タグ:色無地 ( 7 ) タグの人気記事

春にうたうⅢ・着物編

今日はNPO長唄講習会の春の発表会、
春に唄うⅢ の本番です。
朝9時集合、9:30から直前リハーサル、
本番は午後1時開場、1:30開演です。
私たちの出番は最初と最後。あらら~
昼間の予想最高気温は何度でした?
え、実際は26℃もあったんですか!
行きの朝と帰りの夕方はそんなに暑くないでしょう。
ほとんど一日中、瑞穂小劇場の中にいるので、
なるべく着心地の良い着物がいいですね。
でも汚れがあまりに気になる着物では困ります。
そして柔らか物で舞台映えする着物が良いですね。

さあ、どうしましょうか。
え~っと先週のポリの薄紫はいいチョイスですが、
ポリなので着心地がイマイチかも。
蒸し暑くて気分が悪くなるのも困ります。

前日になっても着物選びができていません(T_T)
(時間が無かっただけです)
やっと前夜遅く、ごそごそ・・・
あ、大ばあちゃんの箪笥から出てきた色無地、
ベージュ?薄茶色の袷ですが、比較的薄手の絹物、
そんなものが出てきました。
以前寸法を測って、標準サイズだったはずです(^_^)v

帯は前回と同じ袋帯でいいでしょう。
舞台専用になってますね。
というわけで・・・
c0021551_21020735.jpg
これだけ見れば、色柄は上品ですけど・・・・
(お太鼓の位置が低いですね)
あとで考えると、
舞台は金屏風の前で緋毛氈に座るので・・・
ひょっとすると色が微妙です。
背景に溶け込んでしまったかも・・・

c0021551_21060695.jpg
こちらは他の皆様の舞台ですが・・・
中学生、頑張ってます!

残念ながら自分の写真が無いので結果は不明ですが・・・(^_^;)

[PR]
by yamamotoyk | 2017-04-16 21:51 | 着物 | Comments(4)

羽織のたけくらべ

さて、いよいよ明日は次男家の七五三です。
自分の着物の準備もせねば・・・
ところがいつもマゴの行事に着ていた柏の葉の着物が・・・
すぐに出てきません。
丹念に探せばきっとあるはずですが、
その前に見慣れない色無地が出てきました。
姑、つまり大ばあちゃんの着物のうち
処分するには惜しかった物の中にあった物と思われますが、
子細に検討すると・・・

裄は1尺6寸7分ほど、前や後ろの巾もほぼ標準。
丈は十分そう(計ってないけど袖丈の3倍以上ある)
袖丈も普通。
大丈夫着れますね。
サイズが大体合う白の長襦袢もあります

今日、更に子細に検討すると、
裏地はキレイ、松坂屋のラベルが縫い付けてあります。
しかもしつけ糸が現代物(しっかりした糸)
かなり念入りにしつけ糸がつけられています。さすが松坂屋のラベル付(^_^;)
え、一体いつ仕立てたの?
しかもこんな普通寸法(^_^;)本当に大ばあちゃんの物?
謎だらけですが、無視してしつけ糸を取りました。(^_^)v
松葉の地紋がめでたい雰囲気に合いますね。

ついでに発見された同じくしつけ糸の付いた単衣の黒羽織。
しかもうちの紋付きです。
コレもかなり新しいしつけ糸ですが・・・
この羽織の丈は・・・・短い(>_<)
一体いつ誰が・・・何の目的で・・・?

明日もひょっとして暑いかも・・単衣の羽織いいカモ
取りあえず、ちょっと着てみましょう。
c0021551_21485285.jpg
自分の羽織と、発見された羽織を着比べ
こうして並べてみると
ずいぶん長さや雰囲気が違いますね。

c0021551_21501623.jpg
後ろの感じもこんなに違います。

こりゃダメだ・・・
単衣の羽織は折り返しが少しあるので
伸ばせるかと思ったのですが、
折り返しの分がたとえ全部伸ばせたとしても
これでは足しにはなりません。

ちゃんとした紋が付いていて、
地紋もあるこの単衣の羽織は重宝かと思ったのですが、
お金を掛けるのはやめにしましょう。

わたし、丈の短い羽織はとても嫌いなんです。
何か意識下に嫌なイメージがあるようです。
厳かな雰囲気の時にこの羽織は・・・
やっぱりね。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-10-21 22:10 | 着物 | Comments(2)

一つ紋薄紫色無地紬

先日松坂屋のながもち屋さんでゲットしたのは・・・
(クリック)
c0021551_21250376.jpg
薄紫?藤紫?のほっこり袷の紬です。
カメラの条件やらモニターやらで全然違って見えます。
舞台用にしているシルックの色無地薄紫と
とても似た感じの色です。

わたしの結城にちょっと似ているかも、
とは、はごろもさんのご意見。
八掛けも同色で、
縫い紋が一つ
しかも、私の実家の女紋と同じ。

お値打ちだったし、ぴったりサイズだったし
ほっこり紬はあまりもってないし、
色無地のややカジュアル版として、
ちょっと悩むような微妙な機会に着るとおもしろいかも。
って、どんな機会やん・・・

ほっこり紬の袷はずいぶん暖かいそうなので、
冬が楽しみです。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-10-20 22:07 | 着物 | Comments(4)

舞台衣装@青少年長唄祭

今日は中電ホールで青少年長唄まつり&レクチャーコンサートの当日です。
小豆色の麻の付下げ小紋は間に合いませんでした(T_T)
では?
帯は決まっていますが・・・・横笛紗帯です。(クリック)
昨年は制服姿の中学生が主体だったので(クリック)
目立たぬように麻白絣でしたが・・・・
色々悩みますが、やはり舞台となれば柔らか物がいいでしょうか・・・
何かの時に大須で買っておいた絽の色無地にしますか?

c0021551_22120894.jpg
朝、起きれば良いお天気です。
予定通り柔らか物、絽の色無地に決定です。
薄緑の横笛紗帯がよく合いますね。

さあ、でも絹物で、一時の猛暑は去ったとは言え、
栄の地下鉄から多少は歩くので
汗になっていますが、お手入れどうします?
蛮勇で洗ってみようかとも思ったのですが、
案外使い出がありそうなので
安い洗い(@中日タウン)に出してみましょうか・・・

ところで第一部は青少年と銘打っている舞台なので・・・
c0021551_22331438.jpg
かわいい~!
舞台の上には全員子供。
易しい曲とはいえ素晴らしいです☆
c0021551_22400266.jpg
次は大人が何人か入りますが
曲がずっと難しいですから。

そんな具合に進み、
第2部は先生方の演奏です。
だから写真はありませんが、えぇ、もう、よかったですよ☆

今回は私は一応裏方の仕事も多少お手伝いし、
ちょっと様子もわかってきたので、
ゆったりと過ごすことができました。
でも、マゴ関連のばあちゃん仕事があるので
打ち上げには参加出来ずに失礼しました。

写真を撮って頂ける友人に無事会えたので、
写真を送ってもらいました。
c0021551_22192448.jpg
向かって左から二番目にいます。
舞台の日は朝から一回しかリハーサルがないので、
なかなか声が出ません。
録音を後から聞くとくぐもったような声でした。
朝、家(のトイレ?)で叫んできた方がいいのだろうか・・・?

[PR]
by yamamotoyk | 2015-08-22 22:32 | 着物 | Comments(0)

新年お弾きぞめの着物

いよいよお弾きぞめ本番です。
見に来てくださった皆様、本当に今日はどうもありがとうございましたm(__)m

まずは着物
まだお弾き初めには着ていない着物を・・・
というわけで、茶色の色無地
c0021551_19463664.jpg
子供の卒業式に着るようにと、むかし母に言われた
薄ピンクの色無地を
あまりに色が薄く顔が黒く見えるのが嫌で
ピンクの上から(色を抜かないで)茶色をかけてもらったもの
花の地紋が入っています。
地味~な雰囲気なので、どの帯が合うか
色々合わせてみた結果
この唐船ドーイ帯が色の具合がよくて決定。
c0021551_19464370.jpg
さて、問題の新しい三味線バッグ。
c0021551_19465164.jpg
どうだ!って感じですね。
ちゃんと帯もしてマントも着てその上から背負えました。
三味線は多少反っているので、
帯の部分は浮いています。
というか、お尻と頭がぶつかっています。
両肩で支えるので意外に重くありません。
これなら、行けるかな?

本当は三つ折れケースに入れる練習も必要かと思うのですが、
とりあえず、これで・・・

それにしても毎年、先生方の着物姿がステキで、
参考になるというか、まねできないというか・・・

ついでに今日のお弁当
c0021551_20000830.jpg
塩鮭と野菜のおにぎらず。
無理やりぎゅうぎゅう握ってますケド・・
(しかもご飯が一部かたまってるし)

[PR]
by yamamotoyk | 2015-02-04 20:03 | 着物 | Comments(4)

法事

今日は叔父(叔母の夫)の七回忌です。
母の代理と言うことで、出席しました。
無謀にもまたしても、着物です。
c0021551_22081968.jpg
グレーの色無地(紋無し)に一つ紋の羽織。

JRに乗ってとことこ歩いてお寺さんまで行きますから、
c0021551_22143638.jpg
ちょっと迷った末に歩きやすさを優先して、ごつい草履。
(一応黒ですが、ツヤのある素材なので、ちょっと気が引けます)
そして、防寒として、黒ウールのショールと薄いシルクのスカーフの二枚使い。
黒の手袋も忘れてませんよ(前の晩必死に引き出しの中を探しました)
(あちこちで買い集めた物が生かせます)

当日は朝が早いので、前の晩に試しておきます。
半襟が既製品のままではちょっとぴかぴかして安っぽかったので
急遽
c0021551_22250407.jpg
半襟付けなんかしたり・・・・(^^;)

ついでに、別の羽織を試着したり・・・
c0021551_22260507.jpg
右は別の伯母からもらった羽織ですが、(左が今日の紋付き)
黒のお召しに漆糸でバラの花が織りだしてあります。(縫い取りお召し)
絵羽じゃないんですね。なのに三つ紋なんですよ。
でも、柄に紛れて紋はそんなに目立たないから、もっと着てもいいかしら?

・・と言うわけでお経を唱えたり、ご馳走にあずかったりしましたが、
気ぃ使って疲れました・・・・(^^;)

ぢつは今日の着物、丈が長いのでうまこ流二本腰紐の技を使って
お端折りを調節しています。
一本は伸びない腰紐を正規の腰骨に引っかかる位置、
2本目はゴムの腰紐をウエストの位置にします。
ウエストをゴムにしたのは、ゴムの腰紐は縮んで上にあがるのでそれを利用。
さらにウエストは締めると苦しいのでゴムの方が好都合です。

お嫁ちゃんの付下げが(七五三に着た)お端折りが長くなりすぎるので
教科書通りに帯の中に余分のお端折りを折り上げて隠したのですが
結局落ちて来て、イマイチ調子よくなかったので、
今回の二重腰紐技の方がイイです。
ゴムの腰紐が古くて伸びかけなので、新しいのを準備しておきましょう。

[PR]
by yamamotoyk | 2013-11-23 23:13 | 着物 | Comments(4)

お弾き初めⅢ

さて、新年会関連の話題、もう一件。
c0021551_1727126.jpg

この日の曲目は松の緑、都鳥、連獅子、越後獅子、時雨西行でした。
お正月で、演奏会用と言うことで、末弟子としては
着物は色無地にしようと。(これも一応練習のうち)
で、何か曲目に関係ある物をと考えて、
しかも暮れから色無地を着る機会が多かったので
同じ色無地となると(このあたり節約モード)水色で雲の地紋。

また獅子の曲が2題あって、ぼたんに獅子という歌詞が気になります。
よし、牡丹の袋帯があったはず(振り袖を着た時の物)
獅子は・・・よし粘土で獅子の帯留めを作ろう・・・・・
でも、うまくできずに挫折。そう言えばライオンの帯止めがある。

水色の雲となると、連獅子の歌詞に、
~♪文殊菩薩のおわします その名も高き清涼山
峰を仰げば千丈の みなぎる滝は雲より落ち♪~
という場面もあるので、これもぴったりです。(^_^)v

ということで、上の写真になったわけです。
でも、前にも書きましたね、この話。σ(^∇^;)
[PR]
by yamamotoyk | 2006-01-20 17:45 | 着物 | Comments(13)