人気ブログランキング | 話題のタグを見る

春と秋の麻襦袢

何年か前から、言われてきたのは、
暑い日でも、薄物を着る季節ではない時には、
色の付いた長襦袢を着ると
着物が透けることがわからないので良い、
というもの。

普通の白い長襦袢を墨で染めようかとか、
色つきの長襦袢を仕立てるかとか、
色々な意見がありました。

昨年の猛暑に引き続き
今年も季節外れの急な気温の上昇があり、
色つき長襦袢の話が急に現実味を帯びてきました。
ネット上でも色つきの麻長襦袢地をよく見るようになりました。

しかし、濃い色の麻長襦袢地はあらかた売り切れです。
あらっ・・・・
それでもしつこく色々探していると
既製サイズセミオーダー仕立ての黒い麻長襦袢を見つけたのです。
細かく打ち合わせをすればサイズを合わせてもらえますが、
時間がかかりそうです。
ミシン仕立てなので反物よりも安い値段です。
即注文!

というわけで、比較的速くそれは届きました。
裄が1cm長く、
半襟はマジックテープ止め。
衣紋抜き布はサイスが合いません。

というわけで、届いたその日から、
家で留守番の今日までで何とか、お直し完了☆
春と秋の麻襦袢_c0021551_22181260.jpg
まずは簡単な、衣紋抜き布の位置変更
ミシン縫いを解いて手縫いで付け直し
(再度直しやすいようにです)

次は
春と秋の麻襦袢_c0021551_22181446.jpg
マジックテープを外します。
コレがあると首回りが変です。

裄は袖幅が1cm大きかったので、詰めました。
袖口側のミシンを解けば、
既製品によくある簡単な仕立てだったので、
思いのほか簡単にできました。

そして、先日麻長襦袢から外した変色した半襟を、
漂白して洗い、裏返しにして付け直しました。
春と秋の麻襦袢_c0021551_22181654.jpg
さあ、あとは試着するばっかです!
楽しみです~!
真っ黒なのがやや不安ですケド・・・

by yamamotoyk | 2019-06-09 22:41 | 和装製作 | Comments(2)
Commented by のんこ at 2019-06-10 07:52 x
黒い麻襦袢の出番ですか どんな風になるんでしょう 気になります。
Commented by yamamotoyk at 2019-06-10 16:17
のんこさん、ありがとうございます。
黒くて透ける麻と言えば、
それほど数無いので
次回のお稽古にはそれでためしてみようかと思います。
<< 板締め絞り体験@オアシス21 リベンジネパール料理 >>