タグ:帯締め ( 3 ) タグの人気記事

夏のバッグ

重宝に使っていた自作のショルダーバッグが
さすがにすり切れてきました。
c0021551_21184125.jpg
ちょっとみすぼらしいので
新しい物を作ろうと思います。
でも、紐は帯締めでまだ使えるので、
ミシンをほどいて抜きました。

次の物は・・・
実はもう何年も前に
大塚屋さんで見つけたスワトウ刺繍(当然ミシン)のモチーフ布。
とても安かったのでつい買っちゃったまま・・・放置。
今回やっとそれを使おうと思います。
c0021551_21233176.jpg
上のバッグと同じ構造にしようと思います。
それは・・・

上のバッグはもともとテーブルランナーを
折りたたんで縫っただけなので
真似して、
まず、裏にする薄い布を見つけて(スカートを壊しました)
バッグの長さの2.3倍ほどの長さ(幅は同じ)の
ランチョンマットの様な布を作ります。
(3方縫って裏に返し、返し口を閉じて端ミシンを掛ける)
そこに後ろと蓋部分に刺繍布を縫い付ける。
それをたたんでバッグの形にする
長さ0.3の部分は蓋になります。

両端は帯締めの幅に2本ミシンを掛けて、
通り道を作り、そこに帯締めを通し
上の方に固定のミシンを掛ける。
c0021551_21233903.jpg
こちらが表
刺繍布の部分が蓋になっています。
蓋の端に少しだけ裏布を見せています。
その部分を少したたんで紐の邪魔にならない様にして
重りのブローチを付けます。
ボタンなどは面倒なので無し。

先代のバッグより多少大きくなりました。
スワトウ刺繍布のサイズに合わせたのでそうなりました。

この作り方は簡単で良いですね☆

夫にもお散歩用ペットボトルホルダーを作りました。
↓は作り始めのころの写真です。
c0021551_21490873.jpg
今回は木綿紐使用。
肩紐に紺色の布を使いました。
麻布製は服に糸くずが付くので
木綿糸の方が実用的ですね。

[PR]
by yamamotoyk | 2018-06-25 22:07 | 手芸 | Comments(2)

帯締め収納

ずっと以前、帯〆は余分な折り目を付けないために
あまり細かく折りたたまない方がイイ、と聞いたので、
真ん中で2つ折りにしただけで着物用引き出しに長々と入れていました。
長さもぴったりでした。

ところが・・・

引っ越し後は、収納場所が減ってしまい、
優雅に帯〆を着物引き出しに入れることが出来なくなったのです。
場所がありませ~ん(T_T)
どうしましょう・・・

洋服箪笥の引き出しの一段に
他の和物と一緒に入れることになったので、
2つ折りの長さでは、邪魔邪魔・・・

折り目を付けないように、と考えると
んじゃ、丸くして、っと。
最初のうちは、それでよかったのですが、
絡まってしまったり、だんだんと
ぐちゃぐちゃになってきました。
入れてあるのが帯〆だけでは無いので
引き出しの中が次第にカオスになっていきます。
一本出そうとすると、絡まってしまったり(>_<)

仕方が無いので折り目を少なく、というのをあきらめました。
こうなったら、開き直って・・・
c0021551_20005634.jpg
縛っちゃいました。
でも、これでも長すぎます。
c0021551_20010370.jpg
一方の端を結び目に通します。
房の方の端でも構いません
c0021551_20011012.jpg
こんな具合に無理なく通したら
c0021551_20012004.jpg
端の長さを合わせてから
結び目をぎゅっと締めます。

その後で房を奥の方にして
引き出しに直角に収納します。
左右から他の小物(着物肌着とか、うそつき、足袋とか)におされて
狭いところにかたまっていますが、
全部がこちらから見えるので探しやすいというわけ。
とは言え、引き出しの深いところに行ってしまうと
掘り出さないと
いつも上の方のばっかり使うことになりそうですが・・・
あ、夏物とそれ以外、それぞれの箱に入れて
上下に重ねればいいかな。
あぁ、それ良い考えです。
後日、良い容器を探してみましょう。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-01-31 20:36 | 和装製作 | Comments(0)

日本の伝統展@JRタカシマヤ

今日は朝からの仕事だったので、早く終わり、
せっかくなので、タカシマヤに行った。
もちろん目的は日本の伝統展で、保多織りと会津木綿をちらっと見ること、
カラカラタオルも出展しているようなのでそれを見ること、と、
大して目的があった訳じゃないので、
一つ手前の階でエスカレーターを降りた。
そこら中でセールでちょっと捕まってしまった(^_^;)

伝統展でも、保多織りのおじちゃんとしゃべり込んだりと
遊んでしまったけれど、
今回一番しゃべり込んでしまったのが
平田組紐のおじちゃん。(クリック)
おじちゃんと言っても、一見私より年上に見えるけど、実は若いかも?
と思ったら・・・半年私が若かった(^_^;)

何はともあれ、
冠組(ゆるぎぐみ)の帯締めが並んでいたので
いつものように、真っ黒はないですか?と聞いたところから始まってしまって・・・・
目の周りを見るとその人の色がわかる。という話から、
私の色の話に始まって、合うのはこれ、と色々高そうな帯締めが出てきて・・・・
着物と帯と帯揚げ帯締めの色についての蘊蓄やら、なにやら・・・・

しかし、色々思うところもあり、詳細は飛ばして(^_^;)
買ってしまった・・・・(^_^;)
c0021551_19570500.jpg
一本に決めるなら、この色、という桜鼠の冠組の帯締め一本。
なぜなら、私の色はグレーと濃い赤なんだそうで・・・

c0021551_19401772.jpg

で、隣に並んでいるのがトイレマット。
つまり、この前に1階下で買った物。
色合ってるじゃん(^^)/

最近ちょっと、着物にしても小物にしても、
気分が変わってやや渋めがぴんと来るようになっていたので
ここらでちょっと安物でない物も・・・
な~んて考えたのもありますし、
糸も全て日本産を使うのはうちだけになりました、とか、
組んでいる職人さんを全て掌握している感じの話しぶりも気に入って、
やはり、私もそういう人を自分に出来る範囲で応援しないとね、
なんて思ったのもあります。

でその時、実は・・・
c0021551_19481526.jpg
今、チクチクやっている帯にこの色が合いそうだと思ったのもあります。
カメラの発色が全然ひどいので、本物と全然似てませんケド・・・・(もっと赤みが強い)

それにしても言う内容は専門用語が多くてわかりにくいのに
表情がわかりやすいおじちゃんだこと・・・・
買った途端にやけに嬉しそうになって・・・・(職人さんだねぇ~)
気候の話(昨年は桑の葉の生産量が悪かった)から梅の木の話になって・・・・延々
なんだか、おじちゃんの悩み相談?人生相談?をしてあげちゃった気がする。

その次に興味深かったのは、硯屋さん。
と言っても、硯を彫っているおじちゃんとしゃべったのではなく
硯を買いに来たお客さん。どうもお習字の先生らしく、
硯の本質的な機能について(よい硯の見分け方)教わったのです。
なるほど・・・・思わず、小さな蓋付き硯が欲しくなりましたが、ぐっと我慢。

それにしても、おしゃべりってのは楽しいもんです。
何の関係もない人と興味のある話をするのはとっても楽しいことです。

[PR]
by yamamotoyk | 2014-01-17 20:02 | 外出 | Comments(8)