タグ:ギンナン ( 6 ) タグの人気記事

ぎんなんの保存

ギンナンは季節に全部茹でたり煎ったりして
冷凍保存しますが、
殻を剥いただけのギンナンを
油に漬けて保存する
という方法を書き込んで下さった方がいます。

そこで昨年秋に小瓶に3個作ってみました。
先日1瓶開けて
いろいろ試してみました。
その結果、
油で揚げて、冷凍保存するのが
簡単で美味しいという結論に達しました。
c0021551_21241444.jpg
今日はまた揚げ物をしようと思うので
ついでに油漬けギンナンを揚げてみようと思います。
c0021551_21242514.jpg
あら?
蓋を開けると、マズイ事態に・・・・
黒いのはカビのようです。
油から飛び出していた部分に
カビが出てしまいました。
これは、このまま庭に埋めましょう。
庭の餌(肥やし)になります。

油で保存する時は
油から出ないような注意が必要ですね。

さて、もう一瓶あるので
c0021551_21242040.jpg
薄皮のまま揚げました。
でも写真を撮るのに手間取って揚げすぎてしまいました(>_<)
薄皮はとても簡単に取れます。
そのあと冷凍しました。

茹でたり煎ったりしたギンナンより
油で揚げたギンナンの方が
料理に使った時美味しいです。

結論

シーズン早い時期にギンナンを買ったら
カラを割り、油で揚げ(揚げすぎないように)
冷凍しようと思います。

やっぱり冷凍してある方が使いやすいですし、
揚げたギンナンが一番美味しいです。
油はほとんど気になりません。

[PR]
by yamamotoyk | 2018-01-13 21:41 | 食べ物 | Comments(0)

秋の恵み(栗ぎんなんタマネギ白菜)

今日の八百屋さんは
秋本番
って感じでした。

アケビ♪~
c0021551_21072126.jpg
しかも値段が半額になっていたので、即お買い上げ~☆
いつか、アケビの肉味噌炒めになる予定♪~

ぎんなん
c0021551_21091616.jpg
道路にはたっぷり落ちて潰れていますが・・・・
ひどくかぶれるようになったので
お金を出して買うようになりました(T_T)

そして、昨年頂いた情報に従って・・・
c0021551_21134055.jpg
殻を割って取り出した実を油漬けにしました。
食べようと思うときに油から取り出して
茹でるなり煎るなりするのだそうです。
一部はすぐ塩煎りにしておつまみにしちゃいましたけど♪~

そして栗
こちらはそろそろ本番になって来て
スーパーでも見られるようになりましたが・・・・
今日は
c0021551_21174182.jpg
お正月用の栗の甘露煮です。

今回は30分蒸した栗の皮を剥き
水400g、砂糖250g、ミリン大さじ2、砕いたクチナシの実2個(袋に入れて)
を煮立てた中に剥いた栗を入れ、5分ほど煮立て、
冷まします。
試食すると、ん、美味しいです。
もう一度煮立て10分ほど煮た後瓶詰めにしました。
この甘さでよければ、
次回からは試食抜きですぐ瓶詰めにしてもイイかな。

c0021551_21294815.jpg
八百屋さんには白タマネギというのがあったので、
試しに
この春よく作ったタマネギの甘酢麺つゆ漬けを作ってみました。
さらさなくてもすぐサラダにできる・・・はずですが、
小さいカケラを食べてみると・・・ひ辛いです(>_<)
ま、来週まで液に漬けておけば大丈夫でしょう☆

c0021551_21354053.jpg
まだぬか漬けは健在ですが
白菜漬けも始めちゃいました。

ぬか漬けは毎日の維持に手間がかかるので
うちでは夕食にしか間に合いません。

白菜漬けは朝食用にぴったりなので
白菜が柔らかくて美味しくなっているようなら
白菜漬け開始ですね。
もしまだ硬いなら、またもう少し後で再開ですね。

そう言えば、もう一品秋
c0021551_22105267.jpg
サンマです。
しかし、サンマをそのまま焼くのは、
大ばあちゃんが食べるにはちょっと無理が・・・
そこで3枚におろし3%の塩水にしばらく漬けたあと冷蔵庫で乾燥。
はい干物のようにしてから小麦粉をはたいてフライパンで焼く
つまりムニエルにして、上から野菜のトマト煮をかけました。
別にサンマでなくても構わない料理かも(^^;)
ま、いいか・・・

秋満喫の一日でしたね☆

[PR]
by yamamotoyk | 2017-09-30 22:07 | 食べ物 | Comments(0)

保存用ギンナン

土曜日は八百屋さんへ行きます。
卵が安いからですが、
今日は安いぎんなんがありました。
サイズ不選別の大袋はあまりに量が多かったので
(きっと居酒屋さんなどの業務用)
中袋にしました。見かけはほとんど小袋ですが、
殻を割って・・・と考えるとこれで十分。

友人はレンジでチンするというので
先日の小袋で試してみましたが、
結構早く冷えて硬くなるので
渋皮を取るのが結構大変なので、
やっぱり量が多い時は塩茹でが一番です。
固い殻を取ってオタマジャクシで頭をこすりながら茹でれば、
渋皮が取れます。
c0021551_22055768.jpg
まだまだきれいな緑のぎんなんですね♪~
塩茹でにすると、ほどよい塩味が付いて、
このまま食べても美味しい☆
夫に食べる?と聞いたら、もう歯を磨いたので食べないそうで、
減らなくてヨカッタ(^_^;)・・・ということで
ファスナー付の小袋に入れて冷凍しました。

本当は冷凍しちゃうと味が落ちますが、
仕方ないです。
他の保存方法は知りませんから。

でも、クックパッドを丹念に調べると
殻を割って薄皮が付いたまま油に入れて保存する、
というのを見つけました。(クリック)
いいかも・・・

さ、これで一冬分のお楽しみ完成。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-10-15 22:42 | 食べ物 | Comments(0)

初物いろいろ

このところの長雨と比較的高い気温で
つまり蒸し暑いんですが・・・・
でもやっぱり庭は以前より涼しいらしく・・・
c0021551_19522015.jpg
青シソが慌てて花を咲かせ、
ボチボチ最後の花になって来たので
急いで収穫
洗って容器に入れ塩をたっぷり。
塩漬けにしました。


八百屋さんでギンナンを見かけたので
小さいパックを買いました
c0021551_19544722.jpg
早速殻を割り、塩と一緒に炒りました
食べました。
あ、あ、写真撮らなきゃ・・・・
と言うわけで、無くなっちゃう前にパチリ。
シーズンの始めはきれいな緑ですね~☆

折しも今年はぎんなんが大豊作というニュースが・・・
でも、数が多いとサイズが小さくなるので困るのだとか。
しかも街路樹のギンナンが大量に落ちて
皆さんが困る・・・ことも


ところで、うちの生け垣によじ登ってきた例の冬瓜(クリック)
ちょっと斑点が出てきたので収穫しました。
c0021551_20083745.jpg
半分に切ってから思いついて計測
長さはこれから憶測すると20cm弱
c0021551_20085361.jpg
直径は12cmほど。

今夜のおかずに
半分だけ使いました。
c0021551_20284294.jpg
念願のミョウガ味噌のアレンジ
挽肉と椎茸とトウガラシを炒めて味噌醤油酒みりんで味付け
そこへ炒めた茄子と大きめミョウガを入れてなじませ、
とろみを付けた肉味噌を
ダシで下煮したトウガンに掛けました。
で枝豆も彩りに混ぜました。

箸休めには・・・
c0021551_20314324.jpg
ジーマミー豆腐NHK 風(クリック)

NHKの番組で見た作り方はいたく簡単。
渋皮も取らず、ピーナッツのカスも絞らず(^_^;)

でも、スーパーで買った落花生はイマイチ新鮮でなくて
渋皮もキレイじゃないので、取りましたけど、
カスは絞らずそのまま一緒。
で、使ったデンプンは芋くずです。
最初ざらざらした舌触りが気になったけど、
なんだか慣れちゃいました。
慣れると、この作り方、簡単で無駄も出ないのでいいカモ♪~
以後この方法を採用することにしました。

それにしてもこの番組2014年ですって
そんな昔の再放送?
それとも別番組?レシピは同じなんですけどね。

さて、上のジーマミー豆腐、
ワサビをちょっと乗せて
その上から梅味噌を掛けました。
甘酸っぱい梅味噌、合いますね。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-10-04 21:02 | 食べ物 | Comments(0)

初ぎんなん

いつもの八百屋さんに先週、ぎんなんが出ていました。
でも、先週は忙しかったので見送り。
今週はお値段がずいぶん下がっていました。
ぎんなんはなるべく新鮮な間に処理したいので
早速購入。
c0021551_22552816.jpg
夕食後処理開始
ギンナン割器の登場です。

c0021551_22554062.jpg
そして味と手間の間を取って茹でぎんなんに。
もちろん簡単なのは封筒に入れてレンジでチン
美味しいけど手間なのは塩煎り
c0021551_22594169.jpg
壊れた数個を味見して
あとは冷凍庫へ直行です。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-10-10 23:38 | 食べ物 | Comments(0)

秋の食べ物三種

金山の催事で見つけたので・・・
c0021551_21024773.jpg
思わず購入(安かったし・・・)

まずはギンナンの殻を割り
c0021551_21033613.jpg
塩茹でしました。
穴あきオタマでこすりながら薄皮を剥きます。

c0021551_21044962.jpg
まだ、時期が早いからでしょうか?
とてもきれいな緑、翡翠のような緑色です。
割れたのをいくつか試食。
茹でたては美味しいですね。
冷めるともう美味しくないので、あとはジップログに入れて冷凍。

で、栗は・・・
栗を保存するのはお正月のためです。
お節料理にきんとんを作るためです。
とすれば、茹でて保存しても問題無いわけです。
ことさら難しい甘露煮の瓶詰めを作るのは
エネルギーの無駄なような気がします。

せめてきんとんにかたまりの栗を入れられるように、
茹でた栗をスプーンで掻き出すのではなく、
茹でた栗の皮を剥いて丸い状態で冷凍することにしました。

c0021551_21352735.jpg
さ、これでお正月の栗の準備はOK☆


さて、昨日八百屋さんで見つけたのは・・・
c0021551_21380294.jpg
みごとなアケビです。

中のタネを出して・・・
ちょっと食べてみました。
タネの周りのワタと言えばよいか、ゼリー状の部分は
ほんのり甘く・・・
でも、結構なお値段、これだけのために払うわけではありませんで、
c0021551_21403455.jpg
アケビの厚い皮の部分を2cmほどの厚さに切り、
ニンニクのみじん切りをゴマ油で炒めた所へ
アケビを入れて焼いて、挽肉も入れて炒めて
梅味噌をスープの素を入れて蒸し炒め。

茶色だけでは寂しいので
別の鍋で塩茹でにしておいた十六ササゲを最後に混ぜ入れ、
タネの周りのワタも網で漉して混ぜ入れました。
上に大葉(青じそ)の千切りを掛けました。

アケビはほんのりにがく、実が少し溶けてとろみが付きました。
このとろみが味噌などの味を絡めるので、
味が良く馴染んで良いですね。

今年のイクラも食べたし、サンマも食べたし、
ギンナンも栗もアケビも食べました。
結構、結構♪~

[PR]
by yamamotoyk | 2014-09-14 21:55 | 食べ物 | Comments(0)