タグ:貼り付け帯 ( 56 ) タグの人気記事

イギリス標識帯

お太鼓だけを泥縄で縫い付けた帯、(クリック
なかなか胴部分が仕上がらなくて・・・・

でも、今日やっと時間を見つけて最後のなん10cmかをチクチク
c0021551_21263194.jpg
ちなみに引き抜き用の帯なので
お太鼓部分のタレは・・・
c0021551_21281427.jpg
反対側の布がタレに・・・

で、お太鼓の裏側は
c0021551_21303143.jpg
こんな感じ

ちなみに、もともとの帯、つまり表側は
c0021551_21525798.jpg
モナコグランプリ帯です

もともと帆布に縫い付けた帯だったのに
帆布側が使いにくい感じだったので
そこに更に縫い付けちゃった、
つまり3枚分の生地になったのでずっしりと重いです。
実際締めるとどうなんでしょうか。
早速試してみたくなります。

さっそく水曜日のお稽古に締めていきたくなりました♪~

[PR]
by yamamotoyk | 2016-11-14 22:01 | 和装製作 | Comments(0)

中学校へは白絣

今日は午後から津賀田中学でNPOの長唄講習会。
今日は夫が家に居るのでややのんびり気味でも
大ばあちゃんの部屋のお片付けが進みます。
気がつくと・・・あ、早く昼食食べなきゃ・・・・

というわけで、着姿撮る時間なし。
c0021551_21224669.jpg
仕方が無いので
お洗濯する前に取りあえず写真を・・・
はい脱いですぐ襦袢と着物を洗濯機へ入れました。

真っ白の着物に見えますが・・・
c0021551_21270725.jpg
半襟は、引っ越し中に発見された着物スリップの裾に付いていた綿レース。
使わないスリップなので思い切ってレースを切り取り
残りは処分
ステキな半襟になりました。

そして着物は、今日の行き先が中学ですからね、
昔の旧制中学の学生さんをイメージして麻の白絣

もともと男物で骨董市で見つけた物
丈が中途半端だったので
対丈で着るように前後の揚げを調整(クリック)して、
普通に合わせれば襟が抜けるようにしました。
腰紐は無し。
コーリンベルトと伊達締めだけで簡単素早く楽に着られます。
今日のように忙しい日でも大丈夫ですね☆

というか、着物に慣れない人に便利かも。
対丈というと丈だけ合わせてそのまま着るので
襟が抜けず、垢抜けない感じになるのですが、
繰り越しをしっかり取って仕立てれば、
対丈でもちゃんと襟が抜けます。
お端折りがなくなりますが、
わざわざ言わなければ気がつかない(^_^)v
お端折りが短すぎて隠れちゃうこともありますから、
結果同じですよね。

丈が短い着物の利用方法や、
男物の着物を女性用に簡単に直す時、
などに覚えておくと良い裏技かな、と思います。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-08-11 22:05 | 着物 | Comments(4)

カザグルマ小千谷に鮎の帯

今日も朝からバタバタです。
ちょっとの時間を見つけて着物だけ選んでおきましょうか。
今日も朝から良いお天気で猛暑の予想です。
小千谷縮み以外考えられません。
あとは、気分がノルものを選びましょう。
ならば、カザグルマ小千谷ですね♪~

帯で気分がノルのは鮎帯ですね。

というわけで・・・
c0021551_21334531.jpg
この組み合わせになりました。
昼食の準備が整った時点で
15分ほど時間がのしています。
がんばれ~!
何とか10分遅れくらいで出発できました。

さて、今週は三味線に触る時間は無かったものの、
唄は先々週指摘された箇所を何度か復習する機会があったので
今日はさらに細かいところまで指摘いただき、
有意義でした。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-08-10 22:24 | 着物 | Comments(2)

三つ帆巴文の江戸ゆかた

梅雨らしいはっきりしないお天気です。
朝ぱらりと降ったあとは曇りの予報で
蒸し蒸ししています。

白っぽいポーラにしようと思ったのですが、
どうやら既に箱詰めしちゃったらしいので
浴衣にしようと思いますが・・・
じめじめ気分を吹き飛ばす様な物がイイですね♪~
c0021551_16572851.jpg
江戸小紋で有名な小宮康孝氏が集めた
江戸の浴衣の型紙で染められた復刻江戸浴衣です。
これは帆掛け船の帆を巴の形にして
それを三つ合わせてデザインしたもので
三つ帆巴文(みつほどもえもん)と言うらしいです。
でんでん太鼓の模様が三つ巴なので
その変形ってわけですね
c0021551_17060166.jpg
帆なので水辺の帯にしようと思ったのですが
辛気くさいので裏にすると
赤い水鳥さんが愉快で、こちら側に決定。
ついでに帯留めもグルグル渦
c0021551_17030648.jpg
これはインド布を黒い帯に縫い付けた物です
着物風に着るとちょっと蒸し暑いですが
気分は爽やかでした。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-06-15 17:24 | 着物 | Comments(4)

雨でもフジ帯

今日は朝から雨。
と思ったら、結果的に昼間は降りませんでしたが・・・・
でもそれは結果論なので、雨モードで準備をしました。

帯は庭のフジに合わせ引き続きフジ帯。
雨なので帯に合わせたポリは・・・・
c0021551_22240287.jpg
以前作った胴抜きのシルック江戸小紋
帯〆はグレーとクリーム色にしました。
帯は絹ではありませんが、
汚したくないのでポリの羽織がいいかしら。
ちょうど紗(レース?)の羽織が出てきたので
それを選択しました。

首回りが寒かったので絹のスヌード。
足もとももちろん雨草履。
胴抜きはちょっと風が通って小寒かったです。

明日は不燃ゴミの日なので
台所の棚から出てきた鍋釜道具類や
ホットプレート、トースターなど電気製品を
夜の間に大量に家の前に出しました。
雨が降ってるのに~とぶつぶつ言いながら・・・

恐ろしいことに電気炊飯器のなかには
水と米が・・・・
米を準備したままスイッチを入れないでいたの?
いつから入っていたの?
蓋を開けた瞬間・・・ニオイが・・・(>_<)

疲れた~とか言いながらこの文書いてます・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2016-04-13 23:11 | 着物 | Comments(0)

フジの花が咲いたよ帯

今日はNPO の長唄講習会です。
お庭のフジの花が咲き始めたので、
藤の帯を締めようと思います。
NPOの長唄講習会は月に一回なので
今日を逃すと来月ではもう季節外れになりますからね。

今日は曇っていてやや肌寒いのですが、
コートを着るほどでは無いので
着物は純ウールをしっかり着込みました。
ウールなので単衣ですけど。
c0021551_20314374.jpg
今日からは雛鶴三番叟です。
8月20日(土)中電ホール
の発表会で披露する予定だそうです。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-04-10 20:51 | 着物 | Comments(2)

花の帯

桜が満開を過ぎ、花吹雪状態です。
風もないのに、はらはら、はらはら。
道の端はピンクの絨毯。

もうこうなっては桜の帯では・・・
というわけで、花の帯にしました。
c0021551_21334193.jpg
この帯はごく初期に作った帯で、
貼り付けと言うより
筒状に縫った中に古い帯を通してあります。
なので、結構重くて厚い帯になっています。
それが出番の少ない原因でもあったので
時間ができたら改良したいと思っています。

実はこの帯、もとは私のレーヨンのワンピースで、
花びらの部分には綿を入れて膨らませてあります。

さあ、秋の芸能発表会のことが少しわかってきました。
ずいぶん大人数の発表になるようです。
都鳥の唄はもう一度仕切り直さねばならない感じです。
9月18日(日) 中日劇場
時間はまだ不明ですが、
皆様お時間があれば、是非お出かけ下さい。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-04-06 22:08 | 着物 | Comments(0)

桜の帯

今日のNPO講習会は本番直前最終チェックです。

桜も本番直前
というわけで・・・
c0021551_21125587.jpg
もう一度桜の帯です。
講習会のある中学校は寒いので
リバーシブル着物です。

それにしても、喉の調子が最悪です。
未だに喉のイガイガが続いていて、
今日も咳き込んでしまいました。
次の日曜日までにもう少しマシになりたいです。
ずっと襟巻きでもしましょうか・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2016-03-27 21:19 | 着物 | Comments(2)

桜庭の帯

今日は曇り空でしたが、雨は降らない予報だったので
c0021551_21262035.jpg
予定通り絹物を着ました。
帯は・・・ちょっとゆがんでいますが・・・・
反物状態だった留め袖から作った帯。(クリック)

最初の帯はずいぶん前に作ったので
何度も使ったのですが、(クリック)
残りの反物はずっとそのままで
この度やっと日の目を見たというわけです。

今日のお稽古はお家元
お家元は唄の先生なので
新しい唄のお手本が頂けたら嬉しいな☆
でも残念、時間切れで少し残ってしまいました。
次回(2ヶ月先ですが)残りを唄っていただければ嬉しいです。
三味線以上に唄はお手本がないとうまく練習が出来ませんから。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-03-16 21:53 | 着物 | Comments(0)

雨の日のポリ

雨です。ポリです。
そしてお庭のサクラが咲いたので・・・
c0021551_17150018.jpg
もうさっさとサクラの帯です
藤色なのであまり桜という印象が無いのか、
誰の注意も引きませんでしたケド・・・(^^;)
c0021551_17163641.jpg

実は、昨日、断捨離を決めた着物の箱を
弟の求めに応じてひっくり返した際、
c0021551_17223934.jpg
この着物を再発見
縮緬の小紋
古着屋さんで色柄が大変気に入って買った着物
微妙にサイズが小さく大変お値打ちで、
イイ買い物だったと、いたく満足だったのですが、
着ると微妙に中途半端なのです。

もちろんサイズ的にも微妙に小さく袖丈も短めなので
大うそつきの襦袢袖を着物の袖に縫い付けて
筒袖の半襦袢で着るようにしていましたが、
中途半端な大きさの柄で
着姿が実に中途半端な印象。
無地に見えるわけでもなく、何の柄かもわからず、
ただごちゃごちゃするだけで
アップで見る黒地に細かいキレイ色の柄
というのとは全く違った印象。
とても残念な着物なのです。

それでもアップで見た布の感じがとても好きなので
今日着ようと思いサクラの帯も選んだのですが、
残念なことに朝から本格的な雨。
縮緬の着物に雨は天敵です。

はい、これで、決心が付きました。
やっぱり断捨離箱行きですね。

それと比較すると今日のポリ着物は雰囲気は似ていますが
サイズはぴったりで何よりポリという強みがあります。
おまけに縮緬と言っても疑われないほど本物っぽく、
私がシルックを知るきっかけになった優れものです。
帯合わせがうまくいかず、今までは出番がイマイチでしたが、
着物に年齢が近づいてきたか、
帯の数が増えたからか、コーデの種類も増えてきました。
便利な着物に昇格です。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-03-09 17:38 | 着物 | Comments(4)