タグ:ふきのとう ( 3 ) タグの人気記事

烏骨鶏の卵とふきのとう

中日ビルの地下一階には色々面白い食料品店が並んでいます。
栄に行く用がある時はできれば覗いてみようと思っています。
もう先週のことになってしまいましたが、
いつも覗く乾物屋さんの向こう側の八百屋さん?を覗くと・・・
今年は値段が高くあまりお目にかかれないふきのとうが☆
お会計をと並んでいると、他のお客さんに烏骨鶏の卵を勧める店主さん。
産みたての烏骨鶏は珍しいのよ♪~
だれかが壁のポスター(映画:人生フルーツ)のことを話すと
この奥さんごく普通の奥さんの様に見えるのに
最近はすっかり有名人になられちゃったわね~
以前はよくこのお店にも来られていい方だったわよ~、って。
へ~、そうなんだぁ~・・・
というわけで、話のネタに烏骨鶏の卵4個入りも買ったというわけ。
c0021551_21221008.jpg
長男家と山分けで
左2個が烏骨鶏の卵(1個150円あまり)
右1個は普通の鶏の卵(10個100円の安売り)

さて、濃厚で美味しいというのを、どう味わいましょうか?

c0021551_21243923.jpg
取りあえず1個はお勧めの卵掛けご飯
夫と半分こだからちょっとしか無いわね(^_^;)

c0021551_21261325.jpg
そして週末の朝食にベーコンエッグを
三人なので3個
左の色の薄いのが烏骨鶏の卵。
半熟にして夫と半分こ

卵掛けご飯って、何年ぶり?
普通の卵掛けご飯の味忘れちゃったんで
フツーに美味しかった(^_^;)

半熟目玉焼きは
普通の卵と食べ比べ・・・・
どちらもフツーに美味しかった(^^;)

結論
ケチケチ食べたせいもあるけど・・・・
あまり違いがわからなかった(-_-)
ま、いいか。話の種にはなりましたね!

さて、ふきのとうは
c0021551_21323380.jpg
毎度おなじみの蕗味噌になりました。
でも、今回は白味噌を使ってみました。
c0021551_21331883.jpg
さすがに色が白いですね。
ふきのとうの緑の色がよくわかります。
たまに見るこういう色の蕗味噌は
こういう感じなのでしょうか?

色がキレイで、イイ感じと思ったのですが
味を見ると・・・
ちょっと頼りない・・・
いえ、かなり頼りない(-_-)

仕方が無いのでごっつい八丁味噌(皇室御用達)を
味を見ながら足していくと・・・・
折角キレイだった蕗味噌が・・・・
見かけがイマイチになってしまいました(^_^;)
だから写真は・・・無しで
でも、味はまあ満足
いつもの蕗味噌の香りになりました。

次回からは白味噌はやめよう・・・
(普段はないから心配ないけど)

[PR]
by yamamotoyk | 2017-03-13 21:48 | 食べ物 | Comments(2)

ふきのとう

テレビを見ていたら、
今年はふきのとうが例年よりずっと早く出てきた、
という話とともにフキ畑でふきのとうを探す人の映像が流れていました。

と思ったら、映像で見たのと同じようなふきのとうが
金山駅構内の産直出店にありました。
なんだか一個ずつがデカいし、たくさんあります。
ふきのとうをスーパーで買うと案外高いので
思わず買っちゃいました。
こんな野性味あふれるごついふきのとうは
まちなかでお目にかかることはできませんしね。
c0021551_18295192.jpg
ふきのとうは
蕗味噌にするしか能がありません。
だから、やっぱり蕗味噌にしましょう。

それにしてもこのごつい蕾のままってどうすればいいのかな?
よくわかりませんが、
ざっと洗って根元の方を少し切って
刻んで・・・先の方は硬そうなので
一番先っぽは捨てて・・・
だって、たくさんあるし・・・

その後でちょっと検索すると
先に茹でてから刻むと書いてありますね・・・
でも、もう刻んじゃったし、
土が付いていた感じはないからいいよね・・・

いつものように刻んだら
ごま油でよ~く炒めて
酒とみりんと味噌と砂糖をテキトーに入れて
適当に煮詰めて熱いうちに瓶に入れ蓋をして、
逆さにして置き、
さめたら冷蔵庫に入れました。
小瓶2個半できました。

それほどちゃんとした瓶詰めでは無いので
冷蔵庫保存のままほどほどに食べきりましょう。
もちろん朝食のお供です。

八丁味噌しかなかったので
香りを大事にするふきのとうにはいかがなものかと
多少心配ではありましたが、
冷めたらいい感じになりました。
ふきのとうの香りはあるし
味噌の渋みでふきのとうの苦みが
ごまかされているというか・・・

今回の野性味あふれるふきのとうは
きっと春の滋養たっぷりに違いありませんね。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-01-14 18:55 | 食べ物 | Comments(0)

蕗味噌

かなり前から、近くのスーパーにはふきのとうが出ていましたが、
結構いいお値段。(一パック400円台)

ちょっと、買う気になりませんでした。
待ってみてもいっこうに下がる気配もないし・・・

ところがの週末の買い物でダイエーに行くと
地場産コーナーで1パック200円台で出ていたので買いました。
どうしても食べたいと言うより、行事食、季節の食べ物、
そんな位置づけなので、やっぱね、ほどほどのお値段で出てきたら、
買わなくちゃ。
庭に植えてはみたんですが(蕗)さっさと枯れちゃいましたから。
無理なんですね、うちの過酷な庭では・・・

というわけで・・・
c0021551_18152730.jpg
小ぶりの上品なふきのとうです。
よく洗って、刻んで・・・
c0021551_18153561.jpg
まずは、ごま油で炒めました。
あぁ、ごま油のいい香り。
あ、ふきのとうの香りもしますよ。

だいたい色が変わって火が通ってきたら、
火を弱めて
c0021551_18154430.jpg
酒とみりんと味噌を入れます。
今回は地元の八丁味噌。(コレしかなかった)
量はテキトーです。

よ~く混ぜて、みりんと味噌の割合がよければそのまま煮詰め、
(要するに甘みの調整です)
適当な堅さになったら完成です。

だんだん作り方が省エネになってきましたね。
前は一度ゆでこぼした気もしますが・・・・
今日のふきのとうは小さくて堅いつぼみなので
きっと苦みも少ないでしょう。
それに赤味噌だから、ダイジョーブ。(根拠不明)

今週の朝ご飯のお供になりました。
変わった食材は努めて食べるようにしています。
微量の栄養素があると思うので。(根拠不明)

[PR]
by yamamotoyk | 2015-02-16 18:25 | 食べ物 | Comments(0)