2018年 04月 16日 ( 1 )

袷グレー小花しょうざん

大須で買ったしょうざんウール2反、
昨年の夏のことだったんですね。(クリック)
ウールは最近では自分で単衣に仕立てているのですが、
グレーの一反は裏が白いプリント物だったので、
色々考え、
また胴抜きの袷をお願いしようと
いつもの着物やさんへ行ったのですが、
カタログに胴抜き用のポリの裏地が見つからず、
八掛けを選ぶのも面倒で
通しの同裏(男物)で袷に頼んでしまいました。
出来たとの電話で、今日行ってきました。

c0021551_21024359.jpg
なんとなく釈然としない気分でしたが、
できあがりを見ると、なかなかいい感じでちょっと安心。
ばち襟でお願いしてありましたが、
襟先は広襟を折りたたんだように仕立ててありました。
(でも見えないし、ごろつくから、必要ないけど)
それにしても、ずっしりと重いです。
ま、リバーシブルを着ようと思う季節には
ちょうど、いいと思います。

ちょっと羽織ってみると、
ほとんどグレーの無地ですが、
近くで見ればかわいい小花柄のおかげで
シンプルなグレーよりは深みがあるかな、
という感じです。

ついついお店の方と話し込んじゃいましたが、
有力な情報ゲットです。
それは、
たまたまカタログには胴抜き用裏地がなかったのですが、
仕立屋さんに胴抜きで仕立ててもらうことは出来ると。
あら、いいですね。

次回(もしそのようなことがあればですが)は
大須で裏地を買っておいて、
(八掛けと胴裏または男物通し胴裏)
胴抜きで、とお願いすればいいわけですね。

ウールはどうしても地厚になるので
袖や裾以外は単衣で十分です。

[PR]
by yamamotoyk | 2018-04-16 22:36 | 着物 | Comments(0)