歳時記

お彼岸です。暑さ寒さも彼岸まで。
いつも思うのですが、お彼岸の前はちょっと涼しくて、あぁ、秋だなぁ~
な~んて思っていると、お彼岸になるとまた暑くなる。
暑さ寒さも彼岸まで・・・・逆説

今日もこの2~3日の涼しさが嘘のような蒸し暑い日です。
久しぶりに庭に出ると蚊の猛攻撃。(かゆいよ~)
あわてて、ドクダミをつんで葉汁を足や手や首に塗るはめに

c0021551_1410746.jpgc0021551_14101524.jpgでも、今年はちゃ~んと
お彼岸に彼岸花が咲きました。
ついでに秋明菊も
咲きはじめました。
ピンクの秋明菊ですが、
写真では色が飛んでしまいました。
残念。

今朝テレビで、ターシャ・チューダーのお庭の話を放映していました。
庭らしくなるのに12年かかった・・・・
今のターシャのお庭は33年目・・と言うことはターシャさんは90歳!
本当に90歳という雰囲気(魔法使いのおばぁさんみたい)のターシャさんでしたが、
見ていると軽々と植木鉢を運び、土を掘り・・・
ゆっくりとしたしゃべり口の裏に鋭い強さが隠されている・・・(こわそうな人だ)
ちょっとあこがれるし、あの年まで、庭を改良できるという希望がもてますが・・・
やっぱ体力が、・・・でもまた頑張ろうか。
今年はチューリップを植えようか、などと・・・
[PR]
# by yamamotoyk | 2005-09-23 14:28 | 園芸 | Comments(2)

いよいよ万博

いよいよ万博デビューの当日になりました。
混雑が予想される中、ゆとりを持って7時30分に集合場所の栄から
中型バスに乗って出発です。
名古屋高速に乗り、会場近くのインターまで行きます。会場には8時につきました。
そこで30分ほど待ちます。早くつきすぎた?
関係者用入り口から入り、一般の人の通れない下の道を通りすぐ愛知県館につきます。
愛知県館の裏手にはテントが張ってあって、すでにそこには三味線が到着しています。

舞台裏にはクーラーの入った狭い控え室が何室かありますが、c0021551_18152249.jpg
下々の我々がいる場所はありません。
三味線の調弦を先生に確かめて頂いて、
急いで昨日用意したシールを要所要所に貼ります。
また、建物裏手のテントに戻りますが、
テントの中はとても暑いので
外の木陰のベンチにかけてちょっと練習です。
ま、何とかなりそうですね。
お財布とカメラとボイスレコーダーを懐に入れ、
小型マイクをお太鼓の下に装着します。
舞台の裾に並び、レコーダーのスイッチを入れます。
さぁ、時間です。そろって出て行きます。
椅子にかけて譜面台に譜面を載せました。
あ、お客さんいますね(v^ー°)。
わ~い、ずずさん真ん前にいてくださる。ありがとう!(*^-^)ノ”

がんばりました。
実はちょっと指がもつれたところが何カ所かあったんですが、
大丈夫。すぐ立ち直りました。(^^;)
録音はうまくできたんですが、演奏中の写真はまだないんですよ・・・
終わってから、本日参加の20人舞台の前に並んで記念撮影をしました。

で親しい仲間3人は、北ゲートの通用門で入場カードを返してリニモで帰りました。
c0021551_18144291.jpgc0021551_181572.jpg

というわけで、皆様応援本当にどうもありがとうございました。
厚く御礼申し上げます。m(_ _)m
[PR]
# by yamamotoyk | 2005-09-21 18:37 | 三味線 | Comments(8)

リハーサル

明日の万博のそなえてリハーサルがありました。
仕事があったので、かなり遅れて到着。
明日お借りする予定の三味線、なんと
棹に音程の表(勘所表)が貼ってない。・°°・(*>_<*)・°°・。
前の人がつけた印がいくつか貼ってあるだけ・・・

勢いで弾く曲は適当に指がその辺りに行くので、良いのだけれど、
ゆっくりとびとびに音が上がっていくのは、いつも印を見て押さえていたので、困る。
一人で練習している時は自分の音が聞こえるのだけれど、
大勢だとわからない。人が違った音を出していると思ったら、
自分だったなんてことがあるから。

シールを探して持っていかねば・・・え~っとえ~っと
[PR]
# by yamamotoyk | 2005-09-20 19:51 | 三味線 | Comments(0)

ミッフィー50年

招待券があったので、ちょっと行って来ました。
一人で行ったので、映っているのはミッフィーだけ(-_-)
c0021551_10593143.jpg

オランダの風景がステキでした。
ブルーナさんの丁寧な仕事ぶりは、見習わねばと思った次第でした。

お土産売り場でミッフィー手ぬぐいを買おうかどうしようかと迷って止めました。
[PR]
# by yamamotoyk | 2005-09-20 11:06 | 外出 | Comments(0)

レンコンバーグ

レンコンをおろして、味を付け粉を混ぜてお団子にして揚げる料理が好きですが、
揚げ物はちょっと手間がかかるので、油で焼いてみることにしました。

レンコンをおろして、白ダシで味を付け、片栗粉と小麦粉を適当量混ぜ
薄切りにしたレンコンの上に乗せて油を引いたフライパンでゆっくりと両面焼きました。
c0021551_23264787.jpg
これは片面を焼いてひっくり返したところ。
こんがりと焼き目が付くと、ハンバーグみたいに見えます。
でも、味は違います。
挽肉を混ぜると、ハンバーグに近づきますが、それは好きじゃないんです。
このレンコンのもちもち感が大好きなんです (^o^)
[PR]
# by yamamotoyk | 2005-09-18 23:31 | 食べ物 | Comments(2)

中秋の名月

c0021551_2314794.jpg

お月様のウサギも撮ろうと色々設定を変えてみたけど、だめだった(T_T)
今日は、お供えもススキもない・・・
お月見団子も衣かつぎも昨日食べてしまった・・・

ところで、名古屋のお月見団子って、ちまきの中身のように細長い涙型なんですよ。
茶(黒砂糖)白、ピンクの三色あるんです。なんかとても不思議です。
[PR]
# by yamamotoyk | 2005-09-18 23:18 | 園芸 | Comments(0)

夏の終わりの散髪

昨日は涼しかったので、矢田川の河川敷まで散歩に行った。
しかし昨日今日と、天気が良かったので、また暑くなってしまった。
朝顔もゴーヤーもくたびれてきたので、とうとうネットを切り落とした。
いよいよ夏も終わりか。
日当たりの良いご近所では彼岸花も咲きはじめた。
我が家のヒガンバナは日陰にあるので、まだ芽が出たばかり。

しかしよく見ると、このところの涼しさで庭の草花は元気が良い。
新芽が伸びているので、ちょっと散髪。
ラベンダー、カイヅカイブキもさっぱり。
テイカカヅラ、カレーバイン、キャロライナジャスミンなどの蔓も整理。
夫の頭も散髪。ああ、さっぱりした。
[PR]
# by yamamotoyk | 2005-09-18 18:45 | 園芸 | Comments(0)

再び、正座椅子

牛乳パックがたまってきたんで、また作った。
今回は仰せに従って、プチプチパッキン材を入れて。
でも、あまり沢山はなかったんで、スキスキです。
もっとぎゅうぎゅう入れるとしっかりするんでしょうけど。
c0021551_19285638.jpg


そのかわり上下の補強用のパック紙をサイドにまで延ばして折り込んだ。
おまけに幅広テープをぐるぐる巻きにしたので
かなり頑丈になった気がする。高さは6cm。
しっかりできたせいか、なんかちょっと背が高い気がする。
[PR]
# by yamamotoyk | 2005-09-16 19:32 | 手芸 | Comments(0)

眼鏡フレーム

いつも眼鏡をかけているので、眼鏡には色々な負担をかけていることと思う。

なんだか眼鏡の具合が今ひとつ思っていたところ、
ふと地下鉄の窓に映った自分の顔、眼鏡が傾いている。あら眼鏡がひん曲がってる。

で、いつもの眼鏡屋さんへ行き、気軽に、
ちょっと眼鏡曲がっちゃったみたいなんで、直してください。

ところが、これ、ここのところが折れてますよ、とのこと・・・・(T_T)

は~、でも幸いなことに、フレームだけ替えることができるそうで、
今までのより少しだけ小さいフレームを選んでもらった。レンズを削ってはめるのだそうで。

c0021551_18465558.jpg眼鏡のフレーム選びは、
私の場合、微妙・・・
フレームだけ掛けても
レンズがないと、
自分の顔が見えない・・・
フレームなんぞ選びようがない・・・
結局、一番安くて、
一番大きいのに決めた。

それでも、今までのより少しレンズが小さいので、
何となく眼鏡の枠が視野に入ってきて、左端にいつも何かあって気になる。
右側は気にならない。。。左の方ばっかり見てるのかしら?

それに、レンズ変わってないんだけど、
フレームが替わるとやっぱどことなく変。
左に体が傾いてる気がする・・・・。。きぶんわる~い
これだけでも慣れるのが必要なのね。
[PR]
# by yamamotoyk | 2005-09-16 18:56 | 家事 | Comments(4)

芸協まつりin名古屋

大須演芸場で落語を聞いてきました。
毎年この時期に芸協の公演があるそうです。
こちらです。
チラシには平成17年度文化庁芸術祭協賛といかめしく書いてあります。
その割には街中でもポスター見ないし・・・

5時半開演で8時50分まで3時間半もありました。
半日楽しめる感じです(でも、夜だったのでちょっと疲れた・・・)
若手の前座に始まって、
落語あり、漫才あり、曲芸あり、講談あり、余興の踊りあり。
笑ったり、へぇ~と感心したり、拍手するのも案外難しい。
曲芸はおぉ~と言ったきり、拍手するのを忘れて・・・・
いえ実は、拍手すると落っことすんじゃないかと怖かったりして・・・
こういう生の舞台は、えぇ、面白がってますよ、と観客も見せるという意味で
双方向エンタテイメントなんですよね。観客も演技者なんですよね。
だから真剣に見なくちゃいけない。ちょっと疲れるかも・・・。
どうもテレビでぼんやり見ているというのに慣れてしまっていて、いけないね。

でも、さすが真打の落語は引き込まれますね。
ここでひとつ覚えたのは寄席で流れている三味線音楽。
出囃子ですか、落語家さんによって、曲が決まっているんですね。
ああいうにぎやかな曲が弾けるといいだろうな。
[PR]
# by yamamotoyk | 2005-09-16 08:54 | 外出 | Comments(0)