にお参りをして振り向くと・・・
日本髪・・・お雛様のような姿も・・・
急ぎ前に回りましょうか・・・

c0021551_21404003.jpg
違いました・・・・(-_-)

c0021551_21214380.jpg
これは・・・(キッパリ)違います!
さあ、もう時間が迫っています。行かねば・・・


あ!招き猫広場でカメラマンを探しているのは!
まさに和髪隊のお化髪行列の皆さん☆
c0021551_21214904.jpg
はい、私がシャッター押します!押します!
奇跡的にお逢いできました!
お役に立ててシアワセ♪~
今年はさい先のよいスタートがきれたようですね♪~

さ、気の重い仕事が待っていますが、
心を楽にして臨みましょうか。
途中でカルディーに寄ってチョコ買う時間がありますか?
ちょっと差し入れです。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-02-03 22:14 | 外出 | Comments(0)

残りも柚餅子に

冷蔵庫野菜室の奥に、柚子がまだ残っています。
それどころか、柚の木にもまだ1個残っています。
ボチボチ何とかしないと・・・

数えてみると12個有ります。
ん?12個?
前回作った柚餅子と同じ数ではありませんか。(クリック)

柚餅子を試食したら、とても美味しかったし、
他に何かにするというアイデアも出てこなかったので
(ピールにするには数が少ないし)
もう一度柚餅子を作ることにしました。
c0021551_22034136.jpg
八丁味噌200g
砂糖200g
クルミ100g
ゴマ60g
道明寺粉65g(1/2袋)
混ぜやすくするくらいのミリン

弱火でふつふつするくらいまで、しばらく練る。
c0021551_22034957.jpg
柚子を上から1/4くらいのところで切って中身を出す。
1個の皮は傷んでいたので11個になりました。
中身はレモン絞りでタネ、果汁、カスに分ける。
(タネはかぶれるので廃棄、果汁は冷蔵してレモン汁の代わり、カスは肥料)

c0021551_22040030.jpg
柚子の皮(柚子釜)に練った味噌を詰める。
前回よりクルミもゴマも多いので
味噌が余ったので、かなりぎっしり詰め、
更に柚子と(産直の)レモンを買いたしました。
(水分の少ない八丁味噌だけというのも量が増えた原因かな)

c0021551_22041352.jpg
蓋をきっちり閉め、ガーゼでしっかり包みました。
蒸すとずいぶん中身が出るらしいからです。

c0021551_22051708.jpg
1時間蒸しましたが、
ガーゼから顔を出していたところからは
ずいぶん味噌がこぼれ出てしまいました。
ガーゼできっちり包むことの効果が出ましたが、
数が多くなると手間ですけどね。

さて、ガーゼで包んであるので
このまま干してもいい?
でも、かなり味噌で汚れているので・・・それは・・・
しかも適当な紙は見つからないし・・・

あ、和紙を探していたら面白い布が出てきました。
網のようなタオルです。
ミカンネットに入れて干している人も居ましたから
真似できそうです。
c0021551_22053855.jpg
縦長の布に包んで縛って、
両端を吊り下げました。
不足分は新しいガーゼに包みました。

c0021551_22054847.jpg
この布はこんな感じなのでよく乾くことを期待しましょう。
くるんで縛っただけなので
再利用も出来そうです。

冷蔵庫内でもよく乾くという話もありましたが、
冷蔵庫内が味噌匂くなりそうだったので
c0021551_22060242.jpg
やっぱり
今までの北側の屋根下(自転車置き場)に吊しました。
ちょっと乱雑?(^^;)
まだまだ風は冷たいのでここで良いでしょう。
乾いた頃には風も暖かくなるでしょうから
その時点で冷蔵庫に入れたらいいかな。

これで、優雅に柚餅子を楽しめるし、
気易く他人にも分けてあげられるかも。
来月が楽しみです☆

[PR]
by yamamotoyk | 2017-02-02 23:05 | 食べ物 | Comments(2)

早春賦コーデ

早春賦:春は名のみの風の寒さや・・・♪
もうすぐ立春、季節の名前は春になって来ますが、
風は本当に寒いです。

とは言え、春の草はもう芽を出していますから・・・
今日のコーデは思いつきで命名の早春賦コーデ。

c0021551_21250990.jpg
寒い風と春の草

着物は表地がペイズリー柄のウール、裏がポリのリバーシブル
帯は角出しが結べるぎりぎりの長さの手作り帯
ウイリアムモリス柄の木綿地です。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-02-01 21:53 | 着物 | Comments(2)