人気ブログランキング |

タグ:名古屋帯 ( 36 ) タグの人気記事

ポリ楊柳

今日は夕方から
高校同期会の幹事会、食事付き。
案内状の宛名書きを割り振るため
各クラスの幹事2名ずつ集まるのですが、
ま、ほとんどその仕事は一瞬で終わり、
あとはミニ同窓会です。

去年辺りは定年後、今どういう生活をしている、
などという話題が多かったのですが
今年は足腰の筋力が・・・とか、
なんだかやせてきた・・・・とか。
タンパク質をとって筋トレしなきゃ、
とか、認知症の親が・・・・
な~んて、話題だったり、
皆さんお年頃~。

さて、今日はにわか雨が降ったりやや不安定で
やや蒸し暑いお天気。
というわけで、降っても良しであまり透けない、
となると
c0021551_23075197.jpg
そうそうこういう着物がありました。
ポリ楊柳の浴衣です。
とは言え、浴衣としてきたことは1度も無く
いつもこの時期の重宝な着物です。
帯は雨を警戒してポリの夏帯。
でもそんなに透けた感じもなく、
でも角だしに結ぶにはやや無理をして
形がいびつになってしまいました。

麻の襦袢をあわせて、
ちょうど良い気候でした。

by yamamotoyk | 2019-05-31 23:13 | 着物 | Comments(0)

豪華ランチ会へ

お仲間6人で
豪華なランチに行きました。
一度は行ってみたいけど一人では行けない。
でも、みんなで行けば怖くないカモ、的なランチ会です。
なので、色々考えて
c0021551_21534086.jpg
滅多に着ない(10年以上前に着たきり?)袷小紋
これは、お嫁入りに持ってきた白地の小紋を
解いて染め替え仕立て直したものです。
エジプト柄の更紗模様です。
思えば、昔、今日のお仲間の実家の染物屋さんの展示会で
母が買ってくれた物でした。(当初そこまでは考えてなかった)
一応、黒ポリ紗の羽織を羽織って行きました。

では帯は・・・
そう言えば、わらじ(クリック)と一緒にお祭りで買った帯が
月の砂漠でしたね。
まだ買ったままの普通の名古屋帯だったので
久しぶりに悪戦苦闘して
後ろで普通のお太鼓に結びました。

エジプト更紗の着物と月の砂漠帯、
なかなか良い組み合わせと自己満足

この帯、やや短めの感じですが(まだ測ってない)
気軽に結ぶことができるように
引き抜き用に作り替えたいですね。

by yamamotoyk | 2019-04-16 22:28 | 着物 | Comments(0)

舞台も着物も リハ・モード

今日は来週のお弾き初めの、いわばリハーサルです。
お家元以外の先生方が集結
我々はマイ三味線持参です。

マイ三味線持参なのは糸を取り替えていただくためでもあります。
(↑これが面倒で私はいやなんですが・・・)

せっかくなので着物も練習として
柔らか物と硬い帯にしましょうか。
c0021551_21283967.jpg
シルックの江戸小紋(英さん製)
帯は硬い織りの帯ですが名古屋帯です。

しかし、お稽古の部屋は椅子席なので
大変後悔しました。
狭くて体勢が不備で
着物の裾が乱れて困りました。
一つには
マイ三味線には滑り止めが貼ってあるので
膝ゴム不要なのですが、
それで却って着物が滑って困ったのです。
先日の新春邦楽コンサートも椅子でしたが、
三味線に滑り止めが無く膝ゴムを使ったので
着物も固定されて具合が良かったのです。
失敗すると学びますね。

レコーダーを忘れたのも失敗。
さらなる失敗は
先生に糸を取り替えていただいている間に
机の並べ替えがあり、
私の不注意で
象牙のばちが滑り落ち、先が欠けてしまったこと。
机を動かさないで!と言うべきだった。
あるいは休憩時間だったので
撥をケースに入れておくべきだった。

一度に複数のことに注意が行かなくなってしまった。
以前なら先生の手元を見ながらも、
自分の持ち物にも目が行ったのに・・・

象牙の撥はすぐケースにしまおう・・・
と思うのですが、
前回はそれをしていて、もたついて
人の迷惑になったりしたのですね。
簡単かつ確実な撥先ケースを買おうかしら・・・

欠けた撥先のことは後日また考えましょう。

by yamamotoyk | 2019-01-30 21:54 | 着物 | Comments(4)

天気予報は雨?

天気予報は雨ですが、
夕方から降るそうで・・・
だからあまり気にせず着物を選んでいましたが・・・
でも本当に降ってきたら面倒だな、
と気が変わって
c0021551_20513233.jpg
帯は母の羽織をナイショで壊して自作した帯。
それ以外は着物も羽織もポリ(シルック)
着物はあまり出番のない江戸小紋
でも、これ英さんで作ったんですけどね、
あまり上手じゃなかったですね。
まだ、試行錯誤中だった頃の作。

ところで、今日の帯は
角だしに挑戦
c0021551_21025744.jpg
この赤い矢印のところがツノです。
帯が短めなので反対側の手先は見えてませんし、
お太鼓の形を整えるために帯締めも使いましたけど・・・

今日はお稽古の前に松坂屋へ行って遊んできました。

by yamamotoyk | 2018-11-28 21:08 | 着物 | Comments(0)

女中さんになりきり文化のみち

今日は文化の日
そして、東区では歩こう文化のみち2018がありますが、
それに便乗した大正ロマン着物道中に参加しました。

直前まではレトロチックな着物の予定でしたが、
急に気分が変わって
女中さんに変更(^_^;)
でも、半襟はたっぷり見せて
大正ロマン気分。
c0021551_22264387.jpg
前掛けは
神田祭の手ぬぐいを腰紐で結んだだけ。
コレ簡単で良い方法ですね☆
帯は帯締め無しの角だしで結んであります。

by yamamotoyk | 2018-11-03 22:29 | 着物 | Comments(0)

十三夜の帯

今日は長唄のお稽古です。
NPOの長唄講習会のお稽古で
月一回でもっぱら唄のお稽古ですが、
実は11月25日に御園座で大きな邦楽の会があって
会としてそれに出るのですが、
私は出られないので、ちょっと距離を置いているのですが、
全然それを感じないようにお稽古を付けていただけるので
感謝です。

さて、今日は十三夜のお月見の日でもあります。
ということで、もう一度お月見帯。
c0021551_21081095.jpg
着物は母が持っていた反物で仕立てて貰ったもの。
まだ自分では仕立てに挑戦していなかった頃です。
一応サマーウール、
一見絣、でも実はプリントもの。
ふわっとした薄手のウールですが、
そこまで薄くないので夏には無理ですね(^_^;)
今ちょうどいい感じです。

さて、日曜日にこのお稽古に行くには
朝からなかなか大変です。
昼食の準備をして出ますが、
最近では、もっぱら炊き込みピラフを仕込んで行きます。

さて、今日は午後からまた出かけようと思います。
でも、着物を着たまま昼食を食べるのも厄介だったので
洋服に着替えました。

で、どこへ?
c0021551_21384096.jpg
実は、もう一度岳見町ギャラリーに行ってきました。
大ばあちゃんの留め袖ドレスの裾直しを
りのさんにお願いするためだったんですが、
手紡ぎウールの手織りストールを
つい、連れ帰ってしまいました(^_^)v

そのウールを羊さんから採って糸に紡いだ方のお話を
横で聞かせていただきました。
羊さんの種類や糸に紡ぐ時の方法などが
色々違うらしいことが
ほんのり聞き取れました(*^_^*)
そのお話も興味深かったし、
色々な色の糸がとてもキレイで・・・

by yamamotoyk | 2018-10-21 21:57 | 着物 | Comments(0)

重陽なので菊の帯

今日が重陽の節句だと知ったのは昨日のこと
菊の着物は思いつかなかったので
帯を菊にしようと思います。

菊の帯に合う着物を選んでいた時に思いつきました。
せっかく季候が良くなってきて
しかもお天気物良さそうなので
木綿やウールではない着物もたまには着たいと。

というわけで、
c0021551_22065029.jpg
紬の着物に(クリック)
母の羽織を壊して自作した帯、
デフォルメされた菊の柄です。
ちょっと羽織ったのは、
袖を外した絽縮緬の羽織
袖を外したのは裄が合わなかったからです。
ちょっとこなれた感じになったかな?

紬の着物にしたのは、
今日から始まったタカシマヤの京都展に
行こうと思ったからでもあります。

お香屋さんで匂い袋の詰め替えを買いました。
そしてお稽古は三味線の先生
た~っぷりの三味線演奏ですっかりお疲れ~!

新しい教室は椅子席なので
なかなか慣れません。
もう少し工夫をせねば。

by yamamotoyk | 2018-10-17 22:20 | 着物 | Comments(0)

お月見には早いけど

秋雨前線がやや南下してまた蒸し暑いです。
だからやっぱり麻に逆戻り
まだ洗ってないのはコレかな?
帯は?
お月見は来週だけど、ま、いいか・・・
c0021551_21575394.jpg
月にうさぎは・・・・(~♪和田酒盛りの黒い杯闇でも嬉し・・)
花見踊りの歌詞ではないけれど・・・・

1月26日のミニ発表会(@天白コミセン?)での
曲が発表になって
末広がり、神田祭、供奴
え?三曲も?
で、専属三味線が不足?私三味線方?
驚く展開に・・・
合わせの練習日が日曜日ばかりなので、
夫の予定が入らないことを祈るばかり(T_T)
(日曜日はどちらか一人しか外出できない)

by yamamotoyk | 2018-09-16 22:23 | 着物 | Comments(0)

胴抜き袷

今日はまた朝から雨で気温も再び低めです。
午後からは雨が激しくなるかも・・・とか。

またか・・・という感じの今年の初夏です。

なので、また前回と同じような組み合わせですが、(クリック )
さすがに前回よりは蒸し暑そうな予感です。

そこで、
c0021551_20245657.jpg
ポリの着物の中で
胴抜きのものを選択しました。
これは、万筋の江戸小紋です。
法事用に作ったものです。
法事に着ていこうとして雨ならダメというのでは、
実用になりませんし、
蒸し暑くて気分が・・・というのも嫌です。
だから上半身の身頃には裏がありません。
一番蒸し暑いのは上半身ですからね。
それに、裾に八掛けがあれば袷に見えます。
袖も単衣にする方法もあるようですが、
ま、それは着心地に影響ないと思うので
袷にしてあります。

帯は沖縄風港柄の型染め(藍型風えーがたふう)
引き抜きで結べる様に自分で仕立て直しました。
縮緬なので濡れない様に
ポリの羽織を着ました。

蒸し暑いのは嫌なので
着物は胴抜き、
襦袢はキュプラ絽のうそつきです。

ところでキュプラはなかなか優れものです。
あまり気にせず洗濯機に入れられるし、
ポリの様に蒸し暑くありません。
木綿ほど皺っぽくなく、
麻の様に高価でもありません。
最近あまり流行らない様なので残念です。

今日は唄の先生で、越後獅子の
一番ややこしいところをさらっと教えていただき
さりげなく中身の濃いお稽古でした。

by yamamotoyk | 2018-05-23 20:53 | 着物 | Comments(0)

雪の日の略盛装

今日は同業者の集まり、講演会の後立食宴会。
若い世代はリクルートスーツ的な、
おじさん達は背広でも無いしカジュアルでも無いし
というそれぞれの立場で微妙な服装であります。
もう退職的な私は洋服なら地味目のスーツが良いんでしょうけれど、
無い。(着たくないのかも・・・・)

お召しの大人しい付下げの予定でしたが
また雪が舞い始めました。
こりゃダメだ。

で、急遽ポリの江戸小紋(胴抜き)を着ましたが
さすが寒いです。
そこで、思いついたのは襲にすること。

というわけで
c0021551_21422470.jpg
ポリの紫単衣を中に着込みました。
襲で着ているので伊達襟に見えます。
合わせたのは大人しい織りの名古屋帯です。
コレならグレーや黒の中にあっても目立たないかも
と思うのは私だけ、だね、きっと。着物という時点で。
着る洋服が無いので・・・と今日は何回も言い訳しました。
本当に言い訳がましくて、自分が嫌になりました。

by yamamotoyk | 2018-01-28 22:02 | 着物 | Comments(2)