歳時記

晴れるとぽかぽか陽気です。
庭のネコヤナギも一段と硬いコートを脱ぎ捨てた花が増えます。
でも、根本の方に穂を出した花が多いので、切り花にできない・・・
c0021551_16271879.jpg

はい、帽子を脱ぎますよ~ はい、日だまりの猫、一丁上がり
c0021551_16282463.jpg



だぁれ?しだれ紅梅の蕾を食べるのは・・・、
チビの紅梅はこんなきれいな花を咲かせたのにc0021551_16293623.jpgc0021551_16303321.jpg
[PR]
# by yamamotoyk | 2006-02-25 16:30 | 園芸 | Comments(0)

端切れでスカーフ

友人が着物の端切れをパッチワークにして、
変わったスカーフの作り方を教えてくれました。
作って欲しいというので、作りました。
c0021551_19415677.jpg

こんな風に曲がったスカーフなんです。
首に巻くとこんな感じで、広いところがアクセントになります。
c0021551_1957193.jpg

長い部分がもう少しだけ長い方が良いかな。
↑は長い残り切れ(トロピカル・・・の残りぎれ)ですが、

小さい布を集めて作ったのが↓
c0021551_19595495.jpg

                 裏がこちら↓
c0021551_2001294.jpg

着物の布は腰があって、とても良い感じにふわっとなります。
[PR]
# by yamamotoyk | 2006-02-23 20:02 | 手芸 | Comments(5)

またまた襲ねの色目

今日は三味線のお稽古日。
三味線の日だか、着物の日だか・・・・とは言わずに
良い口実ということで・・・・
c0021551_17234320.jpg
本日の襲ねの色目は、
万筋単衣の紬に
“トロピカルうまこさん”

トロピカル・・・の反物を買った
お店のお姉さんと
三味線の先生に無理矢理
褒めてもらったけど・・・

こうしてみると、色が強すぎて
浮いている・・・
評判がイマイチなのも納得

もう少し濃い色の柔らか物の方が、
合わせやすい様ですね。

今日の夕方はこの恰好で
ちょうど良い季候でした。春ですねぇ~
[PR]
# by yamamotoyk | 2006-02-22 17:34 | 着物 | Comments(2)

歳時記

今日は春の暖かさ。
昨日の雨で、寂しかったお庭にも春が来ているかしら?
c0021551_21361044.jpgc0021551_21354693.jpg

あぁ、やっと白梅(冬至梅)が咲きました。半開きのままずいぶんかかりました。
隣の紅梅の蕾ははまだ完全には開いていません。
根本にはスミレが開いています。ここは庭一番の陽当たりです。

天気予報は雨が多くなってきました。
これからは一雨ごとに春が近づき、つぼみがふくらんでいくことでしょう。
[PR]
# by yamamotoyk | 2006-02-21 21:55 | 園芸 | Comments(0)

ヨーグルトポムポムⅡ

さて、本日また、ヨーグルトポムポムの研究です。
今日はリンゴを2個入れることとし、
半分ずつ、違う方法で焼きました。

半分にはバニラエッセンスを入れ、さらに重曹を入れました。
残り半分にはシナモンを入れそのまま焼きました。

ただし、容器は前回と同じくらいの面積なので半分にした分
高さは半分くらいになります。
c0021551_22271717.jpgc0021551_22275031.jpg

重曹を入れた方はふわふわとふくらみ、
早くから焼き色が付いてきたので、焦げることを警戒し、
アルミホイルで、カバーしました。
重曹なしの方は前回と同じような感じです。
焼き始めて30分ほどで重曹なしの方もおいしそうな色になったので、
火を止めました。

実は今回はさらに蜂蜜を入れたので、ずいぶん甘くなりました。
おまけにオリーブ油を使ったので、
なんだか家の中がオリーブ油臭くって、変な感じです。
ケーキにオリーブ油はちょっと合わない感じですね。

さて、ふわふわの方はふわふわ卵焼きみたいな感じです。
息子はふわふわの方がおいしいと言います。
堅い方は特に前と変わりなし。う~んこちらの方が特長ありますね。
シナモンとバニラの違いはあまりわかりません。(量の問題か?)
リンゴは多い方がいいようです。

さて、この食感の特長を生かすのは堅い方です。
200℃は我が家のオーブンにはちょっと高すぎるかもしれません。
次回は180℃40分でいこうかと思います。
[PR]
# by yamamotoyk | 2006-02-20 22:49 | 食べ物 | Comments(0)

二枚襲ね(かさね)に自転車袴

さて、毎月18日は天下に名をとどろかせる(何をおおげさな)大須の骨董市
例のオーストラリアのイギリス人夫妻は骨董大好きさんだそうな。
骨董市での掘り出し物には朝早いのが一番と教えた手前、
夫が案内し、私が同行することに・・・(はい喜んで・・・私は着物を探そう)
18日は寒いとの予報。なので、いつものマントにさらに着物は2枚重ね。
ウールの単衣に紬の単衣を重ねて着てみました。
c0021551_2194837.jpg

堅い着物同士なので、袖がちょっとごわごわかな。
サイズのそろった着物2枚なので、ちょっと重い以外は大丈夫。
でも、着ているうちに内側の着物が少しはみだしてきました。
12単衣のようですね。これはしょうがないのかも。
c0021551_21114356.jpg

それにしてもこの日の大須は寒かった。2枚襲ね+マントで正解かも。

そして今日は長唄大会の鑑賞です。会場は家から微妙な距離。
昼食は一旦家に帰りたいし、時間も惜しいし。と言うわけで、自転車で行くことに。
縮緬の着物で自転車は(いくら古着でも)汚れるのでいや。
そこで久しぶりに自転車袴の登場です。
かなりかっこう悪いスタイルですが、
マントを着るこの季節はあまり気にならないかも・・・
c0021551_21192396.jpg

オリジナルに加えて袴のまたした部分をちょっと追加で縫ったので、
もう着物もはみ出さないし、あ、でも、追加は手縫いなのでほどけてきています。
早急にミシンで縫わなくちゃ・・・
これは、ちょっとした物陰ですばやく脱着できる優れものです。
え、なに?馬に乗る山内一豊の妻・千代みたいですって?
うっふっふ、さもありなん(何をたわけたことを申しておる!)ははーっ m(_ _)mご無礼
[PR]
# by yamamotoyk | 2006-02-19 21:46 | 着物 | Comments(4)

ケーキの感想

さて、夫の職場関係のオーストラリア在住のイギリス人夫妻を夕食に招待しました。
メニューは牡蠣入りアンコウ鍋。
付けだれはゴマとピーナッツペーストをめんつゆで割った物、ユズも少し入れて。
薬味のネギとしそ、そしてユズコショーが効きました。
最後はもちろん雑炊。好評でした。

で、デザートは昨日のヨーグルトポムポム。
これは日本のお菓子ですか?というのが感想。
甘さ控えめで羊羹のような感触がそう感じさせたのでしょうね。
なので、作り方を説明すると、なるほど、日本の物ではないのね、ということでした。

いえ、それだけのことですけどね。
それにしても、イギリス語はわからない。(米語も最近はまるでダメだが)
かなり、とんちんかんな会話を交わしていた気がする。
愛嬌愛嬌、笑顔でカバー。
[PR]
# by yamamotoyk | 2006-02-18 23:14 | 食べ物 | Comments(4)

ヨーグルトポムポム

面白い名前のお菓子の作り方を教えてもらいました。
ポムはpommeでフランス語でリンゴのことのようですが、
どのような経歴のお菓子かよくわかりません。
ネットでも、同じお菓子が出ていました。

とにかく、作り方は簡単。
小麦粉1カップ、砂糖1カップ、ヨーグルト1カップ、ベーキングパウダー小さじ1~2
卵2個、サラダ油1/2カップ、リンゴ1~2こ(小さく薄切りにする)
これを全部よく混ぜて、型に入れて200℃30~40分オーブンで焼く。
というもの。

ベーキングパウダーは無くても良いらしいので、使わなかった。
ネットでは薄切りリンゴをきれいに並べて上から、
生地を流し入れる、というのもあるし、
なんだか、羊羹みたいになっちゃいました・・・という書き込みもあった。

でも、ネット見る前に作り始めたし(というか焼いている間に見た)
結構厚みのある容器で焼いたので、
40分では不足で、延長した。

できた物は、おいしそう~♪ ちょっと抽象絵画みたい。
c0021551_2240333.jpg

柔らかいので、さましてから、切ると、断面は
c0021551_224162.jpg

確かに西洋羊羹という感じ。黒いのはドライ黒イチジク。
甘さはかなり控えめ。カスタードクリームが固まったという感じかな。
チーズ抜きのチーズケーキという感じかも。

広くて薄目の型に生地を流し込んでスライスリンゴを美しく並べると、
ちょっとアップルタルト風になるのかも。
そのときはリンゴ多めがいいのだろうか。

ヨーグルトの水切り具合、リンゴの量と乾燥具合、
生地の厚さなどの要素により、
ずいぶん違った感じのお菓子になるような気がする。
[PR]
# by yamamotoyk | 2006-02-17 22:57 | 食べ物 | Comments(14)

脇縫い

今日は時間があったけど、あまり和裁は進まなかった。
袖口、背縫いの縫い代をくけた。
次に脇を縫って、端の始末をしようとしたが、繰りこし上げがないせいか、
どうしてもうまくいかない。これが教科書。
c0021551_21364541.jpg

仕方がないので、自分のウールの着物を出してきて、
まねをすることにした。
c0021551_21382996.jpg

縫い代を一緒に前に倒せないので、左右に開いた。
しかし洋裁と違い、単純に開かず、5mmのきせをかけて開いてある。
縫い目を保護する工夫であろうか。
あくまで、素材を大切にする工夫である。
[PR]
# by yamamotoyk | 2006-02-17 21:49 | 家事 | Comments(2)

訃報

シューズデザイナーと言うより素敵な着物先輩とも言うべき
高田喜佐さんが亡くなられたそうです。

つい最近も教育テレビの「おしゃれ工房」に「着物の着こなし私流」というタイトルで、
出演されていたのに・・・・
とても残念です。

ご冥福をお祈りします。     合掌
[PR]
# by yamamotoyk | 2006-02-17 14:12 | 着物 | Comments(2)