タグ:名古屋帯 ( 28 ) タグの人気記事

胴抜き袷

今日はまた朝から雨で気温も再び低めです。
午後からは雨が激しくなるかも・・・とか。

またか・・・という感じの今年の初夏です。

なので、また前回と同じような組み合わせですが、(クリック )
さすがに前回よりは蒸し暑そうな予感です。

そこで、
c0021551_20245657.jpg
ポリの着物の中で
胴抜きのものを選択しました。
これは、万筋の江戸小紋です。
法事用に作ったものです。
法事に着ていこうとして雨ならダメというのでは、
実用になりませんし、
蒸し暑くて気分が・・・というのも嫌です。
だから上半身の身頃には裏がありません。
一番蒸し暑いのは上半身ですからね。
それに、裾に八掛けがあれば袷に見えます。
袖も単衣にする方法もあるようですが、
ま、それは着心地に影響ないと思うので
袷にしてあります。

帯は沖縄風港柄の型染め(藍型風えーがたふう)
引き抜きで結べる様に自分で仕立て直しました。
縮緬なので濡れない様に
ポリの羽織を着ました。

蒸し暑いのは嫌なので
着物は胴抜き、
襦袢はキュプラ絽のうそつきです。

ところでキュプラはなかなか優れものです。
あまり気にせず洗濯機に入れられるし、
ポリの様に蒸し暑くありません。
木綿ほど皺っぽくなく、
麻の様に高価でもありません。
最近あまり流行らない様なので残念です。

今日は唄の先生で、越後獅子の
一番ややこしいところをさらっと教えていただき
さりげなく中身の濃いお稽古でした。

[PR]
by yamamotoyk | 2018-05-23 20:53 | 着物 | Comments(0)

雪の日の略盛装

今日は同業者の集まり、講演会の後立食宴会。
若い世代はリクルートスーツ的な、
おじさん達は背広でも無いしカジュアルでも無いし
というそれぞれの立場で微妙な服装であります。
もう退職的な私は洋服なら地味目のスーツが良いんでしょうけれど、
無い。(着たくないのかも・・・・)

お召しの大人しい付下げの予定でしたが
また雪が舞い始めました。
こりゃダメだ。

で、急遽ポリの江戸小紋(胴抜き)を着ましたが
さすが寒いです。
そこで、思いついたのは襲にすること。

というわけで
c0021551_21422470.jpg
ポリの紫単衣を中に着込みました。
襲で着ているので伊達襟に見えます。
合わせたのは大人しい織りの名古屋帯です。
コレならグレーや黒の中にあっても目立たないかも
と思うのは私だけ、だね、きっと。着物という時点で。
着る洋服が無いので・・・と今日は何回も言い訳しました。
本当に言い訳がましくて、自分が嫌になりました。

[PR]
by yamamotoyk | 2018-01-28 22:02 | 着物 | Comments(2)

12月最初の帯

12月になりました。
12月と言えば・・・やっぱり・・・
気分はクリスマス。
順番に帯を消化していかないと
あとでシマッタ!と思うかも・・・・

かと言っていきなりクリスマス候の帯では
あまりに気ぜわしいので、
今日はほんのりクリスマス気分、
という帯にしましょうか。
c0021551_22043300.jpg
カラカラタオルを
無地の博多帯の裏に縫い付けた物。
着物はウールに色々な線維が混じった素材です。

何だか帯の締め方も着物の着方も変です(T_T)
だれてますよ・・・マンネリ?
気を引き締めていきましょうね!

[PR]
by yamamotoyk | 2017-12-06 22:21 | 着物 | Comments(0)

雨でも着物

お稽古日の今日は朝から雨です(T_T)
弱い雨ですが、それでもしとしと・・・・
何だかしぐらく気分が沈みます。

秋ですよね~
菊の帯にしましょうか・・・・
暗くて元気が出ないのでポリの着物にします。
雨なので、それほど寒くはありませんが、
紗の雨コートではなくポリの羽織を着ようと思います。
それで帯が雨に濡れる心配も不要です。

というわけで・・・
c0021551_19502382.jpg
何だか渋いコーデになりました。
沈んだ気分が反映されているかも・・・・(^^;)
着物は胴抜きの江戸小紋ポリ。
まるで礼服ですが、
ポリの羽織がこれしかないからです。

僅かに菊の帯が賑やかしているかな。
母の羽織を解いて自作した帯です。
タレは菊の織り模様のある羂(わな)コートの端切れ。

今日のお稽古では、
やっとお弾き初めの形が決まってきました。
しかし、練習のための資料(お手本など)が不足です。
過去の録音を編集しなければ・・・
大先生の録音ではココでこうします、と言う言葉だけで
実演が無かったり、譜本と違う弾き方だったり・・・
唄の先生の通した録音が無いので拾い集める必要があったり・・・・
結構大変です。
でも、思い立った時にしないと練習出来ませんからね。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-11-08 20:09 | 着物 | Comments(2)

十三夜、栗名月の着物

今日は十三夜だそうで・・・・
栗名月

ということで・・・・
c0021551_21201838.jpg
お月様の帯にしました。
今日は大先生のお稽古日なので
ちっとはマシな着物にしましょう。

これは母の紬で真っ黒に見えますが、
c0021551_21243266.jpg
飛び柄で丸い赤紫の模様があります。
実はコレが絣模様ではないことを知っているんです。
裏に糸が渡っているのを見てしまいましたから。

栗名月なので、何か栗のおやつを用意すればよかったのですが・・・
そのことに気づくのがちょっと遅かったので
いつものフルーツケーキになりました。

大先生にお弾き初めの日取りと
演奏曲を最終的に決めていただきました。
2月7日(水)13:00~15:00
場所は当教室、
演奏曲目は
松の緑、童謡4曲、神田祭全曲、若菜摘全曲
ということです。

これで練習にも力が入りそうです。
どうか皆様、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

[PR]
by yamamotoyk | 2017-11-01 22:46 | 着物 | Comments(2)

胴抜きポリは法事用

今日は親戚の法事です。
車で(高速を使って)片道2時間ほどの場所です。
まずは親戚の家でお経、
次に近くのお墓を参り、やはり近くのお寺にお参りに行き、
最後にホテルでお食事、というスケジュールです。
今日はお天気がイマイチ。
気温も高いのか低いのか・・・どちらかと言えば低いような・・・

こんな時のために作った着物があります♪~
グレーの万筋、シルックポリ。
八掛けは納戸色(渋い青)
しかも胴抜き。
多少は気候調節性があるかな、ってね。

寒さよけと見た目重視で
黒の紋付き(長め)羽織もずいぶん前に作ってあったので、
それを羽織りました。
周りの人は黒い喪服姿ですから、
上半身は黒の方が落ち着きますね。

それにしても朝からバタバタだったので
着姿を撮る機会が無く・・・・
c0021551_22021869.jpg
着物と羽織と帯のアップだけ・・・・m(_ _)m

襦袢は白いお袖(ポリ)のうそつきと、
湿度でべたつかないように薄いスリップ型肌襦袢。

帯、帯揚げ、帯〆は黒。
コーリンベルトとか伊達締めも見えませんが
(たまたまあったので)気分アップのために黒★

そして運転のためには短い長靴型レインブーツ。
足袋でも余裕でスポっと履けるので車に常備しています。

夫と交代で運転、記憶とカーナビと連休渋滞と格闘しながら
時間ギリギリに間に合いました。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-10-07 22:24 | 着物 | Comments(0)

アサガオ団扇の伊勢型紙

実は今回の舞台で嬉しいことが・・・・
それは、いつも元気な人気者Tさん☆
c0021551_15560167.jpg
今回、私にとって、とても懐かしい帯を締めて来てくれたのです♪~
真夏に近いので、なるべく涼しい帯をということで
久々(ひょっとして初?)登場

実はコレ私が作った帯です。
伊勢型紙を切り抜き、ステンシルのようにして
ぺんてる布絵の具で描いて、
緑の芯を入れて作ったんです。

わぁ~、嬉しい☆
素人っぽい仕事だったので
ちょっと嫌われて日の目を見ていなかったんですね。
でも、美容院の方が、いいわよ~、と後押しして下さったようで・・・
感謝!

[PR]
by yamamotoyk | 2017-09-04 16:02 | 和装製作 | Comments(0)

チョー蒸し暑い盆踊りへいざ!

今日は学区の夏祭り
夕方から始まり日没頃から盆踊り
小さな小学校なので、ささやかです。
夫が町内会の役員で運営に参加しているので
大ばあちゃんのお守りがあって出かけられないと
あきらめていたのですが、
夕食時間を早めて
大ばあちゃんが自分の部屋に戻れば、
こっそりお出かけしても大丈夫☆
もちろん私達用のトイレには鍵を掛け、
留守電の回数を1回にして玄関の呼び鈴を切って、
と準備万端にしておけばまず大丈夫。

というわけで、短い時間で着られる浴衣にします。
c0021551_21362720.jpg
チョー蒸し暑いので
なるべく薄着で。
もちろん長襦袢は無し
肌着も最低限。
首に手ぬぐいを巻く代わりに
掛け衿のように掛けました。

と、ラジオから・・・
名東区でゲリラ豪雨の情報が・・・
ココはまだ降っていませんが、
折りたたみ傘を帯の中、おびあげに引っかけておきます。
鍵とお財布、そしてケータイは帯揚げにくくりつけ
帯に挟みます。
挟むだけでは滑り落ちますからね。

行ったら盆踊りは始まったばかり。
ラッキー
でも、蒸し暑いことハンパないです。
浴衣の裾が汗で足にまとわりつきますが、
めげずに踊ります。
マゴ君も少しつきあって踊りました。
あとは友達と走り回ったね。

一曲ずつ休憩たっぷりで2周り踊って終了です。
たぶんコレで十分。もう限界ですね。
だれか熱中症になってはいけませんね。

そう言えば、もっと早い時間に出かけたマゴちゃんは
私が出る頃には、もう家に帰ってましたが
c0021551_22290336.jpg
みんなにカワイイ~、って言われたそうです☆
昼間、泥縄で肩揚げと腰上げ(お端折り的)を縫ったんですが、
まだちょっと丈が長かったね。
c0021551_22073630.jpg
来年も着られそう・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2017-07-29 22:33 | 着物 | Comments(0)

今日は藍の会へ

昨日の名古屋長唄大会に続き、
今日は藍の会の発表会です。
昨日は染め紬だったので、今日は絹物、
ちょっとキラキラ小紋にしようと思いますが、
もう一枚の長羽織がどうしても見つからないので(>_<)
(処分しちゃったのかしら・・・?)
そこで寒さ対策として・・・・着物を重ねちゃいましょうね☆
襲(かさね)着物でいきましょう♪~
c0021551_21580419.jpg
襲である証拠ですか?
c0021551_21584428.jpg
普通は重ね衿は襟だけなんですが・・・
重ね衿ではなく襲襟ですから、
上の着物の後姿でチラ見えする八掛けが
重ねた襟と同じ生地になっています。
もちろん袖口や袖の振りからもチラ見えしている訳です。

これに昨日と同じ厚手のショール(一見毛布みたい)、
ベレー帽を合わせました。
丁度いい季候でした。

合わせたのは派手な単衣の着物
上に着た袷の着物と
オレンジ色が似ているので
もっぱらこの小紋に合わせて着ています。
ひょっとすると同じシリーズの反物だったかも。

藍の会
c0021551_22105753.jpg
色がうまく出ていませんが
先生は黒紋付きですが
生徒さんは薄い青色の着物です。

藍の会の名前はもちろん出藍の誉れ
藍の色は藍の草から出ますが
もとの草よりずっと濃い青になる、
生徒は先生を超える(と期待する)という意味なので
先生を超えていない生徒さんはまだ青色が薄いんですね。
薄藍くらいの色なんでしょうか・・・(クリック)
それとも瓶覗きくらい薄い?

それにしても、先生を超えた生徒さん、
超えかけの生徒さん、
始めたばかりのチビちゃん達
藍の会は層が厚いですね。羨ましいです☆
いえいえ、皆さんや先生方の努力がスゴい、
そして長唄は年を重ねるとやっと味が出てくる。
一番最初に藍の会を始められた山田先生は、
今年はそんなお話をされました。
先生、いつまでもお元気で!

[PR]
by yamamotoyk | 2017-03-20 22:08 | 着物 | Comments(2)

寒い日のお稽古

寒い日です。
最低気温は零下です。
(ま、大したことはないですが・・・)

このように寒い間に着なくちゃならない着物にしましょう。
リバーシブル着物です。
c0021551_21365418.jpg
江戸小紋の角通しのシルックです。
裏は12月28日のウールです。(クリック

しかしこのリバーシブル着物はちょっと失敗作です。
それは、裏のウールは薄手でよかったのですが、
こちらのポリのシルックがしっかりしすぎ(^^;)
厚手というか硬いというか・・・(中途半端に上等?)
それで、分厚くてごわごわ・・・
柔らか物にはあり得ない感じになってしまいました。
仕方が無いので、一生懸命着ましょう・・・

それでも生地の見た目はやはり上品ですから、
帯はすばるさんの縮緬藍型風舟帯を合わせました。
この帯は自分で洗って(クリック)
引き抜き用に仕立て替え済み(クリック) (クリック)
でも柔らかすぎて形が決まらないのが悩みです。
もう一度仕立て替えしようかしら・・・

前の記事を見て、へ~、ポケットがあるんだぁ~
って、全然記憶無し・・・
今確認すると・・有りました(当然です)
c0021551_19404076.jpg
帯〆を選んでいて、お福さん付の帯〆をを見つけました。
もとは有田焼の箸置きです。
お稽古では三味線に当たるので後に回して・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2017-01-18 22:33 | 着物 | Comments(0)