タグ:ファブリック帯 ( 44 ) タグの人気記事

雨のお稽古

また雨・・・・
一日中降ったり止んだりの予報です。
しかも相当蒸し暑いです。

では~、日曜日に着ていった夏久留米にしましょう。
朝の作業が一段落したところで
(今月は資源ゴミの看板出し当番)
取りあえず、準備しておきましょう。
c0021551_19162384.jpg
帯はインド木綿の絣生地で作った帯にしましょう。
うっとうしい日なのでせめて爽やかな色で・・・
で、帯揚げには、秋らしくちょっと暖かい色を。
帯〆は落ち着いた焦げ茶色に少し白

これだけ準備しておけば
着るとき速いです♪~
小物はいつもまとめて置いてありますから。
c0021551_19314774.jpg
はい、完成☆

多少雨に降られましたが(もちろん傘は持ってます)
木綿ばかりなので、ま、いいかな。
あしもとは雨草履です(今夏は大活躍)
長襦袢はまだ麻

お弾き初めまでに着物をもっと着て慣れたい
という新入りさんの話を聞いて、ちょっと嬉しいけど、
どうするのが一番良いのかしらね。

最近ではネットで、きれいな色のウールやシルクウールが出て来ているので
そういうのがいいと私は思うんですけどね。
ウールはしわにならないし、着心地は良いし、
お仕立てでも縮まないし、ドライクリーニングでも安いし
名古屋なら一年を通して単衣でいいし
ウール洗剤で洗うことも出来なくはない・・・し
(これは生地によるのでなんとも言えませんが・・・)
あとの問題は色柄の選び方だけかな?

[PR]
by yamamotoyk | 2016-09-28 21:41 | 着物 | Comments(0)

シマウマこさん

今日はご近所お友達のマンドリンコンサートです。
今年は天白文化小劇場
c0021551_23121259.jpg

では、っと
c0021551_22475628.jpg
まだ箱詰めしてなかった綿紬のコレにしました。
シマウマこさんと名付けた浴衣着物です。
シマウマだけあって
このヒョウ柄帯を合わせることが多いです。

ただ長さ不足の帯なので
手をごく短くした丸いお太鼓(引っかけ結び)にしましたが、
どうにも中途半端な感じですねぇ
お太鼓結びならちゃんと帯枕(ネコ)をして
お太鼓の上辺をもう少し高くした方がいい気がします。
今回は、ちょっとだらしない感じがします。
幅もやや狭いのかしら?

少しラメの入ったステキなヒョウ柄なので
もしこれからも使うなら
仕立て直した方がいいかも・・・・

今日はマンドリンということで
帯留めは動物系から離脱して
しゃれた雰囲気にしてみました
c0021551_23160536.jpg
大ばあちゃんのビーズのブローチをちょっと拝借

[PR]
by yamamotoyk | 2016-06-26 23:25 | 着物 | Comments(0)

単衣の季節?

6月ですね。
着物を着る人にとっては単衣の季節到来です。
名古屋では6月5日の熱田まつりから浴衣を着る習慣があるし、
気象庁的には夏というのは6月からだそうです。

江戸時代には4月1日はわたぬきと言う別名があるように
綿入れから綿を抜く日、
綿を抜いた袷を着る時期は5月4日まで、
と言うことは今年で言えば
5月6日までは暖かい着物、
5月7日から6月8日までは涼し目で、
6月9日からは夏衣ということのようです。

おおよそ1300年代半ば~1800年代半ば、特に
江戸時代はミニ氷河期といわれるほど寒かったし、
家の構造や冷暖房も違うと考えたら
着る物は1段階違っていると考えると、
時期は合っているのかも、と言う気がします。

ま、何はともあれ、
ウール(夏は麻)を基本にしている私にとって
単衣の季節=明らかに涼しいウール(または浴衣)
とすると、やっぱりコレですね♪~
c0021551_21305782.jpg
ポーラです(化繊入りの薄手シルクウール)
厳密に見れば透けるんですが、
模様がもやもや(小花模様)しているので
透ける感じはわかりません。

帯を色々合わせてみて、
結局木綿のインテリア布の帯に決定
マーガレットの花の柄ですが
花の色が緑なので
ヤツデの葉に見えますね。

さて、今日は良いお天気ですが、
風が当たるとちょっと寒い感じもしましたが、
ま、おおむねちょうど良い感じでした。
中は木綿袖のうそつきと
綿クレープの裾よけにしました。

今日はお稽古の前に皆で揃って栄のウリボで
パスタランチをいただきました。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-06-01 23:39 | 着物 | Comments(0)

レストランの猫の帯

今日はお稽古の日ですが、解体工事も始まります。
がんがん音がしています。
心置きなく三味線のお稽古が出来ますね(^^;)
廃材をトラックに積んでいますが、
家から出られるのでしょうか?

はぁ~
でも、出発時刻の12時になると、
お昼の休憩時間となって作業一段落。
家から出ることが出来ました!ほっ


というわけで、雨が降りそうな空模様の今日は
c0021551_21362917.jpg
レストランの看板の下にいる猫の帯
c0021551_21445355.jpg
左のテーブルの上にいます
(うまく撮れてなくてごめんなさい)

着物は夏久留米です。
薄手でざっくりした織りの木綿のようですが
シワになりにくい(シワが目立たない?)ので
とても気に入っています。

やや蒸し暑いのですが、
ま、この季節は、こんなもんでしょう。
暑いのに慣れる時期ですしね。

今日はお唄の先生でした。
秋の芸能発表会の時の
分け口(パート分け)の見通しが立ちそうで
嬉しいです。
でも、ちゃんと練習しなきゃ・・・

家に帰るとまもなく作業終了
c0021551_22495651.jpg
荷台が低い所に降りてくるトラックです。
初めて見ました@@

調べると
クラム付のアームロール車というらしいです。
もし明日も来たら横から撮ってみましょう。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-05-25 22:47 | 着物 | Comments(0)

会津木綿

午前中薄曇りでしたが、午後からは晴れて次第に気温上昇。
室内も暑くなってきました。
温度計を見ると27℃とか。
真夏ならば涼し~となりますが、まだ慣れていないんですね。

さて今夜は高校の同期会の幹事会です。
ま、同期会が口実の飲み会ですが、
同じ年齢の仲間とおしゃべりするのは楽しいものです。

というわけで、水曜日に着なかった木綿にしましょう。
手持ちの少ない木綿の着物の中ではちょうど気候の合うのが
この会津木綿(クリック)
c0021551_23105416.jpg
インド更紗の帯を合わせて
お気に入りの組み合わせです。

蒸し暑いのを用心して
中は木綿の袖のうそつきにしました。
裾よけは赤いキュプラの東(あずま)スカート
でも、ちょっと着方が長めで
歩くと真っ赤な色が裾でちらちら・・・・(^^;)マズイ!
今後気をつけねば

出かける時思い出して
バッグもおそろいに。
いえなに、いつものお出かけ用バッグを急いで裏返しただけです。
リバーシブルですから。(クリック)

[PR]
by yamamotoyk | 2016-05-20 23:38 | 着物 | Comments(0)

猫帯

今日は室内は小涼しいのですが、
外は意外に蒸しっとします。
こんな日は中着は涼しく着物はサマーウールが良いかな。
と言うわけで・・・
c0021551_19280891.jpg
帯の柄が白っぽく写っちゃってますが・・・

c0021551_19383989.jpg
調整すれば、何とか見えるでしょうか。

この猫を見えるように結ぶのは
なかなか難しいのですが、
今日は大成功。
かわりにタレが見えませんけど、
着物が黒いと言うことで
遠目にはわからないことにして下さいm(_ _)m

他の日には他の猫ちゃんが見えてます

うまく結べたので
つい喜んで、帯揚げすっかり忘れてました。
帯〆は猫柄を固定するのに必要でしたけど、
帯揚げは特に必要なかったですね。
なぜって?
短い帯で本格的角出しだから・・・なんですね(クリック) (クリック)
帯もちょうどいい張りがあって
キレイに形が決まりました。

ついでに前帯も・・・・
c0021551_19281659.jpg
いまのところ前帯はいつも同じ絵柄ですけど・・(^^;)
レンコン(箸置き)の帯留め(クリック)
この帯〆の通し方は、変でしたね(^o^)
裏向きの方が良かったです。

でも、猫の肉球に見えるというコメントを頂きました☆
まぁ~、うれしい♪~
では、猫関係の時はこの通し方の帯留めにしましょう。

今日から三味線は汐汲みです。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-05-11 19:59 | 着物 | Comments(4)

風薫る五月にサマーウール

今日はNPO長唄講習会の日ですが、
場所はいつもの津賀田中学校ではありません。
新栄から少し行ったところなので、
急ぐときは自転車が一番です。

さて、もうすぐ端午の節句なので
今日も鯉のぼり帯にしようと思います。
着物は前回とは違うものにしようと思います。
良いお天気の五月。
やっぱりサマーウールにしましょうか。
透けるポーラはまだ早いので透けないものです。
c0021551_21544375.jpg
前回と同じく細かいシボがある薄手のウールです。

さて、自転車なので自転車用袴。
現在活用しているのがスムーズ生地のサルエルパンツです。
(画像無し)
袂が引っかかるも嫌なので
上には船底袖の道中着

1時間の練習時間があっという間に感じられる
密度の濃いお稽古でした。
曲目は雛鶴三番叟とおまけで勧進帳の段切れ

そこで呂、と言うことを覚えました。
甲高い声と言うときの甲は高め、あるいはうわずった?音
呂は低いというか、ドスのきいた声?
勧進帳は言葉をドスのきいた声で始めること☆
全曲唄うと疲れるんだよね~・・・と先生♪
そうでしょう、そうでしょう。

さあ午後からは断捨離の続きね
よさげな食器は
どうぞご自由にお持ち帰りください、
と書いた段ボールに入れて家の前に出さなきゃ・・・
早く床の上をキレイにしないと
粗大ゴミにする家具が外に出せませんね。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-05-01 22:30 | 着物 | Comments(0)

初夏の着物

この数日、晴れると夏日の名古屋ですが、
今日は午後雨の予報です。
そして、5月の連休直前で来週はお休みです。
更に言えば、今日から長唄のお稽古では"汐汲み”が始まります。

え~っと何か海っぽい帯は無いでしょうか。
有ることはありますが、夏帯だったり、縮緬だったり・・・
雨の予報で縮緬は、いけませんね。

だったら、海はやめてこどもの日バージョンと言うことで、
鯉のぼり帯の出番ですね。
鯉のぼりの鱗は実は青海波。
つまり海ですよ☆

この帯に合う着物で雨にも強く、この気候に合う着物を考えると
c0021551_23074291.jpg
サマーウールのこの着物♪~
細かい縮緬のようなシボがあるので
風が通って爽やかなんですね。

ところで波の一つを拡大すると
c0021551_23163888.jpg
亀に乗った浦島さん♪~

木綿布で作った帯ですが、
濡れるのも嫌だったので
この上にポリレースの長羽織を着て出ました。

今日から新しい方が入られて
お師匠さんは大喜び♪~
皆も嬉しいお稽古になりました。
まだ日の浅い方もいらっしゃるので
三味線が簡単な汐汲みは丁度いいですね。
でも、唄は難しそうですし、
唄の歌詞はいろいろ深読みも出来て楽しめそうです。

家の片付けでほとんど練習出来ない私には
ありがたい選曲となりそうです。

とりあえず、お手本のCD化が再来週までの宿題です。
(来週はお休みだから)

[PR]
by yamamotoyk | 2016-04-27 23:30 | 着物 | Comments(0)

早春の帯

昨日、今日と比較的暖かです。
かといって帯付きでは特に首回りが寒いので
ショールでお出かけしようと思いますが、
ほどよい羽織り物が無いので
リバーシブル着物+大判ショールにしました。
c0021551_22252107.jpg
このところずっと桜の帯だったので、
ちょっと気分を変えて早春っぽい帯を合わせてみました。
このリバーシブル着物は厚手で
かなりモコモコです。
ちょっとすっきりしませんね。
でも、おかげで外でもビルの中でも
暑くも寒くもなかったです。
暖かくなったって暖房も控えめで
建物内外の温度差が少ない今の季節は楽ですね。

このところ時間が無くてあまり三味線を弾いてないので
筋肉が落ちてきたようです。
長く弾いていると撥を振る右腕が痛くなってきます。
困ったもんです。
筋肉の貯金はできないようです(T_T)

[PR]
by yamamotoyk | 2016-03-30 22:29 | 着物 | Comments(0)

リストランテ・フェデリコ帯

4月3日(日)の愛知県芸術劇場小ホールでの発表会が迫っています。
あら、本腰を入れないと・・・・

と言うわけで、今日もまた
例のニューヨークの猫シリーズ帯

着物は小豆色のウール
c0021551_21083241.jpg
今日の猫は
c0021551_21090603.jpg
レストラン・フェデリーコの
看板です

前回のグレーの着物より
今回の小豆色の方が
雰囲気がありますね

[PR]
by yamamotoyk | 2016-02-21 21:16 | 着物 | Comments(2)