タグ:お稽古 ( 172 ) タグの人気記事

対丈着物

この所お天気が不安定で、
蒸し暑いことこの上ありません。
しかし気温はやや低めなので
コレでもいいかな、?
c0021551_21162077.jpg
骨董市で見つけた
男物の白い麻の着物を直した
対丈着物です。(クリック) (クリック)

お直しの箇所は、
袖をはずして肩山を後ろにずらし、
繰り越し揚げを増やしたこと。
襟もはずし
棒襟を撥襟に仕立て直したことですね。
繰り越しが充分あれば、
腰紐不要で着るのも簡単です。
(コーリンベルトと伊達締めだけ)
ま、お端折りは無いですけど・・・

小千谷縮ほどではありませんが、
そこそこ涼しい着物です。
それにしても
見かけがぐっと涼しいことは間違いないですね。

帯は両面タイヘンプの付け帯
お太鼓と胴に巻く部分が切れていると言うだけの簡単型です。
お太鼓結びが出来ない人には難しいかも

[PR]
by yamamotoyk | 2017-07-26 22:01 | 着物 | Comments(0)

梅雨明けのお稽古

東海地方の梅雨が明けたようですが・・・
まだやや不安定なお天気です。
それにしても、
昨日のトウキョウのようなキョーレツは雹は願い下げです。

さて、蒸し暑いことに変わりはないので
まだ着ていない小千谷縮を探します。
今日はお家元の日なのでちょっと上等で・・・
c0021551_17131719.jpg
染めの小千谷縮に前回と同じタイヘンプ貼り付け帯
私の中では上等の着物ですが(高かったし)
ずいぶん色が薄くなって来ました。
布もやせてきたかも・・・
毎年着て、もう10年以上は確実。
この着物にもこの色の帯は似合いますね。
大変参考になります。
なかなか使えそうな帯なので
もう少し夏向きに作り直したいかも・・・

さて、今日はお家元のお稽古ですが、
お家元は唄の先生。
もう一人の唄の先生と、唄い方の違う箇所があるので
私は姑息的に
それぞれの先生にあわせた唄で
その場その場をしのいできました。
でもそんなことをやっていると
舞台本番で困ること必至。

幸い(不幸にも?)今日は練習不足もあって、
唄が揃わずに失敗し、
ちょっと唄のはまりが違いますね、と指摘され、
皆で一緒に唄う(ツレの)箇所は、
こうしましょう、とお手本が・・・

でも、これでよかったと思います。
しっかり指摘して頂いたので
もう一人の唄の先生に、こう言われました、と
報告が出来るからです。
来週がその唄の先生の日で
舞台本番までまだ1ヶ月あります。

さあ、言われたことが出来るように練習せねば!

[PR]
by yamamotoyk | 2017-07-19 17:24 | 着物 | Comments(0)

黒の縞小千谷縮とバティック帯

蒸し暑いです。
晴れて暑いだけだった時はまだ空気が爽やかだったのですが、
雨が降ったり照ったりになると、
途端に蒸し暑くなります(当然と言えば当然ですが)

夜もこの数日前から夫が冷房をつけています。
多分29℃で一晩中。
過去の気温を見ると土曜の夜からは熱帯夜です。
やっぱり~、という感じです。
我が家では熱帯夜が発表される頃になると
冷房無しでは寝られなくなります。
2階に居た頃はそうでしたが、
1階に来てもやっぱり同じだぁ~

というわけで、今日のお稽古も
出来るだけ涼しい格好で行こうと思います。
c0021551_21223616.jpg
黒地に細い白縞の小千谷縮です。
自作で大変重宝しています(クリック)
でも、今調べるともう作ってから10年になるんですね!
速いもんです・・・
あまり和裁の腕は進歩してません・・・

帯は粗い木綿布バティック。
ちょっと帯結びの形が変でした。
お太鼓の山の持ち上げ方が足らなかった?
タレが隠れてしまいました(>_<)
かっこわる~
帯が短いわけではないので以後注意しましょう。

今日のお稽古は三味線の先生だったので
9月の舞台三味線で出る人たちは
みっちり三味線のお稽古だったので大変でした。
私はこの所、唄ばっかりなので
三味線の練習がおろそかになってる気がしますが・・・
ま、そういう時もありますね。

でも、楽器の演奏ってスポーツと同じなので
練習を怠っていると
ヘタになるだけでなくて
筋力が落ちて腕が痛くなったり、
疲れやすくなるんです。

唄も最近ではスポーツだと思えるようになって来ました。
最近では、思いっきり大声で唄うので
うまく声が響かせられたりダメだったり、
まだ板に付いていないんですね。
どこの筋肉を動かしたら良いのかとか、
声を響かせるにはどこをどうすれば良いのか、
とか、イマイチわかってません(T_T)が、
どうも姿勢も関係あるような気がしています。

幼少期から訓練している歌舞伎役者さんとか
唄の先生とかは
別に発声練習などなくていきなり声が出せると聞きましたが、
訓練ができているということなんですね。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-07-12 21:38 | 着物 | Comments(2)

綿麻縮みで

台風やら、前線による大雨やら
日本各地で雨が暴れまくっています。
名古屋の雨は今のところ大したことはありませんが、
湿気が暴れまくっています(^_^;)

晴れるとかなり蒸し暑くなりそうですが・・・
照ったり曇ったりの空模様なので・・・
c0021551_20261202.jpg
小千谷からやって来た綿麻縮み(たぶん)
にうまこ帯の裏面使いです。(クリック)

雨は降らないだろうと、たかをくくって絹の帯にしましたし、
まだ真夏ではないからと綿麻を着ましたが、
着た途端・・・・蒸し暑~!
と次の瞬間汗が出てきて、ちょっと身体が楽になりました。
半襟が目の粗いガーゼのような手ぬぐい地で(クリック)
快適です。
舞台の時は刺繍の(多分ポリの)半襟だったので
それだけでも蒸し暑かったです。
半襟一つでも快適さが違いますね。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-07-05 21:05 | 着物 | Comments(2)

派手ゆかた着物

今日は雨
ただ、次第に小降りになって来ています。
暑いと言ってもまだ涼しいうちに綿麻の縮みにしようかと思ったのですが、
まだ涼しいうちに着たい別のハデハデ着物にしようかと・・・
c0021551_22233113.jpg
木綿の浴衣を着物風に着てみました。
(アナスイの浴衣だったかしら・・・)
帯はポリなので、気軽です。
真っ白ではなく、べージュまでも行かないこの色が
意外にどの着物にも合うので重宝します。

今日のお稽古は唄の先生
9月の発表会の唄をしっかりお稽古して頂きましたが
ぼんやりしていてレコーダーを持っていかなかったし
譜本には色々書き込みしましたが不安です・・・
せっかく先生がお手本を唄ってくださったのに・・・
ものすごく残念です。
唄を覚えるのには時間がかかるし
しっかり集中して繰り返さないと覚えられません。
今日言われたところを忘れないうちに反復練習して、
身体に覚え込ませることにしましょう。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-06-28 23:01 | 着物 | Comments(0)

暴風雨ですが・・・

天気予報では大雨だとか暴風雨だとか、恐ろしげなことを言いますが・・・
朝は確かに強い風雨でゴミ出しに行ってずいぶん濡れてしまいましたが、
9時過ぎには次第に雨も小降りになって来ました。
古い紗の雨コート地が安く出ていたのを買って仕立てに出していた物が
できあがってきたので、早速着てみることにしましたが・・・(画像無し)
着物は何にしましょうか。
先日来の猛暑はこの雨で収まってきたので、
この季節にしか着られない物を着ようと思います。
え~っと・・・
そうですね☆コレがありました!
c0021551_21160480.jpg
江戸時代の浴衣の型紙を復刻し
今の染料で染めた江戸浴衣。(クリック)
なかなか評判の良いものです。
布地は普通のコーマ地ですが、
柄が賑やかなので
シワが目立ちません。

毎年一度は着ているので
じわじわと縮んできたようです。
お端折りが厳しくなってきました・・・(>_<)
私の背も縮んでいますが、それ以上ってわけですね。

帯は絽の9寸帯
芯なしで仕立て、
布用絵の具でお手本を帯の下に入れてなぞって描きました。(クリック)

さて、名古屋の雨は結局大したことはありませんでしたが
新幹線が止まってしまい、お師匠さんが巻き込まれ
1時間半も遅れて来て下さり
本当にありがとうございました!
本番直前なのでありがたいことです。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-06-21 22:00 | 着物 | Comments(0)

夏シルクウール

梅雨入り後にもかかわらず爽やかな日が続いています(^_^;)
朝夕はかなり涼しく
午後には暑くなります。
さあ、何にしますか?
c0021551_21382282.jpg
かなり透けますが、
シルクウールなので
真夏では無理です。
ならば今日行ってみよう!

外ではなかなか気持ちが良かったです。
でも建物の中では、
他の人は冷房が入っていて涼しかった
と言いますが、
私はちょっと蒸し暑かったです(^_^;)
まだ木綿のうそつきだからかな?
麻の長襦袢だったら良かったかしらね。

それにしても、
透けるのに蒸し暑いというのは困ったもんです(>_<)

帯のアップです。
c0021551_21460326.jpg
粗く織られた木綿布にバティック柄が染められています。
かなり本物っぽい出来です。
テーブルセンターまたは壁飾り用として売られていた物を
帯に縫い付けた貼り付け帯です。

着物が透けすぎて
衣紋抜きの布やコーリンベルト(ピンク)が
透けて見えちゃったようで、
透ける着物では要注意ですね。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-06-14 22:01 | 着物 | Comments(0)

梅雨入りの楊柳着物

今日は雨。
小雨ですが、風もあります。
その分、気温は低めですが、湿度は高め。
だから場所によっては蒸し暑いかも・・・
あ、この地方は今日梅雨入りしたんですね。
タイトル変えなきゃ♪~

というわけで、選んだ着物は・・・・
c0021551_19563217.jpg
ポリ楊柳の着物・・ぢつは浴衣として売られていた物。
20年くらい前。
はじめてシルック着物を知った頃。
透けない素材ですが、薄手なので、
5月6月の暑い日には重宝しています。
ちなみに浴衣として着たことはありません。

今日は暑い日ではありませんが、
この時期のポリはこれしか無い・・・・ので。
でも、場所によっては蒸し暑かったので
丁度良かったです。
ただ、風が強く全身雨を浴びそうなので
雨用の紗のコート(2部式雨コートの上だけ)を着ました。

今日は唄の先生。
ちょっと恐ろしい話を聞きました。
6月24日吉住会の本番では、唄の人には見台が無いのだそうで・・・
え!?本は床に置くのだそうで・・・・うっそ~
見えませんよ、それでは。
しかも山台の幅が狭いので大きな本で場所が無いって(T_T)
しかも一回だけある事前の練習には
私たちのパートのタテ唄の先生は欠席・・・って?
先生の唄を予行練習することが出来ないので
本番(と直前練習)ではしっかり聞き耳をたてて同じ様に唄わねば。
せめて本の文字が見えなくても唄えるように
録音だけを聞いてしっかり覚えねば・・・(>_<)
明日から頑張ろう(^^)/

[PR]
by yamamotoyk | 2017-06-07 21:02 | 着物 | Comments(0)

サマーウール

今日は薄曇りです。
外から来た人は今日はちょっと涼しいですね、
と口々に言いますが、
家の中にいると気温は同じか多少低めでも
湿度がかなり高い感じがして、つまり昨日より蒸し暑く感じます。
さて、5月の末日ですが、こんな日は何を着ましょうか?

取りあえず、シルクウールの極薄を出してきましたが、
やっぱりちょっと透けすぎますね。
6月1日ならまだしも・・・・
ちょっとこだわってみて・・・・
c0021551_23394604.jpg
透けないサマーウールにしてみました。
帯はバティックで、まだあまり出番が多くなかったコレにしましょう。
白なら色合わせも簡単です。

うそつきの脇を縫い直して繰り越しを多くしたので
とてもよく襟が抜けますね♪~
襟は涼しくていいのですが、
やっぱり、ちょっと蒸し暑いですが・・・
ま、わたくし的には許容範囲内かな。
蒸し暑さに慣れるいいチャンス、
汗をかく、いい練習と捉えます。

晴れるのか降るのかよくわからない
(天気予報的にはふらない)
こんな季節になって来たので
晴雨兼用折りたたみ傘が手放せない時期になって来た、
と言うことですね。

さあ、明日はいよいよ平成中村座・昼の部です。
着物デーになるはずなので
なるべく華やかなものにしたいのですが、
お天気と気温に問題あり~です。
晴れても降っても暑くても冷房でもいい
華やか麻にしちゃいますか・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2017-05-31 23:49 | 着物 | Comments(0)

小花ポーラー

この所の暑さが残っていますが、
曇り空で今にも降り出しそうな空です。
雨が降るなら、濡れる物よりはじく物の方が・・・
c0021551_20475412.jpg
ウールと化繊が入ったポーラーにしました。
これは見た目は透けないので夏っぽくなくていいです。
透かしてみれば光が通り、しゃりっとした素材で、
今日の気候にはぴったりでした。
しかし、場所によってはちょっと蒸しっとしましたが、
その後雨が降ったので湿度が本当に高かったんでしょう。

帯は両面使いの(プリント)バティック。
イマイチ合わせるのが難しく
ちょっと出番が少ない帯です。

6月の舞台まであと一月です。
まだ自分達のパートは未定ですが、
細かいところを詰めて練習に励まねば・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2017-05-24 21:45 | 着物 | Comments(0)