タグ:貼り付け帯 ( 48 ) タグの人気記事

秋の長唄の会には

金曜日の5時30分開場の演奏会。(クリック)
間に合わなければ、洋服のまま。
ぎりぎりなら職場で着替えて直接会場へ。
少しでも時間があれば、家で着替える。
と、三通りの状況を考え、着物一式をバッグに詰め込んで出勤。
何とか着替える時間が取れそうなので帰宅しました。
でも、帰って良かった・・・なぜなら、腰紐忘れてた(>_<)アチャー

c0021551_23215874.jpg
色々な状況を考え、ポリの色無地胴抜きにしました。
カジュアルすぎず、改まりすぎず、
地味すぎず、やや華やかに、
しかも夜なので明るめで、と
欲張った結果のコーデです。
なかなか色の統一感があって満足。
半襟と帯留めとかね。(^_-)

ただ今日は最近に無く暑かったので
(と言うほどでも無いんですが)
ポリはむっと蒸し暑い感じでした。
結構薄着のつもりだったんですが・・・
(蒸し暑いのに弱くなったのかも、ワタシ)
それでも行き帰りは首筋が冷やっとするので
薄手の大判ショールが活躍しました。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-11-06 23:33 | 着物 | Comments(0)

ハロウィ~ンですが・・・

今日は午後からりのりのさんの着物リメイク展に行こうと思います。
(クリック)
c0021551_20571083.jpg
次には松坂屋のはごろもさんにも会いに行こうと思ったので
薄紫無地紬(クリック)にします。
それにカラカラタオル縫い付け帯です。(くリック
変わり織りの博多帯にシャーリングタオルを縫い付けた帯ですが、
帯地が硬すぎて角出しに結べず、結局お太鼓結びになりました。
(ちょっと帯がゆがんでいますが、ご容赦)

一応今日はハロウィーンなので・・・
帯留めも
c0021551_21262691.jpg

タオル縫い付け帯は何処へ行っても人気でした。
えぇ~、タオル!?ってね☆

[PR]
by yamamotoyk | 2015-10-31 21:39 | 着物 | Comments(0)

菊イカット帯

今日は良い天気。
日中は陽が差すと暑いくらいですが、
朝夕や日陰はずいぶん小涼しくなってきました。

では、今日はこの着物にしましょう。
帯は色々合わせてみて、
出番が少ない菊模様のイカット縫い付け帯にしました。
c0021551_22404655.jpg
やや短くて硬い帯はお太鼓の形しかできませんが、
お太鼓の形は上手くきまりますね。

まだ木綿の袖のうそつきとキュプラの裾よけで、
体は丁度良い季候でしたが、
首回りがなんだかすーすーして寒かったです。
でも、首に何か巻くのは・・・
婆様になるんで用心用心(^_^;)

お稽古は唄の先生。
たっぷり唄のお稽古ができましたが・・・
唄っていると眠くなるのは・・・・困ったことです。
夜更かしずぎだよと、夫に指摘されてしまった(>_<)
もう寝ましょう

[PR]
by yamamotoyk | 2015-10-14 23:27 | 着物 | Comments(0)

秋の水辺帯

雨模様で小涼しい日ですが、案外蒸し暑い予想なので
やはりまだまだ麻で行こうと思いますが、
真夏とは雰囲気を変えないと・・・・

というわけで、海の小千谷縮に合わせる何か別の帯を考えましょう。
いつも南蛮船帯ですからね (クリック) (クリック)

c0021551_21274155.jpg
というわけで、わびしい秋の水辺帯です。
漁師さんが魚を捕っています?
雁が飛んでいます。
水辺の芦は枯れています。
でも、お魚は捕れているようなのでいいとしますか。

この端切れはお太鼓分しか無かったので
前はフラミンゴですが、
ふと気づけば、フラミンゴが逆立ちしている・・・・
両脇なので見えないことにしました。
真ん中にはトンボのようなものが飛んでいて、
帯留めには鯉をもってきました。

今日のお稽古は唄の先生。
細かく唄のお稽古をつけて頂きました。
猿は案外難しい曲で、
練習ができていないのがツラいところです。

NPO長唄講習会のお手本2曲、
次回から参加したいという人のためにCDに焼きました。
自分のために譜本もスキャンしてPCに取り込みました。
そんなことをやっていると、
どんどんお稽古の時間が無くなっていきます(T_T)

ボチボチ定年の年だし、もう仕事は止めたいと思っていましたが、
長唄の友人が別の人にあと10年頑張らなきゃ。
長唄のお師匠さんは一回り上なのに
あんなに頑張っていらっしゃる・・・・って。
たしかに・・・
ここでやけを起こしては、あとで後悔するかも。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-09-16 21:45 | 着物 | Comments(0)

藍の会☆浴衣会

今日は藍の会の浴衣会です。
友人が小鼓で越後獅子に参加するというので・・・
c0021551_21075929.jpg
グレー縞の小千谷縮に
黒い絽綴れに鮎の布を縫い付けた帯
引き抜きでお太鼓に結びましたが、
あらちょっとタレが長い・・・

c0021551_21135802.jpg
浴衣の方も着物の方も色々でした。
こちらは小さい方々も分け口(ソロ)があって、
立派に唄っていました。
本当にお行儀良く上手に唄えましたね。
私の友人もだんだんいい音になってきているようです。
でも、かけ声のタイミングが難しいと悩んでいました。

お囃子は案外大きな声を出すんですね。
リズムも複雑で微妙、太鼓に一瞬遅れて打つのだそうです。
難しそうですね。

それにしても道中は暑かったです。
建物の中でしっかり涼んで日が少し傾いてから
帰路につきました。
鶴舞線の丸の内駅からの方が
道中は日陰が多かったです。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-08-02 21:29 | 着物 | Comments(0)

雪輪帯もう一度

今日はNPOの講習会です。
今日に間に合わせようと、3月1日の舞台の集合写真と
発表の録音を整理してCDに焼き、準備万端。
ぎりぎりまで頑張ってなんとか間に合わせたし、
突然舞い込んできた母の用事もなんとか時間までに切り上げ、
なんとかお弁当もいつも通りとは行きませんが作って、
お出かけ。

というわけで、もう一度、雪輪桜帯にしようと思います。
着物は春の草の(つゆくさ?)シルクウール。
ずいぶん暖かくなってきたので袖無し薄羽織(絽)
c0021551_21062856.jpg
津賀田中学は地下鉄からしばらく歩くし、
荷物が結構大きくなって傘をさすのは面倒。
しかし日差しは強くまぶしいので・・・
c0021551_21063766.jpg
帽子です。
昨年来気に入っている大須で買った木綿の帽子。
夏は涼しく、冬暖か。
髪の毛と似た色なので(真っ黒でないし、白くもない)
なんとなく馴染む。

ちょっと首回りが寒いので
c0021551_21065016.jpg
首用スカーフ。
コレについてはまた別立てで、書くことにします。

足もとは、ぺたんこ(薄底3.5cm)のカレンブロッソ
一生懸命歩く時にはぴったりの草履です。
地下足袋草履と違い、行った先での脱ぎ履きも簡単ですしね。

急いで行ったのに・・・
あれれ、誰もいませんよ。
どうやら、舞台の日に、今日が最後、と言うのを聞き逃したようです。
その日のスケジュールがお終いというのと勘違いしたのか、
単純に聞こえなかったのか・・・・
最近耳遠いし・・(>_<)

と言うわけで、お弁当もあるし、時間もあるし・・・
当然ですね。
地下鉄の改札で、なぜか(考えていたのに)
土日乗り放題券を買わなかったのは、
私を呼んでいる人がいるってことね。

と言うわけで、続きます。(クリック)

[PR]
by yamamotoyk | 2015-03-22 21:16 | 着物 | Comments(2)

渋いさくら帯もう一度

桜の季節になってきたので、昨日の帯をもう一度締めようと思います。
昨日に引き続き暖かい日ですが、夕方にはお天気が崩れると言うことです。
でも、気分はずいぶん春になってきたので、桜の帯にあわせ、
着物も桜気分で行きましょうか。

c0021551_18203119.jpg
お下がりの着物です。
母のだったか、伯母のだったか・・・いずれにせよ、かなり古いモノです。

字のようなモノが書いてありますが
コレは天蚕(野蚕)の糸で織り出してあると聞きました。
天蚕の糸は染まりにくいので
天蚕糸で織ったところだけは色が染まらず模様が浮き出るのだと聞きましたが、
後染めってことでしょうか・・・・
お召しかと思っていましたが、
ちょっと何かよくわからないモノです。

昨日は帯のたれは無地でしたが、
今日は少し長めに出たので・・・
c0021551_18203794.jpg
桜の花びらが見えてます。散り始めたってこと?

先週はまだ雪があってマントを着ていましたが、
今日はもうずいぶん暖かいので、羽織を着ましょうか
c0021551_18342128.jpg
合いそうな羽織を試してみました。
黒い羽織は入学式のようだったので却下。
右のピンクは母の羽織を長く仕立て直したモノ。(クリック)
桐の花の絵羽織で、とても優雅な雰囲気です。
左は同じく母の実用羽織。

でも、お稽古に行く時はあまり優雅な気分ではないので、
左のちゃきちゃき昭和のおばちゃんスタイルにしました。
平成のばあちゃんは昭和のおばちゃん並の気分です☆

結構暑かったので帰りは羽織を着ずに来てしまいました。
雨に降られず、よかったです。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-03-18 18:40 | 着物 | Comments(0)

若草・桜

またカラスにやられました・・・(T_T)
外でガタンと音がしたので窓から覗くと、なんと言うこと
ゴミがさんばらまき。
あんなに厳重にした・・・つもりだったのに。
中が見えないように入れた厚い紙袋も破られ・・・

新しい袋に入れ直し、上からかけた網の裾にゴムを入れて
やっぱ、よその家みたいに大きめの黄色い網をかけなきゃダメかなぁ~
どうも、ゴミ袋の中に赤や黄色のモノがあると餌と思うらしいです。
ゴミを見えないように包むのに、新聞紙はもったいないからと、
広告にしたのがアダになっていたんですね。

というわけで、めげていたのですが、
ちょっと元気を出そうと・・・
c0021551_22060095.jpg
若草ウール着物に雪輪桜帯です。

c0021551_22061081.jpg
しだれ桜
c0021551_22061697.jpg
雪輪がちらっと見えています。

c0021551_22090917.jpg
足もとは・・・そう、地下足袋草履!
鼻緒は自作のダテ鼻緒(飾り)です。

さぁ、行った先は・・・(クリック)

[PR]
by yamamotoyk | 2015-03-17 22:22 | 着物 | Comments(2)

花の季節☆

雨のやんだ水曜日。春めいてきました。
気分は花~☆

というわけで、ウールジョーゼットの花帯です。

c0021551_19035794.jpg
コレは私のワンピースの残りぎれで作った帯。
薄手の伸び縮みするウールだったので、
既製品の黒い帯に縫い付けたのですが、
なかなか難しかったです。
縮緬のように伸び縮みする布は
引っ張って縫い付けると、縮んで反っくり返ってしまいますし、
もちろんゆるゆるにすれば、布が余ってたるみが出ます。
引っ張り加減が違っても帯がぐにゃぐにゃになるという、
初心者泣かせの布で、何度か縫い付け直しやっと出来たものです。
もうずいぶん前のことになります。

着物は曙横段ウール。
もっと白っぽい着物にすれば、
しゃきっとすっきりしたでしょうが、
なんとなくもっさりとした雰囲気になりました。
ま、普段着気分満載と言うことで・・・(^^;)

今日のお稽古は唄の先生なので
都鳥の唄をじっくり習いました。
色っぽい唄だけあって
情緒たっぷりの節回し満載で
短い曲だし、一応知っている曲ですが、
唄いこなすのは大変そうです。

歌詞の詳細な解説の載ったページを見せてもらったのですが
今、見つけられません(>_<)
キーワード何を使ったのかしらね。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-03-04 19:25 | 着物 | Comments(3)

雨の日・舞台衣装

舞台衣装は色がきれいな方が映えるので
ちょっと派手すぎるから着られないと思うくらいの着物でもいいし、
NPOの舞台では、細かい規定もないので
さあ、どれにしようかな♪~
などと考えていたら・・・・・
雨(>_<)

舞台に合うポリはアレしかない・・・・・

でも単衣なのよ・・・・(T_T)

というわけで、いっそ?
c0021551_22374744.jpg
単衣の着物を2枚重ねて着ました。
襲着ですね☆
表はポリ。
中はど派手な単の着物です。
伊達襟のように見えますが
裾もちらりと見える裏も同じ生地。だって一枚の着物ですから☆

で、帯は急に思い出した酔っ払い三人官女の
風呂敷縫い付け帯です(クリック)
おひな様直前ですから♪~

やぁ、この単衣やっぱりきれい☆
東京も本番はコレにしようかしら・・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2015-03-01 23:02 | 着物 | Comments(2)