タグ:リンゴ ( 8 ) タグの人気記事

トルタ・ディ・メーレ風ケーキ

そろそろサツマイモのお菓子も飽きたので
鬼まんじゅうの最後の一個を食べちゃったのを機に
何か、なかったかなぁ~
と自分のブログを探していたら、見つけちゃったのです。
トルタ・ディ・メーレ
イタリアのリンゴたっぷりケーキ、朝ご飯用?
しかし、どうも、自分のレシピとして完成していないままなのです。

コレを自分のものにできれば、
家庭用の気軽な、でも美味しいおやつにできそうです。

というわけで、これまで何度も挑戦したレシピを検討して、
今一度挑戦してみました。
c0021551_21013774.jpg
今回の材料

バター 50g
砂糖  80g
ダースホワイトチョコ  2かけ
卵1.5個(1個+たまたま余っていた1/2個)

小麦粉  100g
ベーキングパウダー  2.5g(1/2パック)
(合わせて振るう)

リンゴ  小2個(300g強)
8割は小さめの薄切りに切り
2割は櫛形の薄切りに切る

バター、砂糖、チョコを蓋付き容器に入れてレンジでチン
卵を入れてよくかき混ぜる。
しっかり混ざったら振るった粉を混ぜ込み、
小さめに切った、リンゴを混ぜ込み
焼き型に入れる。
表面には大きめ櫛形リンゴを飾り用に差し込む
表面にグラニュー糖を振りかける

予熱した170℃オーブンに入れ40分
串に何も付いてこなければ完成
c0021551_21020764.jpg
実は焼き時間を10分追加しました。

冷めて生地が落ち着いてから切ってみました。
c0021551_21202147.jpg
リンゴもたっぷり良い感じです。

試食☆結果
ちょっと甘すぎるかな・・・
チョコはしっとり感のためですが甘みもあるので
1かけにしましょう。
砂糖も80gはちょっと多いので
次回は60gにしてみましょう。
卵は通常は1個です。

リンゴはこれくらい思いっきり多い方がいいです。
厚め耐熱ガラスの鍋を焼き型にしたので
少々焼き時間がかかるようです。
今回は50分、ひょっとしてもう少し。

あと一歩で完成かな。
パウンドケーキより軽いので
おやつとして丁度良い感じです。

金曜日に焼いたのがもう無くなったので
(マゴ君一家と山分けしたし)
また時間があったら焼いてみましょう。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-03-05 22:07 | 食べ物 | Comments(2)

ピーナッツバター・リンゴクッキー

ピーナッツバター      200g
バター           50g
砂糖            200g

バターを(レンジで)溶かし
砂糖とよく混ぜ、
更にピーナッツバターと混ぜる
c0021551_21183431.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
卵             2個
バニラエッセンス     小さじ1

よく混ぜ込む

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
薄力粉と強力粉と全粒粉で合計  275g
ベーキングパウダー    小さじ2
塩            小さじ3/4

全部一緒に振るい、
少しずつ混ぜ込み
しっかり馴染むまでよく混ぜる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
オートミール      250ml(または1カップ)
皮を剥いた刻みリンゴ  1カップ

木べらで混ぜ込む
スプーンですくいオーブンペーパーにのせ
170℃オーブンで11分ほど焼く
c0021551_21191259.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

c0021551_21215649.jpg
最初砂糖を300gで焼いたら甘すぎたので
200gで十分です

ピーナッツバターの香りが良くておいしいです☆

[PR]
by yamamotoyk | 2016-04-12 21:23 | 食べ物 | Comments(0)

りんごクッキー

2番目に試したのはリンゴの入ったクッキー

c0021551_20425783.jpg
リンゴをシリシリするのはちょっと難しいので
薄い櫛形に切って更に細く刻めば
すべてに赤い皮が付いていてアクセントになります。

バター  125g
砂糖  100g

・・・・・・・・・・・・

卵  2個
蜂蜜  100g
バニラエッセンス  小さじ1

・・・・・・・・・・・・

中力粉  400g
ベーキングパウダー  小さじ2
オールスパイス  小さじ1/2
ナツメグ  小さじ1/2
塩  小さじ1/2

・・・・・・・・・・・・

刻みクルミ  1カップ
刻みリンゴ(小~中)  1カップ
レーズン  1カップ

・・・・・・・・・・・・

バターを柔らかくして
砂糖を混ぜ込む、
というのが本に書いてある作り方ですが、
この部分が一番大変なので
レンジでバターを溶かしてから
砂糖を溶かし込み、
それに卵をよく混ぜ込んでいきます。

粉類はあらかじめ一緒にしておき
ザルで振るい込みます。
よく混ざったところに
刻みリンゴ、クルミ、レーズンを混ぜ入れ
ベーキングペーパーを敷いた天板に
スプーンですくってのせます。

170℃のオーブンで10~12分焼いて完成☆
リンゴの甘さとしっとり感で
ケーキのようなクッキーになりました。

c0021551_21312464.jpg
今日は大ばあちゃんの衣装部屋納戸の整理をしました。
何年か前にもかなりの洋服を整理しましたが、
う~ん先は長いです。
今回は分別したので時間がかかったのかしら。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-04-07 21:48 | 食べ物 | Comments(0)

リンゴジャム

毎朝ヨーグルトドリンクに入れているジャムが
最後の一瓶になってしまいました。
今は庭の果物は何もありません・・・m(_ _)m

有るのは安売りで丹念に買っているリンゴだけ・・・(^_^;)

そういえば、先日1月26日のNHK朝イチで見た
コンフィチュールの妖精ことクリスティーヌ・フェルベールさんの
コンフィチュール“魔法のリンゴ” (クリック

要するに8mm角に切ったリンゴに砂糖をまぶし(たぶんリンゴ重量の半分ほど)
出てきた水を少し飴のようになるまで煮詰め
香辛料(レモンの皮、オレンジの皮、ショウガ、八角、シナモン、カルダモン)
を効かせた煮リンゴ(コンフィチュール)

なんとなくわかる気もするし、
私が真似しても上手に作られた物を再現することはできないだろうけど
でも、真似せずには自分を納得させられない悲しさ。

c0021551_18441970.jpg
始めちゃいました(^_^;)

デカいリンゴ3個(450gx3)
砂糖は約600g
一晩でずいぶん水が出てきたので
テレビのようにずっとかき混ぜながら30分
ずいぶん煮詰まってきましたが、
飴っぽくなるほどには至ってませんが・・・・

香辛料としては
ショウガの絞り汁、シナモン、五香粉、オールスパイス
ポッカレモン
(かなり違うね、でもしょうがない)

ちょっと味見
やたら甘い。
リンゴはしゃきしゃきして面白いけれど・・・
でも香りも味にもパンチがないですね
ヨーグルトの味付けとしては・・・どうなんでしょう。
甘さは良くても嬉しい感じが不足です

ということで、ヨーグルトの味付け用に方針転換
c0021551_18442340.jpg
まずはハンディープロセッサーで滑らかにします。
ヨーグルトドリンク用なので
かたまりはない方がイイ。
c0021551_18442920.jpg
で、風味付けにイチゴジャム(安い物)を投入

c0021551_18443229.jpg
いつものジャムサイズの瓶が二本
ほんのりイチゴ色、イチゴ味のジャム(フルーツソース)になりました。

イチゴジャムをリンゴで薄める(または嵩増やしする)のは
有りましたが、
今回はその逆ですね。

パンに塗ったりデザートにするには
甘さ控えめで果肉感が多い方が楽しいでしょうけれど、
私の朝のヨーグルトに入れるのは
しっかり甘い方がありがたいし(酸味は要らない)
とくに次にジャム(イチゴジャム?)を作れるのはかなり先なので
それまでこの2瓶保たせたいですしね

[PR]
by yamamotoyk | 2016-02-09 19:16 | 食べ物 | Comments(0)

リンゴを詰めた鶏の丸焼き

今年は気ぜわしい時に体調不良だったので
クリスマスっぽいことは無しにするつもりでした。
しかし、土曜日の忘年会には出席することにしたし、
その日の朝の新聞折り込み広告に
丸鶏が出ていたので、
もうそんな季節かと、急に思いついたのは・・・・・
c0021551_15472508.jpg
丸鶏を焼いて夫に持たせ、
長男家で夕食を食べさせて貰おうという作戦
最近の夫は長年の○○により
結構夕食も自分で作って食べられるようになったのですが、
一人で食べるより楽しいだろうし、
1年に1度くらいは鶏も焼きたいので良い機会だと思ったのですね。

というわけで・・・
結局鶏は、広告の出ていたそのお店にしかなくて
結構遠くまで行くことになったのですけどね。
で、長男家はカレーを準備していると言うことで
鶏はスタッフィングを軽くすることにして・・・
c0021551_15582429.jpg
リンゴに決定。
ただ、豚の丸焼きにはリンゴを口にくわえさせますが、
鶏にリンゴを入れていいのか不明だったので
ちょっとネット検索。
すると、リンゴだけ詰めるレシピ発見。
そういうのもアリなのね♪~

というわけで、
リンゴ大1こを大きめサイコロに切り、
ニンニク、ベーコン(自家製)、ムッシュルームたくさんを
みじん切りにして炒め、軽く塩をして
リンゴとローズマリーの枝先数本を入れてざっとかき回し、
しかし、ローズマリーの枝は食べたくないので
すぐ取り出して、保存。

鶏の外と中に塩を塗ります。
今回はベーコンを作るときのように蜂蜜も塗りましょうか
肉がしっとりするかも。
それにしても結構詰め物がたくさん出来てしまったので
冷める間に、やはり、骨を抜くことにしましょう。
c0021551_16121215.jpg
抜いた骨はもちろんスープのダシに。
これは結構鶏くさいのですが、
取っておいたローズマリーを入れるとあら不思議、
くさいのが緩和。
次の日のミネストローネになりました。

骨が抜けた頃には詰め物も冷め、中に詰めます。
c0021551_16164377.jpg
ちょうどぴったり収まりました。
上下の孔を竹串で閉じます。
皮に竹串でぷつぷつと穴を開け、
最後にさっと刷毛で醤油を塗りました。

で、オーブンに入れたのですが・・・・
蜂蜜と醤油を塗ったのが災いして・・・
皮が真っ黒に焦げてしまいました。
ありゃりゃ!
もちろん途中で気づいて温度を下げたのですが、
どんどん黒くなるばかり。
仕方がないので、出た油をかけながら我慢
次回からコレは止めましょう。
塗るなら中だけね。

ま、見かけはとても悪い鶏の丸焼きになりましたが・・・
(だから写真は無し)
c0021551_16252326.jpg
評判はまあまあだったようで
次の日に残りを頂きました。
あら~、とっても美味しいです☆
(自画自賛)
夫がコレでチャーハンを作ると言ったのですが
あまりに美味しいので
コレとご飯だけで昼食になりました。
リンゴがほんのり甘酸っぱくてほどよい塩加減で、
鶏肉もたっぷり塩をした割には丁度いい塩加減で、
いやぁ~、これいいです☆

[PR]
by yamamotoyk | 2015-12-20 16:52 | 食べ物 | Comments(0)

イチゴジャム

金山駅の物産展でイチゴが安くなっていたので買った。
2パック500円。
いつも行く八百屋でも3週間ほど前から安いイチゴが出ていますが、
税込みになるとまだ300円を切らないので、
まだ待っている状態です。
1パック200円を切るとうれしいけど(めじゃめじゃのイチゴでかまわないので)
まず、無理ですけどね。

ま、というわけで、かさ増やしのため、リンゴも一個入れて・・・
c0021551_18315070.jpg
イチゴが2パックで500gあったので、
取りあえず、砂糖を150g入れてポッカレモンを回しかけ、一晩おき、朝煮ました。
c0021551_18320720.jpg
でも、今朝はいつにもまして出勤時間が早かったので
弱めの火で沸騰10分で消火。

帰宅後、まずはハンディプロセッサーでどろどろにして、
ちょっと味を見るとなかなか美味しいのですが、
多分コレでは砂糖が少なくて長期保存に適さないかも。

まだゆずジャムがあるので、当分常温保存にします。
やはりもう少し砂糖が多い方がいい気がします。
テキトーに砂糖を追加し(はかるのが面倒だったし(^^;)
ほとほとと沸騰させること更に10分。

沸騰を続けながら、瓶に詰めました。
c0021551_18321412.jpg
リンゴを追加したのは正解だったようです。
いつものジャムの瓶に丁度一杯。
泡やら、鍋底に残った分などをかき集めて
小さな瓶に丁度一杯。

小さな瓶の方は冷蔵庫保存にします。

最近は大ばあちゃんの冷凍弁当が冷凍庫でおおばかっているので、
冷凍保存のスペースが減って何かと不便です。
昨年は、イチゴの安い時にたくさん買って冷凍保存し、
夏のベリー類に保存しておいたイチゴを入れてジャムにするのが
なかなか具合良かったのですが、
今年はそんなわけで難しいかも。
そんな時、リンゴもかさ増やしに利用出来るかも☆
でも、夏にリンゴは難しいかも。そうですねぇ~・・・・

ま、また色々工夫してみましょう。
それも楽しみのうちですから。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-03-27 19:14 | 食べ物 | Comments(0)

再び torta di mele イタリア風リンゴケーキ

再度 U-tube で見た torta di mele に、挑戦してみました。

材料:卵3個、砂糖150g、バター(溶かして)60g、
小麦粉300g、ベーキングパウダー大さじ1、リンゴ2~3個(?)
オーブン:180℃40分

動画によると、容器に卵3個を割り入れて、電動泡立て器でかき混ぜ、
次々と砂糖、バター、小麦粉、ベーキングパウダーを入れて
生地ができたところにリンゴを切り入れて、
丸い焼き型に生地を入れ、上に薄切りリンゴをきれいに並べ、
砂糖(多分グラニュー糖)をリンゴの上にぱらぱらと降りかけ、
18℃のオーブンに40分入れると完成。

という至極単純な物。
リンゴの皮を見事に剥いて、切り入れる様はほれぼれしますが、
(料理を作っているイタリア人って本当にステキ☆)
とりあえず、私はもたもたとしかリンゴの処理はできませんが・・・・

手順は真似して、完成!
焼き型は古くなった26cmのフライパンの取っ手をはずして利用。
c0021551_22515302.jpg
ワオ~、スゴイ迫力です。お皿に出してみました。
粗熱を取ってから・・・でも待ちきれなくて・・・・
c0021551_22524114.jpg
切ってみました。
あ、案外うまく切れますね。
わぁ、フワフワケーキですよ。よく膨らんでます。
さすがふくらし粉です。いつものパウンドケーキとは全然雰囲気が違います。
バターの量も全然違いますけどね。
リンゴがしっかり下に沈んでます。
ちょっと中に入れるリンゴが少なかったかな。
今日は上に乗せる分と中に入れたのと全部で大1個しか使いませんでしたから。
こんなに膨れるなら、中くらいのリンゴ2個でもいいですね。(小3個でも)

中のリンゴに小麦粉をまぶしてから入れれば、
もっと均等に中に浮かんでいたかも。次回挑戦。

で、お味は?
イタリアのレシピにしては甘さ控えめ。上品で、素朴な味です。
どうも、お手本はバニラ味のふくらし粉を使っているようですが
私は何もスパイスは入れませんでした。
まだ、熱いうちに試食したので、食感はよくわかりませんが、
明日冷めてから、もう一度、食べてみます。

[PR]
by yamamotoyk | 2013-12-08 23:11 | 食べ物 | Comments(2)

トルタ・ディ・メーレ torta di mele 再挑戦

昨日、自分の記事の中で何かを探していて、
ふと、トルタ・ディ・メーレの記事を見つけました。(クリック) (クリック)
そういえば・・・・と思いだし、
上に飾る形の物を焼いてみようと思い立ち、
本当はもう少しフワフワした生地のようなんですが、
やっぱり慣れたいつものパウンドケーキ生地で焼きました。
c0021551_21444249.jpg
ちょっとリンゴが・・・重なっちゃって・・・・
c0021551_21462257.jpg
170℃35分では一部生焼けでした。
一部中に入れて残りを飾るという風にすれば良かったかしら・・・・
それともっと大きいお皿を使うべきだったな。
美味しいけど、結構ずっしりしたケーキになりました・

イタリア語の U-tube で、作り方を見つけましたが、
牛乳が入るし、卵をしっかり泡立てるのでもう少し軽いのかしら。
次回それで作ってみようかしら。

もう少しいろいろ研究してみたくなりました。

[PR]
by yamamotoyk | 2013-12-06 21:52 | 食べ物 | Comments(0)