タグ:上調子 ( 2 ) タグの人気記事

三味線始動若菜摘

熱を出してから1週間が経ちました。
ようやくちょっとマシになってきましたが、
後遺症?と言うわけでもありませんが、
ろくに食べずに横になっていることが多かったので
ヨワヨワ、よろよろの怠け者になってしまいました。
えいやっ、とやる気を出したことはできるのですが、
ちょっと休憩♪~の連続。

ま、別に急がなくても・・・・

とはいえ、じつは急ぐことが一つあります。

昨年以来、長唄は舞台続きで
落ち着かない状態が続いていましたが、
この度、新しい曲が提示されたのです。
お弾き初め(たぶん来年2月)用というわけです。

舞台が終わってほっと一息ですが、
ゴロゴロと家事もさぼっている今こそチャンス。
頑張ろう。
長唄のいいところは座って出来ること
準備もあまり動かずに出来ます。

c0021551_19200846.jpg
というわけで
お手本の録音を皆の分も一緒にCDにしました。
譜本もスキャンしてパソコンに保存しました。
譜本をそのまま使って練習しているとボロボロになるし、
書き込みだらけで何が何だか、わけがわからなくなるからです。

さあ、昨日から、たっぷり時間を取って練習開始です。
曲は若菜摘(わかなつみ)
短い曲と大先生は言われますが、
ページ数はたっぷり、時間も15分あって、
とても短いとは・・・

ありがたいことに、上調子があります。
決定です。
私は上調子を弾きます!
大先生の録音を聞きながらまずは本手を弾いて
次は録音に合わせて上調子を弾きます。
一部速いところがあって、追いつきませんが、
慌てずに毎日黙々と弾き込んでいけば、
2月までには何とかなるでしょう。
暗譜できれば幸い、できなくてもスムーズに弾ければいいとします。
生活の目標が出来て良かったです。

体力作りはまた別途考えましょう。
今夜は久しぶりに雨が降りました。
カラカラだった庭が潤います。嬉しいです。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-09-05 19:49 | 三味線 | Comments(0)

茶摘みの上調子

昨日の長唄のお稽古の時、
4月のお弾き初めの演奏曲の見直しで
春よ来い→茶摘み
と変更になりました。

ふ~、
見直しと言うことは
この曲の上調子を作らねばならないってことね・・・

今日も気分が悪くて、
最低限の家事だけやってあとはゴロゴロしているのですが、
上調子は早く取りかからないとあとでしわ寄せが・・・

上調子というのは、かせ(ギターで言えばカポタスト?)で
三味線の3本の糸を短くして5度音を高くするんですね。
一番低い糸の下のをミにというわけ。
二番目の糸は#ファをシに
三番目の糸はシを上のミに
そのあと、もとの三味線は二番目の糸をミに下げて
合わせるんですね。

もとの譜の1オクターブ上を弾けば良いのよ!
と軽く言われてしまったのですが、
上調子の譜面は、
まるで、小くした三味線が
そのまま普通の三味線であるかのような
譜の書き方がしてあるんですね。

つまり、もとの三味線の音の1オクターブ上が
上調子に合わせた三味線のどの音に相当するのか、
すぐにはわからないんです・・・(T_T)
それどころか勘所、つまり音の位置がどこなのかも
すぐにはわからない・・・
音を聞いて合わせなさい、とか言われて・・・
ま、いいか・・・もともとそれに近い弾き方をしていたから、
音を探すの嫌いじゃ無いし。(あまり音感がいい方じゃないのにね)

最初の原則のがミで・・・というのから計算して
もとの譜の横に新しい音を書いたのが前回の方法。
でも、今回はまだ新しい譜をコピーしていないので
もとの譜本を鉛筆で真っ黒にしたくない・・・(^^;)

というわけで、もとの譜を三味線で弾いて録音し、
それを聞きながら上調子で合わせてみる・・・
って、そちらの方が面倒じゃない?
でも私、事務仕事、苦手だし、今日気分悪いから。
聞いて弾く方が楽しいじゃない?

と言うわけで、遊んでいたのか
作っていたのか・・・・
何も残しておかなかったし、
もっと気分の良いときに、またやり直しましょう。
で、また次回のお稽古の時に微調節しましょう。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-02-09 22:56 | 三味線 | Comments(2)