タグ:歳時記 ( 173 ) タグの人気記事

ヒヨドリの歳時記

8日の水曜日、生ゴミを埋めに庭に出て気づいたことがありました。
c0021551_16132168.jpg
な~んかね、さみしいの・・・・
そうセンリョウの赤い実が・・・ない!
ん?
c0021551_16132910.jpg
さては・・・
小鳥さんに食べられた?
最近メジロをよく見かけますからね。

このところ朝ご飯の時、窓の外に見える枝垂れ桃の枝に
ヒヨドリが留まって辺りを見回しています。
枝垂れ桃のつぼみが開くのを待っているのかと思ったのですが、
桃はまだずっと先のことです。
はは~、他の木よりちょっと大きいこの木の枝に留まって
食べられそうなものが無いか見回していたのね。

そして今日改めて気がついたのですが、
センリョウだけではなくて、
マンリョウもナンテンも
赤い実はすべて無くなっている!
食べ頃を見極めていたのね。

毎年のことですが、
ある日突然、赤い実が全て無くなるんですね。
ひょっとすると、8日にはもう無かったかも。
気分がイマイチだったので気づかなかっただけかも。

それにしても、どうやって食べ頃がわかるんでしょうね。
本当に食べ頃なんでしょうか?
単なる気分だったりして・・・・
どこかに研究論文あるかしら・・・

ふふ、見つけましたよ、実験記事
他の人の記事でしかもナンテンでは無くピラカンサですけど、
12月にはキョーレツな味らしいのが、
2月になると何とか食べられるようになって、
小鳥さんたちも食べているという話。
ナンテンには鳥にとって毒があるという記事もどこかにありましたが、
こちらも2月になると熟して食べられるのかも。

やっぱりね。
小鳥さんたちも生活がかかっているから
見た目か、突いてみてか、何らかの方法で
食べ時を見極めて、
その時とばかりに一気に食べちゃうんですね。
うちの庭の赤い実なんてそんなに数ないから・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2017-02-10 16:38 | 園芸 | Comments(0)

急ぎ春

このところ昼間は穏やかに暖かい日があります。
今日もちょっと庭に出るのに厚いコート無しでも大丈夫でした。
それを感じたか・・・
c0021551_16112103.jpg
(あまり冷えない)屋根のある場所ではありますが
ヒメオドリコソウが咲き始めました。

c0021551_16112719.jpg
そして、四海波が一輪咲いていました。

黄色の日本水仙もスタートダッシュ準備
黄色の見える蕾があちらにもこちらにも・・・
春、行ってみよ~って感じですが、
まだ何回か寒くなるときがあるんでしょうね。
あまり寒暖の差が大きいと調子の狂う花もあるので
今年の春は順調かな?というのが気になる季節になって来たようです。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-01-30 16:34 | 園芸 | Comments(0)

春の花

黄色い水仙が咲き始めました。
ツバキも咲き始めました。
1月20日が大寒、1月28日が旧暦のお正月のようですが、
2月4日の立春を前にして
お庭では春が始動してきたようです。
c0021551_14250271.jpg
黄水仙(ピンぼけ!)

c0021551_16092758.jpg
ヤブツバキ(大輪)
小鳥さんにつつかれて花びらがボロボロです。

c0021551_14251576.jpg
ツバキ(美土野)

先日、お正月とお彼岸の間に
掃除がてら、お墓参りに行きました。
平和公園にお墓があって、
正しい日には込みすぎるので
比較的近い我が家では敢えてはずしてます。
(無信心者めが!)
白い水仙と黄水仙とセンリョウとロウバイで
花束を作ってお供えしましたが、
松も入れればヨカッタかも・・・
大祖父ちゃんごめんね m(_ _)m
しかも今回、大ばあちゃんは連れてこなかった・・・
(暮れには一緒に行ったよね)

[PR]
by yamamotoyk | 2017-01-22 14:33 | 園芸 | Comments(0)

センリョウ・マンリョウ

お正月のお花と言えば・・・
センリョウ、マンリョウ・・あと十両!

というわけで、
c0021551_20121041.jpg
豪華にマンリョウ使いのお花になりました。
このこんもりとしたマンリョウは
一本の万両の木です
あまりに背が高くなったし、
生えている場所がイマイチなので、
思い切って切ってしまったということです。
背の高いスイセンと若松
(若松は買ってきました)
c0021551_20122141.jpg
もう一本の若松は短くして長男家の玄関へ。
スイセン、センリョウ、ロウバイ

外のプランターには小さな葉ボタンを植えてみました
c0021551_20124210.jpg
斑入りのジュウリョウ(十両)も植えましたが、
コレには実が付いていません。
実が付くと可愛いでしょうね。

おまけは
c0021551_20125277.jpg
唐獅子の焼きもの
ちょっとシーサーのようにも見えます
手びねり感あふれる焼きものですが
どこからやって来たのだったか、
由来は忘れてしまいました。

今日気がついた物
c0021551_20123517.jpg
小さな小さな松ぼっくりです
ちらっとタネらしき物が見えています。
開いているのに今日気づきました。
ちなみに花だったのは・・・(クリック)この時?
それとももう一年前?
2016年にも同じように松ぼっくりの赤ちゃん(花?)が
付いていました。

ちなみに松ぼっくりが付くのはこの辺りの枝のみ。
なぜかと思ってよく観察すると
c0021551_21260137.jpg
松ぼっくりの付く枝の根元は
枝振りを作ろうと針金を巻いたまま忘れていて、
こんなことになっていました。
ここだけ栄養が貯まっちゃってたんですね。
ちなみに松ぼっくりが付いているのは
下の方の太くなっている枝の先

[PR]
by yamamotoyk | 2017-01-02 21:31 | 園芸 | Comments(0)

レンガの穴埋め

庭のあちこちを見回すと、
c0021551_20285396.jpg
物置を建てる場所(砂利敷きの箇所)のすぐ手前、
レンガの敷いてない所が少しあり、
今週木曜日に物置の工事予定なので
それまでに敷いておこうと思います。
その部分の穴を掘ってみました。

本当はレンガ敷きというのは
下地をちゃんと水平にして砂利を敷いて、レンガを並べ、
最後には目地の砂をしっかり入れる、と
言うは易しでも、実際は結構大変な作業です。
ということですが・・・
この際、手抜き作業をしようと思います。
c0021551_20293143.jpg
と、ここで、私の思いつきを実行しようと思います。

防草シートを買うのが面倒なので・・・
古くてすだれになった(透けるほど薄くなった)タオルを
防草シートの代わりに
レンガ敷き予定の穴に敷いてみます。
c0021551_20294603.jpg
試しにタオルの上に予定のレンガを入れてみました。
穴が深いのでレンガがへこんでいます。
土を入れる必要がありますね。

手前から順に不足分の土を入れてレンガを置いていきます。
なるべくレンガが水平になるように土を入れますが、
フワフワに土を入れただけでは沈むので、入れた土を固めます。

c0021551_20300201.jpg
はい完成。
ま、周りのレンガもそれほど立派なわけでもないので、
目立たない程度にはできたかな。

ヤナギの周りの植え込みスペースが減りましたが、
物置前は広くなりました。

たった、これだけの作業ですが、
土を掘ったり、周りをキレイにしたり、レンガを運んだり・・・
すっかりおつかれ~

午後から雨と言うことだったので、
午前中に作業をしましたが、
ぽかぽか陽気で、なかなかの作業日和です。

昼頃にはスイセンの最初のつぼみがほころんできました。
c0021551_20303522.jpg
例年、大体この時期に咲くようですが、
開花始めを見落としている年も多いようです。

このところ黒くて白い点々のある芋虫をよく見かけます。
見つけ次第潰していましたが、
せめて名前だけでも・・・と
検索すると
ハマオモトヨトウの幼虫か
シロシタホタルガの幼虫か

シロシタホタルガの成虫は見たことがあるので
それかなと思うも(クリック)
エサが特殊でうちにはなさそう・・・・
それにちょっと姿も違っているようです。

ちなみにホタルガとシロシタホタルガは
親はそっくりですが
幼虫は全然違う姿なんですね。
私のブログ記事の画像はシロシタホタルガではないかと思います。

さて、
シロシタホタルガの幼虫では無いとするとハマオモト何とか?
どうもそちらのようです。
ハマオモトも特殊かと思うと
ハマオモトはハマユウの別名
でハマユウはヒガンバナ科
な~んだ、彼岸花ならうちにもありますよ。

どうも記憶に自信が無いので写真を撮ってみました。
c0021551_21504053.jpg
見つけたのはヒガンバナの葉の上

彼岸花の害虫、と入力して検索すると一発で
ハマオモトヨトウの幼虫として
これとそっくりな幼虫が出てきました。
親はずいぶん地味な蛾です。

彼岸花だけでなく、スイセンとかも食べるようなので
やっぱり見つけ次第潰すことにしましょう。

さて、昼食後、夫が入れてくれたコーヒーを・・・・
折角なので昨夜見た録画の映画のワンシーンを真似して
(何の映画か聞かないで、違いすぎだから)
c0021551_22175912.jpg
庭で野ざらしになっていた古いガーデンチェアーの足を拭いて
ベランダに上げます。
ぞうきんを敷いて座りましょうか・・・
コーヒーテーブルは
遊んでいた鉢カバーをひっくり返して。
もう少し大きいテーブルが良いけど狭いから無理かな。

さて、ここから見える風景は・・・
まだまだイマイチ
もっと整備する必要があります。
ボチボチ頑張りましょう。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-12-04 23:00 | 園芸 | Comments(0)

ヒイラギ(柊)の花

ヒイラギは屋敷の鬼門(北東の角)に植えると魔除けになるというので、
ある時ヒイラギの苗木を見つて買って、
でも、当時、東北の角には別の木が植わっていたので、
東北の角に近い所に植えましたが、イマイチ条件が合わなかったようで、
小さな黒い甲虫(ヘリグロテントウミノハムシ)に葉を食い荒らされ続けましたが
何とか、今年も花を咲かせました。
c0021551_21501951.jpg
ただ、ヒイラギが雌雄異株とは知らなかったので
ちょっと残念ですが
うちのは雄株なので、実がなりません。
もし黒い実を付けた雌株を見つけたら買っちゃう?
あ、赤い実のヒイラギはセイヨウヒイラギで
この良い香りの花は咲かないんですね。

葉が食い荒らされて惨めな外見ですが、
それでも、新しい葉が出てくると・・・
c0021551_22035279.jpg
気分はクリスマス?

この木の隣に椿の木を2本植えたので
多少居心地が良くなってくれると良いのですが・・・

さて、1階の濡れ縁を取り去り、
ウッドデッキでベランダを作りました。
ただ物干し台はイイ物が無かったのでその工事は先送り。
取った濡れ縁はアルミ製の立派な物だったので
捨てないでそのまま庭に置く予定です。
c0021551_22193333.jpg
エアコンの室外機が乗っているのが新しいベランダ風ウッドデッキ
こちらの方に置いてあるのが、はずした濡れ縁
このあと立水栓の受け皿が完成して一連の作業終了

今日は年末年始の混雑を避けて
里帰りしていたお嫁ちゃんとマゴちゃん達が帰ってきます。
だから玄関先には新しい花を・・・

晩秋 という題で
c0021551_22500490.jpg
椿(西王母)とシランの枯れた葉と実
小さな徳利に

それにしても花瓶に活けた花の写真を撮るのは難しいです。
立体感がね・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2016-12-01 22:38 | 園芸 | Comments(0)

小菊と赤い実黄の実

小菊が何種類か植わっています。
植えっぱなしで毎年花を咲かせてくれるので気に入っています。
オレンジの小菊は最初に咲き始めましたが、
今日見つけたのは・・・
c0021551_20395173.jpg
白、黄、ほんのりピンク
の3種類

まだ蕾なのはあと1種類の遅咲き赤だけ。

あ、そう言えば、これも菊の一種?
c0021551_19524259.jpg
ピンぼけですが、ツワブキです。

似通った花ばかりなので
もう少し変わった菊も植えたいですね。
日泰寺の弘法様(21日)の市に行ってみようかしら。

さて、今年はセンリョウが成績優秀です。
c0021551_20452180.jpg
赤くなってきたらますます目立ってきました。

一方
c0021551_20455609.jpg
ナンテンは相変わらずイマイチですが、
ボチボチ色づいてきました。

マンリョウはあちこちで実を付けていますが、
赤くなるのはまだ先のようです。

このところの寒さで急に色づいてきたのは・・・
c0021551_20504747.jpg
ニワユ(庭柚子)小さな柚子です
昨年は全くの不作でしたが、
今年はずいぶん実が付いています。
隔年結果(一年おきに豊作と不作になる)になっていくのかしら?

[PR]
by yamamotoyk | 2016-11-15 21:27 | 園芸 | Comments(2)

サザンカ

早咲きの西王母が次々に花を咲かせ、
花の少ないこの季節、いい花材になっています。
c0021551_21211057.jpg
西王母(早咲きツバキ)
フウチソウ(風知草)
姫コブシ(葉のみ)

さて、今日見つけたのは

c0021551_21065429.jpg
白楽天と名前不明のサザンカ

この名前不明のサザンカのつぼみはこんなにキレイ
c0021551_21120996.jpg

それから
c0021551_21290881.jpg
ヤツデ

ヤツデは順に咲いていくので開花を確認するのは困難ですが
花の少ないこの時期
虫さんたちの良い餌場になっているようで
羽虫(蜂とかハエとか)がちょくちょく訪れています。

そして、実になるとこんどは多くの鳥が来て
いつの間にか実がなくなっています。
立派な植物ですね~
日陰を美しく彩り、長い期間にわたり
花も実も生き物に食べ物を提供してくれる・・・

閑話休題

c0021551_21403801.jpg
木が邪魔者扱いされて切られたあと
人が通るのでメドーセージが低く咲き
水仙の芽が出てきて
なんだかとても良い雰囲気になっています。

でも、息子に嫌われちゃって・・・
もっとキレイにしろって・・・・(-_-)
もっと木を切れって・・・・(-_-)
今流行の断捨離を庭にもやれって、こと?

[PR]
by yamamotoyk | 2016-11-05 22:08 | 園芸 | Comments(0)

サザンカ

日曜日の日、爽やかな風に誘われ、ゴミを埋めに行ったついでに・・・
c0021551_21071625.jpg
つい、気になって始めてしまったカイズカイブキの散髪
とんがっているところを切りたくて
始めは刈り込み鋏(巨大ハサミ)で切り始めたのですが、
すぐ手が届かなくなり
高所鋏登場

高所鋏が登場すると、
顔を洗ってないことも忘れてつい没頭

さて、今日もゴミを埋めに行って見つけたのが
c0021551_21173457.jpg
サザンカ(ピンク)

よく見れば
c0021551_21174738.jpg
センリョウも色づいてきています。
今にも咲きそうな小菊は先が赤くなってきました
c0021551_21180852.jpg
いつ開くかしらね

さすがに涼しさが増してきました。
玄関と部屋の間のドアを閉めることにしました。


[PR]
by yamamotoyk | 2016-11-01 21:28 | 園芸 | Comments(0)

ビワの花

実はずいぶん前からぽつぽつ咲いていたのですが、
写真を取り損ねて・・・・
c0021551_20543095.jpg
ビワの花です。
今年の日照不足で花付がイマイチのビワですが、
それでもだんだん花房が伸びてきて
ちらほら咲き始めたというわけです。

来年の実付きはどうなりますやら。
(今年はさんざんでした)

生ゴミを埋めようとした場所にイヌタデが・・・
c0021551_20544872.jpg
活けてみました。

イヌタデと特に小さいホトトギスを選んで
ん、この花瓶が合いそうですね。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-10-25 21:11 | 園芸 | Comments(0)