タグ:麻着物 ( 39 ) タグの人気記事

麻訪問着

今日は昔のお仲間と私的な宴会(ワタシは実はお相伴)
料亭なので何かしゃれた物を着ていかないと・・・・
台風一過の好天、次第に気温が上昇。
最初は昨日と同じ上布を、
と思っていたのですが、布端が白く擦れてきているので
酷使は止めましょう。
ならば、やや透け気味なのが気になりますが・・・・
c0021551_21163247.jpg
麻の訪問着、秋草の柄です。
こういう時のためにヤフオクで落札しておいて良かった♪~
という代物です。
髪も盛りました。
かなり手慣れてきたので、やっぱり盛った方がいいですね。

帯は夏物とは書いてなかったけど、やや夏っぽい
渡文の袋帯。
引き抜きで結べるように切り貼りしてしまった物。
c0021551_21182318.jpg
これもうまこ帯です。
金糸使いのしゃれ袋。
コレはコメ兵の引き出しから見つけてきた物。
大昔のことなので、今ならフツーに並んでいそうですね。

料亭では履物を脱ぐので
いくら歩くといってもカレンブロッソの低底は止めましょう。
ちょっと足もとを見られそうです(^_^;)(すり減ってるし・・・)
c0021551_21255322.jpg
上とのバランスで悩みましたが
一番無難なこちらにしました。
いつだったかのドラゴンス優勝セールで衝動買いしたお買い得品。
さりげなく上品。物もいいんですよ。

こういう時、重宝するので、
ちゃんとお手入れして大切にしなきゃね。
(底のゴムをちゃんとチェックするとかね)

[PR]
by yamamotoyk | 2017-09-18 21:43 | 着物 | Comments(2)

台風なら麻

今日は能楽堂での日本舞踊、邦楽の会です。
せっかくなので着物で行きましょう。
少々遅刻しても構わないですから・・・

でも、台風ですよ。
ですがまだ雨も風もありません。
用心して
c0021551_21220898.jpg
麻の着物です。
帯はポリ
コレに雨コートを着ました。
足もとはもちろん雨草履。
傘は折りたたみ。

気温は低めですが湿度が高いようで、
蒸し暑い感じです。
雨は降りそうにもないので地下鉄で雨コートを脱ぎました。

市川櫻香さんの会ですか?
よくわかりませんけど、
例年は櫻香氏の会に参加される長唄の先生方が
今年は島田髷祭と重なったので、そちらの方に行かれるので
参加されないのでチケットあげます、
と言うことのようです。
会の様子はこちら(クリック

[PR]
by yamamotoyk | 2017-09-17 21:28 | 着物 | Comments(0)

現代物の麻上布

今日は良いお天気です。
朝は涼しかったので、
このところ考えていた銘仙を着ようと思っていました。
せっかく単衣の季節ですからね♪~

ところが日が高くなるにつれ、次第に蒸し暑くなってきました。
お散歩に出たとき帽子だけで日傘を持ってこなかったことをちょっぴり後悔。
未明の雨のせいか、台風のせいか
湿度が高い感じです。
結構汗ばむので、銘仙は・・・・と
もったいないお化けが頭をもたげます(T_T)
あ、もったいないお化けって時代によって解釈が微妙かも・・・

未練がましく銘仙を取り出し・・・・
c0021551_16464395.jpg
とその時、隣にあった"上布”を見つけました。
c0021551_16474486.jpg
右が銘仙
左が”上布”です。
上布に””を付けたのは、
ヤフオクでそういう名前で出品されていたからです。
素材は平織りの麻です。

あら、ぱっと見て似てるわよね。
この銘仙が単衣ならこちらの麻だって同じ様な見かけよね、
と一人で納得。

どちらが涼しいかは、わかりません。
銘仙は大変に軽く(320g)
麻の480gと量るまでも無くふんわりとしています。
ひょっとすると、涼しさから言えば銘仙の方が涼しいかも。

でも、自分で水洗いができるのか、わかりませんからね。
どれだけ涼しくても今日の蒸し暑さでは汗をかきますから
麻なら気兼ね無しに洗えるところが違います。
いえ、銘仙だって洗らえるのかもしれませんが、
もし変なことになってしまったら後悔先に立たずです。

実はこの上布でもだんだん角が白っぽくなってきているので
あまり酷使したくはないのですが、
それでも着てなんぼですからね。チャンスがあれば着なきゃね。
この週末にも能楽堂に着て行けるといいな。
とか、お仲間さんの個展に行けるといいなとか・・・
だからすぐには洗いません☆

さて、お弾き初めのことが少しずつ決まってきます。
準備準備。今ならまだ慌てなくてもゆっきり出来ます。
5ヶ月ほど有りますからね♪~
c0021551_16585166.jpg
まずは、童謡集の上調子を考えなきゃです。
上調子は替え手と違って
メインの曲と同じ節を高い音(1オクターブ上とか)で弾くのが基本なので
結構単純作業。
でも、その場ですぐ弾けるほどは慣れていないので
ゆっくり時間を掛けて音を拾っていきます。
まだ譜をコピーしただけです。
上調子の音を拾うのはまた次回ですね。
そして主旋律を録音してそれに合わせて弾いてみます。
いろいろ作業がありますね。

曲は、村祭り、かごめ、どじょっこふなっこ、うれしいひなまつり、
の4曲です。
ま、ボチボチやっていきましょう。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-09-13 17:14 | 着物 | Comments(0)

カザグルマ小千谷

今日は、長唄のお稽古13時から。
良いお天気です。
午後一番はきっと暑いよね。
と言うことで、まだ洗ってなかった麻にしました。
ちょっと調べると2回着てますね。ま、いいや。
c0021551_22401087.jpg
雨の心配がまず無いので
例の初夏帯にしました。(クリック)
一枚欲しかったものなので、つい衝動買いしましたが、
初志貫徹、ポリの濃色帯にすれば良かった、と。
今年のような雨の多い年にはちょっと後悔・・・・
でも、まあイイってことにしましょう。
帯自体が嫌なわけでは無いから。
c0021551_22452718.jpg
とは言え、柄が全然出てきませんね・・・
結び方が特殊だから仕方ないですけどね。
前の柄は脇に・・・(テを短く結ぶから)
後ろの柄はほとんどお太鼓の裏側へ・・・・
(引き抜き角出しだから)

さあ、唄は来年春に向けて気分新たに供奴です。
お手本録音の整理と譜本の整備は明日。
無駄なく美しく練習したいと思います。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-09-10 22:59 | 着物 | Comments(0)

やっぱり小千谷縮みで

昨夜はこだまさんの木綿展@名古屋を歓迎して
大須のおばんざい屋さんで歓迎会でした。
一昨日から急に涼しくなってきましたが、
暑いことに変わりはないので、予定通り小千谷縮で行きます。
帯はどうしましょうか。

食べ物屋さんであまり張りのある帯は、はた迷惑です。
だから柔らかい物を。
しかし、天気予報がめまぐるしく変わるので、
柔らかい絹物は避けようと思います。
というわけで、色が合うコレです。
そろそろうちのブドウも色づきはじめましたからね。
c0021551_10263609.jpg
コレは麻の作家物の座布団側を帯にした物。
リコさんが三越にいらっしゃる頃
ご一緒して購入したので、(クリック)
リコさんに大変喜んで頂きました。
よかった~☆
ついでに受け狙いで
c0021551_10280707.jpg
帯留めは枝豆♪~
枝豆がなかなか出てこなかったときに、コレ出せば良かった?
鮎の笹焼も帯の裏に仕込んでますが、
そちらは色が合わなかったので隠したままでした。

で、いま過去の記事を探したところ
昨年もこの帯だったんですね。
何にも覚えていないのが困ったもんですね。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-08-27 10:39 | 着物 | Comments(0)

急な雨なので

昨晩は派手な雷でしたが、
スーパーセルが発生したんだそうで・・・
残念ながら一階に住んでいると空が遠くて雲が見えません。

今朝は晴れかな?
次第に晴れるなら久しぶりに雨の心配の無いものを、
と思ったら、次第に雲が多くなり
また降ってきました。(>_<)残念。

絹の帯は急遽中止し
c0021551_22582769.jpg
小千谷縮にポリの紗献上(風)
色合わせがイマイチで、納得がいきませんが、
(暗い色のポリ帯が無いのかしら)
今日からタカシマヤで呉味の市だし・・・
でも、この週末はこだまさんの木綿展だし・・・と複雑な心境です。

さあ、本番(9月3日)直前の唄の先生のお稽古です。
ギリギリまでだめ出しが続き動揺しています。
譜本として拡大コピーしたままの物を使っていたので
見台(譜面台)に乗るサイズにせねば・・・
と今夜になって慌てています。
友人に送る当日のチケットを準備したり
いろいろ泥縄です。

頑張れ私

[PR]
by yamamotoyk | 2017-08-23 23:06 | 着物 | Comments(0)

ビリーって誰?

台風の風も収まり
久しぶりに普通の暑さです。
今までの蒸し暑さをお風呂場に例えると
今日の暑さはストーブの前。
比較的からっとした暑さです。
あはは、身体がえらいのは同じ・・・かも。

c0021551_20472016.jpg
あぁ、この着物がありましたね。
布の端々がかなりすり切れてきましたが
かなり薄いので、期待できますね。

さて、帯はまだ今年締めていないものをと
先日のラベンダー帯(クリック)の裏にしました。
中にはさんだ布がうっすら透けて見える帯です。

付け帯で、お太鼓結びしか出来ませんが、
お太鼓結びは猫の分だけ背中にかかってくるので
ちょっと暑いし、
お太鼓が落ちない(笑)ように帯〆でしっかり締めているので
ちょっと苦しいかも。
同じ付け帯でも引き抜き風に締められる様に仕立てる方が
帯〆に頼ることが無いので
次回からはそうしようと思いますが、
そもそも付け帯は面倒なので
もう作らないかも。

さて、家で動いているときに
袖をちょっと引っ張ることがあって
ちょっと嫌な感触(音?)を感じ、
よく見れば、
袖口の縫い目がほころびています。
あら~、糸が弱っていましたね。
袖口が広くなっただけならそれほど目立ちませんが、
もしビリー君が背縫い(特にお尻の辺り)に現れると
こりゃ大変ですからね!

そう、ビリーというのは
びりっと言う音のことなんですね。
古い着物を着る人たちの大敵。恐怖の的。

ところが、そのビリーに襲われた人がもう一人。
しかし彼女は負けていませんでした。
ビリーをとっさの機転と行動力で打ち負かしたんですって!
参考になりますね、その方法。
でも、真似できないかも・・・
お出かけには羽織りものを欠かさない人がいますが
それはビリー対策かも・・・
(やっぱりそれも真似できないです)

[PR]
by yamamotoyk | 2017-08-09 21:24 | 着物 | Comments(0)

長唄の夕べ*舞台

今日は瑞穂文化小劇場で
「長唄の夕べ」の舞台発表です。
今回は
津賀田中学校和楽器部の発表を
いつものNPOのお仲間が応援するという形式になっています。

今回のドレスコードは浴衣ということでしたが
テキトーなのが無かったので
いつもの小千谷縮に夏の名古屋帯(ポリ)
と言うことになりました。
c0021551_21093999.jpg
いつもの小千谷縮に夏の名古屋帯、
という形にしました。
帯は昨日と同じ帯ですが、
昨日は引き抜きの角出し、
今日は引き抜きのお太鼓に結びました。

会場までの道のりが大変暑かったので
つい軟弱になって麻の着物にしてしまいました。
気づけば浴衣らしい浴衣が無い・・・
という状態になっています。

皆さんの浴衣は姿がとてもステキだったので
綿絽や紅梅の古典的な浴衣も良いなぁ~
な~んてまた羨ましくなっています(^_^;)

[PR]
by yamamotoyk | 2017-08-06 21:30 | 着物 | Comments(0)

小千谷縮の黒細縞

明日はいよいよ
瑞穂文化小劇場で長唄の夕べの舞台です。
今日はその最終合わせ稽古です。
c0021551_21554037.jpg
黒の縞小千谷とポリの夏なごや帯

朝の10時開始ですが
大ばあちゃんのお迎えのあとで出発なので
大変に厳しいスケジュールです。
幸運にも車があったのでGO!
朝から暑くて地下鉄からの道が辛いし
歩きでは間に合わないかも。

いかし、案の定、
皆さんを待たせてしまいましたm(_ _)m
ごめんなさい。

さすがに着物も長襦袢も汗でしっとり濡れてしまったし
お天気も良くなってきたので
両方さっさと洗いました。
(朝、金山では雨が降ったそうです)
長襦袢と着物1枚ずつなら
1階で干せることがわかりましたから。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-08-05 22:07 | 着物 | Comments(0)

波の麻縮み

朝方は涼しくて曇りがちでしたが、
昼頃にはいつもと同じ蒸し暑さになりました。
選んだ着物は
え~っとまだ着ていない麻の縮みは・・・・っと。
c0021551_20010186.jpg
波の模様の古い麻の縮みです。

この着物には波に関連した帯を選ぶことが多いのですが、
今回はちょっと違うものにしました。
ちょっと忘れていたかもの
生平で作った付け帯です。
芯の代わりにアフリカンな布を使っています。
だから半分色が薄いのですが、
ほとんど気づきません。
ちょっと中途半端な帯なので、
あとから、ラベンダーの花の絵を描きました。

意外に涼しくなかったです。
目が詰まっていて地厚だったのか、
風が無かっただけなのか・・・
でも、歩いていて、
うなじから背中に抜ける風が涼しかったので
やはり風を通さない着物だったのかも。

ま、それでも、洋服の人と同じくらいの体感ですから、
ありがたいことです。

さて、今週末は瑞穂小劇場で舞台、
1ヶ月後には
中日劇場での舞台があります。
真夏の舞台の衣装をそろそろ考えねば♪~

[PR]
by yamamotoyk | 2017-08-02 20:21 | 着物 | Comments(0)