タグ:ファブリック帯 ( 48 ) タグの人気記事

勘違いで伊勢木綿

くたびれておりますm(_ _)m
そんな時は勘違いしやすいもので・・・・
来週とどこかで間違ったまま、
午前中のタイトなスケジュールをこなし・・・
c0021551_17110876.jpg
気候的にそろそろ、と伊勢木綿
帯は・・・
鈴鹿のF-1日本グランプリは先週でしたが
まだ、いいかな、と
モナコ・グランプリ帯。
素材が確かリネンで、
伊勢木綿のほっこりした素材感と良くマッチします。
c0021551_17241588.jpg
足もとはカレンブロッソ紺の低底
やっぱり長い距離歩くには、コレが一番ストレスが無い。
これのシリーズは距離歩き用に大事にして
それほど歩かなくていいときには
他の草履を使っていこうと思います。

さて、お弁当をもって津賀田中学まで行ったら・・・・静か
スケジュール表をチェックすると・・・
今日って4日じゃないの・・・(>_<)
お稽古は11日ですってば。

すぐさまきびすを返し、とっとと帰路に。
これで、台所仕事をする時間ができましたが、
すっかり疲れてしまい・・・・
夕方になっても、まだやり残したっぷり。
母の所は電話で用を済ませた。
幸い季候がいいので母は毎日散歩を許可され
必要品(ヨーグルト、きなこ、おぼろ昆布など)は
散歩の途中で自分で買ってくるのだそうで。
今夜のばあちゃんの食事は会食は止めて、
差し入れするだけにしてもらおう。
ブリ大根を作ったから。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-10-04 17:29 | 着物 | Comments(0)

小豆麻付下げ小紋

今日は岳見町ぎゃらりぃのもずやさんと
本山フロートの一衣舎なか志まやさんにNさんと行けることになりました。
こちらは同じおしゃれ着でもかなり高級なお店なので、
あまり普段着っぽいものでは気が引けますが・・・
かといってお天気の良い日はまだまだ暑く、
かなり歩く予定なので絹物は・・・

そこで、夏久留米を着てみましたが、
部屋が暑かったこともあり、むっと暑くて・・・・・

c0021551_22202542.jpg
思わず、こちらの薄手の麻に・・・・
小豆麻付下げ小紋です。
で、悩むのがやはり帯。
もずやさんは琉球紅型、なか志まやさんは更紗?
となれば、私にあるのはバティックだけですが・・・
ジャワ更紗はイマイチこの着物の色に合うものがないので
ふと目に付いたインドろうけつの9郎帯。
9郎帯?はい、図柄がね、9みたいだから・・・・
とりあえず、色はぴったりですね。

帯留めは派手な柄に負けない大ぶりの帯留め。
おニューのコレですね☆
レンコン帯留め(^_^;)
高浜のかわら美術館でゲットしたものです(クリック)
あぁ、あの日は箸置きとして使いましたね。
c0021551_22351700.jpg
ついでに三分紐もどさくさ紛れに真っ赤で、
帯揚げは桜染めのうすピンク。
草履は帯の色に合わせてカレンブロッソの黒台青鼻緒低底
とにかく歩きますからね。
自分の足もとを見下ろすと小豆色の着物の裾と青い鼻緒が見えて
大変違和感があるのですが、
全体を見れば、色のバランスが合っているのでOKなんですけどね。
かなり時間が経ったあとなので袖や帯周りがよれよれになってますね。
袖がよれるのは袖の上からバッグの取っ手をかけるからなんです。
ダメですね。

というわけで、Nさんとランチもご一緒していただき、
綺麗なモノをたくさん見せて頂いて
優美な日となりました。
感謝です☆

[PR]
by yamamotoyk | 2015-09-19 23:04 | 着物 | Comments(0)

染め替えシリーズ・エジプト小紋

今日は同業者のいわば同窓会のような新年会。
名古屋駅前の地下街、いつものお店。
一年に一度行くだけですが・・・(^^;)
いつもは食事をしても気にならない着物(要するにいつものウール系)ですが、
ま、たまには、出番の少ない絹物系で・・・
c0021551_23204147.jpg
色柄の雰囲気で帯を選んだら、
角出ししか結べなかった(^^;)
(お太鼓に結んだら、継ぎ目が前に来てしまった)
こうして写真で見ると角出しでも違和感ないですが、
実際どう見えたのか・・・

コレも、お嫁入り道具の着物ですが、
当時の流行で白地に淡い色の小紋柄。
ピンクの色無地同様、顔だけが黒く見えるのがいやで、
色を抜いて濃い色の小紋柄に染め替えてもらったもの。
アルバムのような見本帳から選びました。
20年ほど前は、まだそんなに値段がかからなかったんですけどね。
今は躊躇しますね。

色を抜いたときに見せてもらったら、
案外、前の柄が薄く残っていたので
やはりごちゃごちゃした柄でないとマズいな、と思ったことでした。
染め替えが薄めの色で無地場が多いと、色抜き前の柄が影響しそうです。
八掛はそのまま使ったので、鮮やかな朱色が見えますが、
ま、いいか・・・きれい色のアクセントです。
c0021551_23261984.jpg
よほど目をこらさないと何の柄か全然わかりませんが、
古代エジプト人やらエジプトの模様で構成されています。
結構気に入っていますが、あまり着る機会もありませんでした。
でも、もう少し着てもいいかな、という気がしてきましたね。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-02-07 23:40 | 着物 | Comments(0)

縮緬小紋

今日はNOPの長唄のお稽古の日です。

先月は母親のことやらでバタバタしていてすっかり忘れて・・・
今回は忘れるわけにはいきません。
3月1日芸術文化センター小ホールでの発表会が迫っています。
午後2時から笛と長唄の会で元禄花見踊りと供奴を唄います。(クリック
お時間の許す方は是非見に来てください。
もちろん入場無料です。
同じ時間に大ホールでは海老蔵さんの源氏物語、というのがなんですが・・・(^-^;

というわけで、お正月らしい雰囲気の着物にしました。
c0021551_21554417.jpg
露芝の縮緬小紋
帯はイギリスカーテン帯で、
着物は初めて買った古着なんですが・・・
帯〆は道明ということで(^-^;
帯〆一本のほうが、ほかすべての合計より高いって?
えへへ、でも叔母からもらった成人式のプレゼント(-_-;)
c0021551_21582098.jpg
これぞ一点豪華主義(^-^;




[PR]
by yamamotoyk | 2015-01-12 22:08 | 着物 | Comments(2)

羊のつもり

年賀状を作らねば・・・・

未年なので羊のまねをしてみます。
c0021551_22102449.jpg

白いウールはサマーウールなので透けるし、
何よりちょっと寒いです。
そこで考え、シルクウールの夏物の着物が白っぽいので、
2枚重ねで着てみました。
黒の手袋、アームカバー・・・ぢつはレッグカバー
黒のハイソックスとレギンスで
足の黒い羊に変身・・・したつもり
頭はベージュのベレー帽。角は作る時間が無くて・・・断念
お正月気分で赤い帯〆をしてみます。

これにベージュのマントを着て・・・・行った先は?
クリック
[PR]
by yamamotoyk | 2014-12-05 22:20 | 着物 | Comments(2)

えんじウールに洋唐草カーテン帯

すっかり本格的な袷の季節・・・いえいえ、やや寒いくらい。
ま、私はウールばっかりなので、フツーにウールですが・・・
今日は何を・・と思うまもなく雨が・・・・雨!え?
慌てて洗濯物を取り込み・・・
何を着ましょうか・・・
極フツーのウールに、帯は?それにしても何もイベントの思いつかない日です。

というわけで、
一番フツー、と言うか、一番昔からよく着ているウールに
あまり合わせたことのない帯を合わせてみました。
ちょっと洋風な感じでまとめてみましょう。
イギリス製の木綿のカーテン生地で、
最初短く作ったので、仕立て直して長くして、
洋唐草カーテン帯と命名した帯です。

あまり着物っぽくない感じでまとめたかったので
半襟を黒白チェックのトランプ柄にしました。
でも、半襟、あまり合っていない気がします(^^;)

このところ、いつも後ろ姿がゆがんでいるのが気になっていました。
背中のシワが左右対称になっていないんです。
帯を回す時に着物も回っちゃうのかと・・・
でも、背中心が左に寄っているのを発見。
衿を合わせる時に左右差ができているようです(T_T)
右の衿を少しだけ引っ張り気味にすべき所
それがうまくできていないらしいです。
やってるつもりなんですけどね。
今日はそこから直して、やっと後ろ姿が左右対称になりました。
これからもう少し気をつけて合わせてみようと思います。

[PR]
by yamamotoyk | 2014-11-05 18:44 | 着物 | Comments(2)

真夏日?でもまだ前線の北

天気予報では真夏日とのこと・・・
昨日は予報が外れて比較的過ごしやすい雲の多い日でしたが、
今日は晴れているので・・・・・んじゃまぁ
c0021551_18411591.jpg
日曜日に着ようかと思ったポーラにしましょうか
化繊の混じった極薄ウール
小花模様のおかげでなんとか透けないという、
5月の暑い日用に考えている着物です。
(2011年5月23日京都鐘供養の日もこの着物でした)

出番のほとんどない、ナスの帯を締めてみましたが、
地厚でなんだか暑いので、薄手の帯に替えました。
まるでヤツデの葉のように見えるのですが、
実はマーガレットの花がシルエットになっているのです。

襦袢はまだ木綿にしました。
というのも、真夏日とはいえ、30℃になるかならないかという程度で
しかも天気図では梅雨前線はまだはるか南。
つまり北の乾燥した涼し目の高気圧に覆われているってことですからね。
まだまだ(^^;)ですね。

今年の気候はどうなのかと思っていたら、面白いページを見つけました。(クリック
色んな日にちを入力して調べると、
夏の最高気温も冬の最高気温も1961年からあるのですが、
実はそんなに変わらないんですね。
もちろん日にちごとに違うので平均をとれば、差が出るんでしょうけれど。
でも一番違うのは名古屋に関していえば、
真夏の最低気温がこのところ急に上がっている、
冬の最低気温もじわじわ上がっている、ってことかな。
これは地球が温暖化しているというより、
都市化でコンクリートジャングルになって、熱がこもるんでしょうかしらね。

[PR]
by yamamotoyk | 2014-05-28 18:54 | 着物 | Comments(2)

F1モナコ・グランプリだし、夏始動だし・・・

朝から結構暑い日です。
お昼前に津賀田中学校に行くことになって、
夫は息子とマゴ君と一緒に、(クリック)
豊田博物館のクラシックカーフェスティバルに行くことになったので、
お弁当を4人分作って(ピタパンサンドです)送り出し、
着物を着る頃になると、部屋が次第に蒸し暑くなってきました。

さて、今週はF1のモナコグランプリです。
今日着なくていつ着るの?(クリック)(クリック)
で、コレに合う着物は?
5月だし・・・・ポーラ(極薄ウール)の季節ですが、
ポーラはウールに化繊も入っていたりして蒸し暑そうなので、
急遽・・・・
c0021551_21342856.jpg
小千谷地方からはるばる紆余曲折の末ここに来てくれた
綿麻(?)縮みです
今日の気候にぴったりですね
ほんのり汗ばむ陽気。
でも、もう暑い日は襦袢は木綿ではなく
麻☆がよさそうですね

それにしても今日はかなり上手に汗が出ました
必要なだけというか・・・・
真夏に向かって、汗をうまくかく練習が必要です。
真夏の麻は汗を上手に出せないと涼しくないんですね
汗を上手にかけるようになるためには
気候に対してやや暑い格好で頑張るのがいいかな。

[PR]
by yamamotoyk | 2014-05-25 21:50 | 着物 | Comments(0)