コーンフレークバナナケーキ

Facbookのママデイズで見つけたレシピを試してみました。
1歳児くらいのベビーちゃん用です。
c0021551_21151177.jpg
見かけが悪いのが残念ですが・・・
(お好み焼きみたい・・・)

潰したバナナ1本
コーンフレーク60g
牛乳60ml
卵1個

以上全部をよく混ぜて
バター5gを塗ったフライパンで焼きます。

もとは少しずつ焼くのですが
焦げやすいので
全部まとめて焼いて、切り分けました。

バナナのほんのり甘い味で柔らかく
1歳になったばかりのマゴちゃんも
食べることができたようです。

明日は我が家に1歳児が二人来るので
ひょっとして食べてくれるかな、って・・・

[PR]
# by yamamotoyk | 2017-03-24 21:39 | 食べ物 | Comments(0)

ロールキャベツもどき

藍の会の日、帰り時間が夕食にかかりそうでした。
でも、最後の曲(瓢箪鯰ひょうたんなまず)が是非とも聞きたかったので、
夕食を準備しておくことにしました。


気分としてはロールキャベツが食べたかったのですが、
その前日も長唄大会で時間のゆとりが無かったし、
大ばあちゃんはロールキャベツを作っても
結局切らないとうまく食べられないので、
なんだか、ちょっとむなしい・・・・(-_-)
ロールキャベツって、結構手間がかかるんですよね。

あ!良いことを思いつきました。
冷凍のハンバーグがまだ一回分残っているはずです。
巻いて無くても材料が同じなら、きっと味も似ているはずです。

というわけで、
c0021551_20401931.jpg
ハンバーグとキャベツ(1/8玉を半切した物x2くらい)
拍子切りのニンジン、大根と生シイタケ
ひたひたの水を入れ固形スープの素を振りかけて
火に掛けました。

夕食前温め直し
c0021551_20403465.jpg
最初から食べかけのロールキャベツのようですが・・・(^^;)
味も食べかけのロールキャベツ・・・(^_^)v
ちゃんと巻いたものと遜色有りません。

これから我が家の定番になりそうな予感です。
特に作り置きおかずにぴったりです。
あらかじめ作っておけば、味がよく馴染みますし
スープにとろみが無いので煮込む時に焦げ付かない(^_^)v

とは言え、作り置きハンバーグがないとできません。
というわけで、このあとまた1.2kg強の合いびきを作って
ハンバーグを25個ほど作りました。
結構大変でしたが(^^;) しばらく楽できそうです(^_^)v

[PR]
# by yamamotoyk | 2017-03-23 20:59 | 食べ物 | Comments(0)

日本のおしゃれ展

今日から名古屋栄の三越で池田重子氏コレクションの(クリック)
日本のおしゃれ展が始まります。
4月3日までなので豪勢に2週間ですね!
c0021551_21371356.jpg
前回と比べ会場が狭く
お陰で展示物がとても近いです。
生地までも間近でしっかり見えます。
まるで自分の着物を見ているようです。

夏物は夏お召しが多かったのかな?
コーディネートを見て欲しい、ということで
着物の素材の記載は無かったので
わかりませんけど・・・・
こういうことまで本当によく見えました。
襲に着せた着物もありました。
重ねた着物の柄が合わせてあるんですね。(波の柄)
(遠くからではまずわからない)

とここまで書いて
で、前回っていつ?と気になり調べると、
これがなんと10年も前、
2007年10月です(クリック)しかも2回も行ったんですね。
おまけに私若いし・・(^^;)

3月24日(金)11時~、14時~は
池田由紀子氏による作品解説、
ということで迷ったんですが、金曜日は無理なので(-_-)
と思ったら、幸運なことに今日は11時から
会場外で着物のコーディネートについて
というお話が同氏によりありました。
丁度見終わったところだったので、本当にラッキ~♪
幸運に感謝です☆
そして、会場出口には
時代布・池田さんやくるりさん、書籍、
その他関連の出店もあり
商売繁盛だったかしらね。

着物はこちら(クリック)

[PR]
# by yamamotoyk | 2017-03-22 22:49 | 外出 | Comments(0)

日本のおしゃれ展へおしゃれして☆

今日はお稽古の前に
池田重子コレクション「日本のおしゃれ展」に行きました。(クリック)

日本のおしゃれ展を見に行く時の着物には2種類の選択が考えられます。
展示物に溶け込むコーデ、
展示物と勝負しないコーデ。

これが単独であったら、コーデを考えるエネルギーが
ちょっと枯渇気味・・・ということもありますが、
今回は前の週末のために着物置き場を引っかき回していたので、
もう勢いです!
せっかくなので・・・アンティーク

母の縫い取りお召し
生地は薄く柔らかく、鳩の部分が漆糸で硬いので
ちょっと扱いが・・・襟などがうまく折れない(^^;)
c0021551_22162226.jpg
それに合わせたのは、
姑の箪笥から出てきた袖の長い羽織
多分もう一代前の物(姑の母?姑の姑?わかりません)

ぢつはピンクの桐の花の羽織(クリック)を
しつこく探したんですが、やっぱり見つからない・・・(-_-)
仕方なく土曜日と同じこのアンティーク羽織にしました。
でも、こちらの方が色も柄も合ってますね。
鳩の着物は奇しくも(そうでないかと思ったんだ・・・)
前回と同じ(クリック)

お稽古では羽織を脱ぐので
c0021551_22160265.jpg
こちらの留め袖用反物から作った帯を合わせました。
桜のお庭帯です。

おしゃれ展のあとの池田由紀子氏の解説で
花と鳥の取り合わせで、
松に鶴、梅に鶯、桜には鳩、という伺って
(桜に鳩は初耳でしたが)
今日の組み合わせ、合ってますよね♪~
(でも、ここで密かに思ったのは、
梅に来るのはメジロよね、桜に来るのはヒヨドリよね
でも、それでは無粋なのでうまく見間違えたのよね)

[PR]
# by yamamotoyk | 2017-03-22 22:49 | 着物 | Comments(4)

お彼岸過ぎ、恵みの雨

このところ気温が高めになって来て、
その割りには雨が降ってなかったので
お花は乾燥気味になっていましたが・・・・
今日は雨。
お花は嬉しそうです。

c0021551_22075289.jpg
昨年花が極端に減ってしまい、それまで植えっぱなしだったので
掘り出して植え直したラッパ水仙です。
今年は2花咲きました。
ゆとりを持って植え直したので
来年は花が増えると良いな。

c0021551_22080001.jpg
植木鉢に植えっぱなしの春蘭、
2花咲かせましたね☆
2011年に購入し2花咲かせ2012年にも花を咲かせたようです。
でも、目立たないのでその後も気づかず開花していたかも・・・

c0021551_22082921.jpg
19日にほんの一花咲かせたユキヤナギが
今日はずいぶんたくさん咲いています。

そして挿し木苗の枝垂れレンギョウ
c0021551_22081342.jpg
これからどんどん色んな花が開花していきそうです。

玄関のお花がちょっと淋しくなってきたので、
c0021551_22245020.jpg
黄水仙、ラッパ水仙、ムラサキハナナ
ユキヤナギ、椿(四海波)

春です~☆

[PR]
# by yamamotoyk | 2017-03-21 22:32 | 園芸 | Comments(0)

今日は藍の会へ

昨日の名古屋長唄大会に続き、
今日は藍の会の発表会です。
昨日は染め紬だったので、今日は絹物、
ちょっとキラキラ小紋にしようと思いますが、
もう一枚の長羽織がどうしても見つからないので(>_<)
(処分しちゃったのかしら・・・?)
そこで寒さ対策として・・・・着物を重ねちゃいましょうね☆
襲(かさね)着物でいきましょう♪~
c0021551_21580419.jpg
襲である証拠ですか?
c0021551_21584428.jpg
普通は重ね衿は襟だけなんですが・・・
重ね衿ではなく襲襟ですから、
上の着物の後姿でチラ見えする八掛けが
重ねた襟と同じ生地になっています。
もちろん袖口や袖の振りからもチラ見えしている訳です。

これに昨日と同じ厚手のショール(一見毛布みたい)、
ベレー帽を合わせました。
丁度いい季候でした。

合わせたのは派手な単衣の着物
上に着た袷の着物と
オレンジ色が似ているので
もっぱらこの小紋に合わせて着ています。
ひょっとすると同じシリーズの反物だったかも。

藍の会
c0021551_22105753.jpg
色がうまく出ていませんが
先生は黒紋付きですが
生徒さんは薄い青色の着物です。

藍の会の名前はもちろん出藍の誉れ
藍の色は藍の草から出ますが
もとの草よりずっと濃い青になる、
生徒は先生を超える(と期待する)という意味なので
先生を超えていない生徒さんはまだ青色が薄いんですね。
薄藍くらいの色なんでしょうか・・・(クリック)
それとも瓶覗きくらい薄い?

それにしても、先生を超えた生徒さん、
超えかけの生徒さん、
始めたばかりのチビちゃん達
藍の会は層が厚いですね。羨ましいです☆
いえいえ、皆さんや先生方の努力がスゴい、
そして長唄は年を重ねるとやっと味が出てくる。
一番最初に藍の会を始められた山田先生は、
今年はそんなお話をされました。
先生、いつまでもお元気で!

[PR]
# by yamamotoyk | 2017-03-20 22:08 | 着物 | Comments(2)

名古屋長唄大会

今日は、名古屋長唄大会、NPOのお仲間の発表会があります。

と言うわけで、今日の格好は
c0021551_20233289.jpg
白仙境紬(クリック)
今日は暖かいのでマントではなく
羽織にしようと思います。
取りあえず見つけたアンティークの羽織。
歩こう文化の道のイベントの時に着た物です。(クリック)
これに厚手のショールを羽織っていきました。

c0021551_20361173.jpg
おめでとうございます☆
とてもよかったです!

今回初めて最後まで聞きました。
最後は各流派合同の迫力でした。
c0021551_20411632.jpg

[PR]
# by yamamotoyk | 2017-03-19 20:52 | 三味線 | Comments(0)

白みる貝

いつものスーパーで久しぶりに白みる貝を見つけました。
何だか本当に久しぶりなので、もちろん買いました。
以前にさばいた時の記事を参考にして(クリック)ついでに
とてもよく書かれた記事も見つけたので(クリック)それも参考にしました。

今回は見つけた記事を参考にして肝のポン酢漬けも作りました。

c0021551_19373110.jpg
今回はちゃんとそぎ切りにしました。
お手本を真似して貝殻も茹でて洗い、お皿にしましたが
ツマを作らなかったのでフォトジェニックじゃないですね(^^;)
ワサビ醤油も美味しいけど、
ポン酢もいけますね☆

肝のポン酢漬けを撮るのを忘れましたが
身の方のこりこりとした食感とは違い
肝らしいちょっとねっとりした感じで
ポン酢のため潮の香りもなく
夫には好評でした。
(ん、確かに美味しい)
前回処分しちゃったのはもったいなかったですね。

[PR]
# by yamamotoyk | 2017-03-18 19:55 | 食べ物 | Comments(0)

辛子レンコン失敗続き

辛子レンコン

レンコンあまり細くない物、太すぎない物、300gくらい
穴がしっかり空いているところまで端を切り、
皮がキレイならそのまま、または皮を剥く
扱いやすい大きさに切り
酢を入れた水から茹で沸騰してから5~6分茹でる
c0021551_20221833.jpg
茹で上がったら網の上で縦にしてしっかり乾かす。

味噌の準備:
白味噌80g
粉からし小さじ1~2杯
粉豆腐

粉からしを少量のぬるま湯で溶き、しばらく伏せておく
こうすると辛みが強くなる
c0021551_21465776.jpg
(チューブ辛子でもたぶんOK)
白味噌に溶きからしを混ぜる。
白味噌を使った場合少し緩くて扱いにくいので
粉豆腐(高野豆腐の粉)または
パン粉、きなこなどで
粘土くらいの硬さに調節する。
白味噌以外の味噌ではミリンなどで甘みを加味する。

よく乾かしたレンコンに混ぜ味噌を詰める
c0021551_20225797.jpg
レンコンを味噌の上からぎゅうぎゅうと押さえると
だんだん穴に味噌が詰まっていく
飛び出した味噌を拭き取りつつ、全ての穴に詰まるまで繰り返す

水分が出て味噌がはみ出してくるので、30分、できれば1時間以上置いて、
はみ出た味噌を拭き取る
c0021551_20490145.jpg
ころも:
小麦粉と色づけのためのターメリック(またはクチナシ)を混ぜ
水で溶く(あれば+卵黄1個または溶き卵少々)
どろっとした濃いめの衣になる様にしっかり混ぜる。

レンコンにころもを厚めに付け、
しっかりした串または細めの菜箸を刺し
180℃の油で揚げる。
串刺しで油に入れるのは
鍋底に触らない様にするためです。
鍋底に沈むと衣が取れてしまうからです。

c0021551_22315385.jpg
コレが前回、串無しで揚げた物。
衣が一部薄くなってます。

で、次は、
なんと・・・
最初に茹でるのを忘れた(>_<)
c0021551_21505923.jpg
だから、長く揚げてレンコンに火は通ったのですが・・・
身が縮んで皮が浮いてしまった・・・ダメじゃん

さあ、来週は本番
今度こそ、上のレシピに従ってちゃんと作るぞ!

ところでレンコンの穴に詰めた味噌・・・色が薄いですね。
ちょっとターメリックを加えてもう少し黄色を足そうかしら。

[PR]
# by yamamotoyk | 2017-03-17 22:29 | 食べ物 | Comments(0)

マルハチ ゴールデンソース

ここ名古屋、しかもかなりの地元で作っている
(でも、現在工場はここにはないということです)
ご当地ウスターソースがあることを最近(数年前)知りました。
しかし、あまりウスターソースを使わないので
なかなか機会が無かったのですが、
この度、(やっと)残り少なくなったので、買っちゃいました☆
このところソース焼きそばを作る機会が多かったからね。
c0021551_21523436.jpg
そう、5合瓶しかないのよね・・・・
だから、迷ってたんですけどね。
いいんですよ、今や、息子ん家が近いから♪~
半分ずつ山分けしました。
丁度息子ん家もソース無くなったって言ったし☆

ラベルのアップです
c0021551_21564217.jpg
丸八の背景は三つ葉葵ですよ
尾張徳川家ですよね

このソースができて75年だそうです

とりあえずソース焼きそばを作りました。
c0021551_22125833.jpg
とはいえ、色んな調味料を使ったので色は薄めで、
このソースの特徴はよくわかりません。
次の日はシーフードのフライに。
ややとろみのあるしっかりとした味ですね。
昔からあるこの辺りのしっかりの味ウスターソース
懐かしい味かも、という味です。

ついつい最近はこのソースを使うことが増えてますが・・・
でも、やっぱりソースってあまり使わないです・・・(^_^;)

[PR]
# by yamamotoyk | 2017-03-16 22:37 | 食べ物 | Comments(0)