タグ:演奏会 ( 24 ) タグの人気記事

横笛紗帯で、長唄本番

いよいよ、青少年長唄まつり&レクチャーコンサートの当日です。
しかも台風の去就がイマイチ不明・・・つまり台風来るの?状態の一日
雨が降ったり止んだり強くなったり弱くなったり・・・風は強くはないです。

そんな日ですが、10時の集合時間に間に合うように(役員は9時)
c0021551_21595930.jpg
予定通り、麻白絣の着物と横笛紗帯です。
中学生の白い制服に合わせたつもり・・・
他の皆さんは紺系の着物が多かったです。
しかしさすがに行く前から雨でべたべたになるのもいやだったので
紗の二部式雨コートを着ていきました。
袖がね、かなりべたべたになりましたが、大丈夫。
気にしつつ、濡れたコートをコート掛けに掛けておきました。

さて、私の出番はいつですか?
知らないんですよね、ぢつは・・・
唄は元禄風花見踊りなんですが・・・・
プログラムを見てもよくわからないんですが・・・

と、ショーゲキの事実が・・・
c0021551_22113071.jpg
全然気づいていなかったんですね・・・(>_<)
正式な開演の前!え~、ごめんなさいm(_ _)m
嘘言っちゃいましたよ・・・
だから、見てもらえなかったから、写真がないです。

c0021551_22205388.jpg
こちらがプログラム1番の津賀田中学
この生徒さん達の向かって左後ろ端に座って唄いました。
ま、発声練習程度の成果でしたが、主役は生徒さん達ですから・・・
って、講習受講者の発表ってことになってますよ・・え!
いえいえ、やっぱり主役は中学生です(^_^)v

ところで、長唄の舞台って、終わる前に、幕が下りてくるんですね。
最後のジャン、は幕の向こうなんですね。
終わったあとの表情を見せない配慮?

第一部のあとは寛先生解説による、
お囃子、特に歌舞伎の舞台におけるお囃子の様々な役割
いやぁ~、勉強になったし、楽しかったです。

舞台裏も色々見ることができたし、
収穫の多い一日でした。
台風もまだウロウロしているようで、
名古屋の風雨はまだひどくありませんが、台風の本番は明日ですかね。

[PR]
by yamamotoyk | 2014-08-09 22:46 | 着物 | Comments(2)

浴衣会へ麻着物

今日は友人の長唄発表会。(クリック)
地下鉄丸の内から、歩いて行きます。
午前中に少し夕立が降りましたが、すぐ止んでしまったので、
c0021551_16004766.jpg
染めの小千谷縮です。
自分の中ではちょっと上等な着物に分類しています。
帯はうまこ夏帯の裏側にしましょう。
おとなしめの柄です。
c0021551_16023562.jpg

帯用の反物を桜で部分染めにして、
馬のはんこに墨をつけて押していったもの
お太鼓部分もはんこの続きです
帯留めはガラスの波(箸置き改造)
c0021551_16051400.jpg
着物は菊と蝶が四角の中にいて、
それが石畳状に繰り返しになっているものです。
毎年着て洗うので、少しずつ色あせていっていますが
まだ大丈夫。

一応、紗の雨コートと長い晴雨兼用かさを準備
結局雨には降られませんでした。

[PR]
by yamamotoyk | 2014-07-27 16:12 | 着物 | Comments(0)

新年お弾きぞめ

新年お弾きぞめ本番です。
お客様も大勢(と言っても・・何人?10人以上?)来てくださって、
皆様本当にありがとうございました。
笠地蔵は現代日本語だったので、好評でした。
c0021551_23014696.jpg
全部で7曲
と言っても生徒は5曲、
卒業生の応援演奏と先生の模範演奏がつきました。

本番に強い私たち?それぞれ細かいミスはあっても、
全体を揺るがすような(苦笑) 大失敗は無しで  つまり大過なくってことかな?
無事会を終えることができました。

でも、この後の新年宴会で 困ったことが発表されました。
秋に芸能発表会、つまり中日劇場での演奏発表会があるのですが、
先生以外は15人以上でなくてはならないというのです。
予算の関係らしいです・・・・(+_+)

助っ人を探さねば・・・・人員不足です(-_-;)

[PR]
by yamamotoyk | 2014-02-05 23:09 | 三味線 | Comments(8)

能楽堂へ

今日は能楽堂で笛鼓交流会と福原寛先生の演奏会です。
NPOのお仲間さん達も出られるし、時間を取って行くつもりです。

というわけで、きちんとした気分の着物です。
c0021551_22023017.jpg
すばるさんに頂いた紺のお召し、付下げ模様。
八掛けは煉瓦色。
畳んである時はほとんど柄が見えないのでとても地味に見えますが、
着ると、目立つところに銀の波のような線が出てきて、
かなりインパクトがあるようです。
いつも、大変評判がいい着物です。
帯も迷った結果、定石路線で正解だったようです。
私には珍しい、まっとうな染め帯。
とはいえ、ぢつは掘り出し物の九寸の紬の帯地。
違うのはきちんと仕立てに出して、きちんとした帯に仕上がってきたことです。

早速、例の帯締め。
c0021551_22092624.jpg
足袋も白足袋、刺繍半襟も白基調。
セオリー通りでいきました。

う~ん、こうして写真に撮ってみると・・・・
なかなか正統派の着物姿ですね。
これなら、まっとうな人間に見えるかな?
でも、誰かに言われましたね、着物着てる時点でフツーでないって(^_^;)

[PR]
by yamamotoyk | 2014-01-19 22:42 | 着物 | Comments(4)