会津木綿(古い柄?)

昨日から晴天続きで比較的暑くなる予報。
とは言え、昨日はさしたることはありませんでした。
今日はやや湿度が高い感じです。
前回断念した白のサマーウールにしようかと思いましたが、
今日予定していた柿色のうそつき襦袢は
透けて色が目立ちます。

そこで、色が濃くて、やや涼しいものを探して
c0021551_22195576.jpg
会津木綿にしました。
しっかりした生地で、あまり皺が目立ちません。
バティック布の帯を合わせました。
こぢんまり引き抜きお太鼓結びです。

やや蒸し暑い気候でしたが
まだまだ大丈夫。
でも、暑くなったり戻ったりしながらも
次第にむしむしする季節になっていきますね。

あ、薄手の浜松木綿がしわしわです。
スプレー糊でもかけてアイロンかけておかねば・・・
もう少し暑い日に着られる準備が必要ですね。
でないと、同じ着物ばかり着ることになってしまいますね。

今日のお稽古では、
急に発表会の話になりました。
11月に文化センターの発表会が
松坂屋ホールであるそうですし、
同じく11月に名古屋長唄大会がありますが、
今のメンバーは皆、それぞれ個人的な理由で、
あまり出られそうにもないので、
多分どちらにも出ないと思います。

とりあえず、2月の新年の弾き初めに向けて
五郎と越後獅子を頑張ることになります。
昨年まで発表会続きで忙しかったので
ちょうどいいペースではないかと思います。

[PR]
by yamamotoyk | 2018-05-16 22:44 | 着物 | Comments(0)
<< 浴衣地? 鶴舞公園からギャラリー手児奈そ... >>