レース半襟

このところ暑い日が多いので
襦袢を初夏バージョンに入れ替えましたが、
冬用に付けてあったレース地の半襟が便利だったので
初夏用にも・・・・

おりしも、大塚屋さんのセールですか?
ちょっと行ってきましょうか。

木綿100%のレース地も安くなっていました。
c0021551_21183021.jpg
幅が1m程度あるので
25cm買って、250円也
あら、その半分で出来ちゃいましたね♪~
c0021551_21183574.jpg
こんな感じですが、
実際は
c0021551_21183942.jpg
このくらいしか見えませんからね、半襟って・・・(^_^;)
だから襟の端の方に目立つ部分を持って来なきゃね。
コレ、ちょっとさみしかったかな・・・
実際はもう少し刺繍的なところも見えますけど、
どうなんでしょうか・・・

古い昔の裾よけの端とか
もう少し探してみようかしら・・・
もう少し凸凹感が欲しかったかも。

[PR]
# by yamamotoyk | 2018-05-24 21:59 | 和装製作 | Comments(0)

胴抜き袷

今日はまた朝から雨で気温も再び低めです。
午後からは雨が激しくなるかも・・・とか。

またか・・・という感じの今年の初夏です。

なので、また前回と同じような組み合わせですが、(クリック )
さすがに前回よりは蒸し暑そうな予感です。

そこで、
c0021551_20245657.jpg
ポリの着物の中で
胴抜きのものを選択しました。
これは、万筋の江戸小紋です。
法事用に作ったものです。
法事に着ていこうとして雨ならダメというのでは、
実用になりませんし、
蒸し暑くて気分が・・・というのも嫌です。
だから上半身の身頃には裏がありません。
一番蒸し暑いのは上半身ですからね。
それに、裾に八掛けがあれば袷に見えます。
袖も単衣にする方法もあるようですが、
ま、それは着心地に影響ないと思うので
袷にしてあります。

帯は沖縄風港柄の型染め(藍型風えーがたふう)
引き抜きで結べる様に自分で仕立て直しました。
縮緬なので濡れない様に
ポリの羽織を着ました。

蒸し暑いのは嫌なので
着物は胴抜き、
襦袢はキュプラ絽のうそつきです。

ところでキュプラはなかなか優れものです。
あまり気にせず洗濯機に入れられるし、
ポリの様に蒸し暑くありません。
木綿ほど皺っぽくなく、
麻の様に高価でもありません。
最近あまり流行らない様なので残念です。

今日は唄の先生で、越後獅子の
一番ややこしいところをさらっと教えていただき
さりげなく中身の濃いお稽古でした。

[PR]
# by yamamotoyk | 2018-05-23 20:53 | 着物 | Comments(0)

ジャガイモの花

雑草の丈が高くなって(^_^;)
今頃気づいた花・・・
c0021551_21595929.jpg
たとえばアジサイのスミダノハナビ
c0021551_21575134.jpg
一花ずつは八重の花ですね

たとえば
c0021551_21573805.jpg
こちらのクレマチス、たくさん咲いています。
急に咲いたのでしょうか、気がつきませんでした。

c0021551_21580168.jpg
オリーブも気がついたときはかなり咲いてしまって・・・
オリーブの花はかなり小さいですし(言い訳)

一方目立つ花も
c0021551_21575691.jpg
勝手に伸びて勝手に咲きました。
多分ジャガイモ。丈夫な株です。
生ゴミから芽を出したんですね。
葉が枯れ始めたら、収穫時らしいです。

c0021551_22000856.jpg
5月20日の収穫です。
イチゴはこレでもう終わりの雰囲気です。
かなりナメクジさん達の食料になってしまいました。
ユスラウメもコレでほとんどおしまい。

世の中ではイチゴがずいぶん安くなってきたので、
買って冷凍してあります。
家のイチゴが終わればまとめてジャムにしますか。

今日ビワを一個食べてみました。
甘酸っぱくて味が濃いです。
c0021551_21574327.jpg
今年は梅の花殻摘みをしなかったので
ウメの実が何個もなっています。
熟れるまで待って梅干しにしましょうか。
とても楽しみです。

c0021551_22291214.jpg
このところよく庭で昼寝をしているのがこの仔
調子が悪そうです。
c0021551_22294227.jpg
じっと見つめる先にはちょっとでかいネコ
この二匹、以前いつもひっついていたあの仔達です。
でかい方が悪いのかと思っていましたが
小さい方の具合が悪いのかな?
両方とも雄のようですが、
関係がよくわかりません・・・

[PR]
# by yamamotoyk | 2018-05-22 22:38 | 園芸 | Comments(0)

小倉充子 江戸型染展@ギャラリー手児奈さん

思いついたので、早速行ってきました。
鶴舞3連チャン

ギャラリー手児奈さんで、小倉さんの江戸型染め展です。
昨日アイロンをかけた浜松木綿(クリック)
有松絞祭りの予行練習も兼ねて
江戸風の帯結びに
手甲、脚絆、着物の裾をたくし上げられる様に
しごきを帯の下端に結んで帯締めの代わりにします。
これに自転車袴(サルエルパンツ?)、
地下足袋草履(クリック)
自転車ヘルメットも合わせれば
何じゃコレスタイルの完成です。(クリック)

今日は初日と言うことで
小倉さんも、型を彫っていらっしゃる方も在廊されていて
おしゃべりに花が咲きすぎて写真なし。

せめて・・・と買い求めた手ぬぐい2点の写真でも。
c0021551_21320103.jpg
左の手ぬぐいは駒尽くし、上から順に
春駒、糸駒、まわる独楽、
色っぽいのは三味の駒、
ばかにつけるはネ 桜鍋
将棋の駒よりゃ鹿革菖蒲駒、そして駒下駄、
江戸の粋ですね☆

桜鍋?馬肉のすき焼きは鹿屏風の陰かな?
鹿革菖蒲駒というのは
鹿革に菖蒲と馬のデザインを染めたものだそうです。
”勝負”にかけて男性用(武具やたばこ入れ)によくあるようです。

右は神田祭の山車のようです。
一番の山車は一番鶏の諫鼓鶏
二番の鉾は馬歴神(馬の守り神の猿)
三番が翁の神田丸
と神田祭の歌詞にあるのを彷彿とさせます。
鉦や太鼓の音が聞こえるよう。
広重の名所江戸百景を彷彿とさせる構図です。

[PR]
# by yamamotoyk | 2018-05-21 22:28 | 外出 | Comments(0)

ちょっとお江戸風で

思いついて、
小倉充子江戸型染展に行こうと思います。
ちょっとお江戸ウオークの練習も兼ねましょう。
c0021551_21594597.jpg
一見グレー無地のこの木綿着物に合う江戸風帯として、
コレを選んでみました。
喪用黒帯の生地を長いままこの縞の帯地と
腹合わせに縫い合わせたものです。
江戸風に少し裏を折り返して黒い方を見せます。
江戸時代風に角だしに結んだところ、
帯の下端をまっすぐにするためには
羽の片方が角になるのが必然と言うことが判明。

帯締めをしない代わりにお太鼓の下端に
紐を通してしごきの様に縛ると
江戸時代の旅姿のように裾をたくし上げた時、
このしごきに挟めば裾が安定しますね。
こりゃ便利。
というのも、本来ならお端折りをたくさん取って
丈を短く着るのでしょうけれど、
家を出た時それではちとマズいので、
この方法なら会場に行ってから簡単に出来ると思うのですよ。

下には東スカートという日舞用の赤い襦袢スカートはいています。
そして足には脚絆の代わりに
ホームセンターで見つけた大雨用の脛カバー。
今回は自転車に乗るので
サルエルパンツの裾を押さえるのにコレが重宝しました。

菅笠も準備しましたが今日は無しです。
今日はショルダーバッグ斜めがけですが、
風呂敷包み風の肩掛けバッグを作ってみようかな。
簡単にはウエストポーチを布でくるむのが簡単かな。
(どこかにあるはず・・・)

コレに地下足袋草履(クリック)を履いて出かけました。
話題性十分ですね☆

[PR]
# by yamamotoyk | 2018-05-21 22:25 | 着物 | Comments(0)

浴衣の糊付け

さて、先日の綿絽の反物、
糊付けするといい、
と言う話から
ンじゃ、ちょっと練習・・・・
と考えていたところです。

先週、着ようかと出してきた浜松木綿、
無地の様に見える薄手の木綿で、細かい皺が目立ちます。
着る前にアイロンが必要ですね。
その時スプレー糊を使ってみるというのはどうでしょうか。
一度試してみるのもいいですね。

さて、洗剤売り場を見ていていいもの発見。
c0021551_21433735.jpg
”しなやかな張りが長時間”ですって?
いいじゃないですか☆
絽の浴衣はバリッとするより
しなやかで皺なしという方がありがたいです。

と言うわけで、早速購入、
浜松木綿に使ってみました。

結果は?
着てみないとね。
次の水曜日は雨の可能性が高いので、
それ以外の時に試してみたいですね。
早速、月曜日に手児奈さんに行っちゃいますか?

[PR]
# by yamamotoyk | 2018-05-20 22:38 | 家事 | Comments(0)

柏葉アジサイ

柏葉アジサイが色づいてきました。
c0021551_22070537.jpg
玄関先の植木鉢のすっきりした花です。
アップにすると
c0021551_22045502.jpg
八重です。
こんなにたくさん花が付いたので小ぶりです。
花瓶に生けてみました。
c0021551_22084568.jpg

裏庭の地植えの方は
c0021551_22000404.jpg
かなり花芽を摘みましたが
ずいぶんたくさん咲いています。
c0021551_22071315.jpg
一つの花だけでもずいぶん大きいです。
昨日の雨で花がうつむいてしまいました。

アップで見ると
c0021551_22062069.jpg
一つの花は一重なんですね。
あまりに花房が大きいので
切り花にするのは難しいですね。

ふと見ると・・
c0021551_22070937.jpg
おや、いつの間にかビワが色づいてきました。
そろそろ食べられるかしら?
今年は全くの不作で
画面に見えるのがすべてです。
何も加工せずに大切に食べましょう。
このビワは生のままでも美味しくいただけます♪~

よく見ればメドーセージも花が咲いていますね。
c0021551_22222578.jpg
強い花です。雑草並です。
夏中咲いてくれるし、
虫も付かないのでありがたいと思いましょう。

今朝は電話で起こされ、
午前中、母につきあって整形病院受診。
左手の親指の関節が腫れて痛い、
とのことで
偽痛風と診断されて湿布と飲み薬をもらってきました。
金曜日の夜明け前から
急にずきんずきんと痛くなってきたそうで、
痛風と症状が似ているけれど、
尿酸値は高くないので、偽と言うのだそうです。

なかなか気疲れの一日になりました。

[PR]
# by yamamotoyk | 2018-05-19 22:34 | 園芸 | Comments(0)

ケチャさん更紗展inNagoya

甲府のケチャさん(クリック)の
名古屋、鶴舞の結緋さんで展示会、5月18~20日
と言う情報ゲットしたので(クリック)
今日行ってきました。
今日しか時間が取れなかったからですけど。

午前には丸栄の文字通り閉店セール
(昨日行けなかったので、欲しいものは売り切れでした)

さて、鶴舞中央線の高架下にスタジオ結緋さんがありました。
広いスタジオの一角に・・・
思ったより狭いと思ったのですが・・・
c0021551_21075777.jpg
見始めるとなかなかの品揃えです。

手前の台は着物用のイカット(絣地)や帯など
c0021551_20471971.jpg
広げて見るとまた印象が変わりますね
c0021551_20471622.jpg
右の布はチレボンという産地に特徴的な
メガムンドゥン(雨雲)柄に重ねて白鳥と花が染められたバティックです。
左は銘仙にも似た光沢のあるイカット(絣模様)

向こうの台には帯や洋服用のバティック(ろうけつ染め)など
そして一番窓際は
c0021551_20472478.jpg
小さな布が色々あってお値段お手頃・・・
と思ったら、コレは足袋用ですって。
いいですね~☆

手描きの選び抜かれたステキなバティックが
”適正価格”・・たしかに、そう言われるとそうですね。
そして、着物用のイカット地は用尺があるので、
確かにちゃんとした木綿の着物くらいのお値段だったかな。
とりあえず、衝動買いするお値段では無いので
あまり真面目に見なかった(^_^;)ですが、
探している人にとっては比較的買いやすいお値段かも。

さて、このあとWAMOさんで昼食にしようと思っていたら
ケチャさんはWAMOさんとお友達だそうで♪~
よろしく~、と言われました。

で、WAMOさんでの昼食は
c0021551_21144352.jpg
昨晩、生ハーブから作って煮込んであったという
骨付き鶏さん
本当はコレを唐揚げにするのだそうですが、
煮込んだだけをいただきました。
味がしっかり染みてほろほろに柔らかくなっている鶏さん
とっても美味しかったです☆

そして、せっかくケチャさんに行くんだからと
選んだ服は
c0021551_21180494.jpg
前回WAMOさんから連れ帰ったバティック(クリック)を
腰に二回りして端同士を結びました。
前がひらひら~
あら、いい感じ☆
ただし、2回も巻き付けているので足裁き悪~(T_T)
歩けぇへん。
家に帰ってからちょっと研究しました。
巻き始めの端が足の動きを邪魔しない様にすれば、いいかも。

あ、イイページを見つけました。(クリック)
巻き始めを足の横にして、
途中でタックを取って、最後は体の前で終わる様にすると
いい感じで足裁きもいいようです。

2回体に巻いて結ぶ分が残れば、
楽にスカートにできます。
さっそく輪に縫ってたあった他のものをほどきました。(^_^)v

[PR]
# by yamamotoyk | 2018-05-18 21:33 | 外出 | Comments(0)

浴衣地?

さて、先日、栄で見つけちゃったもののお話。
○屋大丸さんのショーケースの中ですけど・・・・
c0021551_21220346.jpg
あらキレイ♪~
c0021551_21243655.jpg
絽ですね、夏の着物?
若い人にいいですね。

あら?お値段・・・一桁少ないような・・・・
いつもの宝箱ではない、ショーケースの中ですよね。

コレ何ですか?
あ、木綿ですよ。

はぁ~木綿の絽ですか・・・
あぁ、浴衣地ですね。

色違い、柄違いを見てもらいましたけど、
もう一桁多いしゃれたワタシ向きの浴衣地はありましたけど・・・
それは衝動買いする値段ではないし
べつに今探していませんし。

水通しして縫いあがると、
ごく普通の浴衣になるかもしれないけど、
軽く糊付けすればしゃきっとしますよ、とのこと。
もし、ワタシが縫えば
ちょっとステキなTシャツ並のお値段だし、
ポリよりは涼しそうだし、
お嫁ちゃんに買ってあげよう~っと☆
お定まりの衝動買い(^_^;)ゞ 顛末記でした。

帰ってからお嫁ちゃんに見てもらうと
気に入ってくれた様なのでホッ!
ところで糊付けって・・・・続く(そのうち)

[PR]
# by yamamotoyk | 2018-05-17 22:03 | 和装製作 | Comments(0)

会津木綿(古い柄?)

昨日から晴天続きで比較的暑くなる予報。
とは言え、昨日はさしたることはありませんでした。
今日はやや湿度が高い感じです。
前回断念した白のサマーウールにしようかと思いましたが、
今日予定していた柿色のうそつき襦袢は
透けて色が目立ちます。

そこで、色が濃くて、やや涼しいものを探して
c0021551_22195576.jpg
会津木綿にしました。
しっかりした生地で、あまり皺が目立ちません。
バティック布の帯を合わせました。
こぢんまり引き抜きお太鼓結びです。

やや蒸し暑い気候でしたが
まだまだ大丈夫。
でも、暑くなったり戻ったりしながらも
次第にむしむしする季節になっていきますね。

あ、薄手の浜松木綿がしわしわです。
スプレー糊でもかけてアイロンかけておかねば・・・
もう少し暑い日に着られる準備が必要ですね。
でないと、同じ着物ばかり着ることになってしまいますね。

今日のお稽古では、
急に発表会の話になりました。
11月に文化センターの発表会が
松坂屋ホールであるそうですし、
同じく11月に名古屋長唄大会がありますが、
今のメンバーは皆、それぞれ個人的な理由で、
あまり出られそうにもないので、
多分どちらにも出ないと思います。

とりあえず、2月の新年の弾き初めに向けて
五郎と越後獅子を頑張ることになります。
昨年まで発表会続きで忙しかったので
ちょうどいいペースではないかと思います。

[PR]
# by yamamotoyk | 2018-05-16 22:44 | 着物 | Comments(0)