タグ:お稽古 ( 190 ) タグの人気記事

早春賦コーデ

早春賦:春は名のみの風の寒さや・・・♪
もうすぐ立春、季節の名前は春になって来ますが、
風は本当に寒いです。

とは言え、春の草はもう芽を出していますから・・・
今日のコーデは思いつきで命名の早春賦コーデ。

c0021551_21250990.jpg
寒い風と春の草

着物は表地がペイズリー柄のウール、裏がポリのリバーシブル
帯は角出しが結べるぎりぎりの長さの手作り帯
ウイリアムモリス柄の木綿地です。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-02-01 21:53 | 着物 | Comments(2)

浅草金竜山風呂敷帯

今日のお稽古は予定通り
広重の江戸百景浅草金竜山風呂敷帯にしましょう。

c0021551_20510609.jpg
帯が一番映えそうな着物を選択しました。
帯締めも数種あったなかで、コレを選択。
まあまあのチョイスだったかな。

お弾き初めが今年は諸事情で4月12日(水)になりました。
場所はなんと東区文化のみち橦木館のお座敷です。
時間は午後1時から3時は例年通り。

橦木館の入場料(普通は200円、各種割引あり)は必要ですが、
どなた様にも見ていただけます。
こちらが公式ホームページです(クリック)
4月は、お花や緑の美しい季節、
是非、お庭の美しい橦木館までおいで下さいm(_ _)m

演奏演目、ただ今選定中
今日は色々もめ検討しました(^^;)
でも、もう余り時間が無いので頑張って練習しなければ(^_^)v
さらに9月初めにはひょっとすると、もう一度
最後の最後に中日劇場の舞台が有るかも☆(ただ今選考中?)
こちらの演目は供奴になりそうです。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-01-25 21:47 | 着物 | Comments(0)

寒い日のお稽古

寒い日です。
最低気温は零下です。
(ま、大したことはないですが・・・)

このように寒い間に着なくちゃならない着物にしましょう。
リバーシブル着物です。
c0021551_21365418.jpg
江戸小紋の角通しのシルックです。
裏は12月28日のウールです。(クリック

しかしこのリバーシブル着物はちょっと失敗作です。
それは、裏のウールは薄手でよかったのですが、
こちらのポリのシルックがしっかりしすぎ(^^;)
厚手というか硬いというか・・・(中途半端に上等?)
それで、分厚くてごわごわ・・・
柔らか物にはあり得ない感じになってしまいました。
仕方が無いので、一生懸命着ましょう・・・

それでも生地の見た目はやはり上品ですから、
帯はすばるさんの縮緬藍型風舟帯を合わせました。
この帯は自分で洗って(クリック)
引き抜き用に仕立て替え済み(クリック) (クリック)
でも柔らかすぎて形が決まらないのが悩みです。
もう一度仕立て替えしようかしら・・・

前の記事を見て、へ~、ポケットがあるんだぁ~
って、全然記憶無し・・・
今確認すると・・有りました(当然です)
c0021551_19404076.jpg
帯〆を選んでいて、お福さん付の帯〆をを見つけました。
もとは有田焼の箸置きです。
お稽古では三味線に当たるので後に回して・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2017-01-18 22:33 | 着物 | Comments(0)

お稽古始めの着物

今日はお稽古始めで、14日(土)15:00からの
中日ビルロビーコンサートの最終お稽古
(リハーサルとまでは言えないのがちょっと淋しいかも)

というわけで、
多少はお正月らしくて、
しかも、かなり寒いので・・・・
(天気予報は曇りのち晴れのはずが雨降ってるし・・・)
c0021551_17120347.jpg
もう子供っぽいからとやめたはずの流水に梅のポリ復活。
しかも、裏がウールのリバーシブル着物
帯をどうしようかとしばし悩んで・・・
袋帯まではいかなくても・・・
と色々出してみますが、イマイチ合う物がなくて
こういう時におとなしいポイント柄の名古屋帯でもあれば、
と思うのですが、なぜか、持っていないし、
似たような物でも季節的に・・・う~んと思う物ばかり。

あぁ、そういえば、コレがありましたね。(クリック)
初おろしかどうか・・・・
似たような帯(クリック)の残りの布を使って作ったんでした。
留め袖の反物という、まことにもってアハハな代物。
え、どうしてかって?
私の乏しい知識では
留め袖のような絵羽の着物は仮絵羽に仕立ててから柄付けする
と聞いていたからで、
反物のままに、まるで付下げのように柄を入れちゃうなんてね。
でも、出来ないことはないから、やっちゃうんですね。
きっと経費節約で(^^;)

というわけで、注文流れらしいこの掘り出し物、
2本目の帯になりした。

前帯の柄はこんな感じです
c0021551_17121156.jpg
この前帯の部分、ここだけ見ると
なんてモッタイナイ使い方しているの、
と思うのですが、
ここ、袵部分なので
この両脇(つまり帯の裏に回った分)は
まっ黒なんですね。
お太鼓部分の左端がよく見ると白っぽいのは
そこに、この前帯の袵が来るからなんですね。

見事ですね。
描いた人も使った私も(^_^)v
もちろん手描きです。
どんだけ高価?と思えば、中国製の印が・・・
どんだけ安く描かせたのというか、
10年以上前の掘り出し物だから
どんだけ前に描かせた物やら。
上手に描いてあるけど、建物の立体感に一部不自然な箇所が・・・
多分こういう手仕事はもう中国でも出来ないかも(価格の問題込みで)

当時もう一本同じ手の反物が有り、
それは海の景色でした。
海俯模様というんですか?
あの、三角状の干してある網の柄で。
網干しというんですか?
青系統の配色だったので、選ばなかったんですが、
いっそ、それも買っちゃえばヨカッタかも
値段も◎屋大◎さんのお値打ち価格でしたから・・・

でも、留め袖ってほとんどが柄のない部分で
黒い布をもてあましちゃうんですよね。
だから、余計な買い物をしなかった自分を褒めてあげよう。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-01-11 17:51 | 着物 | Comments(0)

お正月飾り帯

今週の先生は先週と同じ唄の先生。
先週のクリスマス帯の裏側に何かある、
と気づかれたので、
今週はその裏側を・・・ということで
c0021551_20434561.jpg
お正月飾りの風呂敷を縫い付けた物。(クリック)
今年のお正月は海老を前面に出して締めています(クリック)
しかも、着物はこのリバーシブル着物の反対側(表?)です。

でも、先生と帯のおしゃべりはしなかったので、
気づかれずに終わりました(^^;)

[PR]
by yamamotoyk | 2016-12-28 20:52 | 着物 | Comments(2)

クリスマスツリー帯

さあ、クリスマス直前です。
こう一度クリスマスの帯を締めてもイイですよね。
今日は大先生の日なので絹物にしましょうか。

というわけで、
c0021551_21565598.jpg
クリスマスツリー帯です。
もうクリスマス直前なので
クリスマスの文字が見える位置でも良いでしょう。
ぎりぎりツリートップが見えてませんけど。

着物は母の古いほっこり紬です。
飛び柄の絣模様のように見えますが
実は裏を見れば糸が渡っています。
でも、柄合わせが実に見事になされていると指摘されて
改めて感心。そうなんだぁ~

暗い色なので気兼ねなく着ることができ
重宝しています。
(それでもあまり出番がない私は貧乏性かも)

ところが大先生は急遽お休み・・・
代わりにかなり実質的なお稽古となりましたが・・・
練習不足の私は・・・(じつは)失敗続き(しょんぼり)
発表会はもう目前なので練習せねば・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2016-12-21 22:13 | 着物 | Comments(0)

サンタ猫・別バージョン

サンタ猫ちゃんの別布お太鼓が無事縫い終わったので、
早速締めてみます。
c0021551_21145361.jpg
今日はもう一段クリスマスっぽいコーデにしてみました。
お買い物猫ちゃん一家と黒猫サンタさんです。

今日のお稽古では
1月14日(土)の中日ビル・ロビーコンサートの
シミュレーション練習

つまり、ロビーコンサートでは椅子に掛けて演奏するので
当日使用の椅子と譜面台を使っての練習です。
足乗せ台としてレンガ型発泡スチロールも準備してくださったし、
椅子用の簡単座布団も作ったので
色々試してみます。

それにしてもロビーという、いわば外での演奏は、
取り扱いに注意のいる三味線を持ってするのは、
なかなか神経を使うことです。
室内で何気なく行っていることも
思うに任せないかも・・・・
余計なことはしない方が良さそうです。

もう一度よ~く考えて持ち物など色々準備をしようと思います。

それにしても屋外、椅子での演奏は
ぢつは、これが最初ではありません。
なんとまだ初めて1年目の秋、愛知万博に出場したのですが、
その時は借り三味線だったし、
細かいことがあまりわかってない初心者だったので
何も考えずに終わってしまったというのが実情。
その時の写真を今見直していますが、
ごく普通の折りたたみ椅子と譜面台で
あっけらかーんとして演奏しています。
なんの悩みもなく平和を絵に描いたよう・・・(^_^;)

[PR]
by yamamotoyk | 2016-12-14 22:18 | 着物 | Comments(0)

サザンカ銘仙帯

もう師走なのに、頭が付いていかない・・・
せめて・・・
あ、サザンカが咲いているので
サザンカの帯を出してきました。
c0021551_23180675.jpg
叔母の若い頃の銘仙の着物をほどいて
黒い帯の反物に縫い付けた物です。

半襟はまだツタの枯葉のままです。
今年はとにかく何でも追いついていません・・・

がんばれ
でも・・・頑張れないm(_ _)m
(弱気だね~)

[PR]
by yamamotoyk | 2016-12-07 23:24 | 着物 | Comments(0)

クズの葉帯

忙しさもあるのですが、
紅葉狩りとか紅葉とか考える前に冬になってしまったような気候です。
いえいえ、普段なら紅葉真っ盛りのシーズンのはず。
だったら今シーズン真っ盛りの着物を着ないと・・・・ね。
c0021551_19335887.jpg
だったら、まとめて帯も着物も枯葉の面倒をみましょう!
着物はモミジ
帯は枯れた葛の葉

同系色の組み合わせになりました。
タレと帯〆の濃い色がアクセントになっています。

今日は1月14日(土)に中日ビル1階ロビーで行われる
ロビーコンサートについての話し合いをしました。
問題はそのコンサートでは椅子に腰掛けて三味線を弾くことです。
足の長さと椅子の座面位置の関係で
足の角度が変わると
三味線の角度が変わってくるので
演奏に支障が出るんですね。
それをどう克服するか・・・
と色々知恵を出しあって・・・来週に持ち越し。

さあどうなりますか、
皆様、1月14日(土)午後3時ころ、栄においでの際は
中日ビルのロービーをちらっと通過して下さい
よろしくお願いいたします。 m(_ _)m


[PR]
by yamamotoyk | 2016-11-30 20:29 | 着物 | Comments(0)

イギリス標識帯を締める

さあ、標識帯が完成したので、今日締めてみましょう。
帯が一番映える着物にしましょう。

というわけで・・・
c0021551_21245879.jpg
えんじ色の無地ウール(地紋有り)に合わせました。
帯〆は着物と帯に溶け込む色合い。
帯揚げは青ですが、ほとんど見えてませんね。

ちょっと半襟の見え方が変ですが
これに付いては、またいつか。

さて、気になっていた重さですが、
それほどは気になりませんでした。
着物にもよるかもしれませんけどね。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-11-16 21:46 | 着物 | Comments(0)