タグ:お稽古 ( 207 ) タグの人気記事

菊尽くし

秋らしい物をなにか・・・
あ、昨日付けた半襟、菊柄でしたね。
では帯も菊で・・・
c0021551_18553441.jpg
グレーのシルクウールに
母の羽織で作った菊柄の縮緬帯を合わせました。
ちょっと小寒い感じだったので
これも菊唐草の羽織とスヌードショールで・・・

角出しをきれいに結ぶにはやや短いこの帯、
いえ、一度長くしたんですけど、まだちょっと短めでした。
せっかくなのでもう少し長くしたいです。
また宿題です。

ところで半襟はうまく柄が出ているかしら?
c0021551_18554898.jpg
片身替わりのような感じの半襟になりましたね。
菊のつもりが流水の方が目立っていますね。

全体の色数が少ないので、虹色の帯留めをしてみました。
古い陶製ブローチです。金具を付け替えたのですが、
程良い色の帯締めがなかったので色のあせた黒(羊羹色)のにしましたが、
濃い紫の帯締めだったらよかったかしら?

それにしても、襟をたくさん抜くようになったせいか、
はたまた、幾たびかのクリーニングで丈が縮んだか
お端折りがぎりぎりになっています。
私の身長は低くなっているハズなんですけどね・・・・
よく働いてくれた着物なんですね。

さて、お稽古では、いよいよ中日劇場での発表会が近づいています。
29日土曜日午後1時半くらいからになります。
もしお時間の許す方がいらっしゃれば、
どうぞ見に来てやってください m(_ _)m
チケットは忘れたと言っていただければ、入れると思います。

[PR]
by yamamotoyk | 2014-11-12 19:08 | 着物 | Comments(0)

えんじウールに洋唐草カーテン帯

すっかり本格的な袷の季節・・・いえいえ、やや寒いくらい。
ま、私はウールばっかりなので、フツーにウールですが・・・
今日は何を・・と思うまもなく雨が・・・・雨!え?
慌てて洗濯物を取り込み・・・
何を着ましょうか・・・
極フツーのウールに、帯は?それにしても何もイベントの思いつかない日です。

というわけで、
一番フツー、と言うか、一番昔からよく着ているウールに
あまり合わせたことのない帯を合わせてみました。
ちょっと洋風な感じでまとめてみましょう。
イギリス製の木綿のカーテン生地で、
最初短く作ったので、仕立て直して長くして、
洋唐草カーテン帯と命名した帯です。

あまり着物っぽくない感じでまとめたかったので
半襟を黒白チェックのトランプ柄にしました。
でも、半襟、あまり合っていない気がします(^^;)

このところ、いつも後ろ姿がゆがんでいるのが気になっていました。
背中のシワが左右対称になっていないんです。
帯を回す時に着物も回っちゃうのかと・・・
でも、背中心が左に寄っているのを発見。
衿を合わせる時に左右差ができているようです(T_T)
右の衿を少しだけ引っ張り気味にすべき所
それがうまくできていないらしいです。
やってるつもりなんですけどね。
今日はそこから直して、やっと後ろ姿が左右対称になりました。
これからもう少し気をつけて合わせてみようと思います。

[PR]
by yamamotoyk | 2014-11-05 18:44 | 着物 | Comments(2)

万筋胴抜きポリ

雨です。
ポリにしましょう。
でも、暑そうなので、例の胴抜きポリを試してみましょうか。

そういえば、先日、りのりのさんの作品展で見た(クリック
写真には写ってませんけど、シックなバッグが気になっています。
ざっくりした茶色の布で作られたタックを取った横長のバッグ。
真ん中にボタンなどを組み合わせたステキな飾りが付いています。

そういえば、
昔デパートで買ったアフリカ(?)布の貼り付け帯が、
ちょっと似た感じの布でできていますね。
胴抜きポリはグレーの万筋(雨の法事用)なので、
これに合わせれば、都会的でシックな雰囲気になるでしょうか?

というわけで・・・さっそくトライ
c0021551_21261132.jpg
テーブルセンターのような細長い布で
切りたくなかったので、(帯に短し・・・)
帆布に縫い付けて短い帯になったので、
やや苦労して、ちょっとだけ角出しに結びました。

シックにまとめたかったので
c0021551_21320079.jpg
昔、友人からお餞別として頂いた道明の帯締め
ステキな小豆色とピンクです。
帯揚げも微妙な色合いの端布

ちらちら見える八掛けの青がいいねぇ~、と友人に言われました。
案外目立つようですね。

麻の長襦袢に付けたままになっていたツタの半襟(クリック
を合わせたかったので、必然的に長襦袢は麻。
でも、建物内には熱気が残っていたので
胴抜きでもずいぶん蒸し暑かったです。
雨用と言うことなので仕方がないですね。

[PR]
by yamamotoyk | 2014-10-22 22:01 | 着物 | Comments(4)

秋の葛の葉帯と太縞伊勢木綿

昨日から急にぐっと気温が下がってきました。
大ばあちゃん自分で長袖のTシャツ見つけ出して着ていた。(^o^)ビックリ

というわけで、これだけ涼しく(寒く)なれば、
コレを着ても暑くはないだろう・・・・
というわけで・・・・
c0021551_17135812.jpg
ふっとい縞の伊勢木綿です。
木綿の単衣なので、いつももっと暑い時期に着て、
あっつぅ~・・と言っているので、
今年は今日まで待っていました。

帯はごつい既製品の喪服帯に
見える所だけ縮緬の端布を縫い付けてあります。
黄色くなった葛の葉(クリック)

伊勢木綿は太い縞がキョーレツ過ぎて
なかなか合う帯が見つけられません。
しかも着物の印象が強すぎて
一度着るとしばらくは、満腹感が続きますが、
後ろの縞の具合は案外良いですね。

この後ろ姿の縞が印象的だったのでしょうか、
むか~し、よく遊んでいただいた着物仲間さんから、
声を掛けていただきました。
懐かしくて、とても嬉しかったです☆
どうもありがとうございました。m(_ _)m

天気予報を見ると雨が降るかも・・・
と言うことだったので、
c0021551_17332513.jpg
咄嗟に2枚歯下駄を履いて出ましたが、
よく見れば前坪が赤いですよ・・・
本当に降ったら足袋が赤くなること必至

2枚歯の下駄はなかなか履き慣れず、
しかも歯にゴムが張ってなかったので
ステキな鼻緒をすげたにもかかわらず、十数年履いてなくて
これではマズイと、歯の底にゴムを張ったのですが、
よく見れば鼻緒が古くなってボロボロしています(>_<)
えっえ~ いやぁ~ん
底ゴムはかなり丈夫で長持ちしそうなので
頑張って履かないと・・・
ゴムを張ったので地下鉄の階段でも大丈夫(慌てなければ・・)
しばらくこれを履きます?

[PR]
by yamamotoyk | 2014-10-15 17:40 | 着物 | Comments(4)

満月で皆既月食だから・・・

今日は皆既月食が見られると盛んにテレビが言っています。
お天気もまずまずだから・・・・

ということはつまり満月ですね。
ということはまだ着ていないのを着なくちゃならないわねぇ~
でも、ぢつは浴衣だし・・・でも、厚手だし・・・
ちょっと着てみて、イマイチだったら、別の月星帯にすればいいから、とりあえず・・・
c0021551_17281566.jpg
月にススキの浴衣着物と
餅つき兎さんです。
ずいぶん涼しくなってきたので、黒い絽の羽織を羽織っていきましたけど、
帰りは暑かったので、羽織らないで帰ってきました(^^;)

この帯は引き抜き用になっていないので、
なんちゃって角出し。
でもぺちゃんこで、カッコ悪~
フツーのお太鼓にすればよかった(^^;)

長襦袢は半襟と衣紋抜き布を付け替えた麻長襦袢の試着
ま、コレなら、大丈夫そうです。
半襟はずっと以前、伊勢型紙で描いたツタと実(クリック)
これはヤマブドウかもしれないし、エビヅルかもしれないけれど
当時は知識がなかったので、
実を赤く塗ってしまった。

もっとも帯の方は実を青く塗ったので
ヤマブドウと言えそうです。(クリック

さて、あともう少しすれば、月食の開始です。
見えるかしら?

[PR]
by yamamotoyk | 2014-10-08 17:57 | 着物 | Comments(4)

伝統工芸展へ

今日から、名古屋三越で伝統工芸展が始まります。
刺繍のまぜごはんさんからお知らせがあり、
今年は入選して作品が展示されているとか。
これは行かねば!

とうわけで、もう10月ですからね、ちょっとは秋らしい着物で・・・
c0021551_18322195.jpg
とは言え、まだまだ昼間は暑いので
薄手のシルクウールで・・・・
帯は、色と出番の少なさを考え、
お太鼓に怪鳥のいるバティックです。
帯揚げは涼しげな薄緑、帯揚げはパキッと芥子色
でも、こうして見ると地味ですねぇ~


c0021551_18341726.jpg
帯の前にはうまい具合にお花が来ました☆

う~ん、でもやっぱりこの組み合わせ・・・・
イマイチ
帯はもう少し明るい方が気分良いです。

伝統工芸展、
まぜごはんさんの刺繍の着物は
大きな直線的な模様の刺繍着物で、(クリック)
近くに寄って眼を凝らすと・・・ものすごく細かい縫いなんですね。
すご~い!
入選おめでとうございました!

次に漆芸のコーナーを見ると・・・
あらら?いつもの高校同級生の無いですよ・・・なぜ?
奥様のはあります。
今年は奥さまだけ?どうしたのかしら?
でも、伝統工芸展のHP(クリック)を見るとちゃんと出てますよ。
見落とし?
事前に調べてから行けば良かった。どこにあったのかしら?

この後、お昼を食べて、お稽古ですが、
なんだか朝からデパートに来て歩き回ったら
疲れちゃいました・・・ダメですねぇ~

[PR]
by yamamotoyk | 2014-10-01 19:10 | 着物 | Comments(6)

夏久留米青海波

明日にも台風が来るという・・・
9月中に着ようと思っていた最後の着物がコレだったので・・・・
c0021551_16514878.jpg
木綿だし、濡れてもいいか・・・・と
予定通り青海波の夏久留米ですが、
帯は予定変更で
長く仕立て直した木綿のカーテン地で作った
この洋唐草カーテン帯(と命名)にしました。
と言っても結局、本格的に降ってきたので
行きも帰りも雨ケープを着ていったので、
帯を変更する必要は、なかったんですけどね。
c0021551_17005344.jpg
今までこの帯はかなり短かくて、
ちょっと出番が・・・状態でしたが、
うまく形が作れるようになったので、
もう少し活用できると良いなと思っています。

今日のお稽古、
先日のワンコイン体験レッスンにいらしたという方が
見学にいらっしゃって、
入られそうで、嬉しいです。
このところ人数が減っていて心配でしたから。

先生大変ですけど、m(_ _)m
また体験レッスンお願いします!

[PR]
by yamamotoyk | 2014-09-24 17:01 | 着物 | Comments(0)

なんちゃって色無地+インド更紗帯

さぁ、色無地に見えるかな?のシルクウールポーラです。
c0021551_19141681.jpg
昨日慌てて、でも慎重に作ったインド更紗帯を合わせました。
私のモニターでは水色に見えますが、
緑っぽいグレーです。

柔らか物に見えるか栄地下の松屋大◎さんで聞いてみました。
よく見ると硬そうだけど、まぁ、見えるね、
というのがお店のおねえさん方の反応。
お稽古の後のお茶している時にも聞いてみましたが、
単衣物(絹物)を着ていらっしゃるかと思った、
という反応もあって、ほっと一安心。

縫い目のチクチク(糸のしごき不足かも)が気になるのですが、
少し離れれば、いいか・・・と思うことにしよう(^^;)

というわけで、来年単衣時期の本番はコレにほぼ決定☆
着心地は良いです。
洗えるという安心感は、はかりしれません。
膝裏のきつーいシワは気になりますが、
(アイロンかければいいのですが)
どうせ正座してしまうんだから、いいと思うことにしましょう。

帯の色移りは
とりあえず、ありませんでした。
もうそんなに汗かきませんからね。
でも、来年本番前は、止めましょう。
後悔したくないです。
本番前日は横笛紗帯、本番は袋帯で行きましょう。
え?もちろん最初から最後までこの着物の着たきりスズメ☆

[PR]
by yamamotoyk | 2014-09-17 19:22 | 着物 | Comments(2)

暑いけど秋

このところ晴天が続き、朝夕はぐっと涼しいのですが、昼間は暑さが戻っています。
とはいえ、例年のことを思うと全然ですが、
涼しい日が続いていたので、身体が涼しいのに慣れているので、
単衣(絹物)を着る気にはなれませんね。
いえ、薄手木綿すらも着る気にはなれません。

というわけで、やっぱり麻*麻ですが・・・・
さすがに色合いや帯だけは秋っぽく・・・
c0021551_18102491.jpg
白い細縞の黒小千谷縮です。
帯はタイヘンプ帯(クリック)
秋はこのクリック先の青っぽい方より、
裏に縫い付けた、こちらの緑の方が合うような気がします。
帯締め、帯揚げは帯の中の色に合わせ、小豆色。
二部式帯なので、ちょっと緊張します(落っこちないか・・・)
でも、太めのヘンプ(大麻)糸で織られた布は
ざらざらしていて滑らないので、大丈夫でしょう。
胴回りも一重巻ですが、分厚いのとざらざらしているので
比較的安定感と安心感があります。
作り直さなくても、このままでいいか・・・

以前は青っぽい方ばかりしていて
こちらの緑の出番があまりなかったのですが、
最近こちらの方がしっくり来る日が多いのは
ちょっと元気が無くなってきたから?

[PR]
by yamamotoyk | 2014-09-10 18:24 | 着物 | Comments(4)

単衣の季節ですね

9月最初のお稽古です。
朝から良いお天気ですが、やや涼しいので、どうしましょうか。
例年なら、とても暑くて単衣なんか考えることすらできない気候ですが、
今年は?
昼間になるとこんな良いお天気なので、結構暑くなるはずなので、
やはり絹物を着る気にはなれませんが、木綿なら・・・・

しかし、昼近くなるとやはり暑いです。
とは言え、室温は28℃。快適ですね~☆

外は暑いかしら?
ちょっと夏久留米を羽織ってみると、暑いような気がしたので、
やはり、今年まだ着ていなかったコレに♪~
透けないし、縮みでもないので単衣に見えます(と思います)。
c0021551_18120132.jpg
以前ヤフオクで落札した現代物の上布(麻)織り柄です。
買えば相当高価ではないかと思うのですが、
ほどほどのお値段で他に競る人もなくあっさり落札。
現代物は人気が無いのか、そこまで安くないからか、私サイズ(小さめ)だからか・・・

いずれにしても私にとってはかなり大切にしたい着物なので
着る機会がないなら無理には着ないつもりでしたが・・・

やはり涼しいですね。
抜いた襟から風が通りちょっと背中がぞくっとしたくらい・・・
やや曇り空になってきましたからね。

ん、曇り空?
これはマズイです。
慌てて洗濯物を取り込み・・・
下駄下駄・・・・と
c0021551_18551570.jpg
早速、鼻緒をすげ替えた下駄を出してみます。

昨日すげ替えたのは色が濃いし、ちょっとお気に入りなので
雨に降られたくはないのですが・・・・う~ん
黒い着物にはどう見ても左の方がステキ。
天気予報は曇りだし、そこまで怪しい雲行きではないので
ステキな方にしましょう。

と言うことで、さっそく初おろしの鼻緒になりました。
着物も鼻緒もぐっと気分アップですね、
今日のお稽古は大先生だし~♪

ところで、下駄の履き方左右で違いますね。
今、気がつきました。
ぢつは2枚歯の下駄(左)は
足の親指と人差し指つまむようにして履くと
歩きやすいのですが、
右近型の下駄(右)はそうでもないのです。

よく下駄は指の奥まで履かないで、指でつまむのがイイ、
と言われますが、格好イイかどうかは別として
しっかり履かないのは、全然歩きやすくはない、と思っていましたが、
2枚歯は、つまんでいる方が歩きやすいようなんです。

多分、歩く時に2枚歯は、かくっと前のめりになるので
下駄を足の指でつまんで、
なるべく、かくっとならないよう下駄をコントロールしないと
現代の舗装された硬い地面では、ちょっと頭に響くというか。
だから、深く履かないで指でつまむように履くと
気分が良いんですね。

一方、髙右近は、
下駄の爪先を足の指で下に押すようにして下駄を前に倒して
蹴るように力を入れて歩くので
鼻緒で下駄をコントロールする必要がない。
むしろ、指先で下駄を下に押しつけているので、
つまんでいては、力が出せない。
つまり靴のようにして歩いているのかな。
普通の(低い)右近はそれすらもできない→引きずるだけ。

なるほど・・・と勝手に納得しましたが、
どうなんでしょうか・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2014-09-03 19:11 | 着物 | Comments(4)