タグ:味噌 ( 4 ) タグの人気記事

柚餅子試食

2回目に仕込んだ柚餅子そろそろ一ケ月になるので(クリック)
ちょっと触ってみて、硬そうなのを切ってみました。
c0021551_20373615.jpg
まだちょっと柔らかいです。
切る時ゆがんでしまいました。

前回の物(クリック)より
クルミがたくさん入っているし、さらに甘め?
かなり柔らかいので
もう少し乾燥すると・・・つまり時間が経つと
いいかな。
酒の肴というよりお茶請けによさそう♪~


ジョージアの保存食
チュルチヘラ
今テレビで見たので早速メモっておこうと思います。
クルミを6個ほど糸に通し
ブドウ果汁と小麦粉を煮詰めた物に浸けて
乾燥させた物
一見でかいソーセージのように見えます。
薄く切って食べるのだそうです。

美味しそう~☆
作ってみた~い!

[PR]
by yamamotoyk | 2017-03-07 21:20 | 食べ物 | Comments(0)

柚餅子試食

ゆべしを作ってから(クリック)一ヶ月近く経ったところで、
ちょっと袋を開けてみました。
c0021551_20324377.jpg
おぉ~、色については道半ば?
黄色と茶色、半々というところでしょうか。

c0021551_20325242.jpg
横から見ると、底の方からだんだん茶色くなってきているようです。

もう一度吊しましょうか?
それとも?

c0021551_20330095.jpg
誘惑に勝てず、切っちゃいました。
まだ水分がキラキラしていますが・・・

かじってみました。
う~む、美味しいかも☆
クルミの歯ごたえ、甘味噌の味に
道明寺粉の餅味も少し感じられます。
もちろん柚子の皮の香りと渋み。
まだ、まろやかとか熟成とかからはほど遠いのですが、
ん、それなりに美味しくて・・・
薄く切っても、気づくと・・・なくなってた(^^;)

実は数日前から見上げていて、
この日、突然決心したのは・・・
TBSの類さんの酒場放浪記で食べていたから(^^;)ゞ
そのお店では1年物と2年物が天井からたくさんぶら下がっていて
その一個をが出てきたわけですが、
柚子味噌と呼んでいました。
柚子に味噌を詰めて吊したという説明だけで、
細かい中身の説明は・・・でも、本当に味噌だけだったかも(^^;)

そうか・・・2年物かぁ~
一ヶ月に一個ずつ食べれば、
1年物くらいにはなる?
もう少し節約すれば、2年目物くらいにはなるかな。
今年は実験ですね。

まずは良いお味だったのでほっと一安心です。
さ、今後が楽しみですね。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-01-27 21:30 | 食べ物 | Comments(0)

ゆべしを作ってみました

花柚子がたくさん採れましたが、
時間が無くてまだ処理が追いつきません。
しかし、ゆべしを作ってみたいという気分だけは盛り上がってきたので
ちょっと調べてみました。

よく見るのは、
くるみなどを刻み込んだ味噌を柚子釜に詰め蒸して干す。
というモノ。

もう少し手の込んだ物を見つけました。
それは道明寺粉を混ぜるという物。
多少お菓子っぽくなるのでしょうか。
加賀ゆべしと書いてあったのですが、研究中、とのことだったので、
自己流にちょっと変えて試してみました。
c0021551_22115993.jpg
赤味噌100g、麹味噌100g、三温糖200g
刻みクルミ、ゴマ適当量(在庫不足で)
道明寺粉1/2カップ約60g
みりん少々
以上をフライパンで弱火でしばらく練って
c0021551_22120965.jpg
柚子釜に6割ほど詰めました。
柚子は上1/4ほど切って中をくりぬきましたが
身と皮が緩いので
c0021551_22121818.jpg
こんな風に割と簡単に出てきました。
柚子が小さいので
この分量の味噌で12個出来ました。

さて、この後たこ糸で
c0021551_22505960.jpg
こんな風に縛るつもりが・・・
たこ糸をどれだけ探しても見つからず・・・・
c0021551_22122632.jpg
仕方が無いので途中で見つけたガーゼで包んで
糸で口を縛りました。
ここで一旦終了。

翌日これを1時間蒸して・・・
中はこんな風になっていましたが、
c0021551_22434908.jpg
たこ糸を買ってきましたが・・・
蒸したあとで縛っても遅いよね・・・
だって、これを和紙で包むんだもんね。

というわけで・・・
c0021551_22440114.jpg
リードペーパータオル(1/4枚)で包んだ上から
たこ糸で縛りました。

さて、どうやって吊したもんじゃろう・・・
c0021551_22450142.jpg
外のガレージの梁に棒を渡して(実は着物ハンガー)
それに引っかけました。
落ちないように紐で補強して
この状態で3ヶ月ですか?
3月末というか4月初めまでというか・・・・
気の長い話です。
さあ、どうなりますやら。
強風で吹き飛ばされないか心配です。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-12-24 23:04 | 食べ物 | Comments(0)

ふきのとう

テレビを見ていたら、
今年はふきのとうが例年よりずっと早く出てきた、
という話とともにフキ畑でふきのとうを探す人の映像が流れていました。

と思ったら、映像で見たのと同じようなふきのとうが
金山駅構内の産直出店にありました。
なんだか一個ずつがデカいし、たくさんあります。
ふきのとうをスーパーで買うと案外高いので
思わず買っちゃいました。
こんな野性味あふれるごついふきのとうは
まちなかでお目にかかることはできませんしね。
c0021551_18295192.jpg
ふきのとうは
蕗味噌にするしか能がありません。
だから、やっぱり蕗味噌にしましょう。

それにしてもこのごつい蕾のままってどうすればいいのかな?
よくわかりませんが、
ざっと洗って根元の方を少し切って
刻んで・・・先の方は硬そうなので
一番先っぽは捨てて・・・
だって、たくさんあるし・・・

その後でちょっと検索すると
先に茹でてから刻むと書いてありますね・・・
でも、もう刻んじゃったし、
土が付いていた感じはないからいいよね・・・

いつものように刻んだら
ごま油でよ~く炒めて
酒とみりんと味噌と砂糖をテキトーに入れて
適当に煮詰めて熱いうちに瓶に入れ蓋をして、
逆さにして置き、
さめたら冷蔵庫に入れました。
小瓶2個半できました。

それほどちゃんとした瓶詰めでは無いので
冷蔵庫保存のままほどほどに食べきりましょう。
もちろん朝食のお供です。

八丁味噌しかなかったので
香りを大事にするふきのとうにはいかがなものかと
多少心配ではありましたが、
冷めたらいい感じになりました。
ふきのとうの香りはあるし
味噌の渋みでふきのとうの苦みが
ごまかされているというか・・・

今回の野性味あふれるふきのとうは
きっと春の滋養たっぷりに違いありませんね。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-01-14 18:55 | 食べ物 | Comments(0)