しょうざんウール試着

しょうざんウールが一応の完成を見たので、
一度着てみようと思います。
c0021551_21441207.jpg
襟と胸の辺りの皺は気になりますが、
自分が気にしなければ、いいとしましょう。
裄や袖丈も問題ないようです。
遠目に見れば、赤みがかったグレーのようですね。
近くで見るのとずいぶん印象が違いますが、
シンプルなグレーや焦げ茶よりは合わせ易い感じですね。

帯は留め袖用の反物を自分で帯にした物。
c0021551_21463220.jpg
桜のお庭です。
今締めないでいつ締めるの?という帯ですね☆
近くで見ると
着物にするために染めてない部分(左端など)がありますが、
無視
全体の印象が良ければ、それで良しとしましょう。

今日は三味線の先生でした。
越後獅子では
替え手が弾けるか?と聞かれ
はいと答え、弾いたのですが、
まだ本手も弾けない人たちが居るところで
替え手を弾くのは
どう考えても如何なものかという気がします。
まだ曲がわかってない人たちの邪魔をしているだけじゃない?

初めて越後獅子を始める人たちが
ある程度弾けるようになるまで
封印しようかと思います。
長唄の三味線は一人で弾くより
皆で合わせるのが、私は好きなんです。
それぞれが弾けるようにならないと
合わせられませんものね。
替え手の練習は家でもできますから。

唄わずに弾いて、かけ声をしっかりかけるのを
今回の私の課題としようかなと思います。

[PR]
by yamamotoyk | 2018-03-14 22:19 | 着物 | Comments(2)
Commented by しんのすけ at 2018-03-15 07:11 x
同じこと考えました 五郎も・・・・唄も三味線もできていないのでクッチャクチャ  嫌になっちゃうだろうなぁ・・・と  そして自分は 三味線の先生の日は歌わずに掛け声を覚えたいなと・・・
こだまさん、岐阜なんですね
Commented by yamamotoyk at 2018-03-15 18:19
しんのすけさん、ありがとうございます。
2曲とも新しいので、余計大変だと思います。
私は新しい人たちファーストで行こうと思います。

こだまさんは16,17日と岐阜です。
ある目的があるので16日に行こうと思っています。
<< 私のノートパソコンが寿命? 急な春 >>