芸協まつりin名古屋

大須演芸場で落語を聞いてきました。
毎年この時期に芸協の公演があるそうです。
こちらです。
チラシには平成17年度文化庁芸術祭協賛といかめしく書いてあります。
その割には街中でもポスター見ないし・・・

5時半開演で8時50分まで3時間半もありました。
半日楽しめる感じです(でも、夜だったのでちょっと疲れた・・・)
若手の前座に始まって、
落語あり、漫才あり、曲芸あり、講談あり、余興の踊りあり。
笑ったり、へぇ~と感心したり、拍手するのも案外難しい。
曲芸はおぉ~と言ったきり、拍手するのを忘れて・・・・
いえ実は、拍手すると落っことすんじゃないかと怖かったりして・・・
こういう生の舞台は、えぇ、面白がってますよ、と観客も見せるという意味で
双方向エンタテイメントなんですよね。観客も演技者なんですよね。
だから真剣に見なくちゃいけない。ちょっと疲れるかも・・・。
どうもテレビでぼんやり見ているというのに慣れてしまっていて、いけないね。

でも、さすが真打の落語は引き込まれますね。
ここでひとつ覚えたのは寄席で流れている三味線音楽。
出囃子ですか、落語家さんによって、曲が決まっているんですね。
ああいうにぎやかな曲が弾けるといいだろうな。
[PR]
# by yamamotoyk | 2005-09-16 08:54 | 外出 | Comments(0)

万博の予定変更

あら、大変。9月21日の水曜日。
万博のお祭り広場での三味線発表、
10時からに変更となりました。
でもって、最後の方で観客の皆さんに三味線にさわってみませんか?
というデモがあるんだそうで。

早い時間で、申し訳ありません m(_ _)m
[PR]
# by yamamotoyk | 2005-09-14 22:12 | 三味線 | Comments(2)

保多織りシーツ

保多織りというのをご存じでしょうか。
手織りの木綿ででこぼこザラザラした感触がとてもいい布です。
デパートの催事で一度ジャケットを買ったので、毎年案内状が来る。
今年も来た。案外高価なので、良いなと思ってもイマイチ手が出ない。
本当は浴衣か着物が欲しいんだが、またいずれ。
今年はでも、何か買いたい虫が騒いだので、シーツを買った。

ただし、我が家はベッドなので、ボックス型のシーツを使っている。
保多織りには平シーツしかなかったし、
あったとしても、高くて買う気にならなかったであろう。
保多織りの平シーツと、上等のボックスシーツが同じくらいの値段なのだから。

しかしボックスシーツを自分で縫う気にはならない。
大きいから、大変だし、うまくできない可能性がある。
そうだ!いいことがある。
古くなってすれてきたシーツの上の面に新しい平シーツを縫いつければ良いんだ
c0021551_1915244.jpg


という訳で、すり減ってきたシーツをベッドに掛けて
保多織りシーツをその上にのせ、
しつけ糸で横を縫ってからはずして、ミシンをかけた。
こりゃ簡単でいいや。保多織りの感触も充分楽しめるし、
感触と関係のない側面の分は買わずに済んだし。
[PR]
# by yamamotoyk | 2005-09-12 19:21 | 手芸 | Comments(3)

秋のショルダー

今朝は涼しい(室温29℃♪)久しぶりによく晴れるそうな。
このところ何となく雨っぽい日が多くて、洗えなかった小千谷縮みを洗おう。
さすがに9月も中旬になったので、もう麻でも無かろう。
これからしばらくは木綿かな。

バッグも麻では似合わない日が来るだろう。
しかし、財布とケイタイ、小さなタオルハンカチとせいぜいカメラ。
その程度はいるバッグがない。
他に荷物がある時は、特に、貴重品だけはいる小さなバッグが便利である。

そこで。手持ちの巾着の中から、適当なものに紐を付けることにした。
使わない帯締めは・・・・っと。
ちょうど良い色で幅が広すぎて結局使わないのがあった。
c0021551_141452100.jpg

夏のはちょっと紐が長すぎて、腰の下あたりにバッグが来るので、
短くしたら、おへそより上になってしまった。ま、邪魔じゃなくていいか。
房がかわいいでしょ。

安い帯締めを見つけるとつい買ってしまうのだけど、
それも時には役に立つことがあるということで・・・
汚れてしまったり、どうも着物に似合わないという帯締めの使い道にどうぞ。
[PR]
# by yamamotoyk | 2005-09-12 14:27 | 手芸 | Comments(4)

イカの塩辛

c0021551_2175644.jpg新聞だったかに載っていた
失敗しないイカの塩辛作りまねて
作ってみました。

そのコツは、新鮮なイカのワタを壊さないように取り出し、
塩をまぶして保存し、
毎日出てきた水を捨てると言うもの。

今日で一週間たったので、
切り開き中身をとりだし、つぶします。
その間、皮を剥いて冷凍保存しておいた身の方を細切りにしてつぶしたワタで和えます。

即できあがり♪
たしかに生臭くなく大成功でした。
[PR]
# by yamamotoyk | 2005-09-10 21:12 | 食べ物 | Comments(6)

映画・山中常磐

つきあいで映画の切符を買った。
ウイルあいちでの国際女性映画祭とやら。
山中常磐というのが面白そうだったので、今日行った。

いやぁこれは、よかったです。得しちゃった感じ。
監督の舞台トーク、解説まであったし。

これは江戸初期の岩佐又兵衛作の絵巻物「山中常磐物語」12巻を撮影し、
バックに浄瑠璃を付けて解説としたものです。
浄瑠璃の文句は絵巻物に書いてある文章で曲は新たに作曲した物。
監督の羽田澄子氏の40年にわたる
思いの詰まった絵巻物の映画化というだけあって、
絵巻の内容だけでなく、
絵巻の作者岩佐又兵衛が絵巻を作るに至った思いも同時に表現している。

物語は常磐御前が牛若丸を探しに奥州へ行く途中
関ヶ原近くの山中の宿で、盗賊に殺され、
それを知った牛若丸が、その盗賊を討ち果たし、
仇討ちを助けた宿の主人に恩賞を賜るというもの。

絵巻物は大切に保管されてあったために
400年という年月を感じさせない保存状態の良さ。実物はMOA美術館所蔵。
もっとも取り扱いには大変な苦労があったようだが。

将軍家のご用絵師となった岩佐又兵衛の作で、
彼の思いが詰まった絵巻物と詞書きに曲を付けた浄瑠璃を合わせて聞く。
なんという贅沢。絵もすばらしいし、
たとえ、全巻公開されている絵巻であったとしても
(実際そのような物はまず無いと思うし、この絵巻も残酷な場面は非公開)
詞書きを読むことができない(つづけ文字が読めないし・・・)
それがそれが三味線の浄瑠璃まで付いて・・・
と言っても、実際はまともに言葉は聞き取れないのであるが、
なんと英語訳が字幕になっているのです。(^^;)
羽田監督も迷ったそうなんですけど・・・簡単な日本語訳にするか、
詞書きをそのまま書くか・・・書いてもわかんないだろうし・・・・って。
で、とりあえず英語にしたって・・・
で、なかなかリアルに残酷なので12歳以下禁止になっている。
18禁、あるいは成人指定にならなかったので監督は感心したそうな。
今日からポレポレ東中野で一般公開だそうである。

ただ、絵画と音楽(今回は絵巻物と浄瑠璃)に興味のない人は
これが映画?と思うかもしれない。
これは映画というより映画の手法を使った
美術鑑賞の新しい(そして贅沢な)手段だと思う。

絵巻物は一般庶民の物でなかったために
案外すばらしい物が人知れずあるらしい。
そして、知られていても、パッと見て終わる訳にいかないので、
十分に鑑賞できない。
これからこのような絵巻物鑑賞の映画ができていくとうれしいなぁ・・・
その絵巻物の時代に合わせた音楽と語り付きで。
[PR]
# by yamamotoyk | 2005-09-10 19:41 | 三味線 | Comments(4)

タイ・グリーンカレー

BLOGの更新に時間を忘れていると・・・
おや、いけない。みんなが帰ってくる時間になってしまう。
慌てて、やめて、冷蔵庫を覗くと、すぐ使える肉は挽肉だけ。
マーボー豆腐かミートボールスパゲッティーか。ハンバーグは時間がかかりすぎる。
野菜の挽肉そぼろあんかけも、大根とか、里芋など適当な野菜がない。
それに、何か変わったものが食べたいな。
c0021551_18185571.jpg
棚を探すと、
いつか食べてみようと買っておいた
グリーンカレーの元がある。
よし、これに挑戦だ!
インスタントの文字がうれしい。
ココナッツパウダー入りと
書いてあるから、
ココナッツミルクを探す必要もない。

c0021551_18221278.jpg
というわけで
冷蔵庫の野菜を
色々入れて
中華鍋で
作りました。
使った野菜は
にんじん、なす、
セロリー、ゴーヤー、
甘長ピーマン、
ぶなシメジ、
庭のバジルの葉っぱ

ミートボールは挽肉をただ丸めて、煮立ったところに入れただけ。
野菜もたっぷりなので、一皿料理。
あまり皆を待たせることもなく、すぐできました。
ココナッツ入りなので、あまり緑色には見えませんが、
十分辛くて、ほんのり甘い。満足!
挽肉料理のレパートリーがもう一つできました。
と言っても、本当はカレーの元と肉と野菜を入れる、と書いてあるだけなんだけど。
[PR]
# by yamamotoyk | 2005-09-09 18:39 | 食べ物 | Comments(0)

三味線

万博デビューステージは
9月21日(水)午前11時から愛知お祭り広場ステージと決まりました。
教室の生徒は5人参加。
あと先生やら上手な助っ人やらで、総勢20人だそうです。(ちょっと安心?)

テーマはとりあえず環境と自然(だったかな?)で、曲は
さくらさくら、佃から一部(さざ波をイメージ?)
都鳥の前弾き(水鳥をイメージ?)、四丁目(しちょうめと読みます、お祭り曲)です。

さて、万博の曲も、今やっている時雨西行も練習していますが、
気が付いたことがあります。
それはにがて部分の難しいところですが、
なんか聞いたことがあるなという感じなんです。
だいたい長唄(他の三味線曲も多分)は、
似たようなフレーズがあちこちに出現するのです。
著作権なんてなかった時代のものですから。

で、それは昔好きだったテレビの人形劇、孫悟空。
昭和52年の飛べ!孫悟空ではありません。
もっと昔の。知ってる人いるだろうか・・・テーマ曲のパンフレットです。
c0021551_19533465.jpg

いつの時代か記憶が定かではないが、パンフレットを見ると
鉄人28号とかペリーメイスンが、同じ日立の提供と書いてあります。
1960年頃かなぁ・・・

その中の孫悟空のテーマの始めの部分が、
今苦労している部分と、と~っても似ているのです。
もっともミ・ド・シ・♭シ・ソ・♯ファ・ファ・ミ・♭ミ・ド・♭ミ・ド・♭ミ
(石からうまれたお猿の子)
という部分のミとドは長唄では1オクターブ以上飛んで、ミ~ッドドて感じですが・・・
リズムももっと強調されてて、上から少しずつず~っと下がってくるんですが
雰囲気が似てるんですよ。絶対これは長唄のフレーズからもらったんだ!
[PR]
# by yamamotoyk | 2005-09-08 20:00 | 三味線 | Comments(2)

正座椅子

やっと正座椅子をHPにアップすることができた。
c0021551_2055738.jpg


作り方を教えて欲しいという人がいたので、まとめることができたという訳。
Blogは気軽に書けちゃうので
もとのHPにまとめるのが遅くなってしまう。
まだ、まとめなければいけないのがいくつかあるのだが・・・
[PR]
# by yamamotoyk | 2005-09-07 20:06 | 手芸 | Comments(4)

モリゾー柳

台風14号がカトリーナ並みのサイズで九州に近づいています。
今は台風情報によると、薩摩半島のすぐ西の海上を北上しているそうです。
昨日の名古屋は時々雨が降っていましたが、
今日は朝から薄日が差しています。
時々気まぐれに強い風が吹きます。
洗濯物はまだ外に干してありますが、昼には仕事で出かけるので、
取り込んで、洗濯竿もおろさねば。
庭の柳はずいぶん枝を伸ばして、今や我が家のモリゾーになっている。
でも写真にするとキッコロみたいだなぁ。
c0021551_10261959.jpg
10時の時点で、まだこんな程度の風です。
[PR]
# by yamamotoyk | 2005-09-06 10:32 | 園芸 | Comments(2)