タグ:大根 ( 3 ) タグの人気記事

べったら漬け風大根

べったら漬けは名古屋ではあまり馴染みがないのですが、
子供の頃、父の東京土産で食べた記憶があります。
昨今では近所のスーパーにもべったら漬けと称した商品がありますが、
後ろを見ると、味付けやら添加物やら、
おそらく、発酵商品は制御困難なので
似せて味を付けたものかと思います。

そろそろ、ヨーロッパを真似て
本物しか名乗れないようにした方が
商品価値が上がると思いますので、
今回はべったら漬け風、と題しました。

本物は色々厳密な手順があるかと思いますが、
殺菌していない甘酒がある間に
家庭用の真似製品を作ってみました。

c0021551_18115200.jpg
大根の塩漬けを作ります。
家庭用なので
食べたい形にあらかじめ切っておきます。
本来は4%+呼び水の塩と記載されていましたが、
だったら3%でいいんでない?
しっかり空気を追い出して一晩おきます。
使い古しの乾燥気味の大根なのであまり水が出てきませんね(^^;)

c0021551_18143625.jpg
翌朝、漬け容器の底にできた甘酒を敷きます。
その上にしっかり水を絞った大根を乗せ、
さらに大根が隠れるほどの甘酒を乗せました。

c0021551_18160640.jpg
輪切りの鷹の爪、細切り昆布も一緒に入れてしばらく置くと
水が出てきたので、
かき回しました。

一本試食

ん☆美味しいです。
やや、ひ辛い大根の風味と
甘辛い麹の味。
いいですね~☆
本物のべったら漬けは
もう少し違う味だったような気がしますが、
こちらの方が漬け物らしくて好きですね。
2~3日するとよく漬かってくるという話ですが、
何発酵が起きるのか不明なので
冷蔵庫で保存します。

それにしても、年末に作った
かぶらの塩漬けに麹を入れた物や
大根寿司と似た物なのに
なんとなく違うのは
やっぱり甘酒になってしまっているからでしょうか?
研究の余地があります。
今週の朝ご飯のお供になります♪~

[PR]
by yamamotoyk | 2017-02-27 18:27 | 食べ物 | Comments(0)

梅仕事、ラッキョウ仕事

ばあちゃんのために作った
高知の洗いラッキョウを漬けたラッキョウ漬け。(クリック)
試食してみました。
あら~、美味しいです!
ポリポリ歯ごたえもあります。
漬かり具合も浅漬けではありますが、十分食べられます。
というか、おいしい~♪

ところが昨日、いつもの八百屋さんに鳥取の土ラッキョウが並んでいたんです。
昨年のラッキョウ酢はまだたっぷりあります。
つい、また買っちゃいました。1kgだけね。

というわけで・・・
c0021551_20393120.jpg
上下切って洗いながら薄皮剥いて・・・
c0021551_20395184.jpg
熱湯を回しかけ、干します。


さて、次男家からメール。
梅の実がなってるけど、欲しい?

と言うわけで、行って採ってきました。
ついでにモッコウバラをバシバシ剪定もしてきましたケド
c0021551_20412160.jpg
しだれ梅の実が沢山みのって、
一部赤くなっています。

何にするのが一番良いかしら?
小梅の梅干しは美味しそうですが、
次男家は食べそうにないし・・・

というわけで・・・
c0021551_20402399.jpg
小梅は砂糖と酢をかけて梅シロップに。
ラッキョウも無事漬かって、
ついでに大根を大量に切って、ラッキョウ酢に漬けました。
右手前の赤いのがそう。
赤いのは前に赤カブを付けた名残。
赤い色を生かすため、ラッキョウ酢を注ぎ足して使用。
ざるに入った白いのは大根。
余ちゃったので、そのまま乾燥させてあります。

この忙しいのに、何やってんだか・・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2015-05-31 20:53 | 食べ物 | Comments(0)

大根餅もどき、まねしてレンコン餅

大根餅というものがあります。
中国の食べ物で点心の一種になるのでしょうか、
中国食材店にあったりしますが、材料の割に値段が高い印象がありました。
最初に食べたのがいつだったか、もうすっかり忘れましたが、
不思議にほのかにおいしい、結構好きかも・・・という記憶があります。

おろしレンコン揚げという食べ物があります。
名古屋北西部レンコンの一大産地で工夫された食べ物のようですが、
ルーツがどこにあるのかは知りません。
コレはなかなか好きですが、
最近揚げ物を作るのはやめてしまったので、
あげずに作る方法をいろいろ試して
だいたい決まってきました。
おろしレンコン焼きですね。

で、大根餅の簡単な作り方を見ていると
コレが下ろしレンコン焼きと大変似通っていることを発見。
ということで・・・・
c0021551_18041807.jpg
まずは大根をおろします。
ざっくり水を切ります。
残った水を吸収する感じで粉を入れます。
やや堅めのどろどろ生地にします。

粉は、米の粉(上新粉、白玉粉、団子粉)などを使うと
よりオリジナルのようにお餅っぽくなります。
小麦粉や片栗粉を混ぜると柔らかかったり、粘りが少ないものになります。

これだけでもいいし、
本物をまねして干しエビやら、刻みネギ、ジャコなどを入れてもいいです。

生地ができたらスプーンですくってお団子のような形にして
油を引いたフライパンで両面を焼きます。
c0021551_18233203.jpg
大根餅のオリジナルは
大根を細く刻んでゆでて、それを上新粉など粉類と
干しエビや焼き豚のみじん切りなどと合わせ、
四角い型に入れて蒸す。
蒸し上がったものを保存して食べるときに切って油で焼く。
と結構面倒ですが、
上の簡単レシピでも十分おいしいものができます。

で、私のおろしレンコン焼きが違うのは、
卵を混ぜること。
粉が米の粉ではなく、小麦粉と片栗粉を使うこと。

米の粉を使うとモチモチになって、ちょっと雰囲気が違うかな?
って感じになります。
だからモチモチが好きな人は米の粉を使うといいです。

もう一度まとめると、
皮をむいたレンコンをおろして
出てきた水を中和する感じで小麦粉と片栗粉を入れる卵も入れる。
麺つゆで味をつける。

スプーンですくって
油を引いたフライパンで焼く。
案外火が通るのに時間がかかるので、弱めの火でじっくり焼く。
しっかり火が通ると生地が透明な感じになります。
完成。
見かけは簡単大根餅とそっくりですが、
色は麺つゆのせいもあってやや黒いです。
味もどことなく違う・・・・レンコンの味ですよね。
だからカラシ、または辛子醤油で食べますが、
大根餅は何が合うでしょうか。
チリソース、と書いてあったりしますね。
大根が主張しない分、いろいろなたれが合いそうです。

で、冬場、レンコンや大根がたくさんあるときは
たくさん作って冷凍保存できるのがいいことです。
さ、今から作っておこうかな。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-02-17 18:45 | 食べ物 | Comments(2)