猛暑日には麻白絣で同期会

今日は高校の同期会でした。
先ほど帰ってきたところ
今日の着物は
c0021551_23543065.jpg
麻の絣着物
帯は麻の座布団側を使って自作した麻の名古屋帯
今日は名古屋も38℃だったそうで、
外なんか行きたくないし、
でも土曜日は買い物デーなので出ましたし、
梅干しも干しましたし(^_^)v

でも、気温が上がっちゃった分、湿度はやや下がって
風もあって、私としては許せる気候でした。
だからこんな日は薄手のコレ

骨董市で買った男物の着物。
長襦袢にしようと思ったけどきれいだったので
脇縫いをほどき繰り越し揚げを多めにとったら、
とても簡単に着られる対丈着物が出来ちゃったというわけです。

対丈着物というと襟を詰めて抜かない着方のイメージですが、
繰り越しが多めなら何の苦労もなく普通の感じに着られます。
腰紐だって不要。
コーリンベルトで形を決め、
優しく押さえるため伊達締めをするだけ。
長襦袢も着物も同じように着て、それだけ。
他人のおなか辺りをじろじろ見ることはないので、
お端折りがなくても詳しい人以外は気がつかないでしょう。
つまり男性用着物と同じというわけです。

慣れない人のカジュアル着物としては
これでいいんじゃないかと思いますけどね☆
ま、お端折りを最初から作っておく着物と
コンセプトは同じと言えば同じですけど(^o^)

4時に家を出たのでまあまあでしたね。
安心して汗を掛ける着物。
汗をかけばさ~っと身体が冷える。
だから汗をかいて建物に入ったら
しばらくの間、脇から背中が寒かったです。
でも、冷房の風が直接肌には触れないので
そういう寒さはなくて
汗が乾いたら快適になりました。

今日の2次会もちょっとだけダンシングナイトが出来ました。
イエ~イ(^o^)

[PR]
by yamamotoyk | 2018-07-14 23:52 | 着物 | Comments(0)
<< 対丈着物 梅干し >>