タグ:貼り付け帯 ( 48 ) タグの人気記事

椿銘仙帯

今日は津賀田中学校での長唄講習会、
来週3月1日の笛・鼓交流会の前、最後の練習で打ち合わせ、リハーサルです。
お天気は曇り~小雨。
寒さは一段落です。

朝からばたばたしていて、朝の練習が出来ていませんが、
お昼に打ち合わせがあるので、お弁当を持って早く出なければなりません。
お弁当はもちろん、塩鮭と彩り野菜のおにぎらず(クリック)とカルピス。
しかもご飯は米常パックご飯をチンしたモノ。(クリック)
着物を選ぶ時間もないので、目に留まったこの帯と合う着物。
そうそう、椿の季節ですよね。
というわけで・・・
c0021551_20234060.jpg
叔母の銘仙着物で作った帯(クリック )(クリック)
たれを短く、手先を長めにとって、
帯枕なしで、帯揚げと帯〆をしたら、
角だし風のお太鼓結びになりました。
きっと堅くて張りのある帯だからでしょうね。

黄色と赤の椿が並んでいるのですが、
後ろは黄色だけ、前は赤の花だけが見えてますね。

はごろもさんがブログでこの帯のすてきな写真を披露してくださいました。

いよいよあと1週間なので、今週は頑張って練習しないと。
リハーサルの時、唄の先生の前に録音機を置かせてもらったので、
ばっちり!と思いきや、最初の曲はホールドにしなかったので、
なぜかすぐ止まっていて、全然録音出来ず・・・(>_<)アチャ~
ま、いいか。供奴はお弾き初めでさんざん練習したから。(^_^)v

心配なのはむしろ3月1日の当日。
朝からお弁当作ったり早く出発したり、出来るか?
もちろんパックご飯使いのおにぎらずだから悩みはしませんけど。
あ、大ばあちゃん作業を簡素化すべく、
2日前から紙パンツ作戦で行きますか?

それにしてもおかずたくさんの巨大おにぎらずは便利です。
作るのも食べるのにも、かなり便利。
場所も取らず、黙々と食べられるバランス昼食、
時間と場所のない時にはサイコーです。

ガンバロー

[PR]
by yamamotoyk | 2015-02-22 20:58 | 着物 | Comments(0)

一応クリスマスイブという着物

このところのバタバタした生活で、
とてもクリスマス気分にはなれません。
キリスト教徒でもないし、どうだっていいんですけどね。
私にとっては、どちらかと言えば、お正月前ですから。

とは言え、クリスマスと言うのはいい口実の一つには違いありません。
と言うわけで、瞬間的に気分はクリスマス。
c0021551_22272950.jpg

寒い日ですからリバーシブル着物にしますが、
気分的にはやや沈んだ色のウールの方を選択します。

c0021551_22294261.jpg

帯留にはヒイラギ。
と言っても三味線に陶器の帯留が当たるといけないので
お稽古の間は横に回しておきます。
(すっかり忘れて帰るまでそのママでしたけど(^^;)

昨日焼いたクリスマスケーキ(いつものフルーツケーキ)を
お稽古のおやつに持参しました。
[PR]
by yamamotoyk | 2014-12-24 22:51 | 着物 | Comments(2)

忘年会

さあ、忘年会当日です。
え~っと、作業もこなせて、ちょっとかわゆくて、
しかもキツネっぽくて、んでもってクリスマスって着物は?

はい!
c0021551_22355413.jpg

お花畑しょうざん、シルクウールです☆
そして帯は・・・毎年恒例、クリスマスツリー帯♪~

正面像は会場で撮ったんですが、
背中に狐ねこをしょった写真が一枚もないのはとっても残念。
しかも、人気ありすぎ。
私の分までも人に取られてしまった・・・・(-_-;)
これ暖かいね♪~って・・・・(クリック)

そう言えば、例のスヌード(クリック)
欲しいって言ってくれた人に進呈したのですが、
多少素材が伸びるので、2重に巻けるよ、とのこと。
2重にするとちょうど首にぴったりになって
とっても暖かいようです。
切らなくてよかった~☆
[PR]
by yamamotoyk | 2014-12-13 22:42 | 着物 | Comments(2)

もうすぐ骨董市☆帯

母の入所手続きやら、発表会の後始末(写真の整理)やらであたふたあたふた・・・・
昨日今日と大変寒いのですが、ぱっと眼に付いた純ウール、コレに決め☆
で、帯。
あぁ、そう言えば、この週末吹上の骨董市:名古屋骨董祭ですね(クリック)
色々雑用の山だし、夫には年賀状のデザインを早く決めてと言われているし・・・
多分行く暇(心のゆとり)はない。
ま、でも、気分だけでも・・・・

というわけで・・・
「骨董市へ行く」という帯です☆
でも、コレってお皿帯でしょ?(クリック
いいの。私の中では骨董市=お皿、
骨董=中島誠之助先生だから・・・・

ビルの中は暖かいので今日も今まで通りの薄着です。
外はかなり寒かったので、
いよいよ冬の出で立ち、黒の普段着マント着用
(あぁ、冬だねぇ~)
だから、お稽古で皆さん暑いと言っていたけれど、
私はちょうどよかったです(^_^)v

[PR]
by yamamotoyk | 2014-12-03 18:18 | 着物 | Comments(2)

着物ジャックへ

白鳥庭園の着物ジャック。
折しも紅葉の季節まっただ中。
半襟は紅葉。
きものは・・・・紅葉の着物はあまりにべた?
なら色だけ紅葉色・・・・
となれば、帯はもちろん秋の葛の葉帯
c0021551_22232606.jpg
帯留めだけはこっそり葡萄
ぢつは、ボジョレーヌーボー解禁日のことを
すっかり忘れていたので・・・リベンジ

前帯の柄がちょっとずれちゃったので
帯留めがいいアクセントになってますね。

さあ、慌てて着たので
夫に撮影を頼んで、後ろ姿をチェックして・・・・
レッツゴー(クリック)

[PR]
by yamamotoyk | 2014-11-23 22:31 | 着物 | Comments(0)

万筋胴抜きポリ

雨です。
ポリにしましょう。
でも、暑そうなので、例の胴抜きポリを試してみましょうか。

そういえば、先日、りのりのさんの作品展で見た(クリック
写真には写ってませんけど、シックなバッグが気になっています。
ざっくりした茶色の布で作られたタックを取った横長のバッグ。
真ん中にボタンなどを組み合わせたステキな飾りが付いています。

そういえば、
昔デパートで買ったアフリカ(?)布の貼り付け帯が、
ちょっと似た感じの布でできていますね。
胴抜きポリはグレーの万筋(雨の法事用)なので、
これに合わせれば、都会的でシックな雰囲気になるでしょうか?

というわけで・・・さっそくトライ
c0021551_21261132.jpg
テーブルセンターのような細長い布で
切りたくなかったので、(帯に短し・・・)
帆布に縫い付けて短い帯になったので、
やや苦労して、ちょっとだけ角出しに結びました。

シックにまとめたかったので
c0021551_21320079.jpg
昔、友人からお餞別として頂いた道明の帯締め
ステキな小豆色とピンクです。
帯揚げも微妙な色合いの端布

ちらちら見える八掛けの青がいいねぇ~、と友人に言われました。
案外目立つようですね。

麻の長襦袢に付けたままになっていたツタの半襟(クリック
を合わせたかったので、必然的に長襦袢は麻。
でも、建物内には熱気が残っていたので
胴抜きでもずいぶん蒸し暑かったです。
雨用と言うことなので仕方がないですね。

[PR]
by yamamotoyk | 2014-10-22 22:01 | 着物 | Comments(4)

秋の葛の葉帯と太縞伊勢木綿

昨日から急にぐっと気温が下がってきました。
大ばあちゃん自分で長袖のTシャツ見つけ出して着ていた。(^o^)ビックリ

というわけで、これだけ涼しく(寒く)なれば、
コレを着ても暑くはないだろう・・・・
というわけで・・・・
c0021551_17135812.jpg
ふっとい縞の伊勢木綿です。
木綿の単衣なので、いつももっと暑い時期に着て、
あっつぅ~・・と言っているので、
今年は今日まで待っていました。

帯はごつい既製品の喪服帯に
見える所だけ縮緬の端布を縫い付けてあります。
黄色くなった葛の葉(クリック)

伊勢木綿は太い縞がキョーレツ過ぎて
なかなか合う帯が見つけられません。
しかも着物の印象が強すぎて
一度着るとしばらくは、満腹感が続きますが、
後ろの縞の具合は案外良いですね。

この後ろ姿の縞が印象的だったのでしょうか、
むか~し、よく遊んでいただいた着物仲間さんから、
声を掛けていただきました。
懐かしくて、とても嬉しかったです☆
どうもありがとうございました。m(_ _)m

天気予報を見ると雨が降るかも・・・
と言うことだったので、
c0021551_17332513.jpg
咄嗟に2枚歯下駄を履いて出ましたが、
よく見れば前坪が赤いですよ・・・
本当に降ったら足袋が赤くなること必至

2枚歯の下駄はなかなか履き慣れず、
しかも歯にゴムが張ってなかったので
ステキな鼻緒をすげたにもかかわらず、十数年履いてなくて
これではマズイと、歯の底にゴムを張ったのですが、
よく見れば鼻緒が古くなってボロボロしています(>_<)
えっえ~ いやぁ~ん
底ゴムはかなり丈夫で長持ちしそうなので
頑張って履かないと・・・
ゴムを張ったので地下鉄の階段でも大丈夫(慌てなければ・・)
しばらくこれを履きます?

[PR]
by yamamotoyk | 2014-10-15 17:40 | 着物 | Comments(4)

お花バテイック帯

着姿が先に出ちゃいましたが、
今日は帯の方の話。
あまり締めない頂き物の帯に、
バティックの布余ったのを縫い付けちゃいました。
こんな感じにできあがりました。
c0021551_18141365.jpg
見えるところだけにチクチク縫い付けただけです。
引き抜きで結ぶので、タレは裏側になります。
三角に折って、ちらっと見せてますけど。
もう少しあれば、手先にも縫い付けたかったのですが、
ちょっと残念でしたね。
帯を結んだ時にはお太鼓の内側にもとの帯の色が見えますが、
帯の中に似た色があるのでちらっと見えるくらいならいいかな、って。

お花の柄ばかりかなと思っていたら・・・・
c0021551_18180184.jpg
よく見ると、トンボもいますね。
この辺りちょっと色あせしている箇所かしら?
じっと見るとわかっても、
普段帯を締めている時には、そんなにわからないと思ってます。

後ろはこんな感じになるはず・・・
c0021551_18210484.jpg
色の違う手先は、あまり見えないように小さく結ぶべばいいしら。

[PR]
by yamamotoyk | 2014-02-13 18:24 | 和装製作 | Comments(6)