チェルノブイリへクリスマスカード

ラジオからチェルノブイリへクリスマスカードを送ろうという声が聞こえました。
詳細がよくわからなかったので、ネットで調べました。
ここを見ると、原子力発電所事故で汚染されたチェルノブイリに住む子供達に
毎年日本からクリスマスカードを送っているという話とわかりました。

毎年、外国の知人にカードを送ります。
ユニセフで和風のカードを買うのですが、
挨拶文が印刷された物を買っていたので、
残ったカードを他の目的に使うこともできず、困ってました。
それに気がついて昨年からは挨拶文の印刷なしを買うことにしました。

それにしても、それまでのカードの使い道を、と思ったら、この運動です。
これは良い使い道が見つかったと、早速、カードを何枚か出してきて、
でも、やっぱり何か書かなくちゃね。でも、日本語で書いてもなんだか・・・・・
で、ちょっと、イラストなんぞを描いて、今日出してきました。
c0021551_21523221.jpg


12月14日まで受け付けているそうです。
良かった、間に合って。
[PR]
# by yamamotoyk | 2005-12-09 22:05 | 家事 | Comments(4)

帯止め

今日は三味線のお稽古。

破れた母のお召しで自作した帯を締めました。
例によって帯板、帯締め無しの角出しですが、
着物と帯の色が同じすぎるし、
帯も柄がなくて、ちょっとさみしい雰囲気です。

なので、スカーフリングを帯止めにしました。
スカーフリングはサイズが大きいのですが、
うまい具合に目立つところが小さくてちょうど良い感じです。
c0021551_1923513.jpgc0021551_19252433.jpg
右は
クリップ式の
スカーフリング
紐も帯と似た色、着物もワイン色のウールで、
帯止めだけが目立って、よかったです。
写真がうまく撮れず、すいません。
[PR]
# by yamamotoyk | 2005-12-07 19:36 | 着物 | Comments(8)

寒天

マカロニの期限が迫っているのがあったので、今夜はペンネにしようかな。
ミートソースにしよう。

ベーコン、タマネギとニンニクみじん切り、を挽肉と炒めて、
セロリの葉っぱとさいころに切ったなすも入れます。
トマトの缶詰を入れて、煮ます。味も付けます。

煮ながら、ふと源九郎さんのBlogに書いてあった寒天の話を思い出しました。
我が家もご飯に混ぜようと思って寒天が買ってあったのだが、
小袋が4g入り。炊飯器に入れるにはいささか多すぎるのでは・・・・

思いついて、えいままよ、と、その寒天4gをさらっと全部鍋に入れました。
これは不思議。火が入るにしたがい、何とも言えないとろみが・・・
ちょっとぉ・・・あんかけスパじゃぁないんですけど・・・・・
c0021551_21542725.jpg


ほんのりとろみがついて、マカロニと良くなじんでいます。
舌触りも優しい感じになりました。片栗粉よりいい感じのとろみです。
これは使えそうですね。中華炒めとかにもね(v^ー°)
[PR]
# by yamamotoyk | 2005-12-06 22:07 | 食べ物 | Comments(4)

歳時記

年末が近づきいよいよ寒くなりました。
葉っぱが落ちる時期にはよく伸びる木の枝を落とします。
今日はムクゲと矮性サルスベリと南京桃の枝を払いました。
ブルーベリーの花芽のない短い枯れ枝もきりました。
作業をしていると隠れて咲いている花を発見します。

c0021551_18301833.jpgc0021551_18303368.jpgc0021551_18314618.jpgc0021551_1832791.jpg
寒椿、ヒイラギ






サザンカ、ロウバイ

ヒイラギは鬼門に植えて、魔よけにするそうです。
たしかに個人の家では東北の角に植わっているのを時々見かけます。
我が家にあった一本が枯れてしまったので、去年探していたところ、
道で良い匂いに気づき、見るとヒイラギに花が咲いているのです。

ヒイラギの花など知らなかったのですが、
日本ヒイラギはモクセイ科なので、キンモクセイのように
良い香りがするのだそうです。でも、実は黒いのです。

クリスマスの飾りの赤い実は西洋ヒイラギでモチノキ科なので
モチノキの様に赤い実がなるのだそうです。

早速、花の咲いている日本ヒイラギを買いました。
そして、この冬、早速花が咲いてくれたのです♪
西洋ヒイラギも買ったのですが、夏の乾燥で枯らしてしまいました。
ま、いいか。魔よけにするのは日本ヒイラギだから。
[PR]
# by yamamotoyk | 2005-12-05 18:49 | 園芸 | Comments(2)

法事Ⅱ家系図

さて、法事も終わったその夜、
息子が法事に来ていた人達、誰が誰かわからないから、
ちょっと整理して教えてよ、ときた。

でもって、考えた息子はネットで、家系図ソフトを探しはじめた。
しかしなかなかフリーソフトが見つからないらしい。
日本の物は結局無くて、あったのは日本語ではあるが、
中身は明らかに外国の物。アメリカだろうか。
宗教関係の内容が濃く、兄弟に順位がない。

ま、でも、兄弟の順位がない以外は使えそうなので、
早速、書き込み始めた。
夫は年賀状の内容をきちんとまとめて住所録にしているので、
夫関係の親戚は順調に書き込みが進む。
法事の出席者は程なく網羅でき、さらに数が増えていく。
(もちろん作業は息子がやるので早い)

さて、私関係になると、ここで最強資料の登場である。
ナント私の母は、
何年も前に私の父方のかなり詳細な家系図を作ったのである。
通常の関係を書き終わっても、まだまだそれはごく一部である。
ここで作業中断。あとは後日。

しかし、私の母方の方はこれがまだ無い。
母が元気なうちに聞いておかねば・・・

しかし、息子はその後も家系図ソフト探しをして
やはり外国には数多くあるが日本には少ないことを不思議がっていた。
私は30年ほど前のテレビドラマの「ルーツ」を思い出した。
日本では結婚式や葬式、法事で親戚が集まる機会も多く、
また年賀状のやりとりもあるので
比較的親戚関係を再確認する機会があるが、
特にアメリカでは自分のルーツがわからない人が多かったり、
離婚再婚が多く、親戚関係が複雑なことも影響して、
家系図を整理しようと思うことが多いんじゃないだろうか。

とかく面倒な冠婚葬祭だが、
昔は貴重な娯楽の機会だっただろうし、
人間関係が希薄になった現代では、また別の効用があるような気がする。
[PR]
# by yamamotoyk | 2005-12-05 16:25 | 家事 | Comments(6)

法事

さて、セルフ・ドライの話題ではずいぶん盛り上がりましたが、
セルフ・ドライができると、絹物を着るのが気楽になります。
これからの店舗展開が期待されますね。
リサイクル着物業界の人だれか、
セルフドライ付き大型コインランドリー始めたらぁ~?

という訳で、舅の7回忌、平服でお越しくださいと言うことで、
一つ紋付き色無地に般若心経の織り模様の袋帯を合わせました。
私は接待側で労働力ですが、お客さんは少ないし、大丈夫。
でも、雨降ったし・・・・(T_T)

c0021551_1139404.jpgc0021551_11395677.jpg
色無地は雲の地模様
帯揚げは黒の絞り
(お嫁入りで持ってきた物)
帯締めは、一部ベージュ色
草履は黒(運転用には黒サンダル)
帯に差した扇子は
般若心経(カンニング用)

色無地は叔母にもらった物で、それはさらに誰かの形見分けだそうで
母の実家の紋が付いている。袖丈が1尺1寸ときわめて短いので、
短いうそつき袖を作って着物に縫いつけた。

帯はデパートのリサイクル着物展で買ったもの。
未仕立てで各種色があり3千円(万じゃないよ)だった♪
袋帯のままではやはり大変なので、
お太鼓部を裏へ折って、長さを半分にし結びやすくしました。
トンネルかがりなので2重太鼓に見えます。
さらに今回は引き抜き結びになっています。
結ぶ時、裏返しにしないと般若心経が逆立ちします・・・!
袋帯を名古屋帯にする話を参考にしてください。
[PR]
# by yamamotoyk | 2005-12-05 11:59 | 着物 | Comments(6)

セルフドライ

さて、パソコンの中で捜し物をしていて、ある物を見つけました。
それはずっと以前教えてもらったセルフドライのお店の場所。
変な所にコピペしてしまい行方しれずになっていた物。

で早速、運動をかね、チャリで洗濯物を持って行って来ました。

星ヶ丘を右折、南東方向に500m進み、
西山口の交差点をさらに南東方向に斜め右折して
西山本通りを300mほど行ったところ。
西山小学校の南向かい、松岡歯科の隣にありました。
店の前に駐車スペースもあります。
c0021551_1714256.jpg

家からチャリで行くとどんどん上り坂、一カ所下りがあります。
片道45分の良い運動です。で、これが店内の様子です。
c0021551_17231766.jpg

一番奥にセルフドライの機械が一台ありました。
c0021551_17242046.jpg
6kg1200円。大きいコインが必要です。
c0021551_17315015.jpg

ハンドルを回して扉を開け、洗濯物を入れて、
また扉を閉め、ハンドルを回してしっかりロックをします。
で、1200円コインを入れると回り出します。

6kgも持っていくのが大変だったし、大きい洗濯ネットも数無かったので、
とりあえずウール(?)の反物、古いお召し3枚、
家で計るとこれでも2kgくらい。
ちょっともったいないけど、今日はお試しと言うことで・・・

洗濯40分の間、持っていった本を読みながら、ついうとうとと居眠り。

そうこうしているうちに終わりです。
しっかり止まって、機械の音が静かになったのを確認して扉を開けます。

なんかとても不思議な感じです。
しっかり液体が出て回っていたのに、洗濯物は全く乾燥しているからです。
水を使わないので当然なのでしょうけど、不思議な感触です。
本当に洗ったのかしら、と感じてしまいますが、
洗濯物はしっかりと有機溶媒の匂いがします。かなり臭い。
心なしか軽く感じる。きれいになって、サラサラになったから?
あまり匂いを吸い込まないようにして、ネットのまま、自転車に積みます。
風に当てる感じで帰れば、匂いが取れるかな?

しかし家に帰り着いても、まだしっかりにおいます。
外は雨が降りそうなので、階段の踊り場に乾しておきましょう。

6kgも自転車に積んであの坂を行くのは大変です。
次回はウールをどっさり自動車に積んで季節の終わりに行こうかな。
ウールの着物はもう少し重いが、それでもこれならかなり安いです♪
[PR]
# by yamamotoyk | 2005-11-29 18:00 | 外出 | Comments(23)

Feilerのポシェット

去年伯母にFeilerのハンドタオルをもらった。
ちょっとしたお手伝いをしたからだったが、
たかがハンドタオルなのに、デパートで値段を見ると、ずいぶん高い代物だ。
これが、バッグ等になるとさらに高価になる。

お手ふきハンカチにしちゃうのはもったいないので、
ならばバッグにすれば、ちょうどいいサイズになると思ったが、
今ひとつデザインが決まらず、一冬持ち越してしまった。

さて、忘年会、新年会のシーズンになったので、
そろそろ、冬のパーティー・バッグを作ろうと思う。

この際思い切って、そのFeilerのタオルで作ろうか。
そういえば、ボアの端切れも後少し残っているし、
巾着袋をポシェットにする、簡単な方法も考えついたことだし。
使った紐はハデハデの夏の帯締め。色がぴったり一致♪
短めにしたので、コートの内に入っちゃいます。(デザイン的には不明ですが・・・)

c0021551_22251232.jpgc0021551_22253215.jpg
ほとんど、裏表のない
タオルですが、
Feilerのタグが
ついている方の模様が
何となくきれいだったので、
タグを見せて
作りました。
ちょっと
見せびらかし?

ということで、ちゃんと、中袋(つまり裏)も付けて、一丁上がり。
でも、例によって、近くで見てはいけません。細工が粗いのです。
[PR]
# by yamamotoyk | 2005-11-27 22:42 | 手芸 | Comments(0)

歳時記

収穫の秋というわけで、果実が色づいてきました。
万両、姫リンゴ、ユズc0021551_171984.jpgc0021551_16584674.jpgc0021551_175356.jpg

千両は夏の日照りで花が落ちてしまい、今年は実無しです。
ユズは去年は一個もならず。
今年はここに写っているところだけ大豊作(^_-)

秋のサザンカも開花。
c0021551_1792860.jpgc0021551_1794352.jpg
白楽天と無名のピンク
[PR]
# by yamamotoyk | 2005-11-26 17:11 | 園芸 | Comments(0)

歳時記

なかなか実の付かなかった南天だが、
今年は紅白ともにちらほら実が付いた。c0021551_18554263.jpgc0021551_17131147.jpg



びわの花も咲いたし、ツワブキも咲いた。
これで、来年もびわが食べられる♪
このところの急な冷え込みでサルスベリが紅葉した。c0021551_1856989.jpgc0021551_17171033.jpgc0021551_1859262.jpg
[PR]
# by yamamotoyk | 2005-11-25 19:02 | 園芸 | Comments(0)