重陽なので菊の帯

今日が重陽の節句だと知ったのは昨日のこと
菊の着物は思いつかなかったので
帯を菊にしようと思います。

菊の帯に合う着物を選んでいた時に思いつきました。
せっかく季候が良くなってきて
しかもお天気物良さそうなので
木綿やウールではない着物もたまには着たいと。

というわけで、
c0021551_22065029.jpg
紬の着物に(クリック)
母の羽織を壊して自作した帯、
デフォルメされた菊の柄です。
ちょっと羽織ったのは、
袖を外した絽縮緬の羽織
袖を外したのは裄が合わなかったからです。
ちょっとこなれた感じになったかな?

紬の着物にしたのは、
今日から始まったタカシマヤの京都展に
行こうと思ったからでもあります。

お香屋さんで匂い袋の詰め替えを買いました。
そしてお稽古は三味線の先生
た~っぷりの三味線演奏ですっかりお疲れ~!

新しい教室は椅子席なので
なかなか慣れません。
もう少し工夫をせねば。

[PR]
by yamamotoyk | 2018-10-17 22:20 | 着物 | Comments(0)
<< Tシャツの捌き方、8枚おろし 四角豆 >>