2018年 02月 19日 ( 2 )

脇縫い

さて、今日も(無理矢理)時間を作って
今日は残りの前身頃の内揚げのあと、
脇縫いをしました。
脇を縫って、縫い代を倒してアイロン掛けしたところ本日お終い。
c0021551_21092699.jpg
まずは、浴衣のように縫い代を2枚合わせて
前身頃側(向かって左)に倒してアイロン掛け。
後ろの内揚げを開いて三角に畳みました。

薄手のウールなので、このままでも良さそうですが、
一応左右1枚ずつに分けてみます。
c0021551_21124003.jpg
三角に折ったところはまた普通に畳まれてしまいました。
洋裁と違うところは
縫い代を拡げると言っても
単純に開くのではなく
前身頃に倒すときに2mmほどのきせをかけて倒し、
その後また2mmほどのきせをかけて、開くので、
縫い目に力が掛かりません。
縫い目が多少よろよろしていても表に影響しません。
このあと、さらに縫い代をくけて表地に固定するので
さらに、縫い目が保護されます。

コレが和裁の特徴ですね。
何だか、日本そのもののような気がします。
皆で支え合っていこうよ、って感じ?

さて、脇縫いの縫い代を倒して
袖付け周りまで倒していったところで気づいたことがあります。

後ろ身頃だけでなく前身頃の内揚げを縫うようになったのは最近ですが、
今まで袖付け周りの縫い代を折って見頃に縫い付けるときに
縫い代が浮き上がって落ち着かないのが悩みの種だったのですが、
今回は素直です。
なぜか、考えたのですが
前身頃の内揚げが役に立っていたんですね。
身八ツ口すぐ下という位置も絶妙でした。
c0021551_21243090.jpg
左上方の指で持ち上げているところですね。
毎度、内揚げの場所に苦労しますが、
(前回は量も多かったし、場所を間違えたかも) (クリック)
今回は場所も量も良かったのかも。
後ろ身頃の内揚げと身八ツ口の間の4cmに収まらないときは
後ろ身頃の内揚げの位置を考慮する必要があるかな。

ココまではまだ何とか行けますが
この後、心配な袵付けと
恐怖の襟付け、悪夢の袖付けが待ってます。

まとまった時間を何とか作って頑張りましょう。
何せ期限(3月16日)がありますから(^^;)

[PR]
by yamamotoyk | 2018-02-19 21:51 | 和装製作 | Comments(0)

スイセン

相変わらず寒いのですが、
日が長くなり昼間の気温が高めの日があるのでしょうか、
スイセンがチラホラ花を咲かせ始めました。
つぼみもどんどん上がってきました。

咲いた花、今にも咲きそうなぼみを残らず切って活けてみました。
スイセンだけでは寂しかったので
ちょっと伸びすぎていたセンリョウの枝も一本
枝物があると水仙の花の支えになります。
c0021551_20585081.jpg
お雛様に飾りました。

[PR]
by yamamotoyk | 2018-02-19 21:02 | 園芸 | Comments(0)