久しぶりに殻付き牡蠣

自転車でちょっと行ったところのスーパーには、
魚屋さんがあるんですが、
殻付き牡蠣があったので、買いました。

ちょっと久しぶりですね・・・・
3個買いました。
一人一個です♪~
c0021551_20154776.jpg
殻の端をナイフでコンコンと叩いて削り
出来た隙間から細身のナイフを差し込み
貝柱を切ると殻がこじ開けられるようになります。
ナイフの先のピンクのところが貝柱★

さて、そんな面倒なことをしてまで・・・・
うふふ
c0021551_20155902.jpg
牡蠣のチーズ焼き
殻を開けたら上に(ピザ用)チーズを乗せるだけ♪~
アルミホイルで台を作って焼くと
蛎殻が倒れず、
チーズや牡蠣のおつゆがこぼれなくてイイですね☆

210℃のオーブンで15分焼きました。
あっ写真忘れました・・・・(^^;)
牡蠣のチーズ焼き、
美味しかったです!

調べてみると毎年冬になると
一回は買っているようですね。
だんだん、殻の開け方の要領が良くなってきたかな。
コンコンと手前の端を欠かすのがコツですね。

[PR]
# by yamamotoyk | 2018-01-15 21:09 | 食べ物 | Comments(0)

牡蠣のオイル蒸しの残り

今年のおせち料理には
牡蠣のオイル蒸しも作りました(クリック)
牡蠣は大きなパックを買ったので、
たっぷりあったのですが、
そのかわり残った汁もたっぷりでした。

え、コレどうします?
塩辛いので庭には撒けません・・・・
美味しいけど塩辛いので、人間にもあまり良くなさそう・・・・
でも、捨てるのはあまりにもったいない・・・

と言うことでお正月中だったこともあり
こんな一品にしました。(3人分になりました)
c0021551_22374257.jpg
牡蠣汁雑煮です♪~
牡蠣は食べちゃった後なので入っていません。
あくまで汁だけ。
だからダシになったわけですね。
結構塩辛かったので、
薄めただけで、醤油はほんのちょっぴり風味づけだけ。
小松菜は名古屋定番の雑煮の材料。
左のグレーの物は
見かけがイマイチですが
鐘崎のお正月カマボコの七宝焼きという物
(やっぱり見かけがイマイチなので、もう止めようと思います)
右は焦げたお餅(^_^;)
名古屋のお雑煮のお餅は焼かないのですが
個人的に焼く方が好きなので・・・

と~っても美味しかったです!
さすが牡蠣の旨味が凝縮した1杯でした。

牡蠣のオイル蒸しを作った時は
忘れずに汁物(またはスープ)を作ろうと思います。

[PR]
# by yamamotoyk | 2018-01-14 22:50 | 食べ物 | Comments(0)

椿

寒の入りの暦に合わせたような寒波で
各地では大雪で大変ですが、
名古屋は
c0021551_20023097.jpg
バケツの水が厚く張っているだけで
雪はほんのちらりと降っただけです。

ここまで寒い日が続くと
頑張っていたホトトギスやシュウメイギクも
さすがに枯れてきました。
これで心置きなく切れます。

というわけで、
霜が降りて、しおれているムラサキハナナは無視して、
突っ立っているホトトギスとシュウメイギクを
一向に枯れないシダもろとも、ザクザク切って、
あぁ、庭もちょっとすっきりです。
新芽が出てきてしまうと切るのが面倒になるので
今日できて良かったです。

さて、ちょっと前から咲き始めているのが
c0021551_20022179.jpg
乙女椿と

c0021551_20022617.jpg
ツバキの美土野
このツバキは昨年
鉢植えからレンガを積み上げた場所に植え替えして
調子がいいです。(クリック)

一方、庭に植え替えた岩根絞りは
他の木の陰になって調子がイマイチです。
今年は岩根絞りの場所を
もう一度美土野の隣に替えようかしら。
そこには実生のエゴノキを植えたのですが、
エゴノキは大きい植木鉢に移せばいいでしょう。

[PR]
# by yamamotoyk | 2018-01-14 20:38 | 園芸 | Comments(0)

ぎんなんの保存

ギンナンは季節に全部茹でたり煎ったりして
冷凍保存しますが、
殻を剥いただけのギンナンを
油に漬けて保存する
という方法を書き込んで下さった方がいます。

そこで昨年秋に小瓶に3個作ってみました。
先日1瓶開けて
いろいろ試してみました。
その結果、
油で揚げて、冷凍保存するのが
簡単で美味しいという結論に達しました。
c0021551_21241444.jpg
今日はまた揚げ物をしようと思うので
ついでに油漬けギンナンを揚げてみようと思います。
c0021551_21242514.jpg
あら?
蓋を開けると、マズイ事態に・・・・
黒いのはカビのようです。
油から飛び出していた部分に
カビが出てしまいました。
これは、このまま庭に埋めましょう。
庭の餌(肥やし)になります。

油で保存する時は
油から出ないような注意が必要ですね。

さて、もう一瓶あるので
c0021551_21242040.jpg
薄皮のまま揚げました。
でも写真を撮るのに手間取って揚げすぎてしまいました(>_<)
薄皮はとても簡単に取れます。
そのあと冷凍しました。

茹でたり煎ったりしたギンナンより
油で揚げたギンナンの方が
料理に使った時美味しいです。

結論

シーズン早い時期にギンナンを買ったら
カラを割り、油で揚げ(揚げすぎないように)
冷凍しようと思います。

やっぱり冷凍してある方が使いやすいですし、
揚げたギンナンが一番美味しいです。
油はほとんど気になりません。

[PR]
# by yamamotoyk | 2018-01-13 21:41 | 食べ物 | Comments(0)

クワイ

この年末も
クワイは八百屋さんにありました☆

日本産と中国産がありましたが
縁起物なので
数が少なくて高くても国産にしましょうか・・・(^_^)v
c0021551_21542154.jpg
毎年買って煮ますが・・・・イマイチ不評です。
にがい・・・・とか、えぐい、とか・・・・
硬い・・・・とか

クワイの色が好きなので
いまのところめげてません。

とは言え、この変わった色の皮は、
あえなく剥いてしまうのですケド。

今年は教科書を無視して
皮をむいた後、まずしばらく水に晒して、
2度ばかり茹でこぼしました。
そのあと、
クチナシの実をダシパック(またはお茶パック)
に入れて一緒にのんびり煮ます。
毎度、硬くてえぐいので
今回は他のことをしながらのんびり煮ます。
かなり煮たところで
酒と醤油とミリンを入れます。
量は適当。
時々汁の味を見ながら追加。
c0021551_21542586.jpg
かなりのんびりゆっくり煮て
お重に詰めるまでこのままにしておきました。

今回はまあまあだったと思います。
夫はまだえぐいと言いましたが。
他の人の感想は聞けませんでした。

次回からも
少しでいいのでクワイを煮ようと思います。
のんびりゆっくりと。

[PR]
# by yamamotoyk | 2018-01-13 21:00 | 食べ物 | Comments(0)

色いろニンジン

年末になると
おせち料理に使う特殊な野菜がお店に並びます。
色の赤い金時ニンジンもそうですが、
今年(昨年末ですが)はまた新しいニンジンを見つけました。
c0021551_21522769.jpg
左が金時ニンジン
白っぽく見えますが、
一皮剥くとかなり赤いです。

一番右がいま普通に見る西洋ニンジン
(5寸ニンジンと言うらしいです)

で、今回見つけたのが真ん中のちょっと赤いニンジン

c0021551_21555182.jpg
左が一皮剥いた金時ニンジン、短く切りました。
真ん中のが、
京くれない という名前のいいとこ取りのニンジンらしいです。
金時ニンジンのリコピンと
五寸ニンジンのカロテンの
両方バランス良く含まれ
味もよいとのこと。

五寸ニンジンよりは多少長めですが、
金時ニンジンより短く、栽培も容易だそうです。

さて、3種類もニンジンを買ってしまいましたが、
冷蔵庫に入れておけば問題なかったです。
さて、これから市場はどうなっていくでしょうね。

ちなみに私が子供の頃(60年ほど前)は
ニンジンは今より細くてずっと長かったです。
ちょっとゴボウに似ていましたね。
ある時期から急に今のニンジンに変わりました。

西洋ニンジンと私は呼んでいますが、
30年ほど前のアメリカでは、
もっと短くて細くて硬いニンジンばかりでした。
あら・・・西洋では西洋ニンジンは主流でなかったのね。
あ、西洋ニンジンの中の種類が違うのかな。

ちなみにカボチャも私が子供の頃、
日本カボチャから急に今の西洋カボチャに変わりましたね。
和風に煮る時は、甘くほくほくした今の西欧カボチャより
あっさり、ねっとりした日本カボチャの方が
私は好きです。
でも、日本カボチャってあまり見かけないんですけどね。

[PR]
# by yamamotoyk | 2018-01-12 22:44 | 食べ物 | Comments(0)

鏡開きだ!イチゴ大福だ!

今日、1月11日は鏡開き、ですね。
NHKあさイチで見たイチゴ大福が忘れられないので、
鏡開きを口実にしました。
c0021551_22013179.jpg
お鏡さん(小)ワンセットを
水から入れて火に掛けます。
(切り餅なら3個)
強火にして沸騰したら弱くして約10分
(沸騰したら濁ったので、変な写真です)
c0021551_22043192.jpg
10分経ったので、すり鉢に移しますが、
茹でた湯も少し一緒に移します。
c0021551_22062099.jpg
砂糖大さじ2杯を追加して
すりこぎで混ぜる。
かたまりを潰すような感じで混ぜていくと
次第に滑らかになっていきました。
硬い時は茹で湯を足せばいいのですが
今回はちょうどイイ感じだったかな。

c0021551_22090526.jpg
べとついて扱いが大変なんですが、
1/4程をとって片栗粉を敷いたお皿に載せてまぶすと、
ちょっと扱いやすくなったので
丸く拡げ市販のこしあんを少しとって載せ、
その上にイチゴを載せ包みました。

c0021551_22122336.jpg
右の方が最初に作った物
だんだん要領がよくなって、
最後はイチゴの先の方を下にして包んで
見かけが美しく出来ました。
c0021551_22141549.jpg
先が赤くてカワイイでしょ?

ちょうどマゴ君が学校から帰ってきたので
食べる?
c0021551_22150128.jpg
一口かじったところです
ちゃんと周りに餡子が付いてますね♪~
マゴ君が2個食べたのであとはママと私が試食して・・・
じいちゃんの分が無くなっちゃったよ。ごめんねm(_ _)m
(パパには内緒)

実はマゴ君、
ご近所の和菓子屋さんの前に貼ってある
イチゴ大福の写真を見て
食べたかったんだそうで、
ママに今度ね、って言われてたんだって。
丁度良かったね!
今度はお店やさんのと食べ比べてみる?

実は小豆も煮ていたんです。
c0021551_22255597.jpg
でも、大福に間に合わなくて
冷凍してあった市販のこしあんを使っちゃったんですが、
夕食後には無事おぜんざいになって
デザートに食べました。
入れたお餅はお鏡さんではなくて
普通の切り餅でしたけどね(^_^)v

小豆を煮るのに、ずいぶん抵抗がなくなりました。
良かったね☆

[PR]
# by yamamotoyk | 2018-01-11 22:43 | 食べ物 | Comments(0)

お正月飾りちらり帯

今日は年初のお稽古でしかも大先生です。
マシな着物にするか、
お正月らしい面白帯にするか・・・

結局マシな着物が探せなくて・・・
c0021551_20011452.jpg
お正月飾りの風呂敷縫い付け帯です。
ちょっとお正月も過ぎたので
お飾りの上の鶴と海老の頭だけ見せてます。

結果的には大先生にはほんのり不評だったけど・・・
え~っ・・・・って。
お付きの先生には十分面白がって頂けました(^_^)v

上の部分が黒いので色を調整。
鶴は扇に描かかれた絵です。
c0021551_20050754.jpg
角出しに結びましたが
お正月なので
やっぱりお太鼓にすれば良かったかも・・・(少し反省)
しかもお太鼓をもう少し大きく。
ちょっと気弱になっている自分の気持ちが
覗いているようです。

肝心のお稽古は緊張して最初は巧くいかず。
しかし、丁寧に指導して頂けて
(いつも無視されていた上調子も)
自信が付きました。
あとひと月。
頑張ります。

[PR]
# by yamamotoyk | 2018-01-10 20:17 | 着物 | Comments(0)

小豆を煮たらおぜんざいになった!

豆に対する苦手意識を払拭しようと
この10年ほど毎年黒豆を煮ています。
花豆もこの数年頂くので、煮ています。
今度は小豆を煮てみようと思いました。
でも、記事を探すと2008年に煮てましたね(^_^;)
何が苦手かというと、
味や匂いもさることながら、
結構噴きこぼしてしまうからなんですね(>_<)

でも、小豆は噴きこぼれないようです。
袋に書いてあるとおりに一度ゆでこぼしてから煮ると
c0021551_21413684.jpg
しゃびしゃびの小豆汁ができたので、
説明書通りに餅を入れて、さらに煮ると・・・
c0021551_21433898.jpg
美味しいおぜんざいになりました♪~

さて、今年の黒豆は
今までと違って、普通の豆のように一晩水に浸し
朝からごく弱火で煮始め、
煮始める時に入れるはずの砂糖を忘れて
後から入れたのが幸いして
一度噴きこぼれたのですが砂糖がまだ入れてなかったので
周りがベタベタにならなかった(^_^)v
その後、噴きこぼれない火の強さがわかったので
何だか一つ吹っ切れた気がします。

この調子でインゲン豆も煮て
味を付けずに全部冷凍。
サラダなどに好きなだけ入れるという技も獲得。

今シーズン残りの花豆も
この方式で煮てみようかしら。
あ、その前にもう一度小豆を煮ようかな。

豆類に対する苦手感も
だんだん薄れてきたようです。

[PR]
# by yamamotoyk | 2018-01-09 22:10 | 食べ物 | Comments(0)

三味線用譜面台たくさん

今日まで栄では中国春節祭だそうですが、
朝から雨です。
(名古屋は今日が成人式、気の毒~)
刀削麺を食べに行きたいけれど、
昨日長唄のお稽古を忘れたことがまだトラウマに・・・
(出かければ家での練習がおろそかになるし)

それで、ちょっと切羽詰まっていた作業を
完成させることにしました。

今年のお弾き初めは三味線を弾く人が最大9人のようです。
当初10人のはずだったので
三味線用譜面台をもう一台作らねば・・・
と思っていたのが、その作業がなくなったので
一気に最終工程へ。
c0021551_21270077.jpg
装飾です。
カレンダーの絵を貼りました。
日本画家シリーズです。

構造や組み立てが複雑だと
人に手伝って貰えないので、
今回のはシンプルに・・・
(三味線専用なので背も低いし)
c0021551_21270671.jpg
譜本が滑り落ちないように
ちゃんとストッパーも付けてあります。
これでもういつでも、折りたたんで持って行けますね。

お弾き初めは2月最初の水曜日(7日)午後1時から3時です。
どうぞおいでくださいますようお願いします。

[PR]
# by yamamotoyk | 2018-01-08 21:51 | 三味線 | Comments(0)