タグ:ウール着物 ( 88 ) タグの人気記事

バティック帯で

昨日の話ですが、
ワモさんの出店に行くにはやはりバティック帯ですよね~
しかもよくわからない変わったバティックがいいですね。

となるとやはりこの帯かな?
c0021551_22242842.jpg
いささか怪しい私の記憶では
本山の蝉丸さんで掘り出したバティックの端切れ。
それで作った帯。
何の模様だか今ひとつ不明ですが、
なんだか怪しい柄です。
というわけで蝉丸バティック帯と命名しましょう。

最近帯の数が増えてきたので
ちょっと出番が減っていた帯ですが、
怪しい雰囲気と明るい色で、
ちょっと見直してもいいかな、と思わせる帯ですね。

お天気がややイマイチなのでウールにしましょうか。
帯が目立つかな、ということでこの純ウール着物に決定。
所々にピンクの物が飛んでいます。

デパートに出展したワモさんの話は(クリック

[PR]
by yamamotoyk | 2015-11-14 22:41 | 着物 | Comments(0)

雨のモナコグランプリ

今日は月一回の長唄講習会@津賀田中学校
自分の三味線持参で瀧流しにも参加しようと思います。
どう考えても三味線持参は大変なので車を確保しました。
あらら、朝から雨です。車確保しておいて良かったです。

それでもやはり、雨に強そうで着心地もまあまあな着物は・・・
c0021551_21582275.jpg
やっぱりポリ混ウールの白黒着物、
コレですね☆
帯は気分でモナコグランプリ帯。
何の理由もありません。
Fー1グランプリは
先週メキシコグランプリ、来週ブラジルグランプリで
今週休みですし・・・
結構良い感じの組み合わせですね。

車の運転は靴を履くので
足袋ではなく、足袋型ソックスをはいて、
さらに用心して雨ケープを着ていこうと思います。
でも、格好悪いので、車から降りたら、
雨草履を履こうと思います(^_^;)ゞ

三味線を背負ってお弁当持って、大荷物。
あらら、撥を忘れて、先生にお借りしちゃいました。
先生ありがとうございました m(_ _)m

神田祭は唄で参加。
瀧流しから段切れは三味線で参加となります。
まだ段切れの暗譜が出来ていないので、
頑張らねば。
お囃子と一緒の瀧流しは本当に気持ちが良いですが、
所々合わないので(^_^;)アセアセ
録音を良く聞いて研究せねば。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-11-08 22:15 | 着物 | Comments(0)

我が家の庭コーデ着物

さあ、今日から11月のお稽古です。
いえ、別に長唄のお稽古に季節があるわけではありませんが、
今月ワタシはお茶当番。ちょっとだけ緊張・・・

なにか久しぶりの着物にしようと押し入れを見ます。
最近ちょっとご無沙汰だったサファリうまこさんにしますか。
せめて、今まで合わせたことの無かった帯にしましょう。
というわけで、菊の帯です。
今回はジャングルサファリではなく・・・
雑草だらけの我が庭に菊が咲き始めた、という感じです。
c0021551_21563290.jpg
今日は昨日考えたように羽織に襟巻きにします。
お茶当番なので、マーガレットタイプの方のショールにします。
水仕事時にはたすき代わりになりますから。(クリック
羽織はお嫁入りの時に持ってきた物。
派手~な感じだったので、今回がお初。
サファリうまこさんが暗い色なので
今回は丁度良い感じかな?

今日は、外記猿と都鳥をた~っぷりして頂き、
疲れましたが、充実感いっぱいです。
おまけにお弾き初めおよび新年会の日取りも決まったので
中日パレスの宴会場を押さえることができてほっと一安心。
取れなくて別会場で行った年もありましたから
一番の懸案事項でした。(クリック
お弾き初めは2月3日(水)13:00~15:00です。
皆様、どうぞ、長唄を聞いて
おまんじゅうを食べる会においで下さい m(_ _)m

[PR]
by yamamotoyk | 2015-11-04 22:46 | 着物 | Comments(0)

曙港コーデ

今日はやっとかめ文化祭関連の催事
能楽堂に舞い唄う「恋は神代の昔から」という会に行きます。

能楽堂は地下鉄浅間町の駅からちぃと歩くので・・・
c0021551_22064486.jpg
気兼ねのない着物はやっぱりウール・・・(^_^;)
曙横段ウールにしますか。
あまりなかったコーデにしようと思います。
だから、明け方の港ということで
藍型(えーがた)風船帯にしましょう。

今日は晴れて気温も上がるとのことでしたが、
基本、もう寒いので・・・
c0021551_22065099.jpg
スカーフのマーガレットとスヌードを2枚使い(左)で行きました。
スヌードだけでは帯の保護にならないし、
マーガレットだけでは首が寒いのと
前が寂しいからです。(右)
このマーガレットはやや短めで腕が出てしまうので
このアームウオーマー使いでOK?
あと日差しの中を歩くので帽子も。

羽織とスヌードでも良かったんですが、
暑くなって脱いだら荷物になるかな?と。
でも羽織りとスヌードの方がかっこよかったかな?
羽織りを出してみなくちゃね。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-11-03 22:24 | 着物 | Comments(2)

黄茶格子ウール

昨夜の雨から一転抜けるような青空です。
小寒い空気が広がりますが、
朝の曇り空と昼の太陽で、今日はまずまずの好天気、好気温
明日からは寒気が入り寒くなるとか・・・

この季節らしい色柄の着物は、っと
c0021551_17233137.jpg
黄色や茶色など多色使いのウールですが、
ウールだけでなく色々な繊維が使ってあるようです。
ちょっときらきらした艶もあり、
お気に入りの一枚。
紬に見えるかな?って・・・

あら、背中心がゆがんでます・・・
半襟が見えてるし・・・
うそつき襦袢の襟の辺りの仕立てがイマイチで・・
処分するかちょっとお直しが必要かも。

帯はずいぶん前、反物を柳の皮で染めて(クリック
布用絵の具と墨で柄付けしたモノ。(クリック
但し、柄の位置が悪く
締めるのに毎回苦労しています。

今日はそれを逆手にとって
朝の連ドラ「あさが来た」の
商家のおかみさん風角出しを取り入れて・・・
どこを真似たかというと、
角出しの角というか羽根というか、
手先をぐいっと上に持って行って
お太鼓の上の方を平らにしたつもり。
羽根を下の方に持って行くと
下ぶくれの角出しになるんですけどね。

長さが不足なので
お太鼓が小さくなって
全体の形は「あさが来た」風には見えませんが。

この帯も全体の長さはたっぷりあるので
柄を描き足してみようかしら・・・
またいつかね(^o^)v

[PR]
by yamamotoyk | 2015-10-28 18:15 | 着物 | Comments(4)

新装大須演芸場

今日は新しくなった大須演芸場で、
奥山景布子女史の新作:たらふくつるてん出版記念落語会です。

奥山景布子女史、以前は長唄のお仲間さんで、
長唄関連のお仕事も色々されているので
長唄の先生方も多数いらっしゃいます。
とまあ、色々あって
私もチケットを買わせて頂くことに(^_^;)ゝ

先日来の薄紫無地紬を着ようと思っていたのですが・・・・
え?夜に雨ですか?
さすがにちょっとマズイですよね・・・
というわけで、ちょっと改まった感じのウールは・・・
c0021551_23061088.jpg
じみ~ですが、
鶴松しょうざんウールです。
たらふくつるてんですからね。
え?つるてんって鶴てんじゃないの?
な~んだ、三味線の音を擬音化してるだけか・・・
鶴だと思って着物は鶴松だし
帯は鶴の羽根のつもりだったのに・・・

気を取り直して・・・
帯揚げはちょっと色つけでモミジ色
帯留めは・・・
c0021551_23102651.jpg
なにげにハロウィ~ン
誰も気づかないし、言うのも忘れたけど・・・
いいんです、ここで皆さんに見てもらえたから・・・

それにしても開場6時30分を開演と勘違いして、
ひどく慌てて、色々準備して家を飛び出して・・・・
(ちょっと手抜きして罰が当たった?)

おなかすいたし・・・・
最近よく見る唐揚げ屋さんが
演芸場の近くにあったのでそれで腹ごしらえ。
試してみたかったから、良しとしますか・・・
つづき

[PR]
by yamamotoyk | 2015-10-27 23:17 | 着物 | Comments(0)

菊唐草帯

17日の土曜日は、
津賀田中学の講習会で会う小学生のお嬢さんに
石田流生け花のチケットを頂いたので、
勇んでお出かけです。
c0021551_17255471.jpg
織り柄のシルクウール、
もうずいぶん長く着ています。
帯が映えるので重宝しています。

帯は菊を図案化したもので、
もとは母の羽織。
丈の短い羽織だったので、
着ないと思ってほどき、帯にしましたが、
まだ、うまく帯が作れない頃だったので
かなりイマイチで、その後何度も作り直して、
なのに、未だにイマイチのままです。
今となってはこの帯も短すぎるので
また作り直すか、あるいは
残り布が十分あればもう一本新たに作るか
なんとかしたいと思っています。

さて、石田流のお花、
今回は芭蕉の句をテーマにした作品とか
c0021551_20415966.jpg
なるほど・・・・
c0021551_20423846.jpg
選んだ句の世界を表現する作品になっています。
c0021551_20431450.jpg
前に置いてある句を読みながらみると
挿絵のようでもあり、
舞台装置のようにも見えますね。

さて、目指す彼女の作品は・・・?
c0021551_20434593.jpg
おぉ~、ありますね。
こちらの流派は子供達にも力を入れているのでしょうか、
たくさんの若い人たちの作品が並んでいる一角に見つけました。
ステキな作品に仕上がっていますね!

見つけたので安心してもう一度最初から見ました。
c0021551_20433269.jpg
こちらもステキ☆

さて、次ははごろもさんに会いに呉服売り場へ・・・
松坂屋はただいま改装中で迷子になりそうです。
無事はごろもさんにお会い出来て
藤紫色の別の出会いもあって・・・
また改めて、書きましょう。(クリック)

おりしも街は名古屋まつり真っ最中(失念してました)
100m大通りの名古屋めしの催事で
昼食用のカツサンドやら肉まんやら手羽先やらを買って
急いで帰宅しました。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-10-18 20:58 | 着物 | Comments(3)

眩暈格子着物

先週、日にちを間違えて(>_<) 出かけてしまいましたが、
今日が本番です。
朝は雨。お昼になっても止んでいるのかいないのか・・・
というわけで・・・
c0021551_20483167.jpg
悪党の着るような黒白格子ですが、
ちょっと眼がグルグルしそうです。
ウールですが、ナイロンか何かが混ざっていそうな素材。
これなら少々の雨でもはじいてしまいそうです。

この着物は一番最初に縫って、
その上、間違えて肩の部分を切ってしまい、
再度縫い合わせた物。(クリック)(クリック
もう10年も前のことです。

帯はMONONさんの閉店セールの時のバティック布帯

長唄講習会とお囃子合わせ稽古、
思いっきりおなかから声を出して
ついでに勧進帳の滝流しから段切れまでの三味線も弾いて
ストレス発散の2時間でした。

それにしても、次回からは自分の三味線が必要ですか?
今回は唄の先生の三味線をお借りしましたけど、
わぉ、大変です・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2015-10-11 21:47 | 着物 | Comments(0)

夏日ならサマーウール

天気予報では夏日とか・・・(最高気温が25℃以上)
むっと暑いのも嫌だし、
重い着物には気分が向きません。
未練がましく、涼しい素材の着物が洗わずに置いてあります。
・・・が、さすがにもう10月・・・・ですよね~

押し入れに積み上がったカジュアル着物を眺めると、
真っ先に目に飛び込んだのが・・・
c0021551_19364563.jpg
黒地に白い十字絣のサマーウールです。
お気に入りの一枚です。
明石縮みにも間違えられることのある
細かいシボ。
ウールなので明石縮みよりシボは大きく
ほっこりした素材感です。

サマーウールと言っても
ポーラーのように透けることはなく
見た目も涼しそうではありませんが
シボと織り目の粗さ?で風が通り、
さっぱり爽やかな着物です。
これなら今日の気候にぴったりですね。

帯はエスニックショップの壁に掛かっていたバティック布
(で作った帯)
木綿だそうですが、粗い素材感がワイルドで
意外に合わせるのが難しいのですが、
今日は上手く合ったかしら?

足もとは前回決心したように(大げさ)
c0021551_19365249.jpg
カレンブロッソは止めて
大事にしすぎた、ちぐさのおじちゃんのフワフワ草履。
はかなきゃ値打ちが出ませんよ。

お稽古は三味線の先生なので
松の緑x2にはじまり、都鳥、滝流し、外記猿
たっぷり、ず~っと三味線を弾いていました。
腕が疲れたかも・・・・(^_^;)


[PR]
by yamamotoyk | 2015-10-07 19:55 | 着物 | Comments(2)

モミジのシルクウール

昨夜から一段と涼しく(寒く?)なってきました。
安心して単衣の絹物が着られそうですが・・・・
万筋紬の単衣か地紙銘仙にしようかと・・・
でも、いざ出してみると急に惜しくなり(弱腰・・)
c0021551_21371565.jpg
結局いつものシルクウールになりました。
お膝の上でお弁当を食べることになりそうですし・・・

帯は軽いバティック
こちらの面と裏の面(黄茶)と悩んで
こちらに。
鏡で見てまあまあの組み合わせだと思ったのですが、
こうしてカメラに収まると、ちょっと寝ぼけた組み合わせなので
ちょっとがっかり。

なぜなら・・・
お稽古の前に伝統工芸展に行こうと思ったからですが。
案の定、気合いの入った服装の方が多いです。
着物姿もちらほら・・・

さて、以後に続きます。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-09-30 21:46 | 着物 | Comments(2)