タグ:お稽古 ( 162 ) タグの人気記事

母の紬

昨日から右だけ鼻水が出ます。しかも時々発作的に・・・・・
花粉症持ちではありませんが・・・・
ひょっとして風邪のはじまり?
一昨日、ばあちゃんの靴下のことでかんしゃく起こしたから、
免疫が下がった?
わかりませんが、用心用心。

そこで、今日はウールではなくて正絹物にしましょうか?
ちょっと気分アップするかも・・・・
そういえば、こういう普段着っぽい物がありましたね。
母の古い紬です。
何ってことないものですが、帯合わせは気を遣いますね。
いつもと素材が違うので、微妙に雰囲気が合わなくて・・・・
c0021551_18533636.jpg
で、バテイックにしました。
真後ろから写すと、普通のお太鼓のように見えますね。
でも・・・
c0021551_18541875.jpg
角出しに結んでいます。
ウールの方が暖かだったかしら・・・・
でもシュルシュル衣擦れが、ちょっと嬉しいかも・・・v(^_-)

[PR]
by yamamotoyk | 2014-01-29 18:57 | 着物 | Comments(2)

冬~

大寒も過ぎ、冬真っ盛りですが、
良い当地ではお天気の良い日の昼間は比較的暖かです。
雪もまだ降りませんしね。
でも、この日差しにだまされないように(外は寒いですぞ!)
しっかり、冬の暖か着物を選びましょう。

暖かといえば、やっぱりウールですね。
しかも、かっちりウールではなく、ほっこりした風合いのこれです。
c0021551_19071557.jpg
飛び柄がピンクなので、要注意。
最初に合わせてみた帯はそのピンクと相まって
どことなく子供っぽかったので(小さなピンクなんですが)
こちらの帯にしました。
たっぷりと長い帯なので、たっぷり角出しです。
伊東深水さんの絵にあるような角出し?(誉めすぎ)
ちょっとお太鼓が型崩れしてますよ(おしい!)

ぢつは最初に撮った写真はひどく鈍くさい・・・・
ウールの着物地が硬くてドレープ性に乏しく、
だるまさんのようにどてっと写ってしまったのです。
あれれ?
何枚も取り直してやっと納得がいき(でも遅刻するよ~)・・・・
後ろ姿はイマイチ気に入らないけど、これ以上無理。

かなり不自然な姿勢をとっています。
美しい姿勢というのは難しいですね、
自分で自分を見ることができないだけに・・・・
鏡で見たり、写真に撮って研究したり、教えを請うたり。

むか~し、友人達と京都太秦に行って衣装写真を撮ったことがあります。
(芸者さんの)
立ち姿を撮る時の姿勢の不自然なこと。
倒れそうでした。
日本舞踊を習ったりすると、そういう姿勢が取れるようになるのかしら。
筋トレも必要?
別に今更日本舞踊を習う気はないですが、
だんだん身体が硬くなって、あちこち痛くなって
三味線を弾いていても撥を持つ腕が途中で痛くなったりして
身体を鍛える(柔らかくする?)のが必要かも。
とりあえず、日々、姿勢に気をつけようかな、などと思っています。
柔軟体操は?思いついた時だけね。

[PR]
by yamamotoyk | 2014-01-22 19:29 | 着物 | Comments(0)

赤い洋花の帯

曇りなので冷たいというほど寒くはありませんが、
やはり寒中なので暖かい着物にしましょうか。
というわけで、ウールとポリの表地2枚のリバーシブル着物。
厚手なのでこの時期限定です。
c0021551_18132867.jpg
帯はもともとは、私のワンピースの残り布。
ウールのガーゼのような布を
黒い仕立て上がりの帯に縫い付けたのですが、
慣れない頃だったので、布の扱いに苦労して、
引っ張ると縮緬のように伸びるので、
縫い付けた後で布が縮んで、帯が反ってしまい、またやり直し。
引っ張らないように、たるまないように、という加減が難しかったのです。

今回は着物をペイズリー柄のウールを表にしたので、
洋花柄のこの帯を選んだのですが、
お稽古では、3人が同じような雰囲気の黒と赤の帯で、
3人お揃いだね、と言われました。
そういう気分だったのかしらね。
前帯を裏にすると白い小花がたくさん出て、また違った雰囲気になります。

[PR]
by yamamotoyk | 2014-01-15 18:25 | 着物 | Comments(0)

雨のお稽古始め

今日は、長唄のお稽古始め。
しかもどしょっぱつから大先生。(前お家元)
と言うことはお付きの先生がいらっしゃるってことで・・・・
お正月だし、絹の垂れ物で決めようかと・・・
ならば、ずっと以前、そのお付きの先生から頂いたお下がりを、
と思っていたら・・・雨 (>_<)
3月のお雛祭りの時にしましょう・・・・(諦めが早い)

ここだけのナイショの話:大先生は嵐を呼ぶ女と言われるほどの雨女だそうで、
今日の生徒にはサイキョーの晴れ女さんがいたのですが・・・敢えなく負け(^_^;)
ま、でも、嵐にはならなかった言うことで、晴れ女さんに感謝ですね m(_ _)m

と言うわけで、急遽考えたのが雨でも気にしないウール系。

お正月シルクウールのコレに決定(コレしかないので、簡単です)
鶴松(しょうざん)ウールです。
c0021551_19310766.jpg
で、帯をせめて・・・と言うことであれこれ考え、
ちょうど去年のお正月にコメ○お正月セールで買ったコレ。
三千院帯です。
なんで五重塔で三千院? だって、そう書いてあるんですもん。
c0021551_21310415.jpg
あ、でも、メインの柄は三千院らしいですね。
c0021551_21314154.jpg
それにしても箔がするする滑るので締めにくいことこの上なし。
多分それで安かったんだろうと勝手に勘ぐっていますが、
そういう裏事情が無ければ高そうに見えるしゃれ袋帯です。

もちろん帯は正絹ですが、マントを羽織るので雨の心配は要りません。
足元は透明カバー付きの雨草履です。

誰もがお正月休みで練習不足のところ、
お弾き初めの練習ですが、頑張りましたよね、失敗しながらも(^_^;)

[PR]
by yamamotoyk | 2014-01-08 19:39 | 着物 | Comments(0)

クリスマスですが・・・・

クリスマス当日ですが、何を着ましょうか。
いろいろ探していて、このところ出番が少ないサファリうまこさんに決定。
一応クリスマスカラーで、漆雲竜帯(とたった今、命名)
c0021551_18210270.jpg
帯〆は目立たせようか、カモフラージュにしようかと迷って、
c0021551_18214551.jpg
同じ色採用。それにしても同じすぎる・・・・
一応赤と緑だけど、全然クリスマスっぽくないですね。
綺麗ですらない・・・・
もう少しきれいな色があった方が好きなので、
この組み合わせはイマイチということにします。

[PR]
by yamamotoyk | 2013-12-25 18:29 | 着物 | Comments(0)

クリスマスカラー・コーデ

雨です。
予定していたクリスマスマーケット行きは中止。
だからせめて気分だけでもクリスマスにしたいですね。

クリスマス~・・・・っと
そういえば、もう赤すぎるのでは・・・と思っていた帯があります。
赤いと言っても渋い赤です。
柔らかい帯なので加工も困難。
母がつきあいで買った高そうな結城紬の帯。
全然締めずに仕舞ってあったのでカビだらけだった物 (^_^;)
だから、なんとかうまく活用したいと思っている帯です。
c0021551_18022951.jpg
で、こうなりました。
着物は雨に強そうなウール・化繊(ポリ?ナイロン?)混。
冬はマントを羽織るので、少々色が派手でも大丈夫なんですけどね (^^;)v

ちなみに、今回の角出し、3回お太鼓を巻き付けたので小ぶりのお太鼓になりました。
もう少し大ぶりの角出しの、このときの方が好きです (クリック)

帯周りはこんな感じでクリスマス☆
c0021551_18044610.jpg
帯留めは陶器製のヒイラギ箸置き。

で、半襟は日曜日と同じクリスマス半襟
c0021551_18055014.jpg
コーヒーチケットのおまけのケーキ券が年内かぎり有効と言うことで、
ケーキとコーヒーを頂いたら、ちょっとくどくなっちゃいましたケド。
景気が良いんだか悪いんだか、物価は上がるし、世知辛くなるし・・・・
そんな時代ですが、
めげずに色々工夫をこらして楽しく暮らしていきましょう。

[PR]
by yamamotoyk | 2013-12-18 18:24 | 着物 | Comments(2)

とうとう冬、マントの季節

コレで2週連続、羽織で頑張ったけれど、やっぱりどことなくやせ我慢。
と言うことで、悔しいけれど、もうマントにします。
私としては、冬本番の出で立ちになります。
あ~ぁ、だって、マントにしちゃったら、もう、いつでもどこでもコレで
な~んにも考えなくなるのがちょっとね・・・・
一応、よそ行き用と普段用はあるのですが、
見た目同じで普段用が古いのでよれよれしている程度。

さて、菊の花ももう終わってしまったし、
うかうかしていると季節がどんどん先に進んで、出番の無かった帯も多いので、
ここで、忘れないようにと、椿銘仙帯にしましょう。(クリック
椿が映えるように、着物はウールのおとなしめのもの。
c0021551_17262570.jpg
椿は桃色と黄色ですが、うまい具合に黄色しか出ません。
気恥ずかしくなくて、結構。
今回のコーデが一番この帯に合うような気がします。(グレー)(サファリ)(えんじ
帯〆はほんのり赤が出るお気に入り、でも出番が少ない。
帯締めはグレーの絞りの端布。

天気予報では晴れのち曇り、でしたが、
晴れたり曇ったりの怪しい天気。
極めて怪しい感じだったので洗濯物を取り込んで置いて正解。
帰りにはこぬか雨。
バッグの取っ手が傘になっているし、
c0021551_17393147.jpg
ウールは雨をはじくので、この点でも、マントは安心。
ちなみにバッグはテーブルセンターを二つ折りにしてレジ袋を参考にして作った物。
帆布のようなごつい布なので、
最初からお稽古バッグになって8年。まだまだ何ともないですね。
取っ手になっている傘がよれよれになってきましたが、
このサイズの晴雨兼用傘の替わりが見つからないので、当分このままです。
え?よれよれは布だけだから、張り替えたらって?う~ん・・・・難しいことを

風邪も落ち着いたので、久しぶりにお稽古のあとでお茶とおしゃべりができて、
ちょっと鬱々していた気分も晴れました。
来週はお稽古の後、お茶してから、
名古屋クリスマスマーケットに行くんだぁ~☆(クリック)
ドイツ製だというちっちゃなメリーゴーランドが楽しみです♪~

[PR]
by yamamotoyk | 2013-12-11 17:42 | 着物 | Comments(0)

もうすぐ骨董市という着物

何を着ていこうか考える時に重要なのはイベントですね、やっぱり・・・
お稽古に着ていく物、今日から12月ですが、ふと思いついたのは
今週末の吹上で開催される名古屋骨董祭(クリック)

でも、欲しい物もないし、時間もない。
この週末は、いろいろ行事が・・・・
①は母親にリンゴを持っていく(個人的な用事)
②フィリピンレイテ島支援の古着を東別院へ持って行く(クリック)
③りのりのさんの作品展にも行きたい (クリック)
④年賀状、庭掃除、三味線袋などいろいろ作る物が・・・・(コレは毎度のこと)

だから、骨董市に締めていきたかった帯、ということで・・・・
c0021551_18562855.jpg
ぽかぽかと暖かそうな日でしたが、
まだ風邪と言うことで用心して中にいつもよりたくさん着込んだので
絞りの羽織と襟巻きスヌードで防寒ばっちり。
着物はウール、おくみ無しですが、(クリック)
畳みシワでカモフラージュですね。

その帯はお皿帯
c0021551_18591846.jpg
やきもの尽くしで、骨董市の雰囲気。
大判ハンカチ縫い付け帯です。(クリック)
帯締めと帯揚げは帯の柄の色に合わせました。

[PR]
by yamamotoyk | 2013-12-04 19:09 | 着物 | Comments(4)

今日寒いし・・風邪引いたし・・・

お天気は良いのですが、寒いです。まだ11月なのに・・・
昨日から風邪を引いてます。
昨日突然頭が痛くなって、すぐ直りましたが、
その後から何となくのどの違和感があります。
咳はまだそれほどでないけど、でも出そう (>_<)

夜夫もガラガラ声で帰ってきて、風邪引いた~・・・
夫婦で一緒に引くのはとても珍しいこと。
マゴ君からもらった?先日の日曜日、半日一緒にいたしね。

ま、そんなわけで、暖かくして行きましょう。
と言っても、やっぱり11月なので・・・羽織が着たい。

まずは紅葉のシルクウール。
帯は多分手描きのバティック。未熟っぽい感じの絵です。
同じ様な柄が何枚もあって安かったし。
それぞれ違うので一番上手そうなのを選びました。
紺地で一色染め、手の掛かり方が少ないから?
c0021551_18414636.jpg

小花が散っていて、恐い顔の鳥さんが飛んでいます。
c0021551_18484634.jpg

羽織は、母の訪問着(昭和25年くらいの物)を仕立て直してもらったもの。
c0021551_18501327.jpg
防寒には三角ウールショールと首スヌード巻き
c0021551_18510797.jpg
今日はお稽古が終わったら、お茶をパスしてさっさと帰ってきて一眠り。
あぁ、だめだぁぁ・・・・
今年になってから風邪ばっかり引いているよ・・・・困

[PR]
by yamamotoyk | 2013-11-27 18:53 | 着物 | Comments(4)

天蚕糸?

土曜日(七五三)の着物は裄が短かかったので、
短い裄専用の(うそつき)長襦袢を着ました。
肌襦袢も着たので、もう一回くらいは着ようかなと・・・・

と言うわけで、今日は裄の短い着物をあれこれ出してみます。
その中でも出番が少なそうなこの着物を選びましたが、
やはりコレの出番が少ないのには訳があって・・・・
自分の色ではないので合う帯が・・・・見つからない。

というわけで、大仰な織りの帯以外だと・・・コレかな、ということで
c0021551_18412527.jpg
先週と同じ黒の漆糸コート帯。(クリック)
ただし、引き抜き角出しなのでお太鼓に柄が来てません。
羽織を着るから、いいか、って感じ。
・・・だって、お太鼓より角出しの方が手軽に結べるんですもの・・・・
黒地にほとんど見えない紫の柄の羽織で全体をまとめてみました。
(でも、やっぱりこの帯はお太鼓結びが合いますねぇ・・・・)

着物はショッキングピンクにグレーを掛けたような微妙な藤色です。
模様が見えますが、実はコレは(多分)天蚕糸で柄が織り出してあって、
それを染めると天蚕糸のところが染まりが悪く、
白っぽい柄に見えるというもの。
母(または伯母)から来た着物で、この時代(またはもう少し前)には、
ときどき天蚕糸が折り込んで柄の出してあるものがあります。
Wikiによると戦前はかなり生産量が多かったらしいので、恐らくそれなんでしょう。

煉瓦色の帯の柄と、帯の柄と同じ煉瓦色の帯締めが揃って、
紫っぽい着物と帯の煉瓦色の色の不協和音が
黒で緩和されてなんとかまとまりました。

ついでに言えば・・・明日はボジョレーヌーボーの解禁なので・・・
一応 ぶどうの帯留め (^^;)
c0021551_18553333.jpg
苦労してまとめましたが、上品な奥様風♪~と言われてちょっと良い気分だったりして☆
普通の羽織だったので絹スヌードの二枚使いで木枯らしの中を行くのはちょっと寒い?
あぁ、もうマントの季節になっちゃうのかしら。
もう少し羽織を楽しみたいのに・・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2013-11-20 19:10 | 着物 | Comments(2)