タグ:お稽古 ( 174 ) タグの人気記事

嵐を呼ぶ女・・的天気

こんな嵐になると思っていませんでしたが、
久しぶりの大先生は嵐を呼ぶ女と言われているので、当然かも知れませんが、
天気図ではでっかい低気圧が前線を伴って名古屋の横を抜けていったようです。
昨夜(未明)はかなりの風雨だったようです。
昼には止むという予報でしたが、朝には雨はあがっていて・・・・・
でも、そうは問屋は卸してくれませんでした・・・・(^_^;)
その後、もう一度午前中にしっかり降りました。

でも、昼には・・・の予報を信じて、選んだのが・・・
c0021551_18535123.jpg
青海波の夏久留米に月星帯(クリック)
ピンクの帯を筒状に縫った布に通して作ったくるみ帯です
時の記念日(6月10日)近くなるとなぜか思い出す帯ですが、
分厚いのでやや、扱いが・・・・

それに、なぜだか、裏のつもりの青い布が
前に回ってきて、前帯もツートンカラーになってます。
色がきれいなのでこのままにしていますが・・・なぜ?
布目がゆがんでいる?
中の帯は通してあるだけで、縫いとめてないので
回っちゃうんですね(^_^;)

お稽古が始まる頃にはすっかりおてんきになっていましたが・・・・
風だけは台風並みです。
やっぱ、嵐だぁ~

[PR]
by yamamotoyk | 2014-05-21 19:09 | 着物 | Comments(0)

サマーウール

昨日から、突如夏になったような名古屋ですが、
今日は曇りなので、それほどでもありません。
でも、気分は単衣の気候。

というわけで・・・・変わり映えのないワードローブですが・・・
c0021551_19320957.jpg
黒のサマーウールに古くて硬い母の単帯。
硬い博多帯って感じですが、博多ではないと思います。
洋花が流行った頃の物でしょうね。
新緑の季節にぴったりです。
c0021551_19380516.jpg
2部式の作り帯になっていたのをつないで長くした物です。
でも、引き抜きで結んでいるので、下に向かった葉っぱになってますね。
多分こちら向きにしか継げられなかったのかな。

かなり硬くて、きつく締めすぎると苦しくなる代物ですが、
今日のお稽古はお唄の先生なので、
下腹をしっかり支える方が声が出しやすいので、大丈夫。

おなか(おなかの横の筋肉も)にしっかり力を入れて
喉の力を入れずに唄うと喉が痛くならなくて
なんとか自分のパートが唄えます。
大きな声を出す練習は家では難しかったりするので、
お稽古で唄の練習があるとありがたいです。

ところで、今日からは木綿襦袢バージョンにしましたが、
意外に外は涼しくて着物も風が通り、
袂から入る風で腕が寒いほど。袂を押さえて歩きました。
で、デパートの催事場に行くと人混みでなかなかの蒸し暑さ。
それにしても、サマーウールというのは快適ですね。
ポリの単衣は蒸し暑そうでしたから。

[PR]
by yamamotoyk | 2014-05-14 19:54 | 着物 | Comments(2)

伊勢木綿

昨日に引き続き今日も小寒い。
名古屋の最低気温が8℃って言ってましたが、
さすがにそんなに寒いとは思いませんが(気温変動の伝わりにくい建物です)
それでも、やや小涼しく感じられます。
お昼ころに部屋の温度を見ると18℃です。
でも、午後は暑くなるとか言うので、ま、今のうちに着ておこうかと・・・・
c0021551_17425338.jpg
ジャジャ~ン☆ 伊勢もめ~ん
これくらい縮小しちゃうとあまり気になりませんが、
どことなく皺っぽくて、お出かけするにはやや気になります。
アイロンかけてないのがバレバレ?
でも、着物にアイロンかけるの好きじゃないんですよ・・・下手だから

聞けば、伊勢木綿ってやっぱり皺っぽいんですって。
そして着ているとあちこち出てくるって・・・・やっぱりね。
地が柔らかいんですね。だから着心地はいいんですけどね。
この普通手(やや厚手)は結構しっかりしていて、
今の季節に一番快適なんですね。

いつも帯に悩むので、今日は白っぽいバティックにしてみました。
どうなんでしょうね。
後ろはまあまあ。
前は上下反対の方がいいかしら・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2014-05-07 17:49 | 着物 | Comments(0)

鯉のぼり帯

爽やかな良いお天気です。
連休中と言うことで、来週はお稽古がお休み。
となると、鯉のぼり帯を今日締めなくては端午の節句が終わっちゃいますね。
(あら忙しや)

ということで・・・・
c0021551_18231206.jpg
鯉のぼり帯が一番映えそうな白のサマーウールに決定。
爽やかな取り合わせです。

ところが・・・・着てみると、ちょっと小寒い(^_^;)
それに、着物の皆さん、この季節は透ける羽織を着てらっしゃる。
桜が終わったので、そういう羽織のシーズンなんですね。

では、と、白のレース地の羽織を着てみると・・・・
全然暖かくないです(T_T)
もう一枚の厚手のレース地の羽織は?蒸し暑いんですね、コレ。
でも、やっぱり、暖かくない。
こういう時は、正絹の絽の羽織がいいのかも、ですね。
(でも黒しか持ってないし、すぐに出せないし)

というわけで、柄はシーズン真っ盛りの桐の花羽織り。
(例年、桐の花はもうすぐ咲きます)
イイ感じに暖かいです。でも頚がまだちょっと・・・・
薄いスカーフを首に巻いて・・・・
でも、日射しは強くてまぶしいんですね。
日傘は今日、荷物が多いので面倒。
では、この白々の装いに合う暖かめの帽子は?
と言うことで、こんな出で立ちになりました。

本当はもっと白い帽子が良かったんですが、もう一個のはまだ寒い(^_^;)

こんな暖かそうな、なのに白い夏みたいな姿を見たら、
映画 ”ベニスに死す” の老作曲家みたいだなぁ~ って、思わず・・思っちゃいました。
汗まみれになって醜く死んでいく・・・美しい人を見つめながら・・・あの・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2014-04-23 18:50 | 着物 | Comments(4)

フジの帯

庭のフジが咲き始めたので、急げや急げ。
c0021551_19060747.jpg
庭にこの種類のふじを植えるまでは、
フジってもっと後の季節の花だと思っていました。
実際、もう一種類のフジはまだまだ蕾が小さいですから。

でも、八重桜が真っ盛りの今、もうふじが咲き始めたし、
江南市曼荼羅寺の藤まつりは来週から五月の連休いっぱいです。
なかなか忙しいですね。

前帯は色が飛んでしまいましたが、こんな感じ。
巻き方がいつもと反対です。
風呂敷縫い付け帯ですが、縫い付ける場所が間違っちゃったせいですね。
c0021551_19091585.jpg
天気予報で暑い暑い、と言うし、
どこやらの市では夏日(25℃)を観測した、などというので、
ついその気になって、今日は絣のサマーウール。
とても好きな着物です。
黒なので帯が映えますしね。
やはり紺系統より黒~グレーが好きですね。色黒だから・・・(^_^;)

[PR]
by yamamotoyk | 2014-04-16 19:18 | 着物 | Comments(0)

雨の水曜日

水曜日のお稽古の日はお天気がイマイチの日がほとんどなのですが、
先週は珍しく、良いお天気でして、その代わりと言っちゃ何ですが、
今日は本格的に朝から雨。まるっきり雨の日もまた珍しい。

雨なら、ポリか、純ウール。
この何日かはずいぶん春めいて暖かでしたが、
さすがに今日はやや小寒いので、ウールにしましょう。
では、曙ウール。明るい帯がいいと思うので・・・・
でも、花柄インド絣はどれも短めなので・・・・バティックにしましょうか。

で、雨除けは・・・・
さんざん悩んで・・・ポリの羽織りに決定。
ポリの羽織りは一枚しかないので・・・・
c0021551_18265754.jpg
こうなりました。
かなり高級感あふれる羽織なので(実際高価だった)
アンバランス感は否めませんが、仕方ないです。
質柄ともにカジュアルなのも欲しいけれど、
安物のポリの反物が一反ありますが・・・・う~んどうなんでしょう。
自作できないので、仕立ててもらうには・・・コスパ悪いよね~。
値段が安くて上等な反物をどこかで見つけたらと言うことにしますか?

いっそ、いつかの琉装のような、十二単の打ち掛けのようなものを作りますか?
そうすれば、雨コートにできますよ。今くらいの季節の防寒にもなりますね。
安物の反物。。。どう利用しましょうか・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2014-03-26 18:33 | 着物 | Comments(0)

春の気分?

暖かいという天気予報。多分暖かい。
さすがにマントはもう・・・・
気分も春ですか?と、浮き立つほど自分は春めいていないんですけど・・・

桜も咲き始めたので、もう桜帯でもないか・・・
だったら・・・・
c0021551_19464128.jpg
全然春っぽくないですよね。
一応帯だけはインド絣綿の青い花。アヤメっぽい感じの幾何花模様。
春なので羽織物を・・・と色々羽織ってみたのですが、
どうも、明るい色は気分に沿わなくて、
このおばさんチックな派手目羽織りになりました。
とはいえ、首筋が寒いので襟周りに暖かショールを巻いて出かけました。

わたしとしては、着る物が難しい時期に突入です。
(ババにはちょっと寒いんですね・・・)

[PR]
by yamamotoyk | 2014-03-19 19:53 | 着物 | Comments(0)

名古屋帯化

たぶん15年以上前、まだ気軽な帯も着物もほとんど持っていなかったころ、
帯が欲しいけれど、名古屋帯は高いし・・・ということで、

見つけたのが、名古屋帯にできそうな半幅帯。

c0021551_19083039.jpg
最初から、名古屋帯にするつもりで買って、
ただ、帯むすびもあまり巧くなかったし、
「美しいキモノ」に、お太鼓を色々な向きに畳んで
何種類もの帯のように見せる2部式帯の作り方が出ていたので
それを真似して、大須で見つけた安物袋帯と組み合わせて作ったのですが、
イマイチ、帯合わせが難しく、
着物や帯の数が増えるに従って、出番が減っていたもの。

このたび、切れていた部分を再接着 (^^;)
「美しいキモノ」の記事は引き抜き式の応用だったので
図らずも、再接着が簡単で引き抜き用の帯がもう一本完成☆

というわけで、今日は早速、この帯の登場です。
持ち合わせの着物に合わせてみるに、
一番しっくりきた組み合わせです。
c0021551_19173131.jpg
織りの帯で、しかも柄が比較的格式がありそうで、(鳳凰がいる)
c0021551_18574188.jpg
柔らかものの色無地に合いそうなんですが・・・
なぜかこのシルクウールの方が雰囲気がしっくり来るので、こちらを選択。
柄が小さいし、当然ながら帯も薄手の一重太鼓。
そんなこんなで、重み不足な雰囲気なんでしょうか。

遠目にも柄がゴシャマシャしているので、着物を選びます。
柄のある着物にはうるさく感じるんですね。
さあ、他に合う着物はあるんでしょうか・・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2014-03-12 19:33 | 着物 | Comments(4)

雨の日のお稽古

今日は朝から本格的な雨。
お稽古のある水曜日は毎週お天気がイマイチですが、
朝から本降りという日はそんなにはありません。
いい機会なので、ポリの着物にしましょうか。

今日は一番最初に自分が決めて買った着物にしましょう。
シルックというものを初めて知った20年近く前に買った着物です。
こんなに化学繊維は進化していたんだ、とびっくりして、
雨の日にはいいわ、と思って、買った着物。
ただ雨の日のどんな時に着るか(TPO)、ということまでは、考えなかったので、
やや中途半端な着物で、
買った当初、着物を着る、というだけでおおごとだったころ、何回か着ただけで、
その後、やや出番が少なかったのですが、
友人にも言われたのですが、最近は年齢的にちょうどよくなってきたんじゃない、
ということで・・・・たしかに・・・・

既製品なのでやや丈が長い?(おはしょりがちょっとね。ひょっとして背が縮んだ?)
c0021551_17302602.jpg
帯は、あまり出番がないと思って、裏にお花バティック布を縫い付けたもの。

着物のごちゃごちゃした柄(アジサイらしい)に遠目無地のこの帯が一番しっくりきました。
墨のような線で羽のような模様が全体に描いてあります。
意外に出番がありそうな帯です。
このままにしておけば、時々活躍の場がありそうです。

もし、今、上等なポリを買うなら・・・・
色無地に準じた江戸小紋ですね。
雨が降っても着物を着たいとき、それが法事ならグレーの江戸小紋。(先日買っちゃった)
それが長唄の舞台なら、落ち着いた中にも華やかな江戸小紋。
そんな江戸小紋なら、帯を替えれば、遊びでも、忘年会・新年会でも、お芝居でも、
ことによったら立場の軽い結婚披露宴参列でも、
法事や町内の葬式なら紋付の黒羽織を着ればいいし・・・
(ぢつはシルック・ベージュの江戸小紋を買おうか、今、迷ってます)

[PR]
by yamamotoyk | 2014-03-05 17:59 | 着物 | Comments(8)

酔っぱらい三人官女帯

もう来週の月曜日がひな祭りです。
ということは・・・今日お雛様を着ないと、出遅れます。

というわけで、
c0021551_18143354.jpg
三人官女の宴会・・・・酔っぱらい三人官女帯です。
本当は三人官女が勝手に酔っ払っているわけではなく、
この上のお雛様のお給仕をしているんだと思うんですが、
でも、とりあえず、お雛様は前帯に来ていただいたので、
三人官女は遠慮会釈無しに宴会を始めてますね。
三人官女の前で寄り添っているのは、犬筥(いぬばこ)。

さて、まだ寒くて、マントを着たいのですが、
お雛様なので、長羽織が着たくて、
首回りはウールのショール製のスヌードを巻きましたが、
土曜日の練習で髪をふわっとさせたかったので帽子無しで・・・・
寒いのもいやだし・・・

そこで、もう一度、2枚襲の着物にしました。
上はシルックの胴抜き江戸子小紋。(裾だけ袷)
中は八反の臙脂色の袷(厚手) (クリック)
つまりかなりごわごわの厚着です。
おまけにこの帯が芯の硬い帯で、ちょっと苦しいかも・・・
着姿もお端折りモコモコになってます。

襟の所はえんじ色の襟が伊達襟のように見えていますが、
裾は八反のおくみ部分が黒い色だったので、
黒い襲になってますね(写っていませんけど)。
面白いというか、いいかも・・・
それにしても分厚い着物を中に着るのは、イマイチです。
色の具合はなかなか良いんですけどね。

[PR]
by yamamotoyk | 2014-02-26 18:51 | 着物 | Comments(4)