タグ:お稽古 ( 177 ) タグの人気記事

現代物の麻上布

今日は良いお天気です。
朝は涼しかったので、
このところ考えていた銘仙を着ようと思っていました。
せっかく単衣の季節ですからね♪~

ところが日が高くなるにつれ、次第に蒸し暑くなってきました。
お散歩に出たとき帽子だけで日傘を持ってこなかったことをちょっぴり後悔。
未明の雨のせいか、台風のせいか
湿度が高い感じです。
結構汗ばむので、銘仙は・・・・と
もったいないお化けが頭をもたげます(T_T)
あ、もったいないお化けって時代によって解釈が微妙かも・・・

未練がましく銘仙を取り出し・・・・
c0021551_16464395.jpg
とその時、隣にあった"上布”を見つけました。
c0021551_16474486.jpg
右が銘仙
左が”上布”です。
上布に””を付けたのは、
ヤフオクでそういう名前で出品されていたからです。
素材は平織りの麻です。

あら、ぱっと見て似てるわよね。
この銘仙が単衣ならこちらの麻だって同じ様な見かけよね、
と一人で納得。

どちらが涼しいかは、わかりません。
銘仙は大変に軽く(320g)
麻の480gと量るまでも無くふんわりとしています。
ひょっとすると、涼しさから言えば銘仙の方が涼しいかも。

でも、自分で水洗いができるのか、わかりませんからね。
どれだけ涼しくても今日の蒸し暑さでは汗をかきますから
麻なら気兼ね無しに洗えるところが違います。
いえ、銘仙だって洗らえるのかもしれませんが、
もし変なことになってしまったら後悔先に立たずです。

実はこの上布でもだんだん角が白っぽくなってきているので
あまり酷使したくはないのですが、
それでも着てなんぼですからね。チャンスがあれば着なきゃね。
この週末にも能楽堂に着て行けるといいな。
とか、お仲間さんの個展に行けるといいなとか・・・
だからすぐには洗いません☆

さて、お弾き初めのことが少しずつ決まってきます。
準備準備。今ならまだ慌てなくてもゆっきり出来ます。
5ヶ月ほど有りますからね♪~
c0021551_16585166.jpg
まずは、童謡集の上調子を考えなきゃです。
上調子は替え手と違って
メインの曲と同じ節を高い音(1オクターブ上とか)で弾くのが基本なので
結構単純作業。
でも、その場ですぐ弾けるほどは慣れていないので
ゆっくり時間を掛けて音を拾っていきます。
まだ譜をコピーしただけです。
上調子の音を拾うのはまた次回ですね。
そして主旋律を録音してそれに合わせて弾いてみます。
いろいろ作業がありますね。

曲は、村祭り、かごめ、どじょっこふなっこ、うれしいひなまつり、
の4曲です。
ま、ボチボチやっていきましょう。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-09-13 17:14 | 着物 | Comments(0)

秋~?

久しぶりの雨です。
お庭は嬉し~!
でも、着物的には・・・・・
悩みます。

涼しいです・・・・と言いたいのですが、
雨が降ったので、低めの気温でも湿度が高めで
ふとした瞬間蒸し暑く感じたりもします。

そんな秋になっちゃった的な今日この頃ですが
何を着ますか?
浜松木綿?
でも、平織りの木綿って濡れたときはちょっと嫌です。
あぁ、綿麻の縮みがまだ洗ってなかったので
ちょうどイイです。
色的にも寒々しくないし、体感的にもたぶん最適です。
雨は幸いにも家を出る頃には止んだようです。
c0021551_21031935.jpg
帯はポリにしようかと思ったのですが、
もう感覚的に真夏の帯では無い気分なので、
木綿のバティックにしてみました。
(あらま、お太鼓が皺に・・・)

帯〆や帯揚げも普通の物
襦袢は(半襟も)麻ですが、
普通のうそつきでもいい感じです。

着物ワードローブの入れ替えが必要かな。
ちょっと気が早いかな。
例年9月はまだまだ暑いのですが、この先の気候はどうなりますやら。
(ちなみにこの急激な気温の変化で、
三味線屋さんは大忙しらしい、皮が破れるんだそうで)

というか、普段着の洋服の引き出しを入れ替えねば・・・
今年はあまりの蒸し暑さに
夏の途中でポリウレタン入りのTシャツを止めて
急遽綿100%を買った経緯があります。
昨年はずっと着ていたのに今年は耐えられませんでした。
でも、そもそもなぜそんなの買ったん?
ある時、袖がやや長めの夏物が欲しくなったんですね。

世の好みや流行が自分の住まいや環境に合えば幸運ですが、
合わないと苦労します。
あぁ、また布ぞうりの材料がたっぷり出そうな予感・・・
ま、何年か着たから良いとしましょうか。
たかがTシャツ、されどTシャツ

[PR]
by yamamotoyk | 2017-09-06 21:38 | 着物 | Comments(2)

急な雨なので

昨晩は派手な雷でしたが、
スーパーセルが発生したんだそうで・・・
残念ながら一階に住んでいると空が遠くて雲が見えません。

今朝は晴れかな?
次第に晴れるなら久しぶりに雨の心配の無いものを、
と思ったら、次第に雲が多くなり
また降ってきました。(>_<)残念。

絹の帯は急遽中止し
c0021551_22582769.jpg
小千谷縮にポリの紗献上(風)
色合わせがイマイチで、納得がいきませんが、
(暗い色のポリ帯が無いのかしら)
今日からタカシマヤで呉味の市だし・・・
でも、この週末はこだまさんの木綿展だし・・・と複雑な心境です。

さあ、本番(9月3日)直前の唄の先生のお稽古です。
ギリギリまでだめ出しが続き動揺しています。
譜本として拡大コピーしたままの物を使っていたので
見台(譜面台)に乗るサイズにせねば・・・
と今夜になって慌てています。
友人に送る当日のチケットを準備したり
いろいろ泥縄です。

頑張れ私

[PR]
by yamamotoyk | 2017-08-23 23:06 | 着物 | Comments(0)

ビリーって誰?

台風の風も収まり
久しぶりに普通の暑さです。
今までの蒸し暑さをお風呂場に例えると
今日の暑さはストーブの前。
比較的からっとした暑さです。
あはは、身体がえらいのは同じ・・・かも。

c0021551_20472016.jpg
あぁ、この着物がありましたね。
布の端々がかなりすり切れてきましたが
かなり薄いので、期待できますね。

さて、帯はまだ今年締めていないものをと
先日のラベンダー帯(クリック)の裏にしました。
中にはさんだ布がうっすら透けて見える帯です。

付け帯で、お太鼓結びしか出来ませんが、
お太鼓結びは猫の分だけ背中にかかってくるので
ちょっと暑いし、
お太鼓が落ちない(笑)ように帯〆でしっかり締めているので
ちょっと苦しいかも。
同じ付け帯でも引き抜き風に締められる様に仕立てる方が
帯〆に頼ることが無いので
次回からはそうしようと思いますが、
そもそも付け帯は面倒なので
もう作らないかも。

さて、家で動いているときに
袖をちょっと引っ張ることがあって
ちょっと嫌な感触(音?)を感じ、
よく見れば、
袖口の縫い目がほころびています。
あら~、糸が弱っていましたね。
袖口が広くなっただけならそれほど目立ちませんが、
もしビリー君が背縫い(特にお尻の辺り)に現れると
こりゃ大変ですからね!

そう、ビリーというのは
びりっと言う音のことなんですね。
古い着物を着る人たちの大敵。恐怖の的。

ところが、そのビリーに襲われた人がもう一人。
しかし彼女は負けていませんでした。
ビリーをとっさの機転と行動力で打ち負かしたんですって!
参考になりますね、その方法。
でも、真似できないかも・・・
お出かけには羽織りものを欠かさない人がいますが
それはビリー対策かも・・・
(やっぱりそれも真似できないです)

[PR]
by yamamotoyk | 2017-08-09 21:24 | 着物 | Comments(0)

波の麻縮み

朝方は涼しくて曇りがちでしたが、
昼頃にはいつもと同じ蒸し暑さになりました。
選んだ着物は
え~っとまだ着ていない麻の縮みは・・・・っと。
c0021551_20010186.jpg
波の模様の古い麻の縮みです。

この着物には波に関連した帯を選ぶことが多いのですが、
今回はちょっと違うものにしました。
ちょっと忘れていたかもの
生平で作った付け帯です。
芯の代わりにアフリカンな布を使っています。
だから半分色が薄いのですが、
ほとんど気づきません。
ちょっと中途半端な帯なので、
あとから、ラベンダーの花の絵を描きました。

意外に涼しくなかったです。
目が詰まっていて地厚だったのか、
風が無かっただけなのか・・・
でも、歩いていて、
うなじから背中に抜ける風が涼しかったので
やはり風を通さない着物だったのかも。

ま、それでも、洋服の人と同じくらいの体感ですから、
ありがたいことです。

さて、今週末は瑞穂小劇場で舞台、
1ヶ月後には
中日劇場での舞台があります。
真夏の舞台の衣装をそろそろ考えねば♪~

[PR]
by yamamotoyk | 2017-08-02 20:21 | 着物 | Comments(0)

対丈着物

この所お天気が不安定で、
蒸し暑いことこの上ありません。
しかし気温はやや低めなので
コレでもいいかな、?
c0021551_21162077.jpg
骨董市で見つけた
男物の白い麻の着物を直した
対丈着物です。(クリック) (クリック)

お直しの箇所は、
袖をはずして肩山を後ろにずらし、
繰り越し揚げを増やしたこと。
襟もはずし
棒襟を撥襟に仕立て直したことですね。
繰り越しが充分あれば、
腰紐不要で着るのも簡単です。
(コーリンベルトと伊達締めだけ)
ま、お端折りは無いですけど・・・

小千谷縮ほどではありませんが、
そこそこ涼しい着物です。
それにしても
見かけがぐっと涼しいことは間違いないですね。

帯は両面タイヘンプの付け帯
お太鼓と胴に巻く部分が切れていると言うだけの簡単型です。
お太鼓結びが出来ない人には難しいかも

[PR]
by yamamotoyk | 2017-07-26 22:01 | 着物 | Comments(0)

梅雨明けのお稽古

東海地方の梅雨が明けたようですが・・・
まだやや不安定なお天気です。
それにしても、
昨日のトウキョウのようなキョーレツは雹は願い下げです。

さて、蒸し暑いことに変わりはないので
まだ着ていない小千谷縮を探します。
今日はお家元の日なのでちょっと上等で・・・
c0021551_17131719.jpg
染めの小千谷縮に前回と同じタイヘンプ貼り付け帯
私の中では上等の着物ですが(高かったし)
ずいぶん色が薄くなって来ました。
布もやせてきたかも・・・
毎年着て、もう10年以上は確実。
この着物にもこの色の帯は似合いますね。
大変参考になります。
なかなか使えそうな帯なので
もう少し夏向きに作り直したいかも・・・

さて、今日はお家元のお稽古ですが、
お家元は唄の先生。
もう一人の唄の先生と、唄い方の違う箇所があるので
私は姑息的に
それぞれの先生にあわせた唄で
その場その場をしのいできました。
でもそんなことをやっていると
舞台本番で困ること必至。

幸い(不幸にも?)今日は練習不足もあって、
唄が揃わずに失敗し、
ちょっと唄のはまりが違いますね、と指摘され、
皆で一緒に唄う(ツレの)箇所は、
こうしましょう、とお手本が・・・

でも、これでよかったと思います。
しっかり指摘して頂いたので
もう一人の唄の先生に、こう言われました、と
報告が出来るからです。
来週がその唄の先生の日で
舞台本番までまだ1ヶ月あります。

さあ、言われたことが出来るように練習せねば!

[PR]
by yamamotoyk | 2017-07-19 17:24 | 着物 | Comments(0)

黒の縞小千谷縮とバティック帯

蒸し暑いです。
晴れて暑いだけだった時はまだ空気が爽やかだったのですが、
雨が降ったり照ったりになると、
途端に蒸し暑くなります(当然と言えば当然ですが)

夜もこの数日前から夫が冷房をつけています。
多分29℃で一晩中。
過去の気温を見ると土曜の夜からは熱帯夜です。
やっぱり~、という感じです。
我が家では熱帯夜が発表される頃になると
冷房無しでは寝られなくなります。
2階に居た頃はそうでしたが、
1階に来てもやっぱり同じだぁ~

というわけで、今日のお稽古も
出来るだけ涼しい格好で行こうと思います。
c0021551_21223616.jpg
黒地に細い白縞の小千谷縮です。
自作で大変重宝しています(クリック)
でも、今調べるともう作ってから10年になるんですね!
速いもんです・・・
あまり和裁の腕は進歩してません・・・

帯は粗い木綿布バティック。
ちょっと帯結びの形が変でした。
お太鼓の山の持ち上げ方が足らなかった?
タレが隠れてしまいました(>_<)
かっこわる~
帯が短いわけではないので以後注意しましょう。

今日のお稽古は三味線の先生だったので
9月の舞台三味線で出る人たちは
みっちり三味線のお稽古だったので大変でした。
私はこの所、唄ばっかりなので
三味線の練習がおろそかになってる気がしますが・・・
ま、そういう時もありますね。

でも、楽器の演奏ってスポーツと同じなので
練習を怠っていると
ヘタになるだけでなくて
筋力が落ちて腕が痛くなったり、
疲れやすくなるんです。

唄も最近ではスポーツだと思えるようになって来ました。
最近では、思いっきり大声で唄うので
うまく声が響かせられたりダメだったり、
まだ板に付いていないんですね。
どこの筋肉を動かしたら良いのかとか、
声を響かせるにはどこをどうすれば良いのか、
とか、イマイチわかってません(T_T)が、
どうも姿勢も関係あるような気がしています。

幼少期から訓練している歌舞伎役者さんとか
唄の先生とかは
別に発声練習などなくていきなり声が出せると聞きましたが、
訓練ができているということなんですね。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-07-12 21:38 | 着物 | Comments(2)

綿麻縮みで

台風やら、前線による大雨やら
日本各地で雨が暴れまくっています。
名古屋の雨は今のところ大したことはありませんが、
湿気が暴れまくっています(^_^;)

晴れるとかなり蒸し暑くなりそうですが・・・
照ったり曇ったりの空模様なので・・・
c0021551_20261202.jpg
小千谷からやって来た綿麻縮み(たぶん)
にうまこ帯の裏面使いです。(クリック)

雨は降らないだろうと、たかをくくって絹の帯にしましたし、
まだ真夏ではないからと綿麻を着ましたが、
着た途端・・・・蒸し暑~!
と次の瞬間汗が出てきて、ちょっと身体が楽になりました。
半襟が目の粗いガーゼのような手ぬぐい地で(クリック)
快適です。
舞台の時は刺繍の(多分ポリの)半襟だったので
それだけでも蒸し暑かったです。
半襟一つでも快適さが違いますね。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-07-05 21:05 | 着物 | Comments(2)

派手ゆかた着物

今日は雨
ただ、次第に小降りになって来ています。
暑いと言ってもまだ涼しいうちに綿麻の縮みにしようかと思ったのですが、
まだ涼しいうちに着たい別のハデハデ着物にしようかと・・・
c0021551_22233113.jpg
木綿の浴衣を着物風に着てみました。
(アナスイの浴衣だったかしら・・・)
帯はポリなので、気軽です。
真っ白ではなく、べージュまでも行かないこの色が
意外にどの着物にも合うので重宝します。

今日のお稽古は唄の先生
9月の発表会の唄をしっかりお稽古して頂きましたが
ぼんやりしていてレコーダーを持っていかなかったし
譜本には色々書き込みしましたが不安です・・・
せっかく先生がお手本を唄ってくださったのに・・・
ものすごく残念です。
唄を覚えるのには時間がかかるし
しっかり集中して繰り返さないと覚えられません。
今日言われたところを忘れないうちに反復練習して、
身体に覚え込ませることにしましょう。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-06-28 23:01 | 着物 | Comments(0)