「ほっ」と。キャンペーン

タグ:リバーシブル着物 ( 25 ) タグの人気記事

早春賦コーデ

早春賦:春は名のみの風の寒さや・・・♪
もうすぐ立春、季節の名前は春になって来ますが、
風は本当に寒いです。

とは言え、春の草はもう芽を出していますから・・・
今日のコーデは思いつきで命名の早春賦コーデ。

c0021551_21250990.jpg
寒い風と春の草

着物は表地がペイズリー柄のウール、裏がポリのリバーシブル
帯は角出しが結べるぎりぎりの長さの手作り帯
ウイリアムモリス柄の木綿地です。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-02-01 21:53 | 着物 | Comments(2)

本丸御殿と能楽堂

今日は雅楽を聞くか、江戸の邦楽にするか迷っていました。
朝までは雅楽を見学しようと思っていたのですが、
どうも参加する中学生とその家族の方々で
非常に大人数らしい、との情報。
急遽、長唄の方に心が傾いてきました。
さらに、名古屋市から来ていた名古屋城の割引入場券の期限が迫っていることと、
長唄の入場チケットがあれば、
本丸御殿を解説付きで見学できるらしい、ということで、
突如行く気になり、その後は嵐のような勢いで準備をし、
気づけば地下鉄市役所から名古屋城に向かって小走りしていました。
(えっあとまだ460mもあるの?集合時間まであと10分。浅間町の方が近いじゃん!)
c0021551_22271211.jpg
あぁ、もうこんなに出来ていたんですね。
ここまで出来てくるとやはり誇らしく思いますね。
来年度にはもう完成の予定らしいです。

名古屋城に来る機会はなかなか無いのですが、
御用材のヒノキを植えるプロジェクトに寄付をして以来
時々報告の葉書が来るので
やはりもう一度来てまた寄付金を出さねば、という気になります。

さて、解説が終わったので
急いで能楽堂に行きお食事を・・・
と、いつものレストランに行くと
あ、ああ、経営が替わっていて、ちょっと勝手が・・・
しかしもう時間が無いので、ここで頂きましょう。

大急ぎで食事を終え中の通用口から能楽堂に行くと・・・
あら、行列が・・・
横入りするのも気が引けたので正面に向かって逆行すると
運良くお仲間さんたちに見つけて貰い
本当に幸運でした。どうもありがとう!
c0021551_22270546.jpg
最後まではいられませんでしたが
それでも、長唄は聴くことが出来ました。
この会は娘歌舞伎の市川櫻香さんの呼びかけで始まった会だそうで、
今年で2回目だそうです。
今までにはなかった邦楽のジャンルを超えた会、
会だけでなくジャンルを超えた競演がウリ、
ということで、
尺八と清元の三味線の即興?合奏もエキサイティングだったし、
お箏と長唄三味線の合奏、
特に滝流しの合奏はとても素晴らしかったです。

本当は義太夫も対談も謡の祝言も聞きたかったのですが・・・
ま、あまり欲張ると後から大変になるので
ここまで居られただけでも感謝ですね。
だから着姿を撮る時間も無く
c0021551_22272340.jpg
記録のための写真だけ。
着物の横の小さな物は
先着200名にいただけた両口屋のささらがた☆

朝食後、朝の作業を終えたあとに突然思いついた割には
充実の一日になりました。
本当に感謝

[PR]
by yamamotoyk | 2017-01-29 23:04 | 外出 | Comments(0)

寒い日のお稽古

寒い日です。
最低気温は零下です。
(ま、大したことはないですが・・・)

このように寒い間に着なくちゃならない着物にしましょう。
リバーシブル着物です。
c0021551_21365418.jpg
江戸小紋の角通しのシルックです。
裏は12月28日のウールです。(クリック

しかしこのリバーシブル着物はちょっと失敗作です。
それは、裏のウールは薄手でよかったのですが、
こちらのポリのシルックがしっかりしすぎ(^^;)
厚手というか硬いというか・・・(中途半端に上等?)
それで、分厚くてごわごわ・・・
柔らか物にはあり得ない感じになってしまいました。
仕方が無いので、一生懸命着ましょう・・・

それでも生地の見た目はやはり上品ですから、
帯はすばるさんの縮緬藍型風舟帯を合わせました。
この帯は自分で洗って(クリック)
引き抜き用に仕立て替え済み(クリック) (クリック)
でも柔らかすぎて形が決まらないのが悩みです。
もう一度仕立て替えしようかしら・・・

前の記事を見て、へ~、ポケットがあるんだぁ~
って、全然記憶無し・・・
今確認すると・・有りました(当然です)
c0021551_19404076.jpg
帯〆を選んでいて、お福さん付の帯〆をを見つけました。
もとは有田焼の箸置きです。
お稽古では三味線に当たるので後に回して・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2017-01-18 22:33 | 着物 | Comments(0)

雪の日のお稽古

予想通り、今朝の名古屋は雪が積もりました。
c0021551_20522760.jpg
夜明けの玄関先です。
しかし、ニュースで大騒ぎしたほどの積雪ではありませんでした。
でも、これからまだ降るのかな?

降るか照るかは不明ですが・・・
朝食後、マゴ君と雪かきです。
そして、車道の雪までかき集めて・・・
やっとなんとか・・・
c0021551_20550701.jpg
小さなかまくらが出来ました♪~
でも、マゴ君入れないのでやや不満そう(^^;)

本日の作業(買い物とか・・)が昼までに終わったので
午後からの長唄講習会に行けそうです。
雪ももう一段落のようです。
c0021551_20571983.jpg
寒いのでウールとポリのリバーシブル着物
帯は、もちろん今年最初なので正月お飾り帯。
鶴と日の出の扇に伊勢エビを出しました。
講習会のお仲間さん達に楽しんでもらえました(^_^)v

雪道を歩きたくなかったので、自転車で行こうと思います。
c0021551_20593288.jpg
自転車袴をはいて、いつものケープ。
そうか、昨日もコレにすれば良かったのかも(^_^)v
今日は自転車なので
思いっきり短くはいていますが、
みっともないのでもう少し長めに穿けばね、多少はマシ?

この自転車袴は
c0021551_21011841.jpg
こんな形のサリエルパンツ(大須で買ったタイ製)です。
スムース生地なので伸縮性があってラクチンです。

道は所々雪でかたまっていましたが、
お天気はまあまあでした。
c0021551_21144680.jpg
日に照らされてもかまくら君はまだ大丈夫。
いい一日でした☆

[PR]
by yamamotoyk | 2017-01-15 21:25 | 着物 | Comments(0)

ロビーコンサートと着物

今日は、中日ビルの入り口のロビーでのコンサート当日です。

会場はビルの入り口付近ということで・・・寒い!
ということで、リバーシブル着物を選択。

雑踏の中の演奏、
目立ってなんぼと信じて、一番舞台映えする着物。
過去の中で一番舞台映えする着物
と評価されたコレを選択しました!

c0021551_21205000.jpg
帯は名古屋帯化した袋帯(クリック)
名古屋帯の長さなので普通のお太鼓のように結びますが、
お太鼓部分は二重になっているので
二重太鼓を結んでいるように見えます。

そして小物を入れるように(天神カバーと撥カバー)
帯〆にポーチを通しておきましたが、
今回初めて使って、いろいろ問題点が見つかったので
改良予定です。

そして寒さ対策その2として・・・
c0021551_21242677.jpg
五本指ニーストッキング
コレを足袋の下に穿きました。
これでなくてもレギンスやトレンカでもいいんですが
いずれも持っているのは黒だったので
肌色のコレを使ったというわけです。

いずれにしても準備が順調すぎて
始まるまでの時間が長くて寒かったです。
行き帰りも含めて
シルクスヌードが密かに活躍しました。(クリック)

そして雪ということで急遽、雨草履を選択
足もとはほとんど見えなかったので
OKだったとしましょう。

はい、これが舞台の様子です。
撮って下さったKさん♡ ありがとう!
c0021551_22034224.jpg

[PR]
by yamamotoyk | 2017-01-14 22:00 | 着物 | Comments(0)

お稽古始めの着物

今日はお稽古始めで、14日(土)15:00からの
中日ビルロビーコンサートの最終お稽古
(リハーサルとまでは言えないのがちょっと淋しいかも)

というわけで、
多少はお正月らしくて、
しかも、かなり寒いので・・・・
(天気予報は曇りのち晴れのはずが雨降ってるし・・・)
c0021551_17120347.jpg
もう子供っぽいからとやめたはずの流水に梅のポリ復活。
しかも、裏がウールのリバーシブル着物
帯をどうしようかとしばし悩んで・・・
袋帯まではいかなくても・・・
と色々出してみますが、イマイチ合う物がなくて
こういう時におとなしいポイント柄の名古屋帯でもあれば、
と思うのですが、なぜか、持っていないし、
似たような物でも季節的に・・・う~んと思う物ばかり。

あぁ、そういえば、コレがありましたね。(クリック)
初おろしかどうか・・・・
似たような帯(クリック)の残りの布を使って作ったんでした。
留め袖の反物という、まことにもってアハハな代物。
え、どうしてかって?
私の乏しい知識では
留め袖のような絵羽の着物は仮絵羽に仕立ててから柄付けする
と聞いていたからで、
反物のままに、まるで付下げのように柄を入れちゃうなんてね。
でも、出来ないことはないから、やっちゃうんですね。
きっと経費節約で(^^;)

というわけで、注文流れらしいこの掘り出し物、
2本目の帯になりした。

前帯の柄はこんな感じです
c0021551_17121156.jpg
この前帯の部分、ここだけ見ると
なんてモッタイナイ使い方しているの、
と思うのですが、
ここ、袵部分なので
この両脇(つまり帯の裏に回った分)は
まっ黒なんですね。
お太鼓部分の左端がよく見ると白っぽいのは
そこに、この前帯の袵が来るからなんですね。

見事ですね。
描いた人も使った私も(^_^)v
もちろん手描きです。
どんだけ高価?と思えば、中国製の印が・・・
どんだけ安く描かせたのというか、
10年以上前の掘り出し物だから
どんだけ前に描かせた物やら。
上手に描いてあるけど、建物の立体感に一部不自然な箇所が・・・
多分こういう手仕事はもう中国でも出来ないかも(価格の問題込みで)

当時もう一本同じ手の反物が有り、
それは海の景色でした。
海俯模様というんですか?
あの、三角状の干してある網の柄で。
網干しというんですか?
青系統の配色だったので、選ばなかったんですが、
いっそ、それも買っちゃえばヨカッタかも
値段も◎屋大◎さんのお値打ち価格でしたから・・・

でも、留め袖ってほとんどが柄のない部分で
黒い布をもてあましちゃうんですよね。
だから、余計な買い物をしなかった自分を褒めてあげよう。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-01-11 17:51 | 着物 | Comments(0)

早春の帯

昨日、今日と比較的暖かです。
かといって帯付きでは特に首回りが寒いので
ショールでお出かけしようと思いますが、
ほどよい羽織り物が無いので
リバーシブル着物+大判ショールにしました。
c0021551_22252107.jpg
このところずっと桜の帯だったので、
ちょっと気分を変えて早春っぽい帯を合わせてみました。
このリバーシブル着物は厚手で
かなりモコモコです。
ちょっとすっきりしませんね。
でも、おかげで外でもビルの中でも
暑くも寒くもなかったです。
暖かくなったって暖房も控えめで
建物内外の温度差が少ない今の季節は楽ですね。

このところ時間が無くてあまり三味線を弾いてないので
筋肉が落ちてきたようです。
長く弾いていると撥を振る右腕が痛くなってきます。
困ったもんです。
筋肉の貯金はできないようです(T_T)

[PR]
by yamamotoyk | 2016-03-30 22:29 | 着物 | Comments(0)

桜の帯

今日のNPO講習会は本番直前最終チェックです。

桜も本番直前
というわけで・・・
c0021551_21125587.jpg
もう一度桜の帯です。
講習会のある中学校は寒いので
リバーシブル着物です。

それにしても、喉の調子が最悪です。
未だに喉のイガイガが続いていて、
今日も咳き込んでしまいました。
次の日曜日までにもう少しマシになりたいです。
ずっと襟巻きでもしましょうか・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2016-03-27 21:19 | 着物 | Comments(2)

コート無し

名古屋も桜開花宣言が出て、ソメイヨシノがちらほら2~3分咲き。

ということで・・・
今週も桜の庭帯
そんな季節なのでもうマントでもないか・・・・
でも、今日はあんがい寒い・・・・
c0021551_20520965.jpg
というわけで、リバーシブルの着物に羽織りと襟巻きショール
ちょっと喉がイガイガするので用心です。

今日のお稽古、三味線の先生で良かった☆
ほとんど唄わなくて済んじゃいましたから♪~

昨日のシュロ騒ぎで今日はすっかりお疲れです(^^;)が
今日もなんだかんだと忙しい一日
三味線のお仲間とコーヒー一杯でおしゃべりするのが
ほっとする時間だったりします。
保育園のお迎えに間に合うギリギリの時間チェックです。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-03-23 21:12 | 着物 | Comments(0)

ぱ~っと赤い花の帯

名古屋もとうとう積雪の朝となりました。
昨日から雪が積もっても不思議のない寒さです。
寒い日なのでやっぱりリバーシブル着物にしましょう。
色が地味なので、ぱ~っと明るい感じにしたいですね。
日も差してきていいお天気になりましたけど・・・

というわけで・・・
c0021551_18192780.jpg
江戸小紋の裏のウールです。(クリック
帯を真っ赤にしてみました。
あまりぱ~っと言うほど明るくはないですが・・・

この帯は私の洋服の残り布を
見えるところだけに縫い付けた物です。
いわゆる縫い付け(または貼り付け)帯です。

薄手のウールでガーゼのような生地なので
引っ張ると伸びるので
慣れない頃だったので苦労しました。
伸びるままに引っ張って縫うと
後から元に戻って台の布が反ってしまうのです。
ちょうど縮緬を扱うように
弛ませず引っ張らずという力加減です。

足もとが濡れないように短めに着付けたので
そうでなくても厚手のリバーシブル、
ますますお端折りなどがモコモコになっちゃいました。
でも、やっぱり表地2枚のリバーシブルは暖かいですね。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-01-20 18:29 | 着物 | Comments(0)