人気ブログランキング | 話題のタグを見る

梅のソーダ煮

次男家の完熟小梅、
一気にたくさん届いたので
ちょっとやっつけ仕事でした。

それは、梅シロップ
梅のソーダ煮_c0021551_22030019.jpg
梅干しや、梅のビール煮を早くしようと
2kg分の梅はとりあえず砂糖と一緒に瓶に入れたのです。
酢も少量、呼び水として回し掛けたのです。

そして、昨日一日何度も揺すったのですが、
今日になっても一向に水が上がってきません。

瓶ではなく、袋に入れて漬け物のように
モミモミすればヨカッタ、と後悔
しかし後悔している間にも
梅はどんどん黒くなっていきます。

やはり、普通の梅とこの小梅は
何かが違うのかもしれない・・・・

最初に考えたように袋に入れよう、
と悪戦苦闘を始めましたが、
湿った砂糖は瓶から出てきません(>_<)

いや、いっそ、ビール煮にしようか・・・・
しかしノンアルビアはあと1缶しかありません。
ならば、持論の炭酸さえあれば・・・
に挑戦しようと思います。

瓶にソーダ水350mlくらい(いいかげん)を入れ、
かたまった砂糖を溶かし、ホウロウ鍋に移します。
梅のソーダ煮_c0021551_22374276.jpg
時間を計って火にかけました。
大きな鍋なのでまずは強火
砂糖が溶けているので水面がちゃんと見えてます。
一応蓋をして、じっとそばにいて観察していると
5分ほどで上のように細かい泡が上がってきました。
このままでは、あっという間に吹きこぼれるので、
火力を微調節しながら2~3分(目盛りがアバウトなのでわからない)
そこで火を止め蓋をして放置、自然冷却

味のない炭酸でも、
見た目はビール煮と同じ様な感じだったので、
気をよくして、
次は1缶だけのノンアルビアで煮ました。
梅のソーダ煮_c0021551_22374646.jpg
これは吹き上がる直前です
このあと、細かい泡がわき上ってきます。
鍋の口径が違うので噴く様子は違いますけどね。

さて、そんなわけで、まだ冷却中で、
そのあともしばらく味が落ち着くまで放置予定なので
果たして
ビールと炭酸水で違いがあるか
(味は違うでしょうね)

ちょっと楽しみであります。

というわけで、
火力も鍋の形も違うので
火をつけてから何分とは言えなくて
沸騰後吹きこぼれないように火力を調節しながら
何分(噴いたらすぐ火を止めるもアリ)
という方がイイのじゃないかというのが今の考えです。

さらに言えば、完熟小梅は噴いたらすぐ止める
というのが良さそうですが、
例え、ほとんど溶けていても
ジャムの代わりになるので
それはそれでいいと思っています。

実際、前回のビール煮は、
ジャムの代わりにヨーグルトに入れることにしました。

by yamamotoyk | 2021-06-08 22:58 | 食べ物 | Comments(0)
<< スパイスカレー屋さん キッシュ屋さん >>