タグ:レシピ ( 5 ) タグの人気記事

辛子レンコン失敗続き

辛子レンコン

レンコンあまり細くない物、太すぎない物、300gくらい
穴がしっかり空いているところまで端を切り、
皮がキレイならそのまま、または皮を剥く
扱いやすい大きさに切り
酢を入れた水から茹で沸騰してから5~6分茹でる
c0021551_20221833.jpg
茹で上がったら網の上で縦にしてしっかり乾かす。

味噌の準備:
白味噌80g
粉からし小さじ1~2杯
粉豆腐

粉からしを少量のぬるま湯で溶き、しばらく伏せておく
こうすると辛みが強くなる
c0021551_21465776.jpg
(チューブ辛子でもたぶんOK)
白味噌に溶きからしを混ぜる。
白味噌を使った場合少し緩くて扱いにくいので
粉豆腐(高野豆腐の粉)または
パン粉、きなこなどで
粘土くらいの硬さに調節する。
白味噌以外の味噌ではミリンなどで甘みを加味する。

よく乾かしたレンコンに混ぜ味噌を詰める
c0021551_20225797.jpg
レンコンを味噌の上からぎゅうぎゅうと押さえると
だんだん穴に味噌が詰まっていく
飛び出した味噌を拭き取りつつ、全ての穴に詰まるまで繰り返す

水分が出て味噌がはみ出してくるので、30分、できれば1時間以上置いて、
はみ出た味噌を拭き取る
c0021551_20490145.jpg
ころも:
小麦粉と色づけのためのターメリック(またはクチナシ)を混ぜ
水で溶く(あれば+卵黄1個または溶き卵少々)
どろっとした濃いめの衣になる様にしっかり混ぜる。

レンコンにころもを厚めに付け、
しっかりした串または細めの菜箸を刺し
180℃の油で揚げる。
串刺しで油に入れるのは
鍋底に触らない様にするためです。
鍋底に沈むと衣が取れてしまうからです。

c0021551_22315385.jpg
コレが前回、串無しで揚げた物。
衣が一部薄くなってます。

で、次は、
なんと・・・
最初に茹でるのを忘れた(>_<)
c0021551_21505923.jpg
だから、長く揚げてレンコンに火は通ったのですが・・・
身が縮んで皮が浮いてしまった・・・ダメじゃん

さあ、来週は本番
今度こそ、上のレシピに従ってちゃんと作るぞ!

ところでレンコンの穴に詰めた味噌・・・色が薄いですね。
ちょっとターメリックを加えてもう少し黄色を足そうかしら。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-03-17 22:29 | 食べ物 | Comments(0)

トルタ・ディ・メーレ風ケーキ

そろそろサツマイモのお菓子も飽きたので
鬼まんじゅうの最後の一個を食べちゃったのを機に
何か、なかったかなぁ~
と自分のブログを探していたら、見つけちゃったのです。
トルタ・ディ・メーレ
イタリアのリンゴたっぷりケーキ、朝ご飯用?
しかし、どうも、自分のレシピとして完成していないままなのです。

コレを自分のものにできれば、
家庭用の気軽な、でも美味しいおやつにできそうです。

というわけで、これまで何度も挑戦したレシピを検討して、
今一度挑戦してみました。
c0021551_21013774.jpg
今回の材料

バター 50g
砂糖  80g
ダースホワイトチョコ  2かけ
卵1.5個(1個+たまたま余っていた1/2個)

小麦粉  100g
ベーキングパウダー  2.5g(1/2パック)
(合わせて振るう)

リンゴ  小2個(300g強)
8割は小さめの薄切りに切り
2割は櫛形の薄切りに切る

バター、砂糖、チョコを蓋付き容器に入れてレンジでチン
卵を入れてよくかき混ぜる。
しっかり混ざったら振るった粉を混ぜ込み、
小さめに切った、リンゴを混ぜ込み
焼き型に入れる。
表面には大きめ櫛形リンゴを飾り用に差し込む
表面にグラニュー糖を振りかける

予熱した170℃オーブンに入れ40分
串に何も付いてこなければ完成
c0021551_21020764.jpg
実は焼き時間を10分追加しました。

冷めて生地が落ち着いてから切ってみました。
c0021551_21202147.jpg
リンゴもたっぷり良い感じです。

試食☆結果
ちょっと甘すぎるかな・・・
チョコはしっとり感のためですが甘みもあるので
1かけにしましょう。
砂糖も80gはちょっと多いので
次回は60gにしてみましょう。
卵は通常は1個です。

リンゴはこれくらい思いっきり多い方がいいです。
厚め耐熱ガラスの鍋を焼き型にしたので
少々焼き時間がかかるようです。
今回は50分、ひょっとしてもう少し。

あと一歩で完成かな。
パウンドケーキより軽いので
おやつとして丁度良い感じです。

金曜日に焼いたのがもう無くなったので
(マゴ君一家と山分けしたし)
また時間があったら焼いてみましょう。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-03-05 22:07 | 食べ物 | Comments(2)

うまこのお勝手(レシピ集)

カカオマス(100%チョコ)も買ったし、
そろそろまたブラウニーを焼く練習を・・・
オーブンもまだ慣れていないし・・・

と思って自分のレシピを探しにかかりましたが、
自分のホームページのレシピ集がこのところお手入れ不足で
広告がやたらうるさく、これはマズい、と思えてきました。
このところはブログ内の検索機能がなかなか優秀なので
もっぱらそれを利用してきましたが、
だんだん似たような記事が増えてくると
検索結果の中からお目当てを探すのが大変になって来ました。
レシピを考える途中の記事なのか
一定の結論が出たレシピなのか・・・・

そこで、ついつい、最近のまとめ作業に入ってしまい・・・
気づけば、あら、もうこんな時間、というわけで
一日があっという間に済んでしまいました。
でも、ブラウニーの最近のレシピもわかったし、(クリック)
最近の新しいレシピも盛り込めたし。
よかったよかったということで・・・・
こちらが少し直したうまこのお勝手(クリック)です。
追加した分はNEWの印をつけました。

広告が出てしまう前に時々お手入れが必要ですね。
できれば、これぞレシピ、という記事を書いたときに
ついでにアップできると、と良いんですけどね。
忘れちゃうんですね。
それと古くなったレシピ(改良された)の削除も必要かな。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-02-04 20:30 | 食べ物 | Comments(0)

鬼まんじゅう

久しぶりに鬼まんじゅうを作りました。
シルクスイートというサツマイモを買ったからです。
割に普通のお値段だったし、
その前にシルクスイートの焼き芋が相当甘かったので、
美味しいお芋なのかな、と思ったからです。

以前のブログ記事からレシピを探したのですが、
見つからないですよ。
書いてなかった?
では、復習でレシピを書いておきましょう。

材料
サツマイモ  400~500g
米粉(餅米をミルサーするか、白玉粉、餅粉、上新粉なんでも)40g
小麦粉 160g
砂糖100g
牛乳またはレモン汁 オプション

サツマイモの大きさが色々なので
材料はアバウトでいいです。

c0021551_20025765.jpg
サツマイモを小さめのサイコロ(私は5mmくらい)に切ります。
もちろん薄切りにした時点から水にいれて
あく抜きをしています。

しばらく水にさらした後
c0021551_20031665.jpg
よく水を切り、砂糖を入れてよくまぶします。
30分~1時間おくと水分が出てきます。

水が出てきたらそこへ粉類を投入しよく混ぜます。
この時に水分不足で粉が残るときは
水、牛乳、レモン、(今回はヨーグルトも)などを
入れますが、入れすぎないようにご注意。
入れすぎるとタラタラで扱いにくくなります。

よく混ぜたら、蒸しますが、
私はお弁当用のシリコンカップの極小にいれます。
クッキングシートを敷いてその上に丸く乗せてもいいし、
平らに広くのばして
蒸し上がってから切り分ける方法もあるようです。

c0021551_20034215.jpg
蒸します。
餅米をミルサーした物を使っているので
長めに蒸します。30~40分。
白玉粉などなら20分ほどでいいと思います。

c0021551_20035110.jpg
完成☆
シルクスイート、ねっとり甘いです!焼き芋みたい♪~
砂糖の量はお芋の甘さで変えたいと思うも・・・難しいですよね(^^;)

[PR]
by yamamotoyk | 2017-01-24 21:25 | 食べ物 | Comments(2)

ブルグルのチャーハン風

ブルグル料理がレパートリーの一つになってきました。
ブルグルはデュラムセモリナなどの小麦を挽き割りにして湯通ししてあって
見かけは押し麦の様な形の小さなマカロニといった感じで、
マカロニの様なご飯の様なそんな感じの物です。
カルディへ行けばいつもあるので便利です。

一人分50gをたっぷりのお湯を沸騰したところに入れます。
パスタと違いかき回さなくても勝手に対流してくれるので便利。
タイマーを10分にセットします。

炒める野菜と茹でる野菜、どちらも使えるのも便利。

茹でる方が美味しい野菜は茹で時間に合わせ
ブルグルを茹でている鍋に入れていきます。
例えばニンジンなら水から入れます。
カボチャ、サヤインゲン、ヤングコーンならブルグルと一緒または少し後。
ブロッコリ、カリフラワー、パプリカ、葉物野菜なら残り3~4分という具合。

炒める方が美味しい物は
隣のフライパンで炒めておきます。
例えば刻みタマネギ、ベーコン、ニンニク、キノコ類など。

刻んだドライトマトはほとんどできあがり間際でもOK

お湯の中で5~10分ほど蒸らしたあと、
(蒸らさないとちょっと堅めだけど食べられます)
茹で上がったブルグルと野菜はザルに上げます。
炒め物ができたらザルの中身を混ぜこみ味を付けます。
スープの素、ケチャップ、オイスターソース、クレージーソルト
バジルペースト、サラダドレッシングなど味は何でもお好みで。

お肉を一緒に炒めてもイイし、
今回は白身魚(冷凍ナマズ)のオーブンフライを合わせました。

c0021551_22154022.jpg















冷蔵庫内にあるお野菜が何でも使えるのも便利なので、
時々登場する様になりました。



[PR]
by yamamotoyk | 2016-06-18 22:29 | 食べ物 | Comments(0)