ダイソーの手ぬぐい半襟

ダイソーの手ぬぐいで半襟を作る、という記事を見たので
ちょっとダイソーを覗いてみました。(クリック)
たしかに色々可愛い柄の手ぬぐいが色々並んでいます。

半襟は柄が大きすぎると何の柄か不明になるので
ある程度小さい柄の方がいいと思います。
また肌に近い色は半襟がないように見えるので
しかも私の場合はやや濃いめが要注意です。

着物の色との兼ね合いもあるし・・・
花火とかかき氷とかパンダやシロクマ、猫ちゃんも可愛いけれど・・
と、さんざん迷ったあげく
選んだのは実に無難な柄
c0021551_19390491.jpg
さて、半襟にしたあとで洗って縮んでも困るので
まずは一回洗いました。
洗ったあと無造作に畳むと
斜めに折りたたまれます。
う~ん、もともとが手ぬぐい用の布ではないので
布目が通っていないんですね(^_^;)

縫い付けたあとに、ねじれてくるのもいやなので
端の方に切れ目を入れて、ヤ~ッと裂きました。
薄くて織り目も粗いので簡単に裂けました。
四方をぎりぎりのところで裂いて、これで布目が通るかな?
タテに2分割してぎりぎり2枚の半襟になりそうです。
1枚は麻の長襦袢、もう1枚はキュプラのうそつきに縫い付けましょうか。
ざっくりした布目が、あまり手ぬぐいらしくなくて、
夏のカジュアルな半襟にはいい感じですね。
c0021551_19454176.jpg
はい、一丁上がり!

水曜日のお稽古に間に合って
c0021551_19461533.jpg
こちらはうそつきに付けた方を着ました。
ベージュの透け透けシルクウール
ここだけ見るとやや色が合わない感じなので
帯揚げ、帯締め等に青みを使ってバランスを取りました。
c0021551_19490943.jpg
いずれにせよ、
遠目にはほとんど目立たない色ですね(^_^;)

[PR]
by yamamotoyk | 2017-06-16 20:01 | 和装製作 | Comments(0)
<< 長芋☆ぬか漬け☆梅干し ムラサキハナナおしまい >>