タグ:保存食 ( 18 ) タグの人気記事

柚餅子試食

2回目に仕込んだ柚餅子そろそろ一ケ月になるので(クリック)
ちょっと触ってみて、硬そうなのを切ってみました。
c0021551_20373615.jpg
まだちょっと柔らかいです。
切る時ゆがんでしまいました。

前回の物(クリック)より
クルミがたくさん入っているし、さらに甘め?
かなり柔らかいので
もう少し乾燥すると・・・つまり時間が経つと
いいかな。
酒の肴というよりお茶請けによさそう♪~


ジョージアの保存食
チュルチヘラ
今テレビで見たので早速メモっておこうと思います。
クルミを6個ほど糸に通し
ブドウ果汁と小麦粉を煮詰めた物に浸けて
乾燥させた物
一見でかいソーセージのように見えます。
薄く切って食べるのだそうです。

美味しそう~☆
作ってみた~い!

[PR]
by yamamotoyk | 2017-03-07 21:20 | 食べ物 | Comments(0)

残りも柚餅子に

冷蔵庫野菜室の奥に、柚子がまだ残っています。
それどころか、柚の木にもまだ1個残っています。
ボチボチ何とかしないと・・・

数えてみると12個有ります。
ん?12個?
前回作った柚餅子と同じ数ではありませんか。(クリック)

柚餅子を試食したら、とても美味しかったし、
他に何かにするというアイデアも出てこなかったので
(ピールにするには数が少ないし)
もう一度柚餅子を作ることにしました。
c0021551_22034136.jpg
八丁味噌200g
砂糖200g
クルミ100g
ゴマ60g
道明寺粉65g(1/2袋)
混ぜやすくするくらいのミリン

弱火でふつふつするくらいまで、しばらく練る。
c0021551_22034957.jpg
柚子を上から1/4くらいのところで切って中身を出す。
1個の皮は傷んでいたので11個になりました。
中身はレモン絞りでタネ、果汁、カスに分ける。
(タネはかぶれるので廃棄、果汁は冷蔵してレモン汁の代わり、カスは肥料)

c0021551_22040030.jpg
柚子の皮(柚子釜)に練った味噌を詰める。
前回よりクルミもゴマも多いので
味噌が余ったので、かなりぎっしり詰め、
更に柚子と(産直の)レモンを買いたしました。
(水分の少ない八丁味噌だけというのも量が増えた原因かな)

c0021551_22041352.jpg
蓋をきっちり閉め、ガーゼでしっかり包みました。
蒸すとずいぶん中身が出るらしいからです。

c0021551_22051708.jpg
1時間蒸しましたが、
ガーゼから顔を出していたところからは
ずいぶん味噌がこぼれ出てしまいました。
ガーゼできっちり包むことの効果が出ましたが、
数が多くなると手間ですけどね。

さて、ガーゼで包んであるので
このまま干してもいい?
でも、かなり味噌で汚れているので・・・それは・・・
しかも適当な紙は見つからないし・・・

あ、和紙を探していたら面白い布が出てきました。
網のようなタオルです。
ミカンネットに入れて干している人も居ましたから
真似できそうです。
c0021551_22053855.jpg
縦長の布に包んで縛って、
両端を吊り下げました。
不足分は新しいガーゼに包みました。

c0021551_22054847.jpg
この布はこんな感じなのでよく乾くことを期待しましょう。
くるんで縛っただけなので
再利用も出来そうです。

冷蔵庫内でもよく乾くという話もありましたが、
冷蔵庫内が味噌匂くなりそうだったので
c0021551_22060242.jpg
やっぱり
今までの北側の屋根下(自転車置き場)に吊しました。
ちょっと乱雑?(^^;)
まだまだ風は冷たいのでここで良いでしょう。
乾いた頃には風も暖かくなるでしょうから
その時点で冷蔵庫に入れたらいいかな。

これで、優雅に柚餅子を楽しめるし、
気易く他人にも分けてあげられるかも。
来月が楽しみです☆

[PR]
by yamamotoyk | 2017-02-02 23:05 | 食べ物 | Comments(2)

柚餅子試食

ゆべしを作ってから(クリック)一ヶ月近く経ったところで、
ちょっと袋を開けてみました。
c0021551_20324377.jpg
おぉ~、色については道半ば?
黄色と茶色、半々というところでしょうか。

c0021551_20325242.jpg
横から見ると、底の方からだんだん茶色くなってきているようです。

もう一度吊しましょうか?
それとも?

c0021551_20330095.jpg
誘惑に勝てず、切っちゃいました。
まだ水分がキラキラしていますが・・・

かじってみました。
う~む、美味しいかも☆
クルミの歯ごたえ、甘味噌の味に
道明寺粉の餅味も少し感じられます。
もちろん柚子の皮の香りと渋み。
まだ、まろやかとか熟成とかからはほど遠いのですが、
ん、それなりに美味しくて・・・
薄く切っても、気づくと・・・なくなってた(^^;)

実は数日前から見上げていて、
この日、突然決心したのは・・・
TBSの類さんの酒場放浪記で食べていたから(^^;)ゞ
そのお店では1年物と2年物が天井からたくさんぶら下がっていて
その一個をが出てきたわけですが、
柚子味噌と呼んでいました。
柚子に味噌を詰めて吊したという説明だけで、
細かい中身の説明は・・・でも、本当に味噌だけだったかも(^^;)

そうか・・・2年物かぁ~
一ヶ月に一個ずつ食べれば、
1年物くらいにはなる?
もう少し節約すれば、2年目物くらいにはなるかな。
今年は実験ですね。

まずは良いお味だったのでほっと一安心です。
さ、今後が楽しみですね。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-01-27 21:30 | 食べ物 | Comments(0)

保存用ギンナン

土曜日は八百屋さんへ行きます。
卵が安いからですが、
今日は安いぎんなんがありました。
サイズ不選別の大袋はあまりに量が多かったので
(きっと居酒屋さんなどの業務用)
中袋にしました。見かけはほとんど小袋ですが、
殻を割って・・・と考えるとこれで十分。

友人はレンジでチンするというので
先日の小袋で試してみましたが、
結構早く冷えて硬くなるので
渋皮を取るのが結構大変なので、
やっぱり量が多い時は塩茹でが一番です。
固い殻を取ってオタマジャクシで頭をこすりながら茹でれば、
渋皮が取れます。
c0021551_22055768.jpg
まだまだきれいな緑のぎんなんですね♪~
塩茹でにすると、ほどよい塩味が付いて、
このまま食べても美味しい☆
夫に食べる?と聞いたら、もう歯を磨いたので食べないそうで、
減らなくてヨカッタ(^_^;)・・・ということで
ファスナー付の小袋に入れて冷凍しました。

本当は冷凍しちゃうと味が落ちますが、
仕方ないです。
他の保存方法は知りませんから。

でも、クックパッドを丹念に調べると
殻を割って薄皮が付いたまま油に入れて保存する、
というのを見つけました。(クリック)
いいかも・・・

さ、これで一冬分のお楽しみ完成。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-10-15 22:42 | 食べ物 | Comments(0)

味付け冷凍ほか

スーパーで立ち読みした本に書いてあったこと・・・
お肉を冷凍するときは味を付けてから冷凍すると良い・・・・

ふ~ん、そうなんだ・・・・

というわけで、今日の午後はなぜか保存食作り(と夕食の準備)で
潰れちゃいました。
c0021551_20004711.jpg
何故こういうことになったかと言えば、
牛肉が安かったこと、豚肉も安かったこと
そして・・・珍しく極上のラムがやっぱり(米産)豚肉並みの安さだったこと(^_^)v
豚肉の買い置きが既にあったのですが、
買わずにはいられなかったので
ラム以外は冷凍しようってね☆
で、ただ冷凍するのではなく・・・

脂身の少ない豚と牛の薄切りの組み合わせを考えます。
牛肉300gの薄切りは細く切って
しょう油とオイスターソースをまぶして冷凍。
青椒肉絲を考えています。

脂を取った牛肉160gと豚肉110gは一緒にして
フードプロセッサーにかければ
合挽肉の完成。
丁度読んでいた新聞に
カレー粉をまぶして炒める話が出ていましたが
メニューを決めたくなかったので
そのまま冷凍。
タコライスになりそうな予感。
でなければ、冬瓜の肉味噌かけ。

薄切りの豚肉は脂を取って
おろしショウガとしょう油、みりんも少し入れて
みじん切り塩ショウガもちょっと入れて冷凍袋に。
もちろん生姜焼き用です。

四つ足でないお肉もありますよ。
8本足♪~
タコです。
タコは一度冷凍してから茹でると
すぐ茹でるより柔らかくなるという記事を読んで以来
生タコを買ったときはすぐ内臓を取り、塩でもみ洗いをして
冷凍。
本当に柔らかくなるのかは不明ですが、
ま、さばいて洗って茹でて、とするより、
時間がかからないのでそうしています。

ココまでなら、まあまあの時間だったのですが、
午前中の買い物で
夕食用にと小イワシと小キスとどちらにしようか迷って
鰯は簡単にさばけるけど、今日は食べる気がしない。
キスは骨や身が固くてさばくのが大変だけど
鰯より安いし、やっぱり美味しそう・・・
似たようなパックで鰯の方がキスより高いっていうのもね・・・

というわけで
c0021551_20211286.jpg
ミニミニのキス12枚
3人で食べれば一人4枚だね。
なんちゃってフライもいいけど、
シンプルにムニエルにしましょうか。
できあがりはムニエルというより
キスせんべいって感じでしたけど、美味しかったです。

しかし、今回キスを三枚おろしにするのにも
慣れてきたのか、
比較的スムーズに行きました。
なんでも回数こなすと要領が良くなるもんですね。
コレにはクレージーソルトをふりかけ、
リードペーパータオルを乗せ冷蔵庫へGO

急いでお風呂を洗って、洗濯物を取り込み、三味線を弾いて
大ばあちゃんの帰宅に備えねば・・・・
ちょっと昼食時にまったりしすぎましたか(T_T)

[PR]
by yamamotoyk | 2016-08-26 20:39 | 食べ物 | Comments(0)

干し柿その後

昨年、干し柿を作りました。(クリック)
カビが生えそうな感じだったので、すぐ冷凍庫に入れました。
その時点で表面は焦げ茶色でいわゆる粉は吹いていませんでした。
白い粉を吹いた干し柿はあこがれだったんですけどね。
でも、そのまま干しておいてカビが生えるのは許せませんでしたからね。

さて、その後ちょびちょびと大切に食べていたのですが、
昨日食べた干し柿は・・・
c0021551_22114621.jpg
表面が真っ白ですよ~!
カビではありません。
欲しかった粉!

これイイですね!

つまり、ほどほど乾燥した時点で冷凍して、
そのまま大切に保存しておけば
年を越した辺りで
粉フキ、ちょー甘々のチョー高級干し柿のできあがり☆
というわけ。

実は昨年初めて干し柿を作って、
一応満足はしたのですが、
結構大変でもあったし、
その割に最後カビが生えそうになったりして
満足度やや低めの結果となったのですが・・・・

今回の発見で
また、ちょっとやる気が出てきたというか・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2016-02-22 22:31 | 食べ物 | Comments(0)

ハダカイワシ

ハシキンメを買った翌日にも、(クリック)
もう一度ハシキンメが出ていましたが、
別の見たことのない魚が出ていました。
c0021551_21560484.jpg
ハダカイワシ
同じく、深海魚風の容貌です。
しかも一段と不気味・・・・(^_^;)
c0021551_21561845.jpg
取りあえず検索すると、
再び、興味深いサイト発見(クリック)

干物がお勧めのようです。
非常に脂の多い魚ですが、その脂が実はクセモノ。
消化できないので食べ過ぎるとマズいようです。
ただ魚が小さいので問題は起きていない・・・らしい。
でも、問題ないという文献も見つけました(クリック

ところで、この魚、変におしゃれ・・・
c0021551_21563027.jpg
おなかにジュエリーが付いていて
きらきらしています。
いかにも深海魚ですよね~
とは言え食べ物って考えるとやっぱり不気味ですけど・・・

気を取り直して干物に挑戦
c0021551_21563876.jpg
簡単にさばけます。

c0021551_21564868.jpg
さばいたら、3%ほどの塩水に入れて20分ほどおきます。
その後
c0021551_21565782.jpg
いつものように並べたら
c0021551_21570487.jpg
干物カゴで一昼夜(忘れていただけ)

その後冷蔵庫へ入れて
次の日のお弁当になりました。

焼いたら
サックサクの干物になりました。
たくさんの脂が抜けたから?
その食感が美味しいと言えるかも・・・
焼いたらジュエリーはよくわからなくなりました。
ハダカイワシの干物は高知の名物らしいです。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-02-02 22:54 | 食べ物 | Comments(2)

ハタハタ(鰰)

スーパーにハタハタが出ていました。
夕方だったので、既に見切られていました。
2パック購入。

c0021551_20280945.jpg
今まで色々やってみましたが、結局

c0021551_20281454.jpg
頭を落とすと、ワタがすぐ出るので
洗った後、海水程度の塩水で約20分放置
3%程ということで1リットルに大さじ2杯の塩ですね。

c0021551_20281927.jpg
網にあげて干します。
発泡スチロールのお皿にペーパータオルを敷いて
そこに網に乗せたハタハタを置いて
干物籠に入れて干します。
翌日雪が降ってきたので階段に取り込みます。
冬はこんな時いいですね。
乾燥しているので冷蔵庫の中でもいいです。
今回は次の日に食べちゃいましたが
ひょっとして冷凍もできるかしら。

c0021551_20282609.jpg
まとめてオーブンで焼いちゃいました。

ごちそうさま~

[PR]
by yamamotoyk | 2016-01-23 20:35 | 食べ物 | Comments(0)

自家製ベーコン

はい、まだ毎月ベーコンを作っています。
ただ、問題は豚のバラ肉が時々しか出てこないこと。
そろそろ作ろうかという時期になっても出てこないと焦ります。

今月も冷蔵庫のベーコンが残り少なくなってきたのに
かたまりのバラ肉がまだ出てきません。
あ、牛のバラ肉かたまりが出ていますね。
そこで、牛を使って同じようにしてみました。
確か、牛の塩漬けに各種香辛料をきかせて燻製にすると
それはパストラミではなかったかと・・・
ユダヤ人は豚を食べないので牛で作るのかな?

で、牛を仕込んだところで、豚のバラ肉も出てきました。
あらら・・・
でも、牛のパストラミ風だけではちょっと不安なので
やっぱり豚のバラ肉も買って作りましょう。
息子たち夫婦が今週末に来るので手土産にしてもいいし・・・

というわけで・・・
c0021551_19290779.jpg
豚バラかたまり2個、
規定量(約5%)の塩を
塩とクレージーソルト半々にして
全体に揉み込みます。

c0021551_19291316.jpg
その上から塩よりやや多めの砂糖(今回は三温糖)を
まんべんなくすり込みます。

c0021551_19292083.jpg
出てきた水分を吸わせるため
リードペーパータオルにしっかり包んで
洗ったもとの容器に入れきちんと包み
冷蔵庫(チルド)へ

c0021551_19292654.jpg
まとまった時間が取れたところで燻製にします。
牛は4日、豚は2日目。
もう少し熟成させたかったけど・・・

三味線の練習をしながら火の番です。
火が強いと煙が出すぎて
家中燻製になりますし、
一番の弱火では煙が出ないので微調整。

1時間もしないうちに安全のため自動消火するので
それも注意して火をつけ、
都合2時間30分ほど燻しました。
端を少しだけ切って試食。
うふん♪~おいし~
できあがりの写真は忘れました。

大体冷めたところで
新しいリードペーパータオルに包んで
ジプロッグに入れ冷蔵庫へ。

これで今月のベーコンも安泰(^_^)v

次の日、ジャガイモサラダに
みじん切りにして炒めたベーコンを入れました。
他に入れたのは、りんご、カブラの塩漬け、小さなチーズ
とマヨネーズ
c0021551_21001717.jpg

[PR]
by yamamotoyk | 2016-01-22 19:53 | 食べ物 | Comments(0)

ふきのとう

テレビを見ていたら、
今年はふきのとうが例年よりずっと早く出てきた、
という話とともにフキ畑でふきのとうを探す人の映像が流れていました。

と思ったら、映像で見たのと同じようなふきのとうが
金山駅構内の産直出店にありました。
なんだか一個ずつがデカいし、たくさんあります。
ふきのとうをスーパーで買うと案外高いので
思わず買っちゃいました。
こんな野性味あふれるごついふきのとうは
まちなかでお目にかかることはできませんしね。
c0021551_18295192.jpg
ふきのとうは
蕗味噌にするしか能がありません。
だから、やっぱり蕗味噌にしましょう。

それにしてもこのごつい蕾のままってどうすればいいのかな?
よくわかりませんが、
ざっと洗って根元の方を少し切って
刻んで・・・先の方は硬そうなので
一番先っぽは捨てて・・・
だって、たくさんあるし・・・

その後でちょっと検索すると
先に茹でてから刻むと書いてありますね・・・
でも、もう刻んじゃったし、
土が付いていた感じはないからいいよね・・・

いつものように刻んだら
ごま油でよ~く炒めて
酒とみりんと味噌と砂糖をテキトーに入れて
適当に煮詰めて熱いうちに瓶に入れ蓋をして、
逆さにして置き、
さめたら冷蔵庫に入れました。
小瓶2個半できました。

それほどちゃんとした瓶詰めでは無いので
冷蔵庫保存のままほどほどに食べきりましょう。
もちろん朝食のお供です。

八丁味噌しかなかったので
香りを大事にするふきのとうにはいかがなものかと
多少心配ではありましたが、
冷めたらいい感じになりました。
ふきのとうの香りはあるし
味噌の渋みでふきのとうの苦みが
ごまかされているというか・・・

今回の野性味あふれるふきのとうは
きっと春の滋養たっぷりに違いありませんね。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-01-14 18:55 | 食べ物 | Comments(0)