「ほっ」と。キャンペーン

タグ:ファブリック帯 ( 36 ) タグの人気記事

2月最後のお稽古

寒さが緩んだので、とは言え、
前日よりは寒くて庭の手水鉢が凍っていましたけど・・・
分厚い着物はやめました。
ごく普通のウール混の単衣にファブリック帯です。(クリック)
c0021551_21095564.jpg
今日はお家元のお稽古
お弾き初めの詳細、新しいことは何も決まりませんでしたが
中身の濃いお稽古になりました。
ま、いいか・・・・
来週も唄の先生なので
頑張りましょう。
三味線は家でひたすら練習あるのみですが
唄はお手本がないと難しいんですが、
ぢつはそれが完全ではないので苦労するんですね(^^;)

[PR]
by yamamotoyk | 2017-02-22 21:27 | 着物 | Comments(0)

今日も襲の着物

今日は古い仕事仲間の新年会です。
交通の便もあって駅前のいつものお店。

今日は二十四節気の雨水だそうで、
それは降るものが雪から雨になる
氷が溶けて水になる、そんな季節・・・なんだそうで、
確かに今日の名古屋はあまり冷たくない気候です。

何を着ようか・・・
襲の着物はそろそろ終わりに近づいたので
もういっぺん・・・
c0021551_22133377.jpg
シルックの万筋、江戸小紋ですが、
胴抜きになっています。
つまり見かけは袷。
でも、背中は単衣。
それに会津木綿を合わせてみました。

帯はウールジョーゼットの洋服生地。

半襟は例のお雛様
結局お内裏様は裏側に行っちゃって不在(^^;)
c0021551_22190557.jpg

[PR]
by yamamotoyk | 2017-02-18 22:29 | 着物 | Comments(2)

早春賦コーデ

早春賦:春は名のみの風の寒さや・・・♪
もうすぐ立春、季節の名前は春になって来ますが、
風は本当に寒いです。

とは言え、春の草はもう芽を出していますから・・・
今日のコーデは思いつきで命名の早春賦コーデ。

c0021551_21250990.jpg
寒い風と春の草

着物は表地がペイズリー柄のウール、裏がポリのリバーシブル
帯は角出しが結べるぎりぎりの長さの手作り帯
ウイリアムモリス柄の木綿地です。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-02-01 21:53 | 着物 | Comments(2)

イギリス標識帯を締める

さあ、標識帯が完成したので、今日締めてみましょう。
帯が一番映える着物にしましょう。

というわけで・・・
c0021551_21245879.jpg
えんじ色の無地ウール(地紋有り)に合わせました。
帯〆は着物と帯に溶け込む色合い。
帯揚げは青ですが、ほとんど見えてませんね。

ちょっと半襟の見え方が変ですが
これに付いては、またいつか。

さて、気になっていた重さですが、
それほどは気になりませんでした。
着物にもよるかもしれませんけどね。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-11-16 21:46 | 着物 | Comments(0)

イギリス標識帯

お太鼓だけを泥縄で縫い付けた帯、(クリック
なかなか胴部分が仕上がらなくて・・・・

でも、今日やっと時間を見つけて最後のなん10cmかをチクチク
c0021551_21263194.jpg
ちなみに引き抜き用の帯なので
お太鼓部分のタレは・・・
c0021551_21281427.jpg
反対側の布がタレに・・・

で、お太鼓の裏側は
c0021551_21303143.jpg
こんな感じ

ちなみに、もともとの帯、つまり表側は
c0021551_21525798.jpg
モナコグランプリ帯です

もともと帆布に縫い付けた帯だったのに
帆布側が使いにくい感じだったので
そこに更に縫い付けちゃった、
つまり3枚分の生地になったのでずっしりと重いです。
実際締めるとどうなんでしょうか。
早速試してみたくなります。

さっそく水曜日のお稽古に締めていきたくなりました♪~

[PR]
by yamamotoyk | 2016-11-14 22:01 | 和装製作 | Comments(0)

泥縄・標識帯

またまた急激な気温の低下です。
12月の気温ですって?
12月と言えば冬ですよ、冬!

でも、全然気分が乗っていないので、
季節を考えずに暖かそうな気分の着物
ということで、伊勢木綿の着物を考えました。
木綿ということで、つい毎度暑い時期に着て、毎回失敗・・・・
と言うことで、今回は急に寒くなった今日着てみることにしました。

で、帯は?
帯合わせもいつも失敗するのがこの着物の常。
今回も色でそれらしい帯を合わせてみますが、
どうもイマイチです。
では、素材感では?
ということで思いついたのは、大塚屋で買った布。
クリスマスではありません。
行くたびに迷っていたもう一枚の布ですが・・・・

思いついたときがその時です。
何の時?
泥縄といわれようとも・・・
お太鼓だけでも縫い付けちゃいましょう!
ということで、ギリギリ時間内でできちゃいました!
最後は昼食を準備しながら、食べながら・・・(^_^;)
何とか遅刻しない時刻にできあがりました(^_^)v
c0021551_22032360.jpg
前帯はモナコグランプリ帯(クリック)
そして、今回慌てて縫い付けたお太鼓部分が
c0021551_22185080.jpg
上のグランプリ帯は麻混ですが、
今回の標識柄の布は木綿
ただ、布の感じや色が似ているし、
自動車関連の布ということでま、いいかな、って。

さ、次は前部分の布も縫い付けねば☆
この際なのでもう少しがんばりましょう。

で、この上に羽織ったのは、
早くもいつものマント!(クリック)
だって冬と同じ気温だそうですからね(^o^)
結果は丁度よい感じでした。
この着物はちょっと寒い時期に着るのが良さそうですね。
さすが空気をたっぷり含んだほっこり厚手(中厚手?)の木綿ですね。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-11-09 22:59 | 着物 | Comments(2)

初羽織とヒョウ柄帯

なんだかとても寒いです。
風通しが良いようにあちこちの部屋の戸を開けていた我が家も、
さすがに一番寒い北の部屋(玄関と洗面脱衣所)の戸を閉めたら、
外の温度がわからなくなって・・・外へ行ったら寒かった(^_^;)
かなり断熱性が良い家なので未暖房ですケド。

なので、ちゃんと薄い着物肌着も忘れずに・・・
ぢつは最初忘れて、寒かったので、また着た(^_^;)
その次はショールだけで外に出たら寒くて、
絞りの羽織(クリック)をまた着て出直した(^^;)  とか・・・

で、今日はもう一つミッションが・・・
そう、例の改造(改良?)ヒョウ柄帯の試着ですね。

というわけで、
c0021551_19574910.jpg
今日は所々地紋のあるグレー無地のシルクウール
に合わせました。
ま、無難なコーデですね(^^;)
新しい部分のヒョウ柄は多少見えていますが、
ほんのちょっぴり。
多分気づかないほど。
少なくとも真っ黒がチラ見えするよりはずっとマシでしょう。
c0021551_21192528.jpg
あ、出かけたときの羽織姿は時間が無くて、画像無しです。

かわりに・・・
c0021551_20044872.jpg
最初ちょっと着てみたピンクの羽織です。
大ばあちゃんのタンスから出てきたふる~い羽織です。
ちょっと着てみると、振り袖だったので
改善が必要と言うことで却下するも・・・・

羽織紐が太すぎて使いづらいので取り替え。
上がオリジナル。
下が取り替えた物。
ちょうど色の合う羽織紐が出てきたのは幸い。
ちなみに帯のように見えるのは
とっさに置いたスカーフ。

ステキな色柄なので何かに作り替えようと思っていましたが・・・・
袖丈以外は裄や羽織丈、身幅などぴったりなので
ひょっとしたら、私が着る?

それにしても誰の羽織だったのでしょうね・・・・
結婚前の大ばあちゃんのもの?
大ばあちゃんに尋ねて、やぶ蛇になってもつまらないので
尋ねるのはやめておきましょう(^^;)

[PR]
by yamamotoyk | 2016-11-02 21:21 | 着物 | Comments(0)

ヒョウ柄帯改良

さて、黒の帯芯で長く伸ばしたヒョウ柄帯ですが、(クリック)
実際締めてみると多少ではありますが、黒い帯芯が見え隠れします。
タレや手先の色が焦げ茶色なのでそれとも違う真っ黒な帯芯が見えるのは
気になり出すと、やっぱりちょっと・・・ね。


というわけで、大塚屋へ行ったついでに、ちょっと見ると
色は違っていても生地の素材が似たヒョウ柄布がありました。
50cmもあれば十分なので・・・
そして早速・・・
c0021551_22521953.jpg
黒い帯芯部分を隠すように挟んで・・・

c0021551_22523161.jpg
こんな具合に・・・
左がオリジナル
右が買った布。

ずいぶん色や形が違いますが、
ちらっと見えるだけなので
黒いよりマシ、という程度なので、多分黒よりマシなはず(^_^;)

洗濯ばさみで挟んでおいてチクチクしました。
c0021551_22524912.jpg
右下がオリジナル。
つなぎ目のミシン部分も隠れたし、ま、比較的キレイになったかな。

試着はまだです。
次のお稽古に違う着物に結んでみようかな。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-10-29 22:58 | 和装製作 | Comments(4)

改造ヒョウ柄帯

気候(気温)が乱高下しています。
昨日は急な気温低下、一転、今日は10℃も気温上昇だそうです。
しかし午前中はそれほど暑くも感じなかったので、
とりあえず、ウール混の薄手の着物に決め、
帯を選んでいるとき、ふと思い出したのです。
修理したばかりのヒョウ柄帯があるじゃないですか。
幸い選んだ着物は格子で、色もよく合います。
んじゃ、この組み合わせに決定ですね♪~
c0021551_21371106.jpg
あとは小物。
ちょっと変わった色を選択しましょう。
まず、半襟は渋いグリーンとオレンジのチェック柄。
そこで、帯揚げは半襟と似たグリーン。
帯〆はあまり目立たないグレーを選択。
印象を和らげたかったからです。
でも、今この写真を見ると、
もう少し濃い色でも良かったかな、と思いますけど。

格子とヒョウ、そして半襟にはちょうちょも飛んでいます(あまり見えないけど)
では、動物園のヒョウ、っていうテーマはいかが?

ところで今日の唄の先生、私の帯をまじまじと眺め、
ひょっとしてヒョウ柄?
梅柄にしては色がおかしいし、ヒョウ柄なんて信じられないけど、
ヒョウ柄ってあるのね・・・って☆
ええ、本当にヒョウ柄なんですよ。
でも、普通の布で自分で作ったんです。
大塚屋へ行くと全部帯に見えちゃいます・・・って。

1月14日(土)午後3時からの
中日ビルロビー・ミニコンサートの形が
次第にできあがってきているようです。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-10-26 22:31 | 着物 | Comments(2)

ヒョウ柄帯の改造

ヒョウ柄帯、思いついたときに改良することにしました。
もともとはヒョウ柄の好きな友人に作ってあげた帯の残り布で作った帯。
ちょっとラメが入っていたりします。
布地に制限があって、胴の部分が一巻き分しか作れなかったので、
締めづらく、あまり出番がなかったんです。(クリック)

前回の帯延長(クリック)でちょっと自信が付いたので、
今回はかなり気軽に始めました。
幸い、黒い帯芯の端切れはまだあります。

c0021551_20383745.jpg
手先の茶色い布はやや長めになっているのでらっき~
ココで継ぐことにしました。
縫い目をほどいて・・・

c0021551_20392529.jpg
大胆にジョキジョキ

c0021551_20393879.jpg
色が変でスイマセンm(_ _)m
右が手先の茶色い布
左が黒い帯芯を同じ巾に折って
差し込み、ミシンでチクチク。

c0021551_20394680.jpg
不足分の長さに切った帯芯は、
反対側の端もミシンでチクチク

完成~!

速!

何年も悩んでいたのが嘘みたい。
さっさと長くなっちゃいました☆

早速洋服の上から帯を締めてみました。
ちょっとマズかったのは
巾が帯と同じにしたので
重なった前の部分は結構黒い色がチラ見えしますね。
本当は焦げ茶色の布を使いたかったのですが、
ま、そこが手抜きというか・・・
でも、強度十分の帯芯なだけに
出来上がりは軽いというか、ほ~んと軽いんです。
ま、チラ見え以外、
つないだ部分は見えないので、大丈夫。

でも巾が狭めなのは残念です。
コレばかりは今更なおすのはちょっと無理。
次回帯を作るときは狭くならないように気をつけましょう。

ま、何はともあれこれで、気軽にもっと出番が増えそうですね。
着物に締めた姿はまたいずれ。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-10-20 21:53 | 和装製作 | Comments(2)