ベージュのマント

裏付き肩ケープ無しマント。
薄い色のマントが欲しくなったのと、
マントと着物と合わせる際、気になっていた、
襟の具合を改善するために色々工夫してみました。
c0021551_14081627.jpg
まずはヒダの数を少し減らそうと、まん丸より小さくしました。
まん丸の黒マントを着て、
どれくらい布を減らせばヒダの量が減るか試し、
上のような結果になりました。大体1/8、45°くらい減らしてみました。
長い物差しをコンパスのように使って円を描き、減らす分の線を引き、
ハサミでジョキジョキ。
次に裏にする予定のループツイードの上に切ったコート地を乗せて・・・・
あら・・・ちょっとループツイード地が小さい (-_-) ややめげてます。
伸び縮みするの?
ちょっとツイード地の方を大きめにジョキジョキ。
もし伸び縮みするようなら用心して・・・
コート地とツイード地を中表に合わせ、
ツイード地を上に乗せた状態で布目を通し、
ズレないうちに2枚を大きな縫い目で縫い合わせました。

それから、返し口を直線部にして、周囲ぐるりミシンで縫い合わせました。
余分の縫い代を切り取り、首回りは切り込みを入れてから、裏返します。
それが、以前の画像
c0021551_20072630.jpg
この状態で返し口を仮とじして、表からぐるり端に押さえミシンを掛けました。
だから、布になるべく似た色の糸が欲しかったんですね。

次は毛皮の襟です。
タンスの奥から見つけたのは年代物ですが、かなり豪華な毛皮襟。
たっぷり大きさがあります。
マントを羽織って、毛皮襟を合わせてみました。

ポイントはマントの襟は首筋にぴったり沿わせ、
毛皮襟を首から大きく離すこと。
イメージとしては着物の襟に沿う感じ。
毛皮襟の端をマントに止めて、その部分だけしっかりマントに縫い付けました。
だから、背中の辺りは縫い付け無しです。

その結果、着物に合わせてみると、
c0021551_14382511.jpg
あら、スカーフをしたままの写真でした(>_<)

とにかく、着物の襟にはマントが掛かっていますが、
毛皮襟は着物の襟の下に行きます。
これで、横から見た時の襟の凸凹がカモフラージュされました。

ただ欠点はループツイードの素材感(ちょっとチクチク)と
端に押さえミシンをかけて布端が硬くなったのと、
毛皮が首から離れていること、などの理由により、
結構首筋が痛いし、イマイチ暖かくない、ので、
今までマントの時には不要だったスカーフが必要になりました。
スヌードの形にしたスカーフがお役立ちです。
首にちゃんと収まるし、マントを脱いでも下に落ちたりしませんよ v(^_-)

というわけで、着姿はこんな感じ。
ヒダの量はまあまあかな。
c0021551_14442776.jpg
端ミシンのせいか、裏が付いたせいか、ちょっと突っ張った感じ?
しなやかさ、ドレープ性に欠けますが、
ま、着ているうちに馴染んでくることでしょう。
黒い方のマントのような肩ケープが無いので、すっきりした感じです。

時々裏返って、ピンクのループツイード地が見えたりして、良い感じです。
肩ケープを無くしましたが、2枚重ねの生地にしたのと
毛皮襟が大きいので暖かさまあまあかと思いますが、
上の理由により生地のしなやかさが少ないので、
ちょっとすきま風が・・・寒いかも。

極寒時にはやっぱり黒マント(厚手)がいいかも・・・
今までのうまこのマントのような、(クリック)
あの首ぴったり毛皮襟と肩ケープの組み合わせって暖かいんですよね・・・・
見かけを取るか、実質を取るか・・・・
使い分けが必要ですね。

いずれにしても、洋服でも着物でも合わせられるマントはとても便利。
着るのに手間取らない点でも有利。
途中で洋服から着物に着替える時などには、特に重宝ですね。

[PR]
by yamamotoyk | 2014-02-02 15:04 | 手芸 | Comments(5)
Commented by kumitan2011 at 2014-02-02 21:22
おーお、完成品のお披露目ですね!
やっぱりキャメル色は上品で暖かそう~ファーも素敵(^^)
私も寒い時はコート下に薄いマフラーを巻くので、衿開き具合は大切ですよね♪

確かに肩に1枚布地があると、暖かさが違います。
下着で調節もありだけど、脱げないと困りもの(笑)
その点、カーディガン感覚で使えるケープはとても便利だと思います(^o^)
Commented by yamamotoyk at 2014-02-03 18:53
kumitanさん、ありがとうございます。
薄い色はグレーかキャメルになりますが、
ちょうどいいのがあって、よかったです。
キャメルの方が暖かそうですよね。

肩布が一枚余分にあるととても暖かです。
でも、永年その形できたので、さすがにちょっと飽きてきて・・・
気分的に合わなくなってきたのかもです。

建物内は暑いほどなので、
温度調節のできる羽織物が必要ですよね。
Commented by bananamama at 2014-02-04 08:30 x
こちらのページ何度も繰り返し拝読中。
キャメル~~~♪素敵、可愛い~
上品で帽子とも相性いいですね。
キャメルは憧れ、欲しいけど
黒色毛100%の大きなショールがあるので
こちらがリメイク優先 
闘志が沸いてきました!
Commented by bananamama at 2014-02-04 08:46 x
よろしければファーの襟と生地の縫いとじ部分を
アップして頂けませんでしょうか?
こんなに首回りがエレガントなカーブは難しそう
でも、このエレガントな襟元は素敵~~~♪
(因みに私の製作物は首がつまり
テルテル坊主型です)
Commented by yamamotoyk at 2014-02-04 17:53
bananamamaさんありがとうございます。
ファーと本体は前の端だけ、ザクザク縫ってあるだけです。
後ろはフリーです。
それが美しいラインの秘密です。
本体を羽織ってみて、ファー襟を気に入るようにかけて
両端を洗濯ばさみで留め、
その部分だけ丹念に縫い付けました。
首の後ろはかなり本体と襟が離れています。
一番上の写真の襟元を見ると見える薄い半月がそれです。
<< もうすぐ春~! 今日何かあるの?着物 >>