絽の色無地、洗っちゃった

さて、JRタカシマヤで掘り出し物を見つけたので、
悩んでいた絽の色無地を自分で洗っちゃう決心がつきました。

もともとコメ兵の2階で買ったラベル商品。
つまり色別のラベルで値段が決まってくる、
しかも新古品ですらない中古品。
襟には色あせ(または汚れ)もある物です。
一つ紋が付いていたので、自分ちの貼り紋を上から貼って。

夏の日に一日着ていたので洗っておきたいのですが、
安いドライクリーニングでも、もとの値段を考えると・・・
それにできれば水に通したいし。

というわけで・・・
c0021551_22102783.jpg
昨日夕方
麻の長襦袢、ポリ楊柳とともに
洗濯機のソフトコースへ・・・
もちろんネットに入れておしゃれ着洗いで。
縫い目や端を引っ張って伸ばして干しました。

ところがなんと10時過ぎに激しい雨音。シュワッチ!
あわてて、室内に取り込み。

朝、明るい所で子細に眺めると、
意外にしわになっていません。
あら、いいじゃん☆
この程度ならアイロンでキレイにできそうです。

c0021551_22143359.jpg
と言うわけで、先ほどアイロンをかけたのですが・・・
一つ重大な問題発見。
右の胸辺りの部分にシワと思ったら、
シワではなく、色むら発見。
多分洗った時に色が出て
畳んだ一番中の部分で色がたまったんですかね。

考えようによっては、2番目にいい場所ですね。
できれば、もう少し下なら全く見えない場所でしたが、
ここは見えるところですが、シワっぽい場所だし・・・
と思うことにしましょう。
少なくとも左よりはマシ、ということで。

ま、他人には決してお勧めしませんが、
意外に洗えるものだなあ、というのが感想。
少なくともウールよりマシです。
(ウールはけっこうシワがきつい)
と言うか、さんざん草木染めしてきてわかってるでしょうに、
とも言えますが(^_^;)ゞ

それにしても、色落ちはいつも注意しているのに、
今回はシワのことしか考えなかったのは失敗でした。
無地なので油断していたのですね、きっと。

というわけで、JRタカシマヤの成果はまた次回。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-08-27 22:38 | 家事 | Comments(2)
Commented by uzuztama at 2015-08-31 14:38
ほぅ、正絹の絽は洗おうと思えばなんとかなるのですね。
色むらの箇所は不幸中の幸いということで・・・
Commented by yamamotoyk at 2015-08-31 19:22
uzuzさんありがとうございます。
単衣で、縮んでない絹は結構洗えますね。
縮んでいる物(縮緬、お召し、いわゆる縮み)は
ひどく縮んでしまったりごわごわになったりして、
どうにもならなくなることが多いです。
ただ袷になっている箇所(袵とか襟とか)は、
縫い目がちょっと引きつれる感じがあって、
アイロンで伸ばしました。
クリーニング屋さんほどピシッとはならないので、
いい着物は止めた方が無難ですね。
<< みつけもん@JRタカシマヤ呉味の市 台風一過寒い雨のポリ >>