タグ:お稽古 ( 168 ) タグの人気記事

クリスマスですが・・・・

クリスマス当日ですが、何を着ましょうか。
いろいろ探していて、このところ出番が少ないサファリうまこさんに決定。
一応クリスマスカラーで、漆雲竜帯(とたった今、命名)
c0021551_18210270.jpg
帯〆は目立たせようか、カモフラージュにしようかと迷って、
c0021551_18214551.jpg
同じ色採用。それにしても同じすぎる・・・・
一応赤と緑だけど、全然クリスマスっぽくないですね。
綺麗ですらない・・・・
もう少しきれいな色があった方が好きなので、
この組み合わせはイマイチということにします。

[PR]
by yamamotoyk | 2013-12-25 18:29 | 着物 | Comments(0)

クリスマスカラー・コーデ

雨です。
予定していたクリスマスマーケット行きは中止。
だからせめて気分だけでもクリスマスにしたいですね。

クリスマス~・・・・っと
そういえば、もう赤すぎるのでは・・・と思っていた帯があります。
赤いと言っても渋い赤です。
柔らかい帯なので加工も困難。
母がつきあいで買った高そうな結城紬の帯。
全然締めずに仕舞ってあったのでカビだらけだった物 (^_^;)
だから、なんとかうまく活用したいと思っている帯です。
c0021551_18022951.jpg
で、こうなりました。
着物は雨に強そうなウール・化繊(ポリ?ナイロン?)混。
冬はマントを羽織るので、少々色が派手でも大丈夫なんですけどね (^^;)v

ちなみに、今回の角出し、3回お太鼓を巻き付けたので小ぶりのお太鼓になりました。
もう少し大ぶりの角出しの、このときの方が好きです (クリック)

帯周りはこんな感じでクリスマス☆
c0021551_18044610.jpg
帯留めは陶器製のヒイラギ箸置き。

で、半襟は日曜日と同じクリスマス半襟
c0021551_18055014.jpg
コーヒーチケットのおまけのケーキ券が年内かぎり有効と言うことで、
ケーキとコーヒーを頂いたら、ちょっとくどくなっちゃいましたケド。
景気が良いんだか悪いんだか、物価は上がるし、世知辛くなるし・・・・
そんな時代ですが、
めげずに色々工夫をこらして楽しく暮らしていきましょう。

[PR]
by yamamotoyk | 2013-12-18 18:24 | 着物 | Comments(2)

とうとう冬、マントの季節

コレで2週連続、羽織で頑張ったけれど、やっぱりどことなくやせ我慢。
と言うことで、悔しいけれど、もうマントにします。
私としては、冬本番の出で立ちになります。
あ~ぁ、だって、マントにしちゃったら、もう、いつでもどこでもコレで
な~んにも考えなくなるのがちょっとね・・・・
一応、よそ行き用と普段用はあるのですが、
見た目同じで普段用が古いのでよれよれしている程度。

さて、菊の花ももう終わってしまったし、
うかうかしていると季節がどんどん先に進んで、出番の無かった帯も多いので、
ここで、忘れないようにと、椿銘仙帯にしましょう。(クリック
椿が映えるように、着物はウールのおとなしめのもの。
c0021551_17262570.jpg
椿は桃色と黄色ですが、うまい具合に黄色しか出ません。
気恥ずかしくなくて、結構。
今回のコーデが一番この帯に合うような気がします。(グレー)(サファリ)(えんじ
帯〆はほんのり赤が出るお気に入り、でも出番が少ない。
帯締めはグレーの絞りの端布。

天気予報では晴れのち曇り、でしたが、
晴れたり曇ったりの怪しい天気。
極めて怪しい感じだったので洗濯物を取り込んで置いて正解。
帰りにはこぬか雨。
バッグの取っ手が傘になっているし、
c0021551_17393147.jpg
ウールは雨をはじくので、この点でも、マントは安心。
ちなみにバッグはテーブルセンターを二つ折りにしてレジ袋を参考にして作った物。
帆布のようなごつい布なので、
最初からお稽古バッグになって8年。まだまだ何ともないですね。
取っ手になっている傘がよれよれになってきましたが、
このサイズの晴雨兼用傘の替わりが見つからないので、当分このままです。
え?よれよれは布だけだから、張り替えたらって?う~ん・・・・難しいことを

風邪も落ち着いたので、久しぶりにお稽古のあとでお茶とおしゃべりができて、
ちょっと鬱々していた気分も晴れました。
来週はお稽古の後、お茶してから、
名古屋クリスマスマーケットに行くんだぁ~☆(クリック)
ドイツ製だというちっちゃなメリーゴーランドが楽しみです♪~

[PR]
by yamamotoyk | 2013-12-11 17:42 | 着物 | Comments(0)

もうすぐ骨董市という着物

何を着ていこうか考える時に重要なのはイベントですね、やっぱり・・・
お稽古に着ていく物、今日から12月ですが、ふと思いついたのは
今週末の吹上で開催される名古屋骨董祭(クリック)

でも、欲しい物もないし、時間もない。
この週末は、いろいろ行事が・・・・
①は母親にリンゴを持っていく(個人的な用事)
②フィリピンレイテ島支援の古着を東別院へ持って行く(クリック)
③りのりのさんの作品展にも行きたい (クリック)
④年賀状、庭掃除、三味線袋などいろいろ作る物が・・・・(コレは毎度のこと)

だから、骨董市に締めていきたかった帯、ということで・・・・
c0021551_18562855.jpg
ぽかぽかと暖かそうな日でしたが、
まだ風邪と言うことで用心して中にいつもよりたくさん着込んだので
絞りの羽織と襟巻きスヌードで防寒ばっちり。
着物はウール、おくみ無しですが、(クリック)
畳みシワでカモフラージュですね。

その帯はお皿帯
c0021551_18591846.jpg
やきもの尽くしで、骨董市の雰囲気。
大判ハンカチ縫い付け帯です。(クリック)
帯締めと帯揚げは帯の柄の色に合わせました。

[PR]
by yamamotoyk | 2013-12-04 19:09 | 着物 | Comments(4)

今日寒いし・・風邪引いたし・・・

お天気は良いのですが、寒いです。まだ11月なのに・・・
昨日から風邪を引いてます。
昨日突然頭が痛くなって、すぐ直りましたが、
その後から何となくのどの違和感があります。
咳はまだそれほどでないけど、でも出そう (>_<)

夜夫もガラガラ声で帰ってきて、風邪引いた~・・・
夫婦で一緒に引くのはとても珍しいこと。
マゴ君からもらった?先日の日曜日、半日一緒にいたしね。

ま、そんなわけで、暖かくして行きましょう。
と言っても、やっぱり11月なので・・・羽織が着たい。

まずは紅葉のシルクウール。
帯は多分手描きのバティック。未熟っぽい感じの絵です。
同じ様な柄が何枚もあって安かったし。
それぞれ違うので一番上手そうなのを選びました。
紺地で一色染め、手の掛かり方が少ないから?
c0021551_18414636.jpg

小花が散っていて、恐い顔の鳥さんが飛んでいます。
c0021551_18484634.jpg

羽織は、母の訪問着(昭和25年くらいの物)を仕立て直してもらったもの。
c0021551_18501327.jpg
防寒には三角ウールショールと首スヌード巻き
c0021551_18510797.jpg
今日はお稽古が終わったら、お茶をパスしてさっさと帰ってきて一眠り。
あぁ、だめだぁぁ・・・・
今年になってから風邪ばっかり引いているよ・・・・困

[PR]
by yamamotoyk | 2013-11-27 18:53 | 着物 | Comments(4)

天蚕糸?

土曜日(七五三)の着物は裄が短かかったので、
短い裄専用の(うそつき)長襦袢を着ました。
肌襦袢も着たので、もう一回くらいは着ようかなと・・・・

と言うわけで、今日は裄の短い着物をあれこれ出してみます。
その中でも出番が少なそうなこの着物を選びましたが、
やはりコレの出番が少ないのには訳があって・・・・
自分の色ではないので合う帯が・・・・見つからない。

というわけで、大仰な織りの帯以外だと・・・コレかな、ということで
c0021551_18412527.jpg
先週と同じ黒の漆糸コート帯。(クリック)
ただし、引き抜き角出しなのでお太鼓に柄が来てません。
羽織を着るから、いいか、って感じ。
・・・だって、お太鼓より角出しの方が手軽に結べるんですもの・・・・
黒地にほとんど見えない紫の柄の羽織で全体をまとめてみました。
(でも、やっぱりこの帯はお太鼓結びが合いますねぇ・・・・)

着物はショッキングピンクにグレーを掛けたような微妙な藤色です。
模様が見えますが、実はコレは(多分)天蚕糸で柄が織り出してあって、
それを染めると天蚕糸のところが染まりが悪く、
白っぽい柄に見えるというもの。
母(または伯母)から来た着物で、この時代(またはもう少し前)には、
ときどき天蚕糸が折り込んで柄の出してあるものがあります。
Wikiによると戦前はかなり生産量が多かったらしいので、恐らくそれなんでしょう。

煉瓦色の帯の柄と、帯の柄と同じ煉瓦色の帯締めが揃って、
紫っぽい着物と帯の煉瓦色の色の不協和音が
黒で緩和されてなんとかまとまりました。

ついでに言えば・・・明日はボジョレーヌーボーの解禁なので・・・
一応 ぶどうの帯留め (^^;)
c0021551_18553333.jpg
苦労してまとめましたが、上品な奥様風♪~と言われてちょっと良い気分だったりして☆
普通の羽織だったので絹スヌードの二枚使いで木枯らしの中を行くのはちょっと寒い?
あぁ、もうマントの季節になっちゃうのかしら。
もう少し羽織を楽しみたいのに・・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2013-11-20 19:10 | 着物 | Comments(2)

ふゆ~  いえ、まだまだ

さて、先週に締めた帯の裏側を締めるべく、着物を選んでありました。

それにしても先週の初羽織から、まだ一週間。
なのに・・・もう冬ですよ・・・・北の国からは雪の便りが届いています。
12月のころの気候とか?
だったら、初羽織の次の週は初コートですか?
いやいや、まだ羽織で頑張ります。
でも、一段と厚手の絞りの羽織です。(クリック)
柄も山の初積雪。タイムリーですな~   (自画自賛)
c0021551_17473021.jpg
黒の色紙柄の帯はもちろんお召しコートから作ったのですが、
飛び飛びにしか柄が無く、
引き抜きで締めるとタレとお太鼓の下の方にしか柄が来ない・・・・(T_T)
なので、今日はあまりに寂しいので、普通の結び方で締めました。

あら、いいじゃない?なかなか粋な感じにまとまりました。
色紙の色も前も後ろも臙脂色が来て着物と良くあった色です。
柔らかい帯なのでお太鼓の山が綺麗に決まってますね。

ただ裏が漆糸の総柄なので回すときに滑らないこと甚だしい・・・・・
コレは帯板を背中にして帯板ごと回した方がよさそうです。
帯板は通年夏用のメッシュを使っていて、滑りが悪いので、
いつもは、帯板はそのままで帯だけ回すのですけどね。

さて、平安貴族半襟、着てみました。
別立ての項目にしたので見てください。こちらです(クリック)

[PR]
by yamamotoyk | 2013-11-13 17:55 | 着物 | Comments(2)

初羽織

毎週水曜日に来ていた台風もさすがにもうお終い?
長い夏に続いて台風、それが済んだらいきなり晩秋・・・・・(T_T)
でも、まだ例年より昼間はずいぶん気温が高いようです。
ケーキ屋さんが苦労している・・・・室温高すぎで・・・・だそうですが、

室内は暖かいので薄めの下着ですが、
それだと外では小寒いので、羽織を着て出ました。
c0021551_18231031.jpg

帯はコート二枚で作った初おろしの帯です。(クリック)
どうしてもこの帯を締めたかったので
帯に合う着物を選びました。
シルクウールのグレー、地紋あり。

この帯は長さをよく考えただけあって角出しが締めやすい長さです。
ふっふ、良い感じ~☆

羽織はフランス製のスカーフみたいな柄ですが、
何の関係もなくて、古着です。
このような昭和の(短め)羽織は需要が無くて安~く売られていたんです。
コレ、結構重宝しています。
この長さは軽快にぱぱっと出歩くには気分的にも合っていますしね。
おばちゃ~ん☆って感じ?

来週はこの帯の裏側を締めようと思うので
もう早速着物を選んじゃいました♪~乞うご期待。
裏は黒なので、明るい色が良いですね。
[PR]
by yamamotoyk | 2013-11-06 18:35 | 着物 | Comments(6)