十三夜の帯

今日は長唄のお稽古です。
NPOの長唄講習会のお稽古で
月一回でもっぱら唄のお稽古ですが、
実は11月25日に御園座で大きな邦楽の会があって
会としてそれに出るのですが、
私は出られないので、ちょっと距離を置いているのですが、
全然それを感じないようにお稽古を付けていただけるので
感謝です。

さて、今日は十三夜のお月見の日でもあります。
ということで、もう一度お月見帯。
c0021551_21081095.jpg
着物は母が持っていた反物で仕立てて貰ったもの。
まだ自分では仕立てに挑戦していなかった頃です。
一応サマーウール、
一見絣、でも実はプリントもの。
ふわっとした薄手のウールですが、
そこまで薄くないので夏には無理ですね(^_^;)
今ちょうどいい感じです。

さて、日曜日にこのお稽古に行くには
朝からなかなか大変です。
昼食の準備をして出ますが、
最近では、もっぱら炊き込みピラフを仕込んで行きます。

さて、今日は午後からまた出かけようと思います。
でも、着物を着たまま昼食を食べるのも厄介だったので
洋服に着替えました。

で、どこへ?
c0021551_21384096.jpg
実は、もう一度岳見町ギャラリーに行ってきました。
大ばあちゃんの留め袖ドレスの裾直しを
りのさんにお願いするためだったんですが、
手紡ぎウールの手織りストールを
つい、連れ帰ってしまいました(^_^)v

そのウールを羊さんから採って糸に紡いだ方のお話を
横で聞かせていただきました。
羊さんの種類や糸に紡ぐ時の方法などが
色々違うらしいことが
ほんのり聞き取れました(*^_^*)
そのお話も興味深かったし、
色々な色の糸がとてもキレイで・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2018-10-21 21:57 | 着物 | Comments(0)
<< 餃子の皮パイ・リンゴカボチャ 収穫イマイチの日 >>