タグ:修理 ( 5 ) タグの人気記事

2度あることは・・・

さて、洗濯機のドアが壊れて新しくした記事は
10月の終わりでしたが、
11月になったら、眼鏡のツルが折れていることに気づきました。
プラスティック部が折れたのですが、
中の金属部分はなんともなかったので
どうしようかとしばらく悩んでいましたが・・・・
(安いお店で新しく作ろうかとか・・・)
今年の初めにレンズを替えた時にツルは古いままだったし、
度の強いレンズなので安いお店では作れないと言われたことがあるし、
結局買ったお店に行くと、
運の良いことにレンズを削らずに入るフレームがありました。
値段は高いのですが、レンズが小さくなることを考えれば
致し方有りません。
時は金なりでもあります。
c0021551_21415902.jpg
30分で完成☆
調べてみれば前のフレームは5年前でした(クリック)

さて、ココまでは良かったのですが、
このあと先週のことですが・・・
なんと、三味線を私の不注意で倒してしまい・・・
竿が折れてしまった!
最悪です(T_T)

浅田屋さん(クリック)
に張ってもらった皮がすでに表皮を張り替えた物です。
すっかりめげてしまいましたが、
夫は冷静で、折れたところを木工用ボンドで貼ればいいんでしょ?
と澄まし顔。
やってあげると・・・と
万力を出してきてさっさと処理。
数日かかって・・・・
c0021551_21542464.jpg
巧く付いたようです。
縦線は折りたたむ時の継ぎ線です。
それと直角方向に交わる、よろよろした線が折れたところです。
木製楽器はひびが入ったらもうダメでない?
と思ったのですが、私の技術と耳では、
音の違いがわからないので
今後ともつきあっていくことにしました。
なんと言っても浅田屋さんの形見のような三味線ですし。
家からは出さないと決めたものだったし。

それにしても毎度この三味線ばかり私の不注意で
傷を付けています。なぜ?
大事にしているつもりなのに・・・

ところで先週、雨の日に地面の極小段差に気づかず
足首を捻ってくじいたようになり、
数日痛みがありましたが、
(というか今でもほんの少し痛い)
折れた物が既に上記3つあったので
足首を折らずに済んだかも(^_^;)←迷信

[PR]
by yamamotoyk | 2017-11-20 22:46 | 三味線 | Comments(0)

三味線の皮

ちょっとショック・・・・
三味線の皮がパキッと割れていました・・・・(T_T)
c0021551_21365692.jpg
破れると言うにはあまりに見事な割れ方・・・(>_<)

今日、三味線やさんに行ってきました。
しばし三味線の皮事情についてのおしゃべり(を楽しんできました)
白川公園から栄まで歩いてお散歩の代わりにしちゃいました。
家まで歩きたかったけど、
あまりに時間が惜しくて・・・・

一週間で出来るそうです。
受け取りの時は三味線をかばって車で行きます(^_^)v

[PR]
by yamamotoyk | 2017-11-10 21:48 | 三味線 | Comments(2)

穴ふさぎ

黒の麻着物、脇に穴を開けちゃったので早急に何とかせねば・・・(クリック)

よく古い着物で見かけるように
裏に布を当てて、チクチクしますか。
ボールペンの赤い先のところが
裂けた箇所です。
c0021551_19240651.jpg
この着物はできあがりをヤフオクで落としたので
端切れがありません。
おまけに引っ越しの混乱で黒麻の端切れも見つかりません。
唯一見つかったのが
この茶色の小千谷縮みの端切れのみ。

黒けりゃイイってなもんでもなかろうと
同じ麻を選択
裏に当てて黒い糸で周りをチクチク。
何とかしてみましたが・・・
脇だから見えないだろうと・・・

出来上がりがあまりにひどいので
完成画像は無しということで(^^;)

昨日は昼食後すぐに買い物に出かけて
帰ってからお風呂を洗ったら
気分が悪くなってしまった。
丁度、食べてすぐ走ったときのような感じ・・・・
疲れもたまっていましたね、きっと。
今日は不要不急の仕事はすべてやめて寝ていたら
ちょっとマシになって来ました。
食べてすぐ動くのは私の場合ダメです・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2016-09-13 19:31 | 和装製作 | Comments(0)

三味線もお弾き初め準備

準備が遅れています。
朝、一通りの練習をしたあと、
唄の譜本に扇子の上げ下ろし箇所の印をつけ、
そのあと急に・・・

c0021551_20565323.jpg
三味線をばらばらにしています。
なぜに?

c0021551_20584846.jpg
それは・・・
ばち皮にずいぶん傷が付いていることが気になって、
気になって・・・
迷っていたら、
とうとうギリギリになってしまった・・・と。

で、思いきって三味線屋さんに飛び込んで
張り替えて貰って(だから↑はキレイになってます)

ついでに・・・
c0021551_20585367.jpg
古い滑り止めのゴムをはがして・・・
(貼りゴムの話も三味線屋さんのおじちゃんに聞きましたし)

c0021551_20585753.jpg
新しいゴムを貼って・・・

お弾き初めに持って行く三味線を決めて
三味線を組み立て直し、
胴掛けを決めます。
c0021551_18392480.jpg
博多織の小布を貼った胴掛けデビューです(クリック)
滑り止めゴムの色がイマイチのままでした(^_^;)

次は糸の張り替え。
とは言え3の糸は当日張り替えるのでそのまま。
1の糸はちょっと擦れているだけでなんともないようですが
1と2を両方とも張り替えたら
まぁ~ステキな響きになったこと♪~
3の糸も自分で張り替えちゃおかしら・・・
当日は枷をかけたりしてチョー忙しいのよ・・・

さあ、荷物の忘れ物が無いようにね。

着物は決めてありますが、試着はまだ。
あ~れ~
しかも袋帯に撥水スプレーはかけましたが
まだ名古屋帯化してありませんよ・・(>_<)
やんなきゃぁ~

[PR]
by yamamotoyk | 2016-01-31 22:34 | 三味線 | Comments(0)

三味線の糸巻き修理

昨日三味線を弾こうと思うと、何か、糸巻きがおかしいのです。
よくよく見れば、三の糸の糸巻きを固定するための金属の筒が
接着が取れて、三味線の本体から抜けています。
コレでは糸巻きが空回りするだけで、締まりません。
正確に言うと、筒が空回りしているので、マズイです。

よくよく見れば、膠っぽい物で固めてあるのがぼろぼろになっています。
こういう伝統楽器は修理して使う物なので、
下手に自分で修理しようとすると、
次回の修理がきかないという事態にもなりうるので、
自分では触らず、糸だけはずして、修理を頼むことにしました。

お稽古に行く前に持って行こうと思うのですが、
三味線やさんはお留守のよう・・・・
お稽古の帰り?いえ、連絡が付かないのに、それは危険。

今日の朝、電話が通じたので、出勤の途中で寄ることに。
どうやら修理はすぐできるらしい、午後には仕上がるとか。らっき~
幸い、午後の仕事は入らず、余裕で行けそうです。

午後、仕事が終わって、急いで家に帰り車でまず、カインズホームに行って、
帰りに寄ることにしました。
家の近くホームセンターが無くなってから、かなり不便しています。
三味線の撥を磨く細かいサンドペーパーすら無い。
先日、先が丸くなった撥を研ぎ出した後、仕上げの磨きが掛けてないので
ぎしぎしするのが気になっていました。よっしゃ~☆
ばあちゃんの仏間のやぶれた障子紙も買えました。

というわけで、三味線屋さんのすぐ近く、白川公園の紅葉がきれいです。
c0021551_20493213.jpg
家に帰って、きれいになった糸巻きをば・・・・
c0021551_20512571.jpg
一番手前のクリーム色の棒が糸巻きでその付け根の所の菊型の金属が外れていたところ
これでしっかり付いたようですね。
ついでに糸も新しいのに替えてくださって、ありがとう☆

糸の巻き方がうちの先生ご推奨とは違っているんですが、
この三味線は実は門外不出にしている一丁なので、ま、このままでもいいよね。
せっかくきれいに巻いてあるんだし。
c0021551_20571396.jpg
裏から見たところなんですが、一番太い一の糸は
抜けないように玉結びが作ってあって、そのまま巻いてあります。
後の二本はしばらず、巻いた糸で押さえる形になっています。
これだと、糸が糸巻きからわずかに浮くので音がしっかり伝わらない、
と先生は言われるんですよね。
でも、糸を替えるときはすぐ外れるから便利そうです。巻くときも早そう。
でも巻いた糸が緩んだときに糸が抜けやすくないかしら?
しばらく、このまま使ってみようと思います。

後日談。
今日初めて弾いたところ、
三本とも糸が新しくなったせいなのか何のせいなのか、
サイコーにステキな音でした。いいわぁ~
この三味線は浅田屋さんが皮(しかもチョー上等の四つ)を張ったもので、
本体もそこそこ良い物(私が落札できた一番お値打ち)なので、
私の宝物。もうどこへも持ち出さないつもり。
もう浅田屋さんは仕事をされないから、
皮が破れたら、その値打ちが無くなるのは、悲しいことです。
もちろん皮を張れば、また使えるんですけどね、前とは違う、
ストラディバリウスとはそこが違う・・・・(T_T)

[PR]
by yamamotoyk | 2013-11-21 21:04 | 三味線 | Comments(4)