Tシャツの捌き方、8枚おろし

まだ、昼間は暑いくらいの日もありますが、
ようやく、かなり涼しくなってきました。
Tシャツは長袖の方がいいかな、
という感じになってきたので、
衣類の入れ替えをしました。

真夏と真冬はあまり悩みませんが、
夏の終わりから秋にかけての季節は
暑かったり寒いくらいだったりして
着る物に悩みます。
というか、条件はわかっているのですが、
あう物を見つけるのが困難なのです。
しばしば失敗して、数だけ増えていきます。
なんとか工夫しながら着ていましたが、
収納場所も少ないので、着古した物と一緒に
この際一旦処分。

もちろんそのままリサイクルに出すことも出来ます。
ほとんどがユニクロ製品なので、
お店に持って行ってもいいのですが、
布草履を作るので、持って行きませんよ。
布草履にするために切りましょう!
c0021551_22053703.jpg
というわけで、
裏返しにしたTシャツとよく切れる鋏を取り出して
c0021551_22052548.jpg
まずは1番のように脇の縫い目で縫い代ごと切り取ります。
次は2番線のように真ん中を切ります。
そして、その約半分の幅の3番線で切ります。
このTシャツの袖は短すぎるので廃棄。
肩はまあまあ幅があるので切り離さず、
長い布にします。
肩の幅が短い時は縫い代ごと切り離します。
肩を切り離せば8枚の細長い布になります。

は~い、Tシャツの8枚おろし完成☆

脇の縫い目を切り取る時に
引っ張ってまっすぐにして切り取ることが
凸凹しない布が出来るのでいいようです。

今回は薄手のTシャツだったので、
8枚おろしにしましたが、
厚手の場合は12枚おろしとか、
その時々で工夫します。

さあ、材料がだいぶ溜まったので
布草履をもう何足か作らなきゃね。

[PR]
by yamamotoyk | 2018-10-18 22:20 | 手芸 | Comments(0)
<< お出かけ2カ所※手の技 重陽なので菊の帯 >>