タグ:ウール着物 ( 68 ) タグの人気記事

夏用シルクウール

昨日の雨、今日の曇りの天気で気温が低めです。
夕べはずいぶん寒く感じて(発見された)温度計を見ると27℃
寒いと言うほどの気温でもないのに、
よほど暑いのに身体が慣れたんですね(^_^;)

今日の曇り空と低めの気温なので
チャンスです。
c0021551_17501902.jpg
シルクウールのかなり透ける夏着物です
ウールなので暑いかな?でも透けるし・・・
と毎度着る時期を悩む着物ですが
今日は丁度良い感じです。(クリック)
実際丁度良い感じでした。
昔の夏はこんな気候だったのかも

帯も爽やかに麻の座布団側帯(クリック)
一応作家物です(^_^)v
作家物の帯ならチョー高価ですが
座布団側なのでそれなり、
しかも両面2枚あるので前も後も・・ね(^_^)v

1階に来てから写真を撮るのは洗面所の前
短い廊下に脚立を置いて撮っています。
やっとスペースを見つけて夫に細い鏡を壁に付けて貰いました。
これで、いちいち洗面所か玄関まで行って確認しなくてもよくなりました。
その玄関も、立てかけてあった鏡をちゃんと付けて貰いました。
もともと隣の2階用玄関に付けてあった物です。
c0021551_18005530.jpg
桟を探してねじ釘を打つのでずいぶん高い位置に付いていますが
大きな鏡なのでなんとか足もとまで写ります。
ナツズイセンとミョウガの葉を飾ってみました。
ナツズイセンは80cmもあるので迫力です。
花瓶を入れた箱に小風呂敷を掛けてますが、
処分に困った中途半端な布が山ほどあるので
それで何かしゃれたカバーを作ろうかな?
そういう物の収納、処遇にただいま頭を悩ませているんですね。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-07-27 18:14 | 着物 | Comments(0)

単衣の季節?

6月ですね。
着物を着る人にとっては単衣の季節到来です。
名古屋では6月5日の熱田まつりから浴衣を着る習慣があるし、
気象庁的には夏というのは6月からだそうです。

江戸時代には4月1日はわたぬきと言う別名があるように
綿入れから綿を抜く日、
綿を抜いた袷を着る時期は5月4日まで、
と言うことは今年で言えば
5月6日までは暖かい着物、
5月7日から6月8日までは涼し目で、
6月9日からは夏衣ということのようです。

おおよそ1300年代半ば~1800年代半ば、特に
江戸時代はミニ氷河期といわれるほど寒かったし、
家の構造や冷暖房も違うと考えたら
着る物は1段階違っていると考えると、
時期は合っているのかも、と言う気がします。

ま、何はともあれ、
ウール(夏は麻)を基本にしている私にとって
単衣の季節=明らかに涼しいウール(または浴衣)
とすると、やっぱりコレですね♪~
c0021551_21305782.jpg
ポーラです(化繊入りの薄手シルクウール)
厳密に見れば透けるんですが、
模様がもやもや(小花模様)しているので
透ける感じはわかりません。

帯を色々合わせてみて、
結局木綿のインテリア布の帯に決定
マーガレットの花の柄ですが
花の色が緑なので
ヤツデの葉に見えますね。

さて、今日は良いお天気ですが、
風が当たるとちょっと寒い感じもしましたが、
ま、おおむねちょうど良い感じでした。
中は木綿袖のうそつきと
綿クレープの裾よけにしました。

今日はお稽古の前に皆で揃って栄のウリボで
パスタランチをいただきました。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-06-01 23:39 | 着物 | Comments(0)

柳あをめる帯

良いお天気です。
日差しが強く暑くなりそうですが、
まだ空気は涼しいので大丈夫☆
こんな日はかりっとした木綿かな、
と思って会津木綿を出しましたが・・・
近くで見ると労働着っぽいので今日は止めです。
なぜって、今日のお稽古はお家元だからです。

ならば、薄手のウールにしましょう。
とは言え、サマーウールはもう何度も着ちゃったし
ポーラはさすがに薄すぎるので
フツーの薄手ウール、つまり私にとってのフツー物。
緑萌える季節なので
c0021551_16394414.jpg
どこが緑萌えるですか?茶色でしょうが・・・・
柄がツユクサのようなので
季節は今なんです。
以前はこの茶色が婆臭くて嫌だったんですが、
名実ともに婆が板に付いてきて、
気分に沿うようになってきました。

帯は無地っぽい物が合うと思って
柳に雀にしました。
コレは柳の枝で染めて絵を描いた物。(クリック)

でも、今着ることを思えばツバメにすれば良かった・・・(^_^;)
隣の春日井市で柳と言えばカエルですが、(クリック)
(小野道風の柳に飛びつく蛙、花札の柄)
蛙は難しかったので季節感のない雀にしましたが、
今頃後悔しています。

長い帯なので
結び方を変えれば見えるところに描き足しましょうか・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2016-05-18 16:59 | 着物 | Comments(0)

初夏の着物

この数日、晴れると夏日の名古屋ですが、
今日は午後雨の予報です。
そして、5月の連休直前で来週はお休みです。
更に言えば、今日から長唄のお稽古では"汐汲み”が始まります。

え~っと何か海っぽい帯は無いでしょうか。
有ることはありますが、夏帯だったり、縮緬だったり・・・
雨の予報で縮緬は、いけませんね。

だったら、海はやめてこどもの日バージョンと言うことで、
鯉のぼり帯の出番ですね。
鯉のぼりの鱗は実は青海波。
つまり海ですよ☆

この帯に合う着物で雨にも強く、この気候に合う着物を考えると
c0021551_23074291.jpg
サマーウールのこの着物♪~
細かい縮緬のようなシボがあるので
風が通って爽やかなんですね。

ところで波の一つを拡大すると
c0021551_23163888.jpg
亀に乗った浦島さん♪~

木綿布で作った帯ですが、
濡れるのも嫌だったので
この上にポリレースの長羽織を着て出ました。

今日から新しい方が入られて
お師匠さんは大喜び♪~
皆も嬉しいお稽古になりました。
まだ日の浅い方もいらっしゃるので
三味線が簡単な汐汲みは丁度いいですね。
でも、唄は難しそうですし、
唄の歌詞はいろいろ深読みも出来て楽しめそうです。

家の片付けでほとんど練習出来ない私には
ありがたい選曲となりそうです。

とりあえず、お手本のCD化が再来週までの宿題です。
(来週はお休みだから)

[PR]
by yamamotoyk | 2016-04-27 23:30 | 着物 | Comments(0)

若草ウール

朝、マゴ君を保育園に送っていくときはちょっと寒かったので、
暑いときには涼しく、寒いときには暖かい
しっかり生地のウールにしようと思いました。
レースっぽいショールが春らしくて良いかな、
な~んて思って、

c0021551_21253004.jpg
昼頃家を出ると・・・
さぶっ!
首筋と肩の辺りもちょっと寒いかも・・・

でも、引き返してもう少ししっかりしたショールに替えるのも面倒で
このままで通しちゃいましたが
ちょっと後悔しました。

朝涼しくても、
日差しがあって暑くなる日もあれば
曇っているわけでも無いのに
全然暑くならない日もあるので
気温予想が難しいことです。
家の断熱性が良すぎると
アメリカのように天気予報ではなく
気温予報、あるいは現在の外気温報告の方が
大切になってきますね。
贅沢な悩みです。

今日のお稽古はちょっと嬉しいことが。
それは、新しい方が入られるらしいこと。
似た年代の方のようですが、
末永くご一緒できると良いなと思います。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-04-20 21:36 | 着物 | Comments(0)

フジの花が咲いたよ帯

今日はNPO の長唄講習会です。
お庭のフジの花が咲き始めたので、
藤の帯を締めようと思います。
NPOの長唄講習会は月に一回なので
今日を逃すと来月ではもう季節外れになりますからね。

今日は曇っていてやや肌寒いのですが、
コートを着るほどでは無いので
着物は純ウールをしっかり着込みました。
ウールなので単衣ですけど。
c0021551_20314374.jpg
今日からは雛鶴三番叟です。
8月20日(土)中電ホール
の発表会で披露する予定だそうです。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-04-10 20:51 | 着物 | Comments(2)

花の帯

桜が満開を過ぎ、花吹雪状態です。
風もないのに、はらはら、はらはら。
道の端はピンクの絨毯。

もうこうなっては桜の帯では・・・
というわけで、花の帯にしました。
c0021551_21334193.jpg
この帯はごく初期に作った帯で、
貼り付けと言うより
筒状に縫った中に古い帯を通してあります。
なので、結構重くて厚い帯になっています。
それが出番の少ない原因でもあったので
時間ができたら改良したいと思っています。

実はこの帯、もとは私のレーヨンのワンピースで、
花びらの部分には綿を入れて膨らませてあります。

さあ、秋の芸能発表会のことが少しわかってきました。
ずいぶん大人数の発表になるようです。
都鳥の唄はもう一度仕切り直さねばならない感じです。
9月18日(日) 中日劇場
時間はまだ不明ですが、
皆様お時間があれば、是非お出かけ下さい。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-04-06 22:08 | 着物 | Comments(0)

三人官女帯

まだ体はだるいけれど、頑張ってお稽古に行きました。
c0021551_18444094.jpg
三人官女、酔っ払って女子会の図
お花いっぱいのしょうざんシルクウール着物に合わせました。

無論、三人官女の素材は風呂敷です。

それにしても、いつまでこんなことやってんだか・・・・
ま、いいか・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2016-03-02 18:48 | 着物 | Comments(4)

リストランテ・フェデリコ帯

4月3日(日)の愛知県芸術劇場小ホールでの発表会が迫っています。
あら、本腰を入れないと・・・・

と言うわけで、今日もまた
例のニューヨークの猫シリーズ帯

着物は小豆色のウール
c0021551_21083241.jpg
今日の猫は
c0021551_21090603.jpg
レストラン・フェデリーコの
看板です

前回のグレーの着物より
今回の小豆色の方が
雰囲気がありますね

[PR]
by yamamotoyk | 2016-02-21 21:16 | 着物 | Comments(2)

靴修理屋さんの猫帯

いよいよ、昨日できたばかりの帯をば・・・

c0021551_18064761.jpg
帯が一番目立つ
グレーの無地(織り柄のみ)シルクウールにしました。
帯〆もシンプルに

前帯はいい感じのところが出ました。
お太鼓部分は実はちょっと場所がマズく残念
もう一枚の絵にしようとすると
タレが出なくなってしまうんです。
でも、いまさらやり替える気にもならないので
当分このまま
タレが見えなくてもいいや・・・って。

そこで今日は失敗が全く影響しない柄にしました。
c0021551_18065661.jpg
靴修理の看板の上に猫が居ます

さて、昨日からタカシマヤの呉味の市(ターシャ・チューダー展も)です。
色々迷った末
朝イチから出かけました。
ちょっと上等な帯〆が無いかな・・・・(無かったけど)
というのと
お弾き初めに着なかった青の色無地を洗い張りするか否か
ということで・・・

安くしようと思えばネットで頼むという手もありますが、
考えたら面倒になってきて
高いけど高島屋さんに呉味の市で来ている
山忠さんに頼むことにしちゃいました。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-02-17 18:13 | 着物 | Comments(0)